日本は、なぜ独島を持つことができませんか 3
韓国の古代独島地域名称
韓国人たちは少なくとも 512A. D. から独島の可視的な近接性の中に暮して来た。
次のページは韓国の古代に独島地域存在があることを見せてくれる。独島はリアングクル岩または日本人たちは竹島と呼ぶ。ここで私たちは韓国の島鬱陵島と一番近くの独島で韓国人の活動を見るようになるでしょう。先に、いくつかの地図を見ながら独島に関する全般的な考察をして見よう。

下の左側の地図は東海(日本海)全体を見せてくれている。鬱陵島は独島の西の方の方が位しているし歴史的に独島で見られる知られている。多くの歴史的な記録で韓国は鬱陵島独島地域で見られる。下の右側の地図は鬱陵島を見せてくれている。青色で表示した部分は古代遺物が発見されて発掘された所だ。

上左側は独島地域地図だ。右側は韓国鬱陵島で青いほくろに表示された所は古代韓国人たちの遺物が発見された所だ。
“鬱陵島は独島–竹島とどんな関聯性があるか..?”
鬱陵島で 87km程度の外に落ちない独島は鬱陵島と一番近くの島だ。天気が晴い日、鬱陵島で独島は目で見られる。そしてこの事実は多くの歴史書に長い間記録されている。(リンクをご覧ください。)古代記録と遺物は日本より1,000年前に韓国が独島と係わったことを見せてくれるのだ。ただ、狭い識見を持った何何人々は古代韓国人たちが千年の間独島を見られる一番近くに人々が住んだということを否定する。

上左側: このイメージは独島で撮った鬱陵島写真だ。上右側は最近鬱陵島で撮った独島写真だ。
歴史的な文書たちを見る時韓国と日本で鬱陵島と独島を別個で論議する文書記録はない。歴史的に日本が鬱陵島と独島を兄弟島で認識したということが妥当な結論だ。韓国側としては独島が日本との領土境界にあることと思って日本とは別個だと思った。韓国としては独島外は遠い敵国地だと思ったし、したがって独島は韓国の国境限界だった。記録を見る時独島は韓国と日本にまるで“東海(日本海)のハワイ”のような所で見える。

鬱陵島は東海の中間で豊かな山林資源と海洋資原があることと知られている。鬱陵島は独島を持つことで決定的に所有権と自負心を持っている。鬱陵島がなかったら独島は日本人たちに貪る理由がなかった。二つの荒れてさびしい岩で成り立った独島は飲み物も不足で木もなくて航海は5日がかかる大変な所だった。

鬱陵島の考古学的な遺物 Part A
統一新羅時代の墓と古代ドルメンが発見される
古代人類に対する考古学的な研究は鬱陵島で日本の韓国植民地時代おりさかのぼる。一番評判ある考古学研究チームは日本の鳥居龍藏 藤田亮策教授だ。よく知られたところのように、鳥居は1917年11月後半に写真師を鬱陵島に連れて行って玄浦、天府洞、南陽、南西里などの話資料を収集した。

右側に、韓国考古学者が1957年古墳#38號を鬱陵島玄浦里で掘り出している。(これであってクリック)鬱陵島での遺物発掘は解放の後1957年と1963年に国立博物館で初めて始まった。あの時まで数多い古墳たちが盗掘されるとか毀損された。

調査チームは島で到った位置を尋ねて掘り出そうと努力した。墓は石構造で非常にちゃんと見えるタングウィにあったし、鬱陵島墓は歴史的に記録されている。はなはだしくは、朝鮮王朝時代の多くの地図ではこの墓地域を“石葬”で表示した地域を現わしている。

試験的な発掘とは違い、嶺南大学校博物館は2000年に玄浦里で上層十墓に関する研究を進行したし島墓の一番特殊な位置を明かした。

1957年7月8日国立大学発掘チーム(金元龍、尹武秉、林千)が大邱に向ける列車に乗って鬱陵島研究に向けて去った。彼らは大邱と浦港を経由して鬱陵島を研究しに去った。この旅行は7月12日から 3日をぶっ通しでかかって行くことができた。

3個の残りイメージたち(左側)は鬱陵島南西里の古墳だ。二つの写真は鬱陵島古墳(左側)と慶州の古墳(右側)を比べたのだ。写真をクリックします。

調査チームは玄浦、天府、南陽そして南西里でとても難しく古墳たちを掘り出したし、その中のいくつはよほど良い状態で残っていたしその位置を記録した。

1963年6月と9月、国立博物館の金鍾基さんはこの前鬱陵島訪問で完成することができなかった所を訪問して写真を撮った。この訪問で彼は驚くべきな発掘をしたし天府里1號古墳を掘り出して測量した。驚くべきことにこの古墳は盗掘されなかったのだ。

上左側: 代表的な韓国鬱陵島埋葬地域。この古墳は鬱陵島南西里にあるのだ。上右側: この写真は玄浦里にある #16古墳に位したのだ。この写真は1957年に取ったのだ。イメージをクリックします。
発掘当時国立博物館チームは鬱陵島にいる 87個の古墳を掘り出した。大部分の古墳たちは統一新羅時代の物で明かされた。(668-935 A.D.)

この発見はその位置と構造を明らかにしたという点ですごい成果だった。この埋葬地域ではまた遺物と遺品たちが出て当時の墓構造を明らかにしてくれた。鬱陵島で発見されたすべての古墳たちは積石塚だったし大部分地上に築造された。1段階地上石を積んで石室が作られた。次に彼らは土でふたをしないで石でふたをした。鬱陵島には土が不足だから石で作ったのだ。

上左側: この地図は煮こむよ鬱陵島地図のように埋葬地域の位置を見せてくれる“石葬”表示をしている。上右側: 鬱陵島苧洞と南西里近所乃守田(ナスゾン)にある古代韓国のドルメン墓。
墓は一つの入口と岸壁を両方へ積んで平石を上に覆って構造を完成した。この墓中の何何石は10メートルほどになることもあるの大部分は4~7メートル長さに高さ1~1。6メートルだった。死体を安置した石室は長い長方形だがそば部分がちょっと丸いから魚形態をしている。この墓たちは海岸丘このまたは山岳地帯そして海を眺めることができる海岸入口にあった。
鬱陵島古墳と係わって見れば、新羅慶州で発見されることとは違う模様をしている。慶州新羅墓は石で積んだことだが墓に案内される道が付いているが鬱陵島墓は入って行く玄関だけあって道はないし土を敷く代りに小さな石を敷いた。

上に記述した墓は6世紀統一新羅時代(668-935 A.D.)以前に独島近くで韓国人たちの活動を言い表す証拠になる。しかし鬱陵島での古代考古学的な証拠は6世紀以前でさかのぼる。これは鬱陵島でドルメンが発見されているし、ドルメンはcromlech、anta、Hunengrab、Hunebed、quoitそしてportal dolmenと呼ばれる大きい団である石室を墓で作って水平でおいた大きい石を 3-4個の垂直石で支柱を作っておいたのだ。(表)

韓国鬱陵島で考古学的な発見. Part B
統一新羅時代青銅器と土器墓副葬品
土器、玉、鍍金青銅器、そして鉄製品たちが発掘された。つぼは考古学的で発見される遺物の中一番多いなのだ。高蹄瓶、紋瓶器そして四角器たちは灰青色だ。この器は韓国語で硬質土器と呼ぶことで 7-10世紀韓国本土で作られたことにこの墓が統一新羅時代のだったのを明らかにしてくれている。

上イメージたちは統一新羅時代鬱陵島で発見された土器たちだ。したがってこの時期に韓国人たちが鬱陵島を支配したと見られる。この副葬品たちは天府里で発見されたのだ。(二度クリックします)

もっと多い新羅時代初期たちが発見された。右側短い蹄器は新羅時代以前の物に推測される。
もっと大きいイメージを見ようとすれば二度クリックします。この副葬品たちで報告書韓国人たちは日本人たちがこの地域で航海する以前1000年前から本土から鬱陵島で自由に往き来したことを見せてくれている。しかし、短い首杯と器は6世紀中葉にさかのぼる。

左側: 統一新羅時代水瓶が天府里で出土された。上右側、さび色と多様な色の技法が土器に現われるということは韓国の他の地域または鬱陵島他の地域で作られたことを言ってくれる。これは軟質土器と呼ぶ。木切れで土器內外を押し堅めて堅くする技法が活用されたし表面に線がくぼめたことを見られる。灰青色土器が統一新羅時代の地層で発見された…”
…”新羅が3国を統一した時、新羅は地方行政制度を変えてより效果的な領土管理のために貴族を地域で派遣して、(新羅の文化は慶州に集中された) 韓半島全域を支配した。
したがって新羅の文化はこの地域の文化と混合して独自的な特性を現わしてくれている。鬱陵島はこのような歴史的な法則を脱していなくて、墓とその他文化で特殊な跡を見せてくれている。例えば、鬱陵島で発見された灰青色土器は新羅土器とは区別されるのだ。そしてどれは土の質と色がそれぞれ違う。この土器たちは新羅の土器とは違ってしたがって慶州外の韓半島地域から来たとかそれとも鬱陵島自体で作ったことかも知れない
…”

上左側: 統一新羅時代王冠の屑、耳飾と搖鈴だ。上右側: この絵は鬱陵島で発見された金銅破片たちだ。
韓半島本土と関聯があることと見える王冠工芸品たちが鬱陵島で発見された。(右側)何切れだけ残ったが新羅のこわれた王冠とそっくりだ。鬱陵島の新羅王冠は韓半島本土の忠清北道丹陽で発掘されたこと、そして東海市湫岩洞で発掘されたことと比較される。島という鬱陵島地理を勘案する時、メッキ青銅王冠は統一新羅時代に鬱陵島が韓半島王国の支配を受けたことを証明してくれるのだ。
“…のすべての考古学的な工芸品たちを見る時、新羅時代に韓国が鬱陵島と独島を支配したということは疑うことができない….”
鬱陵島での考古学的発掘遺物 Part C
その他鬱陵島発掘工芸品

上左側: 美しくて粗悪な祈る鬱陵島人物像。 上右側: 鬱陵邑周辺で出土された統一新羅時代の水水瓶と多くの器たち(二度クリックします)。

上左側: 統一新羅時代の単純な色のネックレス。この工芸品は北面天歩里古墳#1で発掘されたのだ。上右側: 鐘と金銅工芸品。

上写真は二つの乳棒とひきうすなのにひきうすは豆ねりや米粉を作る時使われる。
鬱陵島で発掘された工芸品、Part D。
韓国の新羅に併合された于山国
統一新羅に併合される前に鬱陵島に関する簡単な歴史は“三国史記”と言う韓国歴史書に現われる。この1145 A. D. に記録されたこの歴史書には鬱陵島が力に新羅に併合されたことを記録している。

ここに現われた記録は次のようだ:

“…王(智證王)13年5月(512A. D.)、于山国が降伏して毎年地方供え物を捧げた。于山国は明州[現在江陵]にある島だ。この島は鬱陵島とも呼んだ。面積は四方100里だ。この地は征服するのに非常に大変だ…”

新羅の将軍異斯夫がハスルラ州の最高行政官で来た時言うのを、“鬱陵島人々は無知で荒くて力で服従させることは難しい。しかし私たちはかなりを使って征服することができる…”

“…そして彼は多くの木獅子模様を作って伝えるに積んで鬱陵島に行った。海岸に到着すると彼は偽りで言うのを、“もし君たちが降伏しなければ、私たちがこの荒しいけだものを解いておいて君たちを踏み付けて殺すようにする。于山国人々が怖気ついて直ちに降伏した…”

この文書は少なくとも6世紀には于山国の政治地図級が事実上存在したということを見せてくれる。言い換えれば、于山国は新羅が竝合する以前に自主的に統治される国家だったことだ。私たちが于山国併合で使った新羅の戦略を見る時、于山国の人々がいくら弾力があったのかを分かる。

野蛮的な力を使う代りに鬱陵島人々の裏をかく戦略で人々を降伏させた。大部分の鬱陵島出土古代工芸品たちは三国時代と統一新羅時代の物だ。かと言ってその以前に韓国人たちが住まなかったというのではない。

どうして日本は独島を持つことができないか第3 部–結論。
韓国の独島-竹島の昔の名称。
疑心する余地もなく古代韓国人たちが先に鬱陵島に到着して定着して政府はその地域を治めた。韓国人の活動は簡単ではアッウであり偶然に鬱陵島に到着するとか季節を利用して航海したりした。鬱陵島は日本漁夫たちがしばらくとどまる前にもう千年が過ぎるように韓国人の永久定着者たちで住居が形成された。新羅が強制的に鬱陵島(于山国)を竝合した時、住民たちは韓国政府に供え物をあげざるを得なかった。これは新羅行政府がこの時代に官吏を派遣されてこの供え物をおさめて定期的に鬱陵島-独島地域で航海したことを言う。

上左側は鬱陵島で見た独島イメージだ。上右側は独島で眺めた鬱陵島だ。(もっと大きい写真で見ようとすれば写真をクリックします)
独島-竹島に関する単純な事実は鬱陵島丘では早く韓国人たちが独島を見られたというのだ。最近独島研究所によれば、独島はひと月に3回位見られると言う。これは1618年日本人たちが独島に到着する前に、韓国の鬱陵島住民たちが独島へ行くことができる機会が36000回以上あり得たということを言う。

日本人たちが鬱陵島に到着する900年前に、鬱陵島に住む古代韓国人たちは東を眺めて独島がありそれが自分たちの物だということが分かっていた。私たちは歴史的に人が地を見られる所までが自分の領土と見做したことが分かっている。‘したがって論理的に古代韓国人たちが少なくとも独島は鬱陵島に附属した島という事実を信じたということは自然な論理だ。韓国のこの地域での平和は日本海賊たちが15世紀初に入って来始めた時から難しくなった。その後5世紀が経った後、西の方を向けた日本の執拗な欲望は続いている….