竹島は日本の領土? 1837年竹島(鬱陵島)事件
日本の幕府は独島(松島)が朝鮮(韓国)の一部と規定する。
竹島紛争の歴史:19世紀初に日本幕府は孤立政策を厳格に強化したし、そして異国への渡海は特別な渡海兔許なしには統制されて禁止された。

しかし津屋八右衛門という人はこの禁止令を無視して許可なしに鬱陵島に渡った。この結果彼は処刑された。津屋八右衛門(1798-1836)は濱田封建領主下で,アワミ(今日の島根の濱田) 商業用お舟を運航していた。彼は竹島(鬱陵島)航海禁止令を無視した。不法的な密貿易を敢行した。どんな人は言うのを彼が甚だしくは東南アジアで航海したと言ったりする。地主だった 岡田?母、そして財務官橋本三兵衛は密かに右衛門の不法活動を承認するのに、これはその貿易による利益が大きくて領主の財政的な破産を阻むのに役に立ったからだ。

日本である竹島ロビイストたちの主張は “… 1836年事件は独島/竹島で重要な論争の種だ.何故ならばたとえ竹島(鬱陵島)航海は禁止されたといえども松島(独島-リアングクル)航海は禁止されなかったから、確かに津屋八右衛門が独島(松島)で行こうと思っている途中鬱陵島に行ったはずだ.…” 信頼で,ある日本人たちは一歩進んで “…航海禁止がなかったから松島(独島)は日本の一部と考えられる….” これら主張は過ちに証明される。

しかし、何何韓国史家たちの主張は、日本がもう鬱陵島そして独島に対する主張をあきらめたと言う。1836年事件は事実上真実なのが確かだ.私たちが周辺証拠すべての見解で見る時、“竹島事件”は日本が松島(独島)が朝鮮地で見做す明確なのだ。

津屋八右衛門の陳述では一部次のような内容がある:

“…1831年 8月ある日,濱田江戸にとどまっている領主の財政官村井荻右衛門さんに私の考えに対する手紙を伝達したが,その手紙で,次のように使った。:”石見70-80里北に松島(Liancourt Rocks)と言う小さな島があります.そして私は竹島そして(松島)が完全に留守にしておいた島で残っているのが切ないです。もし私たちが島の木を制御来るとかまたは魚を捕ったら、私だけでなく国濱田にも役に立つでしょう。私たちは中間利金を分けることを Lord Suoh(州防守:Matsudaira Yasuto)と後で議論することができるし、私たちが先に非公式的に次のように合議しようとします…

しかし私は一等家臣岡田さんに許しを得るように橋本に要請したし、これによってで渡海ができました。私は江戸にいる村井さんから手紙を受けました。手紙には私がその島が日本に属したかななのかを分からないから竹島(鬱陵島)に行ってはいけないという返事を受けました。私はそんな返事を期待しなかったから、私はがっかりしたし橋本さんに岡田さんに手紙をまた出すように要請しました。したがって私たちはその方の許しを得ることができました。その後、私は橋本さんの家に行ってどんなに仕事が進行されるのか調べたしそして彼が言うのを村井さんの手紙は竹島に行かずに松島に行くように意味するのが間違いなかったです。彼がやっぱり言うのを松島-独島は大きい利益を得るには小さすぎて、したがって我が江戸にいる濱田領主の役人たちに私たちは竹島で行く代りに単純に松島-独島に行くと言わなければならない…”

私たちがそこで読めることは日本である松島(独島)が日本の領土と全然言った部分がないというのだ。むしろ日本史家たちは単純に津屋八右衛門がそこに航海したから、日本が松島(独島)彼らの島だと思うというのだ。多分、津屋八右衛門は処罰を避けようとしたようだったが、何故ならば独島-松島渡海禁止令はなかったからだ。ここには、津屋八右衛門が単純に処罰を避けようと同意を求めたように見える。(成功することはできなかったが)。

“しかし、こんなに言う日本人たちは鬱陵島と独島に隠密な渡海をしたことが本当に日本の島で見做したことか。?”

八右衛門の竹島(鬱陵島)侵入事件関聯地図
津屋八右衛門の間違えて誤導された証言よりもっと重要なことはこの事件で彼が添付した地図たちだ。この彩色地図は明治時代以前に日本周辺を不法的に航海した人々の領土認識だ。地図横に現代地図が参照に付いている。赤色地はこの地図で韓国領土でそして私たちは竹島(鬱陵島)そして松島-独島が確かに朝鮮地なのを見られる。津屋八右衛門は舟人や国際貿易商だからこの地図を描いたし、そして彼がこの二つの島は韓国地なのか日本地なのかを確かに分かっていた。彼は竹島(鬱陵島)そして松島(独島)は皆韓国領土と信じた。何故ならば日本はもう1695年鬱陵島と独島は日本の境界しかあると宣言したからだ。 (鳥取幕府 1695年記録を見ます)

独島が韓国地なのを見せてくれる 日本地図

竹島紛争の歴史:上左側イメージは参照で付けた地図だ。上右側は津屋八右衛門が韓国の鬱陵島(竹島)を侵入した時の地図だ。この地図は明確に鬱陵島(過去日本が言った竹島)そして独島(松島)が朝鮮(韓国人)地なのを見せてくれている。もっと大きい地図を見ようとすればクリックします。

日本地図には独島が韓国領土なのを見せてくれている

竹島歴史 日本の古地図: また他の地図で八右衛門の侵入そして朝鮮の鬱陵島裁判に隋伴された地図がある。この地図もやっぱり日本幕府は独島渡海禁止令を展開したし皆鬱陵島(過去日本が言った 竹島)そして独島(過去日本が言った 松島)が韓国領土と見做したということを見せてくれる。
竹島(鬱陵島)侵入事件に対する日本の言及
下日本文書では津屋八右衛門裁判関聯歴史記録だ。この記録は上の地図が私たちに何やらよく確認させてくれている。私たちは幕府の鬱陵島渡海禁止令が朝鮮の独島(松島)につながるということが分かる。

Japanese document of trespassing on Ulleungdo 獨島-竹島A record of Japanese trespassing on Ulleungdo 獨島-竹島

上の写真は八右衛門の侵入事件の日本側記録だ。上左側は題目様式そして右側には原本だ。翻訳は下のようだ。
“…最近津屋八右衛門の竹島-竹島(鬱陵島)不法侵入事件を見る。彼は石州 濱田の周防守
(Matsudaira Yasuto)封建領主に知られているが見たことは持っていない。津屋八右衛門とともにここに係わるすべての者等は厳格に処罰される、右側に。右側島に、(伯耆)米子人々がよくそこに航海しているが元祿時代以降渡海が禁止された所であり、朝鮮政府に割譲された所だ。

他国渡海は厳格に禁止された。今から、上がった方島にも渡海が禁止される。甚だしくは以前まで外国舟たちと接触しないように指示されたが、もう一度、今からは遠く航海することは避けなければならない。

このメッセージは書面に公告されてすべての国民がどこででも見られるようにかけなければならない…”

津屋八右衛門の竹島事件証拠に基盤を置いた結論
“どうしてこの歴史的記録は重要なのか..?”
上資料は非常に重要だが、何故ならば竹島(鬱陵島)そして松島(独島)の幕府渡海禁止令を違反した人々の非常に内緒な活動を照らしているからだ。日本の現在竹島主張は部分的に私的な個人例えば隱歧島そして島根県大谷そして村川家門みたいな承認されない渡海に根拠を置いている。過去に、日本史家この人々が航海は島に対する日本の主権の証と主張した。見るところのようにこれはそうではない。

第一、添付された地図は皆竹島(鬱陵島)そして松島(独島)は韓国の地だと考えられるということを見せてくれる。第二、係わる文書は、幕府が渡海を禁止したことは単純に朝鮮の鬱陵島だけでなく松島(独島)にも禁止したというのだ。

“私たちを混乱されるようにすることは何か?”

“どうして日本幕府は明確に先に松島渡海ても禁止しなかったのか?”

津屋八右衛門の証言部分は私たちに松島(独島)を目的地に単独航海をすることができないということは常識だったのを見せてくれる。日本の米子の発地で、独島は6日間の往復航海路非常に大変な海で、独島は飲み物もなくて居住する所もない。しかし大部分の独島は資源もない。例えば原木または漁獲量もない。これは日本記録でどうして独島航海が最終目的地で現われていないか明らかにしてくれる。

幕府は鬱陵島と独島を朝鮮(韓国人)地だと思ったし、そして外国渡海を厳格に禁止させた。この立場は19世紀末膨脹主義明治政府が立ち入りながら劇的に変わり始める。したがって彼によって、甚だしくは韓国の鬱陵島には数百人の不法日本である住人たちにあふれる。