日露戦争と独島 – 竹島 2
日本帝国の独島編入の実際動機

日本外務省は1905年独島編入に対して皆さんに隠そうとする!
ロシア Baltic艦隊の信じられない航海
ロシア Baltic艦隊の信じられない航海。
1904年10月15日、第2太平洋艦隊(以前のBaltic 艦隊)はバルティック海を去って最終的に旅順港に向けたし、1905年6月頃に到着する予定だった。石炭をエネルギーにする戦艦は追加的な甲板施設がなく、18、000 マイルを航海することは無理した。両方エンジンは長年の期間の間作動して速度が遅くなったし、故障しやすかった。蒸気ボイラーは熱帯地方をパスしながら、掃除をよくしなければならなかったし、ロシア軍人たちにこれは堪えることができない地獄みたいな事だった。

ほとんど超人的な力で来由なしにバルティック海で地球を一回り回る18、000 マイルの航海終りに、Zinovi Petrovitch Rozhdestvenski 副提督は1905年5月南支邦海を通っていた。第 3太平洋艦隊はNikolai Nebogatov後方提督の指揮の下、Rozhdestvenskiの艦隊とともにグダルに会う事になった。旅順港が日本軍が手に入って、ロシア海軍の行く所はVladivostok しかなかった。

狭い海路でRozhdestvenski提督が選ぶことができる可能な道は3 種だけだった。先に二つは日本本土の北 La PerouseとTsugaruをパスするのだ。こちらをパスすることは日本の東海をパスすることだが、石炭消耗がもっとたくさん必要で、その間に攻撃される危険がもっと大きい。三番目代案は対馬島海峡をパスすることだが、これは日本が統制する心臓部をパスするのだ。艦隊の状態とVladivostokまで行くうちに石炭供給の必要性を見る時、Rozhdestvenskiが選択することができる道は一つだった。対馬島海峡を選ぶしかないのだ。
のイメージは毎日毎日ロシアBaltic 艦隊が過ぎ去る途中を点で表示している。通路は緑色に表示されている。漢字に表示された毎日の位置を見ろ。独島編入に地図的役目をした小村中太郞は大変な航海をするロシア艦隊の位置を定期的に通信で受けた。
1905年5月27 – 対馬島海峡戦闘開始。
1905年5月27午後艦隊が集結する。初めて砲門を開いた戦艦は Rozhestvensky 提督の旗艦Knyaz Suvorovだった。3分後、東鄕艦長の旗の下、
(右側) 戦艦Mikasaが火を噴いた。初40分間の戦闘で日本は戦艦Knyaz SuvorovとOslyabyaに高性能砲弾を浴びせたし、Oslyabyaは Vladimir Ber艦長と多くの舟員たちとともに沈んだ。

Rozhestvensky提督は負傷されて、艦隊の指揮が困られた。戦艦 Alexander IIIとBorodinoの艦長、Alexander、Borodinoと他の戦艦たちが日本艦隊の側面攻撃を受けた。しかし、16:00時に艦長 東鄕は霧と煙氣の中にロシア艦隊を逃した。

北に航海する間ロシア艦隊は 東鄕 艦長の艦隊にまた捕捉された。戦闘をあきらめる直前ロシアは Emperor Alexander IIIと Borodino丸を失って、ほとんど同時に Knyaz Suvorovが日本の魚雷攻撃を受けて沈み始めた。夕方遅く、Emperor Nicholas I艦に乗っていた、後方司令官 Nebogatovが艦隊を指揮し始めた。

東鄕提督は射撃を止めなさいと指令してみて近接してロシア艦ことを破壊し始めた。戦艦 Sysoy Velikyは巡洋艦艦長NakhimovとVladimir Monomakhとともに爆死下だった。他の3隻の戦艦は対馬島に向けたが、ひどすぎるように被害を被って5月28日舟員たちとともに逃げた。Navarin(左側)丸は機雷にそう沈んだ。

二つの隻の日本驅逐戦艦との戦闘でロシア驅逐艦Gronkyは艦長Georgy Kernの指揮の中で旗をひるがえながら沈んだ。終わりまで火を噴いた巡洋艦ことはDmitry Donskoyだった。5月 27朝まで、6隻の日本巡洋艦ことと熾烈な戦闘が起った。5月28日ひどく被害を被った艦隊は、戦死したIvan Lebedev艦長の代わりをした指揮官Konstantin Blokhinの命令の下、逃げだし始めた。

上左側が芸術家の作品表現はロシア旗艦Knyaz Suvorovが対馬島戦闘で直接攻撃を受ける場面だ。Rozhestvensky提督は砲弾破片に頭負傷を負った。彼は驅逐艦ことで移送されたが結局生け捕りされた。Rozhestvensky 提督は日本海軍に監禁にあう。

上右側イメージで負傷された Dmitiri Donskoi号の艦長 Lebedevが鬱陵島島で降伏する。彼の舟員たちはお舟が占領される前に脱出して、舟は他のお舟たちと同じく日本軍によって再使用される。

上左側: 上の Svetlana丸は熾烈に争いながら降伏するのを拒否した。雨脚のように浴びせる砲弾の中で舟員たちは舟で沈むのを待った。艦長は死亡して、司令官は重傷を負って舟はますます沈みながら舟員たちは海で跳びこんだ。上右側: Dimitri Donskoiの写真。
ロシア艦隊の砲手たちはほとんど 24時間お舟を運転したし、6時間の間歴史上一番熾烈な海戦を受けた。東鄕提督は他の一篇で鬱陵島北で他の艦隊たちと会いながら 15ノットで北を航海して舟員たちを休むことができた。

東鄕提督は日が昇る鬱陵島東南の方30マイル地点で夜を過ごした。あの時、東鄕平八郞提督は南側 60マイルである地点から北方へ行くロシア艦隊が発見されたという専門を受ける。

後方提督 Nebogatovは遅く運航する自分の艦隊が早く近付く 東鄕 提督の艦隊を避けることができないと感じた。それで彼は試みて見なくて自分の2000人の部下たちが逃げだすことができるように願った。Nebogatov提督は部下たちの意味ない犠牲を強要する命令ができなかった。

上左側: 対馬島戦闘の歴史的な実際地図絵だ。この地図は参照で赤い色に表示されている。上右側: この地図はロシア艦隊の通路と敗北場所を見せてくれる。下の右側話は色を加えた絵だ。(拡大しようとすればクリックします)
Nebogatovは独島南西の方海上で国際降参表示旗 XGHをあげている。東鄕提督はその旗がまやかしがないということが分かって艦隊に射撃を止めて、将校たちを送って虜たちを取って勝利をおさめた。

対馬島惨事で、ロシアは深刻な損失を被った: 5、045 人のロシア水兵が死亡して、6、106人が虜につかまった。日本の勝利には、3隻の驅逐艦ことと699人の将校と舟員たちが犠牲があった。5月27-28日の戦闘で、Nicholas II三つの政府は平和交渉に署名こんにちはだった。1905年8月23日ポーツマス条約で、日本は広東半島、旅順港、そして北緯 50度線の華太を得た。

上の写真は Rear 艦長が独島南側で降伏した以降ロシア海軍を見せてくれる。この歴史的事件で独島は新聞を通じて新しい名前 Takeshimaでたくさん知られるようになる。Nikolai I歳(彼は独島近海で虜につかまらないように慌てて逃げた。
対馬島戦闘の悪夢 – 日本は1905年 11月二番目海底電信網を独島と Matsue 間に設置する。
1905年 11月二番目海底電信網を独島と Matsue
日露戦争は現代で最大の世界的海戦でアジア国家がヨーロッパ列強を敗退させた最初の戦争だった。

日本の勝利はアジア民族主義を催したしこの地域の植民主義に対する闘いを催した。ロシアTsar皇蹄軍隊の脆弱性を見せてくれた敗北は 1905年革命の原因と考えられるということが一般的な見解だ。

ロシア陸軍と海軍の完璧な敗北でTsarは平和を請じた。アメリカデオドオルージュベルト大統領がポーツマス会談を仲栽した。(1905年 8月 23日)、しかし日本は自分たちが平和を失ったから 2次世界大戦が起きるまで西側外交を信じなかった。

日本海軍は海戦直後5月30日独島測量計画を樹立して、6月13日戦艦Hashitadeに言い付けて独島測量を実施するようにした。海軍はこれによって、6月 24日鬱陵島と独島を含む東海に全般的な施設物設置計画を立てる。この計画は、(1)鬱陵島北に大規模望桜を建てること(9人が駐屯する)と無線電信所建設、(2)独島に長期的な望桜を立てること(4人駐屯)、(3)この二つの島の望桜は海底電線で繋がれて日本隱岐島まで連結しようとするのだった。このような活動は国家領土を考慮しない不法的なのだった。
鬱陵島に新しい望桜の建設は1905年6月14日始まったし8月16日完成されたし、独島望桜は6月25始めて8月19に完成された。元々独島と隱岐 島を連結しようとしていた計画は1905年9月日露戦争の平和会談が締結されるによって、独島と日本 Matsueを連結することに変更した。

この作業は 1905年 10月末に始まったしその年 11月鬱陵島で独島を経ってMatsueまで海底電線が完成された。日本の将星。1905年以降、軍事通信網は韓国本土竹邊で鬱陵島独島を経ってマツにまで繋がれた。

左側の地図は東海で日本のまた他の軍事化段階を説明している。独島~松江(Matsue)に海底戦線はこの地域ですべての活動を統制して報告する体系が完成されたことを言ってくれる。緑色線は 1次日本海軍電線で青色は独島とマツに間の2次電線を現わしているし、その設計は対馬島戦闘以降に急に作られた。

手短ならば、日本政府に独島は軍事的な価値だけでなく、当時韓国の多くの所を占領する活動と深く連関されている。

この内容(左側)上に地図は日本史記録物センターの地図だ。記録日字は1905年10月から11月の間だ。赤い字内容は元々原本地図の上に追加で地理的位置を表示したのだ。その地図はまたイメージ大きさを減らすためにちょっと切った。上右側地図はこの通信電線があくまで延長されているかどうかを現わす。この電線の目的は韓国国境と海岸線と約200km遠いVladivostok港の海軍活動を見張るための明らかだ。

ここで私たちは独島の軍事기지基地化の証拠を見られる。海底戦線は日本マツに~独島~鬱陵島と北に元山を引き継いでいる。この線たちは現在北朝鮮地方を日本軍事基地で連結していた。(詳細に見ようとすればクリックします)

韓国で日本の活動時期 – 日露戦争 1904-1905
1904年2月8日 日本はロシアに対する宣戦布告をして韓国の仁川と中国旅順(Arthur港)のロシア戦艦を撃沈させる。日本軍はソウルで進撃する。
1904年2月16日 日本は韓国を力で征服を始めて、日本軍12師團は仁川に上陸して北鴨緑江で進出して、日本第1軍団を形成する。
1904年2月23日 日本は韓国に対して日本が軍事的な目的に韓国の地に駐屯することができる “合法的”である権利を認める条約を強制に署名するようにする。
1904年3月末 韓国で林權助公使が送った報告には日本が韓国の財政改革、経済的譲歩、そして永久的な軍事基地駐屯のための広範囲な権限を持った長官を派遣してくれるのを要請している。
1904年4月26日 ロシア海軍が日本輸送舟を撃沈させる時、日本軍人たちは降伏しないで皆水中に跳びこんだ。
904年5月19日 韓国は最終的にロシアとの条約を廃棄した。
1904年5月31日 日本内閣は韓国の外交権、軍事、警察、財政、通信と交通を統制することを決める。日本人が韓国に移住して韓国資源を収奪する微かな計画が樹立される。
1904年6月15日 ロシア戦艦が二つの台の日本輸送船を撃沈して、約2000人の軍事と多くの軍事武器を被害を被らせる。
1904年8月初 韓国宮廷は財政と外交に関する親日諮問官を指名することを同意する。韓国貨幤は改革されて日本に財政主導権を渡してやるようになる。
1904年8月14日 日本海軍は蔚山沖合でロシア海軍を敗北させる。
1904年9月25日 日本は鬱陵島と日本佐世保軍事基地までの海底電線網を完成する。
1904年 11月20日 日本戦艦対馬島丸は独島を調査して独島の地形的条件が軍事望桜を建設して東海で海底電線を設置するのに適当だという報告をする。
1905年1月5日 対馬島丸の調査報告では日本海軍水路局長 肝付兼行に提出される。
1905年1月28日 秘密内閣会議で、島根県は独島を編入して、Takeshima(竹島)と名付けることに決める。
1905年2月20日 瀋陽戦闘が始まって、この戦闘は50000人のロシアと日本軍が戦って、150000人が死ぬとか負傷された最大の陸上戦闘だった。
1905年2月22日 根島県は独島を日本領土の一部で編入する。
1905年4月 日本内閣は近い将来に韓国を保護領で置くように決めた。
1905年5月27~29日 対馬島戦闘が東海で展開される。その戦闘は今日まで最大の世界的海戦だった。5000人のロシア海軍が死んで、6000人が虜になった。日本は、3隻の驅逐艦ことと、600人の将校を失った。ロシア海軍は敗れて日本は世界の列強で背伸びする。
1905年5月30日 日本海軍は鬱陵島と独島に新しい望桜と海底電線を設置する計画用意する。
.
1905年6月8日 アメリカは公式的に日本とロシアの平和協定を取り持つことを提案して、6月 12日両国は交渉を受諾する。
1905年6月24日 日本軍艦橋立丸が独島を調査する。
1905年7月14日 日本海軍は鬱陵島と独島に望桜建設と電線敷設を始める。
1905年7月29日 日本とアメリカは、秘密Taft-桂太郞協約を結んで、日本が韓国を支配する大臣アメリカのフィリピン支配に干渉しないことにする。
1905年8月12日 イギリス-日本同盟が更新されて両国はどの一国が侵略を受けるようになれば相互協調する事にして、日本が韓国を支配する代わり、イギリスがインドとミャンマーを支配するのに日本は干渉しないことに合議する。
1905年9月5日 ポーツマス条約で日露戦争が終決される。: ロシアは日本の韓国、遼東半島、南部華太支配を認めて、そして満洲南部鉄道敷設権を認める。
1905年11月9日 日本海軍は鬱陵島と独島望桜と海底全盛設置を完工する。
1905年11月17日 日本軍は日-韓保護条約で韓国を保護領で置く事にする。
歴史的な事件で見た結論

“日本の1905年独島編入と日露戦争は分離することができない..”
日本外務省はウェブサイトから今日までも島根県が合法的に独島を編入したと主張する。しかし、こんな見解は日露戦争うちの歴史的事実を無視する時だけ成り立つのだ。1904~1905年の事件を研究して見れば、日露戦争が独島編入を決めるのに核心的な役目をしたということは明らかだ

日本の独島編入は世界歴史上最大の陸地戦争である中国 瀋陽戦争を起こす前わずか 2日ぶりに発生したのだ。日本帝国海軍は 1905年 2月マダガスカル周辺から東海で急に進むロシアのBaltic 艦隊を見守っていた。東海鬱陵島と独島隣近でロシアBaltic 艦隊と日本海軍の衝突は今日剥く地図世界歴史上最大の海戦だった。日本外務省は当時韓国を取り囲んだ状況を度が外れて麦を場合大きな間違いをすることになる。

“領土問題は個人的と歴史的観点で徹底的に分析されなければならない。独島問題の場合それが ‘歴史的’というのは 1905年韓国と日本との関係がどうだったのか、そして島根県の独島編入を導く直接的な過程の問題を含まなければならない。…” (Kazuo Hori、京都大学校 教授)“領土問題は個人的と歴史的観点で徹底的に分析されなければならない。独島問題の場合それが ‘歴史的’というのは 1905年韓国と日本との関係がどうだったのか、そして島根県の独島編入を導く直接的な過程の問題を含まなければならない。…” (Kazuo Hori、京都大学校 教授)