竹島問題の概要 日本の鬱陵島侵略 3
日本である伐採士たちは朝鮮の鬱陵島進出を続く
竹島問題の概要: もう説明したところのように日本である民間人の侵犯は日本と韓国関係を緊張させた。ここに対応の韓國政府は鬱陵島の空島政策を中断することに決めて人々を定着するようにする。1882年4月29日韓国搜討使李奎遠が鬱陵島に到着してその状況を調査した。そこで彼は多くの日本人たちが鬱陵島の木木を切っていることを分かったし、“松島”という表示版を見た。

竹島領土問題,上左側: 鬱陵島独島地域全体的な地図は日本と韓国陸地の一番近くの位置を見せてくれる。上右側: 韓国の鬱陵島地図.
朝鮮の記録に現われた日本人の鬱陵島不法伐採に関する翻訳

“統理機務衙門(国防省)から出た官吏は王に次のような要請をする。“鬱陵島を調査する間、李奎遠はどんな日本人たちが一方角に天幕を張って “松島”と書いた立て札を付けていることを見た。彼は統理機務衙門(国防省)大臣がそれを責めつける公式書簡を送らなければならないと建議します。私どもはもう手紙を送って日本人たちが鬱陵島で伐採を禁止するように要求しました。しかし、搜討使李奎遠が最近個人的にそこへ行って点検して見たら、状況が変化されなかった。したがって私どもはまた他の手紙を繰り返して送って何よりその問題を強調しなければなりません。しかし私はもう手紙が公式文書で成り立つように願います。ここに対して王は彼に同意した
…..”
数日後、日本人たちが鬱陵島に不法伐採をするというまた他の請願が伝達した。その内容は次のようだ。;
“..7月10日統理機務衙門官吏が王に言うのを李奎遠の鬱陵島報告書について殿下が私たちが処理するように言い付けた。私たちは公式文書を日本に送って日本人たちが鬱陵島で不法伐採を禁止するように要請した。しかし搜討使が調査しにそこへ行った時、まだ日本人たちは以前のような行動をしていた。私はこんな内容に対して以前の手紙内容を強調する公式文書を送った方が良いと思います。私が大提学(公式文書部署)にこの問題を建議しても良いですか..?”

これに対して、王は同意した….”

ここで、私たちは日本人たちが一時強い政策で不法渡海者たちを処理したが大部分無関心な位に柔軟になったことを分かる。朝鮮政府は国家文書てもう日本外務省はもう日本外務省官吏に抗議書簡を送ったが無駄だった。それはアジアの他の所でも同じくこの時に、日本は民間人が隣り国家たちに侵犯する政策をけしかけ始めて、滞留者または不法住人に対して黙過した。
日本政府は韓国の要求に一時的に応じる
50年前幕府の孤立政策の下で不法滞留日本人たちは鬱陵島を発ちなさいという約束を守って来た。しかし、新しい明治政府の政策の下で日本政府のこれらに対する処罰は非常に軽いのだった。そうだが、日本政府は1883年日本お舟が韓国に到着すると、丁寧に韓国の要求に応じてこれら日本である滞留者たちを強制で退去させた。
1883年3月1日、日本は鬱陵島に対する渡航禁制令逹案を下げる。
内達案

北緯三十七度三十分東経百三十度四十九分二位スル日本称松島一名竹島朝鮮称鬱陵島ノ儀ハ従前彼我政府ノ議定ノ儀モ有之日本人妄リニ渡航上陸不相成候條心得違ノ者無之様各地方長官に於テ諭達此旨及内達候也

明治十六年三月一日
太政大臣

翻訳:
“…公式通知文

日本が松島または竹島と呼ぶ島は韓国では鬱陵島と呼んで、緯度37度30分そして經度130度49分にいる。この島に対して日本と韓国は文書で合議するのを日本人は理由のなくこの地と島に航海しないだろう。私たちはここで各地方政府首長に通知するのでそこに対して混同がないように願う。

1883年3月1日
太政大臣…”

明治初期時代日本人の鬱陵島活動分析
1883年3月1日、日本政府は鬱陵島が韓国領土なのを確認する宣言を言う。 原本記録は右側で見られる。

1696年と1837年、幕府がもう宣言したところの違い、独島は言及されなかった。この記録はまた日本人の航海が日本本土近くにしなければならないとか、または外国船との接触を避けなければならないという内容がない。したがって、私たちは外国に対する日本の態度がどんなに変化したのかを分かる。

しかし、韓国の要求に応じるような明治日本帝国は狡くすべての4方に確張していた。現実的に、日本政府の鬱陵島都して禁止令は效力がなかった。記録で見せてくれた(リンク) ところによれば、1890年後半、多くの数字の日本人たちが鬱陵島に到着して韓国政府は遠い鬱陵島地域をこれ以上統制することができなかった。これは日本の1905年独島編入の歴史的背景になる。