竹島問題の歴史 日本の鬱陵島侵略 2
1882年5月22日–日本である伐採士たちが群れをなして韓国の鬱陵島に現われる。
韓国政府は鬱陵島日本である渡海者たちを処理するために大変だった
竹島紛争の歴史: 1880年この地域に対する日本の侵略は鬱陵島と独島全体にかけたのだった。しかし、それぞれの島はそれぞれ他の方式で侵害を受けたがそれはその島々が元々他の価値を持ったからだ。鬱陵島の資産は自然資源の形態だったし、一方に独島の価値は軍事的戦略位置があった。この文書はどんなに日本人たちが不法的に鬱陵島伐採をしたのかを見せてくれる。それはまるで日本人たちが以前には来なかったようではなくて、数世紀の間鬱陵島に侵入して来たように見える。現実的に、韓国政府はこの問題を単純なこと以上に認識していた。

鬱陵島~独島地域で状況は統制することができない位に狂っていた。不法的に漁業と伐採をする日本である滞留者たちがあふれ始めた。次は統理機務衙門(国防省) 大臣が王に報告する内容だ。彼は江原道搜討使林漢秀の報告書内容を引用しながら先にその地域を全般的に紹介している。

竹島紛争の歴史, 上左側: 鬱陵島 – 独島地域全体的な地図は日本と韓国陸地の一番近くの位置を見せてくれる。上右側: 韓国の鬱陵島地図。
朝鮮国の鬱陵島測量報告書翻訳

島を見回って私は人々がいくつの木を切って浜辺に積むことを見ました。私はまた他の人々が黒い髪に顔がかけることは短い髪人々が私のそばに座っていることを見ました。私は彼らに近付いて字を書いて何をしているのか問いました。その日本人は元山と釜山で輸出する木を切っていると答えました。

日本であるお舟たちが最近たまに行き来するのが観察されるのにこれは鬱陵島で相当な利益を見ていることを現わすことであり、これは結局問題を起こすでしょう。統理機務衙門では王に報告書を送る必要があります。この山山は何種類理由で伐採が禁止されていて、いくつかの適切な措置と手続きが下ろされなければならないでしょう。しかし、これら日本人は私たちの森で私たちの同意や許可もなしに秘密裡に伐採をしています。この文書は釜山にある日本の政府の外交部官吏に送るのを予定だった。海真ん中位している島を無視することは思い違いです。…”

翻訳引き続き:
“島が戦略的位置として大切さと防御制度としての状態はどれより優先的に点検されなければなりません。私は一日も早く李奎遠を搜討使に送ってその事件を調査するようにがると建議させていただきます。…”
この要請に対して高宗王は彼に同意する。

韓国の領土境目と独島の急速な瓦解
上記録はどんなに独島の一番近接島が外部に露出した以降不法日本である渡海者たちであふれるようになるかどうかを記述している。幕府の孤立政策が終わって明治日本はすべての方向に拡張されたし、朝鮮の鬱陵島と独島は日本の新しい西の方境界になった。

右側:1902年、日本警察は韓国の鬱陵島(右側)で韓国人たちを徐徐に追い出す不良な日本である滞留者統制するために駐屯する。

この記録になった 2年後、日本政府は礼儀正しく朝鮮の要求によって不法日本である滞留者、伐採士たちと漁夫たちを鬱陵島で強制的に移住させるが、しかし、ただ 20 年後、状況は統制することができなく変わって日本である警察が朝鮮政府の許諾もなしに韓国の鬱陵島に駐屯するようになる。そこから、韓国の鬱陵島のこれら不法日本である漁夫たちは日本の独島編入の道具になる。