[竹島問題] 朝鮮についての1870年のレポート
“…鬱陵島と独島はどんなに朝鮮所有になったのか…”(竹島松島朝鮮附属)

次のページはまた他の記録で日本政府(明治)が独島を朝鮮地の一部と見做した証拠がある。独島はよくリアングクル岩礁(Liancourt Rocks)と西洋国々が呼んだりして日本は竹島と呼ぶ。大部分の独島紛争関聯ウェブサイトは鬱陵島と独島がどんなに朝鮮の所有になったのかに関する1870年秘密課題を言っている。しかし、彼ら大部分は下に見える妥当な文句だけあげる。しかし単純に鬱陵島と独島は朝鮮の所有という証拠だけ言及するだけだ。この秘密報告書そしてけしかける動機は朝鮮の開港時代日本政府の実際意図に対する内幕を見せてくれる。

上左側: イメージは‘朝鮮に対する秘密報告書’ 原本だ。漢字の上右側; この文句報告書では明確に竹島松島朝鮮附属という字は“鬱陵島と独島はどんなに朝鮮所有になったのか。”を見せてくれる。そしてそれは島に対する歴史的な手短な言及をしている。
朝鮮(韓国)に対する日本の報告書原本
明治政府形成期に日本は積極的に朝鮮と新しい外交関係を結ぼうとした。この一番目外交使節には森山(Moriyama)シゲで、佐田白芽(Sada Hokubo)そして齋藤 Eiが含まれた。この謝絶は何種類情報を収集する目的を持っていたが、例えば、1. どうして日本と朝鮮関係が悪くなったのか? 2. 対馬島の朝鮮に対する供え物献上の中断。3. 朝鮮と中国の関係の調査。4. 天皇が潜行御史を朝鮮に派遣する時戦艦たちを釜山に行かせること。5. もし朝鮮がうるさいロシアの外交官の影響を受けるのか? 6. 朝鮮の武器と海軍の力を調査すること。7. 韓国王と大臣たちの政治的状況に関する調査を進行すること。8. 朝鮮との潜在的が交易可能性。9. 朝鮮の慣習そして制度の調査。

上左側: 鬱陵島(過去日本が言った 竹島)そして独島(過去日本が言った松島)の近接写真。典型的な19世紀中葉日本地図は1870年朝鮮に対する言及一世紀以前に島を見せてくれるのだ。
日本の1870年朝鮮(韓国)に対する報告書分析

それは指示たちが日本の当時政治家たちの野心と主張を現わすという点でおもしろい。私たちはこの言及が非友好的な見解から出たことなのを見られる。したがって使節たちが外務省に報告したことは何なのかを研究して見よう。役人たちは韓国に1870年2月22から3月初まで泊まりながら4月に報告書を送った。第一、言及は朝鮮は日本と従属関係にないし、第二、対馬島は確かに韓国体制に属したし韓国から小銭を受けた。第三、中国問題に関する日本である使節の言及は朝鮮は中国から独立された運営をしている。

最後に朝鮮の鬱陵島と独島所有に関する歴史的な内容を詳らかに書いている。その内容は。

“…朝鮮附属鬱陵島と独島(竹島松島)”はどんなに朝鮮所有になったのか…”

“…松島(独島)は竹島(鬱陵島)の隣合う島でそしてこれら島に関する幕府のムンソチォルはない。2。竹島(鬱陵島)は1690(肅宗)以降 韓国人たちが定着している。しかし今は人が住まない….”

進んで、この報告書には朝鮮を侵略する詳しい計画を盛っている。指示には江華島地にソウルを直接攻撃する 30個主力部隊を要請している。補充隊は南へ慶尚道、全羅道、忠清道で進撃して北では咸境道、平安道そして黄海道で進撃する事にする。一応これら部隊がソウルに集結すれば韓国政府は瓦解されるはずでもし中国が介入すれば日本軍は手軽く彼らを処理する。全体作戦は50日がかかることで佐田白芽(Sada Hokubo)は判断した。

佐田白芽の報告書:

“…もし日本帝国がこの機会を外国に奪われたら、私たちは私たちの唇(例えば、韓国)を失うようになることで私たちは歯にしみるようになるでしょう。韓国は金鉱、小麦そして米が豊かだ。ただ一度の作戦で私たちは人力を動員することができるし、鉱山人力を韓国で得て北海島に活用することができる…”

この文書は日本の1875年9月20日江華島侵略を描いたのだ。占領は一連の不公正条約、そして韓国に対する漸進的な占領の動きを向けて進んでいた。

地図製作の過ちそして1870年朝鮮報告で–日本の誤った論駁
この時代に生じた誤った地図に関してどんな日本人たちは、この文書が違う島を言及したことだと言うが、しかしこれの可能性がない。第一、歴史的に1870年参照で朝鮮に対する秘密報告書では元禄時代竹島(竹島)を言及している。これはもちろん鬱陵島なのに何故ならばただ鬱陵島だけが解決されることができたからだ。また1690年代後半の朝鮮と日本の紛争(例えば、安竜福事件)はその対象が鬱陵島だった。

ただ論争問題は必ず一緒に松島(独島)問題が明らかだ。日本ロビイストたちは松島はこの記録で他の島だと主張する。1870年言及で松島は鬱陵島の隣合う(隣島)島だ。鬱陵島近くに松島(独島)と呼ばれたまた他の島があったのか?私たちはこの他の島に関するこの時代の日本地図を引用して、日本人のこの重要な文書“解釈”が誤ったので処理することができる。

この報告書でまた他の松島(独島)を言及した日本人たちは200年前にも独島を同じ名前で続いて使ったのか?日本地図の東海(日本海)そして鬱陵島は確かにそうではないと確認する。

初期明治時代日本地図松島–独島描写

樫原義長の1876年日本と韓国地図

この文の右側地図は樫原義長の1876年に描写ので、東海(日本海)に鬱陵島(過去日本が言った 竹島)そして独島(過去日本が言った松島)を皆現わす典型的な日本地図のだ。すべての日本の国家地図のように、独島の姿(過去日本が言った松島)は不正確だ。日本地図で村川または大谷は漁業家門たちが描いた私的な地図を除いて独島を2個の島でまともに描写地図はない。しかし以前の地図を根拠にしては描写よりはちょっとかすかだ。

鬱陵島はヨーロピアンたちの地図影響でもっと西の方に位している。一番重要なことで鬱陵島は
“(過去日本が言った竹島)そして独島(過去日本が言った松島)…”と表示されている。 東海にはこの地図に他の島はない。松島を独島と存在を認めたのだ。齋藤豊仙の “…ここで見る見地では独島で韓国を見ることは雲州で隱歧を眺めることと似ている…” (見高麗如自雲州望隱州)独島は一世紀以前に描写のだ。(大きいイメージを見ようとすればクリックします)

朝鮮の鬱陵島(過去日本が言った竹島)そして独島(過去日本が言った 松島)に関する1870年報告書
1870年朝鮮に関する報告書で、鬱陵島(竹島)関聯研究書が発刊されて韓国の鬱陵島そして周辺水域に関するすごく詳細な研究が進行された。すべての地図たちと松島に関する技術は独島に関することに一貫された。この記録には松島–独島は鬱陵島の周辺の小さな岩島例えば鬱陵島北東の方2.2kmにある竹島ではいやだというのに一致した。

この報告書に含まれた地図はすべての鬱陵島の隣接岩たちと東海のもっと大きい地図が含まれた。島の実体をもっと確かにするために齋藤豊仙の1667年度“見高麗如自雲州望隱州”地図は接した鬱陵島と独島を描いた。不思議なことにこの地図はページの上を西の方に置いてそして東を下側に置いていることを詳らかに見ろ。したがって、南、北は左側で右側に描かれている。

竹島(鬱陵島)報告書が提供した地図。島根県西の方には竹島(Matsushima- 松島)外には他の島がない。
言及したところのように、鬱陵島報告書に含まれたことは鬱陵島自らのとても詳細な地図だ。この鬱陵島地図左に見る。島は北と他人の位置が対角線で斜めに描かれている。鬱陵島は竹島(独島)下の右側に表示されたことを見てほしい。

言及したところのように、鬱陵島報告書に含まれたことは鬱陵島自らのとても詳細な地図だ。この鬱陵島地図左に見る。島は北と他人の位置が対角線で斜めに描かれている。鬱陵島は竹島(独島)下の右側に表示されたことを見てほしい。

係わる資料を引き入れて見る時、どんなに何何日本人たちが松島を独島ではない他の島だと主張することができるのか変だ。この理論を支持することができる歴史的データは少しもない。かえって日本外務省の独島に対する歴史的所有権主張のための主張は不可欠で歴史的資料の重要な切れを無視するという点を見せてくれる可能性があるだけだ。

1877年公文錄文書たちに添付された鬱陵島と独島地図
1877年に島根県が内務省にもし鬱陵島とまた一つの島(独島)が自分の行政管轄に屬するかを質問した。この質問目的は日本地図を製作する前に日本領土で編入させても良いかに関するのだった。1877年文書に添付された地図は鬱陵島と独島を見せてくれる。この地図で独島の樣は正しく描かれた二つの島を現わしている。私たちはやっぱり独島が(松島)で正しく名前付けられたことを見られる。

明治の公文錄文書たちに現われた地図で独島は(松島–松島)だ。この地図も他の島々は見えないで鬱陵島の竹島をイカ島または“Squid島”と命名された。(クリック地図)
もし私たちがこの絵たちを大きく拡大すれば鬱陵島は確かに主な島よりはちょっと薄暗く描かれた隣り島を持ったことを見られる。一番明らかなことで、竹島は鬱陵島の北東の方海岸に描かれている。しかし、この島は松島)と命名されなかった。かえって イカ島またはSquid島だと言える。多くの日本である漁業記録では鬱陵島の竹島をイカと呼んだし、したがって竹島の支配的な可能性は“松島(独島)”というのが朝鮮に対する日本の1870年報告書内容だ。

19世紀日本の鬱陵島地図、独島そして日本の西海岸

次の地図は何種類理由たちで重要なのだ。第一それは日本人の不法的渡海を記録しているからだ。朝鮮地へ来た漁夫たちは主に米子市から来た人々だ。鬱陵島と独島は正しい姿で描かれて名前が付けられた。この絵は韓国の鬱陵島に行く二つの島で正しく独島を描く。

この地図も鬱陵島(竹島)と独島(松島)以外には東海に他の島がないという認識の事実を強化させてくれる。公文錄地図で、鬱陵島の竹島はイカ島またはSquid島で名前が付いている。したがって日本人“史家の”主張また他の鬱陵島に接した松島)島以外にまた他の島があるという主張は真実ではない。(もっと大きいイメージを見ようとすれば地図クリック)

1870年報告書証拠で根拠した結論
明治政府の初期証拠では明確に独島を朝鮮地だと言った。
朝鮮に関する1870年報告書からは竹島ロビイストたちが日本人の島獲得に対するこの明確な証拠を抜いてオスムプレするように主張する内容の独島主張を力強く反証している。彼らがこの報告書を発刊した時日本外務省が不正確地図またはまた他の架空的な松島地図を参照にしたということを支持する証拠がない。

“…この歴史的文書で明確なことは日本が独島を鬱陵島とともに朝鮮領土の一部と認識したというのだ。日本は表現するのを“どんなに鬱陵島と独島が朝鮮の所有になったのか”。それはやっぱり独島が鬱陵島と関聯があって“…1690年代に二つの島々が朝鮮に属すると合議したということを確認した明確な証拠だ。…”