竹島紛争 日本の主張 島根県の竹島 – 独島宣傳ブロシュオ
独島 – 竹島に対する日本の嘘事例 – 誤解を直す
竹島問題 日本の主張: 下のページは、現在進行中の論争で島根県の立場を言っている写本だ。独島は日本で竹島と呼ばれているし、よく西洋でもリアングクル暗礁とも呼ばれる。私たちは一ページずつ日本の主張を点検しながら、彼らの立場が妥当か決めるでしょう。下各ページに、反論が続く部分で必要な資料が加わって抜純された。各ページをより大きいイメージを見ようとすればクリックします。
島根県の竹島パンフレット、正面と後表だ

““竹島を回してくれ、我が島と私たちの海… プラス 400、000平方 km。!”
島根のカバータイトルはすなわち、この論争が本当に何やら私たちに言ってくれる。“我が島と海を回してくれ” たとえ日本MOFAは竹島に対して過去の株券でこれに歴史的論争をしようと思うが、日本の本当の動機は独島周り、そしてその下に位する豊かな漁場と潜在的天然ガス備蓄に占有権を持って来るのだ。それに日本が独島周辺海流で他の無人島に適用した方式は日本の隣国に重大な心配をかける。適切な事例: 沖ノ鳥島諸島。
沖ノ鳥島諸島はよく日本群島の最南端の「島」と呼ばれている。 イワナカグックの政府が “島ではない「岩」としてそれを言及し始めた時は 2004年以降日本と中国の間の論議の中に “あったし、暗礁近くの海は、潜在的軍事的大切さの領域で、油と違う資源が潜在的に豊かだ。満潮になれば、暗礁の区域が約ツインベッド大きさで現われて、海から 7。4 センチメートル(2。9 インチ)を湧き出る。他の一つは小さなベッドルームの規模で、二倍位の高さで現われる。すべての暗礁はおおよそ 7。8平方キロメートル(3平方マイル)になる。そして、その大部分は滿朝になれば水に浸る。

上左側: 岩に過ぎないこの地に対して、日本は 沖ノ鳥島諸島の周り 154、500平方マイル(400、000 km) 以上 EEZを要求する。国際海洋法は、言うのを“人間の居住を続くことができない岩または彼ら自分の経済生活ができない地域は排他的経済水域を持たない。” 上の右側: このイメージは、沖ノ鳥島諸島の周りに寝食を阻むために巨大な六面体で取り囲まれるセメント版を見せてくれる。
UN海洋法条約の中で、島は “土地の自然にさせられた区域、満潮の時に水に取り囲まれて水の上で湧き出た所”。そこに、“人間が居住を続くことができない岩、または経済生活ができないことは排他的経済水域を持たない。“。日本は 1983年に会議に署名した。会議は、1994-96年に效力を発生した。

しかし、日本は 沖ノ鳥島諸島の周りで 154、500平方マイル(400、000 km) 以上 EEZを要求する。中国はこの主張に反対する。そして、その地域が岩であるだけで島ではないと主張する。

Jon Van Dyke 法学教授は状況がすべての岩周りで EEZを要求してから失敗したイギリスの試みと似たり寄ったりだと言った。そして、人のいないお影石が大西洋で露出したが、イギリスは結局、他の国が反対した 1990年代にその主張を撤回した。Dyke 博士は、EEZを作るのがブルがヌングハダといっそうもっと主張しながら、“沖ノ鳥島諸島が 200海里を経済水域で持つというもっともらしい主張”を評する。。 [3]Tadao Kuribayashi法学教授)は暗礁が岩と構成と構造に対して違うと言いながら反対意志を表示した。そして、意図が岩を狙ったことで調整したと主張する。

日本が過去人工島を造成して岩を EEZで宣布するなどの政策は独島を取る場合に、次の段階は自明で (どんな日本当局者はヒントを与える) 独島を EEZで宣布して “居住することができる” 所で作ろうとする。これは、問題をいっそうもっと難しくすることができる。韓国は、一方、住居に相応しくない島が EEZに指定されることができないと主張して、独島の周り 12 海里地域を考慮した。これは、韓国と日本の一番近くの陸地接近で 等距離 境目と似たり寄ったりだ。

後表だ(島根の混乱された解釈)の 1864年日本の地図
““色で分類された歴史的日本地図は、本当に独島を – 日本の領域としての竹島を現わすか?”
竹島(鬱陵島)と 松島 (独島)で色が塗られたことは東に日本の 沖ノ鳥島諸島のような黄色色なので、このパンフレットの後表紙の地図で引用した。ここで島根県は日本の領域としての鬱陵島と独島と思うことができる 1864年の日本を信じるようにする。これは真実なのか?
島根県が市民を誤解させようとする明らかな試みをすることは非常に失望だ。それはパンフレットの信憑性を阻害して、地図を作った人を誤解するようにする。上の断定を歴史的に不正確だということを証明する事実が何種類ある。島根のパンフレット地図は左側にある。右側はこれと類似のカイセイ日本ヨウチロテイ Zenzu 1775年地図だ。隱岐はもちろん他の色だ。

一番重要なことは、皆ではないと言っても、日本の歴史地図は、日本の領域として鬱陵島と独島を含むことができなかった。このような歴史地図のいくつは、下の関連で見つけることができる。地図 1、地図 2、地図 3、地図 4。

島根県の竹島 Brochureは左側への地図が日本が竹島(鬱陵島)とマートシマ(独島)を日本の領域だと思ったと言う証明だと主張しようと思う。これ “証拠”は、他の色に表示された右側多い日本歴史記録とその他日本地図によって間違ったということを簡単に証明する。
1791年からの日本地図

1840年からの日本地図

鬱陵島-Takeshima(竹島)と 独島-Matsushima(松島)が南側の隱岐制度と一緒に皆の黄色なので日本地だと表示して竹島(鬱陵島)を現わす。しかし、私たちが見るところのように、ほとんどすべての日本歴史地図は他の色としてその島々を現わす。実際、鬱陵島-竹島(竹島)は、1696年に朝鮮に “譲歩された”。

一番面白いことは、読者は絵皆は本土日本で隱岐制度までの航海ルートを現わしている線に気を付けなければならない。しかし、航海ルートは、鬱陵島(竹島)と独島(松都)につながらない。これは、この地域への日本の呉キノシマ人々による秘密の航海が日本政府には知られなかったことを現わす。

1836年に、鬱陵島(当時には竹島と呼んだ)に不法侵犯した責任者を日本幕府が処罰することを分かる。次年、1883年、日本の犯法者は鬱陵島から強制的に退去された。この反論に対して言及しようとすれば、鬱陵島が韓国の地に表示されたことを証明する多くの歴史的引用はあまりにも多い。

1836年の 八右衙門の裁判で明かされた参照地図
上述したところのように、1836年に一応の日本貿易業者たちの鬱陵島犯法者でも裁判中だった。係わる地図と文書は鬱陵島と独島が朝鮮領域にあることを証明する。明かされた絵は韓国と鬱陵島と独島を赤く塗って日本は黄色で描いた。この地図を参照で日本と韓国の領域に係わって、この分類は 1836年現在、韓国と日本の領域に対して本当の正義を例示するのだ。(下記のように参照)

上左側: 上の絵は、左側で参照でラベルを付けられた地図と分離した。オリジナルは、会津屋 八右衙門の地図であり、彼が韓国の鬱陵島侵入したのに対した調査で韓国の地を描いて入れて明らかに鬱陵島と独島を表示した。上右側: 韓国の独島を現わしているアイツなの 八右衙門事件から見た地図(地図をクリック)
““竹島の日。。。?” – 歴史的事件に対する日本の選択的 記憶
““日本が 1905年独島を編入した理由は何か..?”
島根の知事は、論理的導入を始めて言って ““この難題を解決するため、私はまともに論争の歴史の背景を確認するのがズングヨハダと思って、お互いの主張、そして、合理的な論議によるプロセスがなければならないと思います…。”

私たちがもっと読んで見れば、この言葉は空虚な音で聞こえる。日本政府はまだ竹島問題の起源と独島の日本編入の本当の性質について否定している

1905年日本の竹島編入記録に対して島根の知事は“Matsushimaとリアングクルと知られた島は政府によって竹島に指定されたし、彼らは彼らを日本の領域に入れることに決まったし、島根県とは別個だ…”

知事は、もっともな事だが、日本海軍が編入の前に軍の望桜を作るために独島を不法測量したことは記載しなかった。中国で露日戦争が激しかった時アソ港(大連)は当時陷落された、そして、トーゴ提督の艦隊は対馬島海峡でロシアバルティックハムデが近付くのを待った。この事は日本が静かに独島を編入しながら発生した事だ。その事は。地域政府次元でこっそり知らせただけだ。

左側: 1904年 2月に済物浦(韓国の仁川)に着陸した日本の軍隊。上右側: 日本が竹島を編入する 3ヶ月前に、日本の戦艦対馬島のYamanaka Sibakichiは、竹島の測量地図を作った。露日戦争間にその島の理想的な望桜が表示されたし、軍の観察のための位置と電信所のための可視的な位置を表示している (クリック)
島根県への竹島パンフレットの甘ったるい内容は 20 世紀の變換期で韓国と東北アジア歴史に対する基本知識でも持った人ならだまされない。

1904年 2月 8日に、日本海軍は済物浦に停泊しているロシアの Varyagと Korietzするに対して不意の攻撃を開始した、日本軍隊はソウルにずっと進軍して、何週刊継続的な脅迫と操作がある後、韓国は 2月 24日(日韓議定で)に署名した。

議定では日本人が韓国の重要な地域を占領することを承諾した。直ちに、日本陸軍と海軍は韓国のすべての重要な沿岸及び島位置に対する軍の測量と通信所を作り始めた。この地域は以下を含んだ: 鬱陶、済州島、牛島、紅島、八道、翎、鬱陵島、浦項と釜山。

左側: ロシアである戦争の間 1905年 6月日本の海軍地図は日本と韓国の間に日本軍の電信船を現われる。隱岐で竹島と鬱陵島を通じる韓国への波形の線を現わす。上右側: 軍の望桜を韓国タングエに設置する間、日本軍艦対馬島の航海日誌(上)は 1904年 11月 13日 (独島を便利でたやすい 3ヶ月前)に電信所設置のために竹島を測量しなさいという命令を記録した。(クリックイメージ)
日本政府は韓国と当時の竹島の併合に対して日本の植民地野心と関連性を認めるのを拒否する。日本の軍艦対馬島の航海おこるのは私たちにとても違うように言う。

日本の戦艦対馬島は、1904年 11月 13日特別な命令#276を受けるのに、そこには、3個の指示がある: 無線のテスト a) テスト技術者と一緒に高崎山(呉キノシマで)で通信を送った電信所設置情報 b) 独島島、鬱陵島、竹邊と蔚山に望桜(無線送信所ではない)設置のための報告、c)その適合性のための労動者派遣と材料運送報告。

このような指示だけでも、露日戦争間日本軍の活動が独島編入と分離することができない部分なのを証明する。

竹島論争の誤った解釈の起源
““独島 – 竹島論争はいつ本当に始まったのか?”

上のパンフレットの中で 3ページで、3 “ 。。竹島問題が 1952年 1月 18日にいわゆるリスングだけラインが韓国政府の設定され始めたことは一般的に知られている…” これは、次のページのNobuyoshi Sumita 知事自分によって間違ったことが証明される。1906年島根県官僚が独島を調査して鬱陵島を部屋運した後、韓国の鬱島島監沈興澤が鬱陵島を調査して韓国の行政府に申し上げた報告に “独島は、鬱陵島の一部です。”と報告しました。すなわち、独島は韓国の郡に属していた。
日本政府は、次官会議で隠密に独島を編入させた。これは、島の名前さえあげていなかった地方新聞の2ページに非常に小さな広告を積んで外部に通知もなしにした。

その上に、韓国政府は、政府の次元で 1906年にこの事実が分かって地方紙で独島の日本併合を抗議した。しかし、この時、日本は韓国の外務省をほとんど統制していた。(リンクをご覧ください。)

上記の記録は、日本が独島を竝合したという消息を聞いて、韓国が直ちに政府とメディアで対抗したことを見せてくれる。この当時韓国外務省は 1904年 8月から崩壊される。
1952年 1月 18日に李承晩大統領が平和線を宣言したのに対して日本の論議を扱っているこのパンフレットの全体ページには独島が1906年の韓国の領土と主張した韓国の立場に対しては主張に対して言っている一言もない。変えて言えば、竹島 – 独島問題は日本が抗議する時だけ問題になって、韓国が 1906年抗議した部分に対しては問題がないことだけでした。いわゆる “事実の客観的な調査”が伝達しない島根のパンフレット。
島根が製作する有效な点は、大谷と村川が 1618年に偶然に島を捜し出して、直ちに竹島とMatsushimaに航海する許可が与えられたと言うのだった。しかし、パンフレットは、“Matsushimaは、日本の一部で知られて来た”と言いながら遠く歴史的引用をしようと思う。
““独島は 17 世紀に日本の竹島一部だったの…?”
竹島(鬱陵島)と松島(独島)の地位を決めようと思っている間、日本幕府は 1695年に鳥取(島根)県への質問に答えたのはたとえ竹島(鬱陵島)と松島(独島)がこのような島根県の一部ではなかったと言っても、島が鳥取の一部または日本がパンフレットに現わしたところのように 因幡州の一部と主張した。ブロシュオ 6 ページは鬱陵島独島が日本島根県の一部ではなくも日本領土から除かれたということを意味しない。日本が意味することは何なのか明確ではない。

上左側: 1695年幕府は鳥取城の答信で竹島と松島(独島)は因幡州の一部、または伯耆地域ではないと確認した。
上右側: 日本の 1654の日本の地図。竹島と松島(独島)は、日本の一部で含まれなかった。
一部日本史家は、幕府が 17 世紀の間に大谷家門に竹島(鬱陵島)と松島(独島)を下賜したと主張した。これら家門皆ヨナゴシに暮したし、そして、鬱陵島の資源を不法で集める毎年の航海はヨナゴから出発した。このように、もし 2個の島が本当に 村川 家門と 大谷家門によって “活用”になったら、それは鳥取ヨナゴシの一部と思うことができたが、。 しかし、グックイゴッはここで事実ではないことで現われる。(リンク) 日本政府がここに対する公式立場は 6ページで、“これは、将来の調査を要する”と記録した。

私たちは、日本が竹島(鬱陵島)と松島(独島)が 17 世紀の地図によって日本の一部と思える。この時代の日本地図は、日本との北西の方の境目が一貫されるように 隱岐noshimaであることを現わす。この文の上に右側はその典型的な地図だ。

安竜福事件に対する島根の充分に研究されることができなかった分析
島根県の歴史データの省略

““安竜福事件”に対する誤った用語を先に指摘する 1696年に、安竜福は 10人の男たちを連れて島で日本に航海した。そして、その人々の中で 5人は仏教僧侶だった。彼らは皆武装していなかったし、平和に日本が鬱陵島を不法侵害することに対して異意を申し立てた。そして、鬱陵島が 6 世紀から韓国の領域なのを知らせた。

確かにこの事件の歴史の記録に少しの矛盾がある。しかし、日本の学者はアカデミックなアプローチをするよりはむしろ、この価値のあるデータを無視する方を選択した。これ以上事実が追加されないことは驚きべき仕事ではなくて、論争の記録は数百年の間両国で記録された事がある。日本の竹島パンフレットが客観的なことを言わないから何種類を指摘することができる。

2005年村川家門で発見された安竜福の資料は実力のない言及をしているが、少しの非常に重要な資料は省略された。

シマのブロシュオはこの論争の島が本当に竹島(鬱陵島)と松島(独島)だったのを認めるようだ。新しく発見された 村川記録の 5 ページは、下記のように読める。:

安竜福によれば““鬱陵島は竹島だ。彼は、鬱陵島と言う名前の島が朝鮮(韓国) 江原道東莱部にあり竹刀とも呼ばれていると言った。彼はそれを言い表す韓国の 8度行政区の地図を持っていた。それは松島(独島)の同じ名前がいたし、そして、これが韓国 8度地図の地方でも記録される、松島(独島)は江原道の行政区で子山島(于山)と呼ばれている島だった…”

上右側。: 2005年の村川文書は安竜福が松島(独島)が于山島と主張してしたがって朝鮮の地だと記録した。:韓国江原道に竹島(鬱陵島)と松島(独島)を含んだ安竜福の“地図”(江原道)
安竜福は子山島(于山島)がこの記録の松島(独島)と言った。この文書の後に、彼はおおよそ 50里として距離を記録する。この距離は、当時の大部分の日本地図と一緒に、完全に不正確だがしかし、鬱陵島の隣り島のどれだと言うにはとても遠い。韓国の行政区ゾンペ国土をリストしてからもまたは絵はこの記録に含まれた。
江原道の下で竹島とマ対馬島ウル確かに見られる。
この記録は于山島のアイデンティティーを確認する証拠の重要な部分だ。しかし、それはまた一つの重要な疑問を起こす。日本が一般的に自分たちの領域の一部として松島(独島)を考慮したら、なぜ、彼らは安竜福の主張に反対しなかっただろうか?この事件後に、竹島と松島(独島)の問題は、二島と決して取り出さなかった。松島(独島)に対する安竜福の要求に対する日本の沈黙が承認になると言うことは有效な点だ。
于山島の混乱させる問題

両側の独島-竹島論争で、于山島問題は両国の事例を支持するのに利用された。于山島のアイデンティティーは歴史の引用と違うことができる。鬱陵島から 50里で安竜福が于山島(独島)の通りを言っているのにこれは鬱陵島沿岸でわずか 2。2 km 離れたおかゆも島であることができない。これ “于山島”は今日、独島で一番よく解釈される。

この朝鮮地図はこの絵で于山島が鬱陵島身近に描かれているから于山島が鬱陵島の隣にイッヌンズックドと説明する証拠でよく登場する。この地図を引用することは問題があってなぜなら、鬱陵島東南の方に 5個の大きな島が見えるからだ。鬱陵島東南の方にはそういう大きい島がない。この地図で実際ない島々が現われることは変だ。唯一の結論なら、この地図は数十年の間コピーされたしその中間に “幻想の島”が追加されたと見られる。

左側: 鬱陵島の歴史的な地図はおおよそ3倍位大きさの島を現わして、島南海岸では一貫されるように非現実的な島を現わす。上右側: 19 世紀の一部の日本の史家は、于山島が松島(独島)で、鬱陵島に帰属されると結論を下した。.
このような地図のまた一つの特徴は、この地図で現われる島に描かれている文句
“所謂于山島”だ。これはどうして于山島と名付けなかっただろうか?する疑問が生ずる。この句節は長い間朝鮮がこの地域を忘れてからまた親しくしようとするつもりだったと見られる。

朝鮮が鬱陵島空道政策を施行した後、鬱陵島は長い間空いていた。これは日本の倭寇と壬辰倭乱以降のためだった。安竜福事件が17 世紀後半に起きた後、鬱陵島に対する関心が蘇った。そして、新たに調査が行われた。このように、“いわゆる于山島” 用語は 17 世紀後半の地図で見え始めた、しかし、このような地図が古代の于山島かは明確ではない。

対日平和条約の島根の解釈-ポスト第2次大戦と独島
““連合司令部は、本当に独島-竹島を第2次世界大戦後に日本に与えたのか。.?”

サンフランシスコ条約または連合国と日本の間のサンフランシスコ平和条約は、サンフランシスコ(カリフォルニア)で、1951年 9月 8日 49ヶ国によって公式に調印された。それは、1952年 4月 28日に施行された。それは一般的に既存名称だ。しかし、その形式的英文名称は台である平和条約だ。John M. Van Dykeは、独島交渉過程をよく声明しているのに、 そこには: :
“…“…舊日本の領土の運命は長くて果てしなく続く交渉過程だ。最初の5個と条約の7番目の下書きは、リヤンクル(独島)が第2(a)条リストに含まれて韓国に与えると決めた。第6、第8、第9で 14番目の下書きは、日本の領域が独島竹島を含むと確かに言った。第10で第13、そして15から18番目の下書き(最終点検のような)は独島(竹島)状態に対してではなくなかった…。”

“…結局、竹島に対する言及はサンフランシスコ平和条約で言及されなかった。連合国は彼らがどうして結果に対して言わないまま署名をソンテックハルカに対する意見を言わなかった、しかし、処理過程であったさまざまな立場は日本の独島編入を取り囲んでいる歴史的事件について十分な情報が分からなかったとか、あるいは連合国たちが彼ら自分が仲栽するには無能力だということを現わした…”

島根県は、非常に細密な接近法でサンフランシスコ平和条約を解釈する。日本の竹島ロビイストは交渉過程で日本とアメリカの間の交換される秘密のメモに頼る。(ディーンラスク) 先に、この秘密メモたちは条約その自らのページを決して参照しなかった機密文書というのを思わなければならない。そして私たちは係わる国々が 48ヶ国がイッウムウルセングガックしなければならない。これは、私たちに何何他の国々は独島竹島に対するアメリカの機密文書外交政策に同意しなかったことを分かるようになる。イギリスは韓国と日本を分離する以前の SCAP 指示を尊重することと似ている抱く好んだ。
どんな要因がサンフランシスコ平和条約過程に関連がある交渉に影響を与えたのか?
最高連合国の司令部決定プロセスの役目をした要因を理解するため、また歴史の前後関係は私たちの理解を助ける。サンフランシスコ平和条約が協議される間、韓半島は韓国の戦争に巻き込まれていた。韓半島の状況はまず非常に悪くなっていたし共産主義の北朝鮮は、釜山地域を除きほとんど占領をした。同盟国は正当な理由で全体韓半島が北朝鮮共産主義者に占領されるか心配していた。
韓国が共産化になる場合には、独島が統一された共産韓国の一部になるはずで、それは同盟国に非友好的になるはずであり、1904~1905のロシアである戦争当時のように東海で日本と同盟国海軍が活動しにくくなる。

冷戦が起きた時、アメリカと同盟国はロシアと中国に対して軍事的に対立姿勢を取るところだった。ディーンラスクのような充実な反共産主義政治家は独島交渉に関与していた。日本が独島に対する彼らの論議で引用することは、ディーンラスクの秘密のメモです。ディーンラスクはだれか?

ディーンラスクは、彼の私は生涯で政治キャリアを通じて軍隊に服務していた。第二次世界大戦では、彼はイェヨック中佐(彼は ROTC Cadet 中佐だった)として歩兵連帯に参加した。ラスクは参謀将校としてミャンマーで勤めて、勲章とオークリーフ Clusterを持った大領として戦争を終えた。

ディーンラスクは、ワシントン陸軍省で少しの間なの働くためにアメリカに帰国した。彼は 1950年に極東アジアの次官補として韓国戦争に関与しているアメリカの決定に影響力がある役目をした。

国務長官としてディーンラスクは一貫して鷹派(引き継いだ(共産主義と争う軍隊使用をミッヌンシンボングザ)。キューバ危機間彼は最初で直ちに軍事攻撃を支持しました、しかし、彼は直ちに外交努力で旋回したし、アメリカのベトナム戦争の行動で彼の方式に対する公式的な考えは反 戦主義者たちの頻繁な標的になった。

ディーンラスクの軍隊背景が独島に関する彼の政治的決断と政策を成したと言うことは課長ではなくて独島もイェウェがではない。独島- 竹島に関するアメリカの政策は正確に韓国/冷戦の間の北東アジアの米軍の方針の影響だった。

この交換で、ディーンラスクが独島に対する日本の所有権を支持したことが読める。しかし、私たちが対日平和条約記録所からアメリカの記録をずっとたくさん調査して、私たちはこの書類で領土の所有に対するアメリカの決定が主に軍事戦略に根拠したことだけなのを見るようになる。

それは気を付けなければならない、ラスク書類は秘密メモだったことを気を付けなければならない。ラスクの意見は皆公表されなかったし、日本政府にも伝わらなかった。実際、彼らは次の数十年まで公開しなかった。このように、ラスク文書は独島に対する日本の要求に対するアメリカの公式支持が決して実現しなかったことを見せてくれる。ラスクの意見は、正確に問題について次に中立的立場に変わるアメリカの独島に対する政策の一つの段階だった。

何種類以前に機密取り扱い記録は同盟国が日本の領土の限界を決めるために私たちに使った決定プロセスに対する内容を知らせてくれる。同盟国は決定をする前に韓国の歴史の研究を完全にしたのか?サンフランシスコ平和条約領土の決定は、本当に歴史的所有の真実の表現だったのか?

下のイメージは、サンフランシスコ平和条約の交渉過程で同じ指揮官たちの間で整理された会議記録だ。この部分は独島に関連がないが、同盟国がどんなに彼らの決定に至る前に深思熟考したのかを現わす。この論議対話は済州島(クエルパト)に対して議論する。韓半島の南側にある済州島は明白に韓国の地だった。しかし、この文書は同盟国は韓半島が軍事的不利な与件で共産軍の占領を憂慮して済州島を日本に与えることを検討した。

文書は言う。“デニング驚異言うのを日本が韓国領土の一部とあきらめた済州島は軍事的責任に帰るかも知れない。済州島は日本に非常に近い。そして、韓国は共産化になるかも知れない。少しの論議がある後、Babcock大領は、彼は韓国の全体が共産主義国家になったら、済州島の立場は軍事的立場で済州島が韓国の地でもなくてもかかわらず最悪の場合には全然他の状況を迎えたはずだと言った。しかし、これは後でもっと論議する事にした…。”

この文書に現われるところのように、連合軍の軍事戦略はサンフランシスコ平和条約交渉過程で韓国と日本の領土の範囲を引っ張り出した最優先の事項だった。

次の文書は一部アメリカ政治家がその頃韓国の歴史的主張が正しいと思ったことを現わす。週間本せりふ、ロバートマーフィー、東京のアメリカ大使館一等書記官、ゾーン M。スティブスは “独島の上の韓国人”(アメリカが偶然に独島で釣りをしている一応の韓国人を爆撃した、9月15日の爆撃事件に関する)で題目を付けた Despatch No.659を使う

スティブスは下記のように独島の主権に関する短い歴史を提供する: “…この岩の歴史は、私たち部署で一回以上検討されたし、ここでこれ以上言うまでもない。その岩は良いおっとせいたちの書式先としてひととき韓国王朝の地だった。もちろんその島は日本が韓国を竝合した時一緒に併合された…”

しかし、これは韓国の領土主張に対してアメリカと連合軍の司令部の必要性がまずされて現われた事例だ。それも、独島がどうして以前に日本政府の施設に指定されたのかを説明するようになる。スティブス報告の後半は次のようだ。:

“…その島は韓国と日本の間に開放された海で北朝鮮の領域を爆撃して帰るUN航空機に特別な有用性を持っている。その島は消費することができなかった爆弾を廃棄する適切な場所でレーダー位置を提供したし、したがって日本アメリカ共同安保委員会によってその地域を操る選択をして、その岩が日本政府による施設だと称して、上の目的に使うことに対して同意した…”

日本の側は当時サンフランシスコ平和条約に訴えて、それは確かに日本領域しか入って行く島で独島を言及しなかった。条約第2条はただ言うのを、“日本は、韓国の独立を認めて、クエルパト(済州島)、Port ヘミルトン(巨文島)と Dagelet(鬱陵島)を含んだ韓国に対するすべての権利、所有権をあきらめる。” この観点で、日本側はサンフランシスコ平和条約(日本の領域を構成する最終的な判断)に独島の言及が抜けたことは日本領土への復帰を意味すると主張する。

日本の論議で直接的な矛盾は、すべての前後の器具の合理的な解釈は、(ある明確な決定で別に決めない限り) SCAPIN No.677が優位を取ると言う結論だ。平和協定で韓国領土の一部として独島を単純に略したことは、日本に独島を譲渡するということを意味しない。そして、公平な解釈は、韓半島周辺に広く相当な数の島を思えば平和協定の第2条に島が列挙されるとハンダギよりはむしろ包括的にならなければならないというのだ。たとえどんな参照のきめになって行っているが、独島状態にさまざまな解釈をすると言っても日本の不法的1905年編入行為を決して変えることができない。

竹島のための島根県のケース – 彼らの要求はどうして受け入れにくいか

“日本と韓国は、この現代の論争を解決するため、1905年の歴史の状況を活用することができない…”
私たちが独島のための日本の長い期間にかけたケースを詳細に調査して明らかにして、終結するにおいて日本MOFAの立場は不始末な進展をした。日本政府のホームページは、この間にだけしても独島が 17 世紀に呉大谷と村川家門が利用した島だと主張した。歴史の記録はこれが事実ではないことを明らかにした。このように、彼らのウェブサイトはもうその姿勢も取らない。長い間、日本政府は、竹島が「無主地-terra nullius」または誰も暮さアンヌントジとして編入したと主張した。最近、植民地時代の無主だ主張は疑問視されて、ほとんど大切さを認めないで、日本はまた彼らの立場を変えた。

このごろ、日本人が彼らの立場で見る時、韓国歴史的主張を攻撃して、死に物狂いで彼らの疑わしい 1905の島根県編入にとらわれすぎるようだ。しかし、1905年の独島併合は、この時代に意味があるか?地域の洩らすもちろん変わらなかったが、韓国は 21世紀の政治的及び経済的な状況はどうなのか?日本の 1905年の併合は今日の現代の静かな東北アジアでどんな関連があるか?

日本が 1905年に独島を竝合した時、韓国の政治的領土の完全性は深刻に危なくなった。日本軍隊は、全体韓半島を占領した。韓国の鬱陵島は 3個の日本軍望桜が建設されて大きい軍事的施設を持った。ロシア軍と日本軍は韓半島を殖民化するために最大の戦争で、すべての手段を動員して争っていた。日本艦艇は自由に韓国の沿岸地域を往来して、朝鮮海を侵犯した。さまざまな強制的不平等条約を通じて、日本は韓国に対する多数の利益を “獲得した”。朝鮮内閣は国家国政を導く外務省の能力を失った。韓国の法廷は、日本政策に反対するすべての当談者を一笑した。独島静かに編入されたことはこの時代の混乱するうちにだった。

上左側: このイメージは、独島で韓国鬱陵島の写真だ。上右側: 韓国の鬱陵島で独島の写真。数時代にかけて、このようなお互いに見える島は姉妹島だと思うことができたが、まったく同じく日本と韓国人によってお互いに併合された。
今日勿論、韓国は自由な独立国だ。鬱陵島は、観光旅行と釣りをする鬱陵島周辺海に彼らの生計の基礎を置く 10000人以上の住人がいる。言うまでもなく、このような活動は、鬱陵島の一番身近にある島(独島)に至る。したがって、現代の経済的見解でも、独島は日本西の方に160kmで境目を広げなければならないし韓国の鬱陵島可視的距離の中に入って来なければならないと言う点で意味がほとんどない所だ。
独島に対する日本の要求は、現代のアジアでとてもささいだ。日本の領土の要求は今日東海(日本海)の本当、政治状況と完全に外れている。もしこの問題に関する仲直りが提案される時現われる国家制限は今こちらで日本と韓国のイイックルルよほど思わざるを得ない。国際的な境目は、韓国が植民地と過去の膨脹主義的な時代関係で日本と同じではないと言う前提に根拠しなければならない。日本が上のパンフレットと一緒に時代におくれた立場を維持したら、近い将来に解決を見越すことができるようではない。