日本人教授は1894年当時独島は韓国地という地図を公開した
2008年2月22日保坂祐二(Hosaka Yuji)教授は1894年日本地図で独島が韓国地なのを明らかにした。.
幾多の日本歴史地図そして記録は独島–竹島が朝鮮領土なのを見せてくれる。2008年2月22일日(島根県竹島の日)日本の保坂祐二教授(右側)は記者会見を開いて新たに19世紀韓国地図を公開した。

もう前から日本地図たちは(松島)(独島)を日本の領土で一貫されるように除いた。そして、去る何年の間竹島(鬱陵島)そして松島)(独島)が韓国領土と言い表す地図がたくさん現われた。この地図たちは力強く独島が韓国の多異という主張を裏付ける。

52才の世宗大学校教授である彼は2008年2月初にこの地図を日本図書館で見つけて島根県の竹島の日に公開したのだ。保坂教授は“…これら地図たちは19世紀末、日本か鬱陵島と独島が朝鮮領土と見做したことを現わす。”と主張した。
保坂祐二 教授は東京生まれで東京大学を1979年に卒業した。彼は韓日関係を研究するために1988年韓国に来た。保坂教授は高麗大学校で国際関係学と政治学修士と博士を取得した。

その後韓国に15年の間とどまりながら、彼は2003年に韓国で帰化した。保坂教授は2005年3月16日外交通商部表彰を受けた。彼は現在、世宗大学校文科大学(日本学)教授に在職している。彼は論文をいくつか書いたが韓国-日本歴史関係、独島領土権利、歴史問題教科で、靖国神社参拜、韓流、日本の右翼の理念などの文を書いた。

左側1894年地図は皆鬱陵島(竹島)そして独島(松島)の正確な位置を見せてくれる。日本の海岸そして対馬島は参照でずっと東に描かれている。しかし、詳らかにのぞき見れば、確かにそれは韓国のように黄色で塗られている。
したがってその島は当時朝鮮の所有だった。すべての当時韓国と日本国家地図のように鬱陵島と独島は正確ではない。下二つの地図たちは鬱陵島と独島を1894年絵でクローズアップしたのだ。(大きい姿を見ようとすればクリックします)

上左側:クローズアップされた1894年地図は鬱陵島(竹島)そして独島(松島)だ。上右側: クローズアップ絵は鬱陵島(竹島)そして独島(松島))だ。地図をクリックします。
1894年日本の朝鮮(韓国)地図
日本歴史地図たちは日本外務省の独島-竹島主張が偽りなのを現わす。
日本歴史地図何種類集めて分析すれば確かな様式が現われる。大部分の日本地図たちは皆鬱陵島と独島を除いている。ある日本歴史地図たちには鬱陵島と独島が含まれるが、しかし彼らは日本の一部では含まれなかった。他の日本地図たちは皆鬱陵島と独島を韓国の地で見せてくれる。しかし、日本歴史地図たちで独島を日本領土と見せてくれる地図はほとんどない。このウェブサイトで遂行した日本の地図絵たちを分析した客観的な地図で根拠して見る時、日本は歴史的文書で独島–竹島がない。