森琴石の1877年日本と朝鮮地図は独島が韓国領土と表示した
多くの日本の明治時代地図たちは独島が韓国領土と見せてくれる。
このページは独島を朝鮮の一部と表示したまた他の日本歴史地図だ。独島は松島と日本で知られたし、ヨーロッパ国家たちにはHornet またはリアングクル岩礁(独島)と知られて来た。何種類日本地図たちは独島リアングクル岩礁(独島)をカタカナで表示した。1870年~1880年の間に、鬱陵島と独島所有権に対する疑問はもっと明確になる。
文書たちそして地図製作成り行きで誰がこの島を所有していたのか明確な資料は多い。
이したがってなぜ多い日本の国家地図が鬱陵島と独島を除いたのかその理由になる。この時代前後の地図はこれを反映しているし、そして下の地図も例外ではない。森琴石の地図もこの時代の位置過ちを見せてくれるが、私たちは鬱陵島(過去日本が言った 竹島)そして独島(過去日本が言った 松島)が韓国に属するということを見られる。ひいては島々は韓国の江原道のような色に彩色されていることを見られる。上イメージはすべての地図を含んでいるし朝鮮(韓国)の附属した地図は青色で箱表示されている。下二つの地図たちは明確に鬱陵島と独島表示して日本の150年以前に見えた方式のような名付けたが、しかしヨーロピアンたち地図製作法と探険家たちの影響でもっと西の方の方に位している。ここには位置の過ちに対してこのページにもっと詳しく説明されている。(リンク)
森琴石の1877年全体的な地図
森琴石の絵は独島(過去日本が言った 松島)を日本から除外させて韓国の島一部で含んだ。

上: 森琴石の1877年地図。
青色箱に表示された韓国地図そして日本の遠い島々と幾多の領土たちが抱恨された小さな附属地図
森琴石の1877年絵で鬱陵島と独島周辺のクローズアップイメージ
森琴石の1877年絵で鬱陵島と独島周辺のクローズアップイメージたちは二つの島々が朝鮮(韓国)附属した地図に含まれたし江原道のような色になっている。この島々はもちろん鬱陵島(当時竹島)そして独島(当時松島)だ。それも韓国の附属した地図で国境は日本本土を鬱陵島と独島でわざわざ分離したというやけどして価値がある。一緒に 地図たち この時代に描いた大部分の多くの地図たちのように皆島々はデガンググリン姿だ。森琴石の地図も鬱陵島と独島がSieboldの1840年地図過ちのためもっと西の方に位していることを見られる。

上イメージたち: クローズアップ写真が見せてくれることは鬱陵島と独島が韓国の江原道のような色で塗られていてそして韓国地図の境界が日本とは分離している。
森琴石の1877年地図第 1部–日本の外部島描いた附属地図
森琴石地図で見せてくれたところは独島をより一層韓国領土で現わしたということだ
何故ならば彼は控え目に外部小さな島々と最近まで新たに“獲得”した領土を附属した地図に含ませていることを見られるからだ。この絵で私たちは日本の小さな島々とすべての周辺を描いた部属地図たちをもっと詳らかに見られる。何何日本の小さな島々と非常に小さくて遠い島。

上左側で右側: 地図 1。千島附属した地図たち。地図2。日本の小笠原諸島地図 3。本州南側の伊豆七島。地図 4。沖繩をクローズアップした琉球島。(大きいイメージを見ようとすれば地図をクリックします)
上日本地図は北海島北まで繋がれる千島立ってす。
下にはもっと小さな地図たちは小笠原諸島そして伊豆七島地図だ。下の右側には琉球島々列島と共に詳細な 沖繩地図だ。これら附属した地図たちは独島は日本の一部と考えられなかったことを見せてくれる。このウェブサイト多い地図たちは疑うところなしに歴史的絵たちを確認させてくれている。
詳細な森琴石の1877年地図 第2 部–隱歧島そして海航路
他の森琴石の1877年地図
面白い内容は日本の周辺が皆点線で含まれているというのだ。これらは日本の里(1里=4km)で現わした発地と着地までの距離航路をボタネンのだ。独島は日本の北海島そして千島々部属地図で位置を現わした地図製作位重要なことに表示されていない。

私たちはここで日本の隱歧島(右側)を綿密に調査して見れば独島そして鬱陵島の方を向けるもっと西の方の方では島がないことを見られる。日本が隱歧を越して公式的に航海しなかったという事実は1877年に独島が日本の一部だったということを否定するのがなる。

上右側: 森琴石の1877年クローズアップされた地図で日本の隱歧島からは沼方へ航路がない。隱歧島は歴史的に日本の西の方限界だった。
森琴石の1877年韓国–日本地図。広域地図分析に根拠した結論
韓国の独島主張を支持するまた一つの歴史的資料。
森琴石の1877年絵は何が含まれて何が抜けたのかを通じてどの国が独島を所有したのかを言ってくれる。
独島を韓国の境目の中に含ませることで独島は韓国の一部というのを理解させてくれる。日本の遠い島々に表示された多くのもっと小さな地図たちを追加して、もし 森琴石が独島は日本の一部と思ったら独島-竹島を地図に編入させたが、そうではなかった。追加的に日本は伝統的な島根県隱歧諸島西の方境界を越えて航海するのに当時に関心がなかったことを言ってくれる。