朝鮮の1714年海岸防衛報告書
肅宗の「補闕正呉」の1714年7月22日の文章
韓国の1714年のレポートは朝鮮の独島認識を確認して、独島が日本所有ではなかったと言うことを証明する。
1714年の東海岸に暮している韓国人は朝鮮領域で道に迷っていた日本人を非常に心配していた。以下の歷史の文書は非常に短いが、レポートの一つの短文は数百年前独島が仕日本の領域の外にあって、古代韓国の領域の中にあったという韓国の認識を確認してくれる最初に大きくなった大切さを持つ。

先に、この文書は日本人が 1905年に独島を竝合するずっと前に、韓国沿岸地方の住人が独島を認識していたことを私たちに見せてくれる。それは鬱陵島に関する朝鮮の空島政策にもかかわらずhいた事を見せてくれる。韓国人はこの旅行禁止を無視して、その島によく行ったし、鬱陵島地域は朝鮮の空島政策でも決して本当に去らなかった。

. より一層、一番近くの鬱陵島から独島のとげ垣はこの記録によってもう一度確認される。一部日本人は独島が鬱陵島から見えないと強力に主張したが、このウェブサイトの多数の記録とイメージはこれの反証する。(リンク)

最後に 1714年、18 世紀の韓国人たちは独島を日本の領域から除いたことを明らかにすることを記録する。韓国の生きた朝夕人は鬱陵島の東島が「接したこと」、または 「近くの島」と言った。これは独島が日本の範囲とか日本の一部でがないことを言う。彼が 1694年に張漢相が鬱陵島事蹟を記録した時の説明によっている。(リンク) 下の地図は私たちが見る記録に根拠して何が日本と韓国の領土範囲と思うことができるかどうかを説明する。

日本の地図(古代の日本語を例示するために説明を変えた)日本-韓国の領土の認識

上の日本歷史地図は、韓国(色を塗らなかった)と日本(青色)の領域を例示するために色を塗った。鬱陵島(竹島)と独島(松都)は韓国地の一部だった。これは、多くの歷史の記録(下のリンクをご覧ください。)(クリックマップ)を通じて確認されることができる。
これは確かに誰がそれを引用するのか理解しなければならないと言うことを記録する。勿論、韓国沿岸評して来て泣くかは住人は今日分かるところのように線を引いた現代的な国境概念を持たなかった。しかし、朝鮮の鬱陵島で東方へ報告、彼らは敵対的な隣り(日本)が独島のどうもあることが分かっていた。彼らは実際に決して日本に航海しなくて、ある韓国漁夫も日本が本当にいくら遠く離れていたのか見当をつけることができなかった。

もし、この韓国人たちが独島が日本の領域だと思ったら、この記録でそんなに書いたはずだが、この文の内容には独島が日本領域と “近い”か “接して”と表現した。これは鬱陵島で東方へ見独島を言いながら日本はあそこ越えて遠くあると言った。明確に、「東への島」(独島)は倭境(日本境界)の境界とがカダでしましたが、日本の一部ではないと言った。

本来、肅宗王1714年7月22日の記録(補闕正呉)は力強い記録だが、鬱陵島事蹟とともに見る時(リンク) 因幡州と幕府(リンク)と 八右衛門の竹島事件(リンク)の伯耆の手紙は疑うことができない。独島は韓国の領域の中にあった。独島 – 竹島は、韓国と日本でぽきっと一緒に日本の領域で一貫されるように除かれた。