日本の1905年独島編入に対する韓国の反対
韓国は1906年3月直接日本の独島編入が分かって抗議こんにちはだった。
“いつから独島 – 竹島紛争は実際に始まったのか…?”
日本外務省または島根県の竹島ホームページで発刊したすべての刊行物を読んで見れば、彼らは2次世界大戦後、韓国が李承晩ラインを宣言した時独島–竹島問題が発生したと知らせている。しかし、明確な独島紛争は1950代初ずっと以前日本が韓国を植民地化する前から歴史的にさかのぼる。現実的に、第一文書化された証拠にこの紛争は朝鮮役人たちは日本が独島編入を認識した後日本に通知をすることで発生した。この記事はどんなに韓国政府と言論が日本の韓国領土不法獲得に対して対応したのかを見せてくれる。代表は日本の独島-竹島強奪に対して鬱陵島郡守に知らせる – 1906年4月 1日、日本の山陰新聞ニュース記事、“竹島土産”次の部分で日本のニュース記事は日本か独島編入事実を一年後に知らせていることを通知する状況に対して説明している。それも、1906年鬱陵島状況に対する内幕を知らせてくれる。下のイメージたちは親である竹島ウェブサイトが提供したニュース記事だ。
代表派遣団は、鬱陵島の知事に独島-竹島の日本の没収を知らせます
1906年4月1日、日本山陰新聞ニュース記事、“竹島土産”
次の部分で日本のニュース記事は日本か独島編入事実を一年後に知らせていることを通知する状況に対して説明している。それも、1906年鬱陵島状況に対する内幕を知らせてくれる。下のイメージたちは親である竹島ウェブサイトが提供したニュース記事だ。

1906年4月1日、日本山陰新聞ニュース記事、“竹島土産”
下は英文翻訳した日本新聞記事。右側に下の写真は日本の鬱陵島を訪問した人々。この中には中井養三郞で膨脹主義明治政府と帝国海軍の水路部を通じて独島編入を要請した日本民間人がいる。
竹島贈り物

“…約 50人の人々が27日午前8時に竹島に到着したと思った。彼らは上陸して数十人の多くの分野の研究者たちが調査活動を始めた。もう知られたところのようにあしかが島に住んでいたし、したがってその中に生きていることを含んで 10匹を捕った。どれは網や鉄砲でそしてどれは棍棒で殴って捕った。そのあしかたちは 3台のお舟に分けて積んで午後 2:30に出発したが島にはのりが育っていることも見た。

彼らは鬱陵島の苧洞に約午後8時頃に到着したし、何何日本警察官、郵便局役員、そして他の道洞から来た人々がお舟で上って来て歓迎をした。彼らは何何人々は郵逓局長片岡の家に泊まるように取り持ったし残り人々は日が明けて上陸するようにお舟にとどまっていた。

彼らは皆郡守を訪問したし日本の警察が譯官でだった。彼らは島の状況に対して問題こんにちはだった。当時一部人々は島の抱く調査したが、残り人々は海岸を調査した。彼らは午後 8時に島を発って、Saigo(隱岐)には翌日午後 4:3に到着したし彼らは役人たちが取り持つパーティーに参加した。次日朝午前 10時彼らは去って午後 3:30に Sakaiに到着したが、そこで彼らは機船を乗り換えた。彼らは現の官吏に到着して午後 7時に県の長官神西は隱岐で二人の県議員、中島とOhnoよ一緒に島(隱岐)を調査した。

竹島で取ったあしかたちの中で一匹を料理した。一匹は鬱陵島郡守、そして他の最後の一匹は波止場で衛生研究のために残しておいた。

彼らが鬱陵島郡守を訪問した時、官吏 神西が言うのを、“私は日本帝国島根県から来た官吏だ。皆さんの島と竹島は私たちの管轄の下にあって身近にある。多くの日本人はあなた島に住んでいるから、したがって私たちは皆さんが彼らをよく面倒を見ることを望む。もし私たちがここ来ることを計画したら贈り物を持って来ようと思ったが偶然に避難来るようになって、贈り物が一つもない。幸いに、私たちは独島で取ったあしかを持って来たので皆さんに差し上げようとしたら受けてくれれば幸いで分かりました。”

郡守が返事するのを、“この島に居住する日本人たちに対して言わば、私は彼らを保護することが何なのか調べる。そしてあしか贈り物を受け入れる。もし味が好き、機会になれば違うことも受けたい…”.”

山陰新聞ニュース記事 “竹島土産” 分析
たとえ主な記事主題は日本の代表が鬱陵島を訪問したことだが、少しの情報によれば 1906年島の動向に関する内容が分かる。今度日本もう鬱陵島に官吏を派遣したし、警察と幾多の民間人たちを朝鮮の島に駐屯させていることを分かる。

島根県の神西が言及したところのように多い数字の日本民間だって(渡海者)があったということは驚きべきであり、そしてたとえ郡守が “….彼らを観察….” すると言ったが、日本の役人たちがわがまま特別な許諾もなしに韓国の鬱陵島すべての地域に歩き回ることができるということはショッキングな事だ。実はこの日本の代表たちは料理したあしかをちょっとした贈り物で与えたが、それはちょっと無礼な事に解釈されることができる。確実に、それは外国の高官がまた他の政府官吏に与えるあいさつの贈り物では適切ではないのだった。

すべての上の事実で見て韓国(鬱陵島)は1906年にもう日本の統制下にあったし、同等な位置にあらなかった。こんな理由によって鬱島郡守沈興沢が日本によって朝鮮領土が編入された事実に聞いてそれに対して直接抗議しなかったのか分かる。 左に上、鬱島郡守沈興沢が鬱陵島で日本代表団とポーズを取っている。彼は韓国国旗を持っていることを見れば、ある人々はこれは日本の鬱陵島地域関与に対して何も言わない抗議の表示と見られると言う。

1905年2月22日島根県は告示40号を通じてLiancourt島を竹島で称して隱岐島の郡守管轄で置くと言った。日本政府はこの決定を公式官報に公開しなかったし、中央政府次元で公表しなかった。皆さんは日本はオがサワだと島々に対して、1876年に領土権を取得した外国との係わる以前の事例を引用することができる。当時に、日本政府は深く係わるイギリスとアメリカと一緒に交渉してした後に外国の同意を得てから決めた。日本はまた12個ヨーロッパ国家たちとアメリカにこんな行為に対して通知をした。
鬱島郡守興沢の日本の独島編入抗議
韓国の歴史的文書下の記録で朝鮮は日本の独島編入に関する抗議は多くの政府を相手に成り立った。韓国政府は日本の独島強点に対する彼らの反対意志を直ちに表示した。
3月28日、Zinzai Yu太郞と彼の仲間が鬱陵島郡守沈興沢を訪問して日本の独島–竹島編入を知らせた。予想することができなかった消息に聞いた 沈興沢は翌日この内容を中央政府に知らせながら次のように言及した。:

“…独島は本度に属して鬱陵島で海 100 里に位しています。日本の汽船
が右島にある道洞浦に停泊して今月4日午前8:00時頃に一応の日本の役人たちが私にで来て言うのを、“私たちは独島が現在私たち領土だから調査しに来た…”

この 沈興沢を訪問した集団には島根県隱岐島官吏Zinzai、税務署長 Yoshida Meigo、警察派出所長、搜討使Kageyama Iwahachiro、一人の警察官、一人の地方議員、議事課技術者自そして約10人余りの使い走りたちが含まれた。彼らの訪問した目的は第一、家口数字、人口、そして生産物、第二、役員数字と費用などを調査しに来た。記録が作られたので私たちはこの報告書を参照で提出する。

旧暦3月5日、光武(1906年)10年….”

大韓帝国は日本の独島編入を抗議する
日本の独島編入に反対した人は沈興沢一人でしたのではない。上の記録によれば、大韓帝国道知事の意見もある。道知事の反応は次のような青色ボックスの中に内容がある。

“…大韓帝国知事命令 No。3 私はこの報告書を読みました。彼らの言葉によれば独島が日本領土というのは全面的に根拠をわからない主張であり、島を再点検して、日本人たちの行動を点検しなさい…”

Zinzai 仲間が鬱陵島を訪問したことはよく知られた事実だが、しかしこの資料は日本では全然研究されなかった。韓国との紛争で、日本政府はこの文書自らの存在も疑問侍下だった。その根拠で日本の学者は独島-竹島で取ったあしか贈り物に対して鬱陵郡守が 監司したという記録を明らかにした。もし郡守が独島-竹島が鬱陵島に属すると思ったら、そんなもてなしは受けなかったはずだ。

しかし、それは当時状況は鬱陵島が当時に処した難しい立場を見逃したのだ。この当時日本の軍人と警察は永久的に鬱陵島に駐屯したし300人の越える日本人たちが道洞周辺に住んでいたし、日本官吏が駐屯していた。(絵は紫) 実は Zinzaiと彼の仲間たちがわがまま調査した鬱陵島の外国領土から行って家口数と人口数調査は当時の一方的な権力関係を言う。もし郡守 沈興沢が Zinzaiと彼の仲間たちの領土問題に対して反対をしなかったら、それは日本人たちの圧力のためだったろう。彼の礼儀正しい日本であるもてなしは彼が Zinzaiの言及を承認したという意味を意味することではない。これはまた日本の資料自らの不正を意味することでもない。

日本独島編入に抗議する韓国のソウル言論
左側イメージは大韓毎日新聞の原本ニュース記事だ。報告書からは鬱島(鬱陵島と地域)の郡守が送った内容を積んでいる。それにもやっぱり日本の島根県が独島を編入させた内容を記している。その内容は次のようだ。:

“…1906年5月1日、鬱島郡守沈興沢が内部大臣報告するのをどんな日本人たち役人たちが鬱陵島島に来て主張するのを独島を日本領土であり、島を測量して当時家具数を調査した。報告書(沈興沢の報告書)に対する返事で內務大臣官吏は言うのを“日本官吏たちが鬱陵島をその地域を旅行して調査するということは尋常な事だ。しかし独島が日本領土という主張は全然当たらない話だ。私たちは日本の主張が驚きべきだと思う…”

韓国の愛国者黄玹は日本の独島編入を抗議する
“..黄玹はだれか…?
黄玹(1855年-1910年)は愛国的な朝鮮末期韓国学者だ。彼は韓国独立のために努力した人と認められる。彼の別號は“メチォン”であり、学者黄義敦と係わる。光陽で出生した黄玹は全羅南道求礼で成長した。黄玹は 1910年日本の韓国合併を抗議するために自決こんにちはだった。

彼の生涯を通じて黄玹は梅泉野録というおこるのを残した。その内容で分かることは日本の不法独島編入に関するのだ。その日記内容は日本の独島編入の抗議する尋問内容と非常に似たり寄ったりだ。黄玹が尋問内容をそのまま読んだことか他の韓国人から聞いたことかはまだ知られていない。

黄玹の 1906年 5月、梅泉野録には次のように書かれている:

距鬱陵島洋東百里 有一島 曰獨島 舊屬鬱陵島 倭人勒稱其領地 審査以去

”…鬱陵島東約100里には独島と呼ぶ小さな島がある。ずいぶん前から、この島は鬱陵島に属していた。しかし、日本人たちが来て島を測量して根拠もなしに彼らの領土と主張する…”

鬱陵島に関して日本統監府が韓国の内務大臣に質問した内容
1906年7月13日、韓国の新聞“皇城新聞”に言うのを日本の統監府が韓国内務大臣鬱陵島の隣り島々は何なのか確かにしてくれと質問した。また島の韓国政府事務所が開設されたことがいつなのかを質問した。この質のは韓国主張独島は鬱陵島の一部という韓国の主張に対する反応を見るためのことだった。これに対して韓国は事実上抗議して日本はその抗議文書を受ける。

今日何何人々は日本の独島主張で韓国が鬱陵島で独島を除いたと主張することを支持する。日本のロビイストたちは朝鮮領土で独島を除いたはずだという韓国内務省の反応を主張した。しかし、係わる歴史的地図たちと記録を研究して見れば、彼らの結論は不正確だ。下は原本文で、英文翻訳と手短な記録の分析だ。

906年7月13日皇城新聞記事と英文翻訳
鬱島郡의 配置顛末

統監府에서 內部에 公函하되 江原道 三陟郡 管下에 所在 鬱陵島에 所属島嶼와 郡廳設始 年月을 示明하라는 故로 答函하되、光武二年五月二十日에 鬱陵島監으로 設始 하였다가 光武四年十月二十五日에 政府會議를 經由하야 郡守를 配置하니 郡廳은 台霞洞에 在하고 該郡所管島는 竹島石島오、東西가 六十里오 南北이 四十里니, 合 二百餘里라고 하였다더라.

鬱島郡の 配置顛末

統監府で 内部に 公函するが 江原道 三陟郡 管下に 所在 鬱陵島に 所 島嶼と 郡庁設始 年月を 示明しなさいという 故で 答函するが、光武二年五月二十日に 鬱陵島監で 設始 してから 光武四年十月二十五日に 政府会議を 経由下は 郡守を 配置したら 郡庁は 台霞洞に 在と 該郡所管島は 竹島石島五、東西が 六十里五 南北が 四十里だから、合 二百余里とハヨッダだったよ。

統監府は韓国の内務大臣江原道三渉郡に属する鬱陵島に属する島が何なのかそして官庁を設置したのがいつなのかを明らかにしてくれと言う公式書簡を質疑書に送った。それに対する返事は鬱陵島行政官庁は1898年5月20日に設置されたし、そして当時1900年10月25日、政府は郡守を任命して郡の官庁を台霞洞に残すことに決めた。そして所属する島は竹島と石島にして、島は東で西の方に60里そして北で南に40里で全体まわりが 200里と言った。

1906年7月13日統監府の質のと韓国内務省返事分析
“韓国の内務省はこの記録で独島を鬱島州から除外させたのか..?”
韓国内務省がどんな日本のかを正確に分かるためには韓国內務省が統監府に返事した内容をよく見る必要があり、その資料の出処とそういう言及が出る次元を考察する必要がある。鬱陵島は東西が60里、南北が 40里になると言及した。ある日本人たちはこれは全体鬱島州か小さすぎて独島が含まれなかったと言う。現実的に、鬱陵島の大きさは私たちが分かるように19世紀鬱陵島地図たちで大きさの測定されたのだ。したがって、現実的に、日本の統監府は鬱陵島大きさで鬱島州周辺のすべての島々を含ませなかった。

上地図たちは韓国の内務省が鬱陵島に対して統監府に返事した内容で鬱島の大きさを言及したのではないことを確認することができる。これら地図で鬱陵島の大きさは 東西 六十里 南北 四十里周二百余里と言ったが、これは東西で約 60里、南北が 40里そして全体周辺まわり約200里と言った。
他の資料一部で私たちは韓国の内務省の返事には鬱島の一部として竹島 島と石島(独島)島々が含まれたことを分かる。鬱陵島の附属した島々の位置は内務省の返事で言及されなかった。鬱島地方の島々に関する情報の根源は1900年朝鮮の勅令41号ではっきりと現われる。(リンク) 上の資料で見る時、それの明確な韓国内務省の日本の統監府に対する返事には明確に鬱島州全体を言及したのではない。韓国は日本の 1905年独島編入に対して文書で反対を表示した。
日本の1905年独島の併合に対する韓国の文書化された異議 – 結論
この記事の前半部では単純に 沈興沢 郡守の言及だけ要約したが、後半部では韓国中央政府の反応に対する重要な資料が提示されている。すなわち、韓国の中央政府は独島は韓国領土なのを認識した。したがって、その条項では日本の役人たちの理解することができない疑わしい面を見られる。

多くの韓国の人々はこの新聞を通じて日本が独島を日本の編入させようと思ったことが分かるようになったしそれは韓国領土に対する侵略なのを分かるようになった。例えば、全羅道求礼に住んだ黄玹は当時記録するのを “日本人たちは私たちの固有領土である独島を自分の地だと嘘をつく….”

言い換えれば、韓国の中央政府、鬱陵島地方郡守そして市民たちは皆当時に日本が独島編入が侵略だと思った。しかし、当時に日本は実際に韓国に対する植民地支配を始めたし、韓国に総督を置いた。日本の韓国の地駐屯以前の独島編入証拠は下のリンクをご覧ください。(リンク 1)、(リンク 2)、(リンク 3)。

日本帝国海軍が実施した独島に対するツックリャングムンではこのページで見られる。(リンク1)、(リンク 2)、(リンク3)。どうして韓国政府は当時竹島 – 独島問題に対してこれ以上論議を進行させることができなかったのかその理由が現われる。

全体国家主權を奪われて力を失うようになるによって小さな岩島の所有権問題は論議で消えて行った。しかし、韓国の人々が明確に日本の独島編入に対して反対したという事実は歴史的評価で決定的に重要な事実だ。