韓国とTaft-桂太郞合意書
905年Taft~桂太郞合意書は、アメリカの韓国に対する裏切りか?
与えられた位置と時間が流れで見る時、アメリカが独島問題で責任が少ないと思うことは難しい。しかし私たちが見るところのように、ルージュベルト行政府の介入または介入の不足は日本の膨脹主義が進出するのに役に立った。これら秘密文書たちはどんなにアメリカが彼らのフィリピンでの利益と交換するために、日本が挑戦を受けないで、韓国を統制するようにしてくれたのかを見せてくれる。

上左側: 戦争長官William Howard Taft。上右側: 日本の 桂太郞伯爵。秘密電文で、William Howard Taftは日本の韓国植民地化に同意した。この合意書はアメリカの 1882年平和条約で “善良な管理者としての努力…”の誓約に惚れることであり、そして他の国が韓国を脅威する場合に “友好的な合意に到逹するための。” 条項にも行き違う。
1905年7月29日、日本の桂太郞伯爵は戦争長官(後で大統領になる。) William Howard Taftに会って二つの国家の間の不満を解消する事にする。日本はアメリカが Hawaiiと Philippinesに駐屯することを同意する交換條件で、アメリカは日本が韓国に自由に進出することを合議した。

“桂太郞伯爵とTaft 長官は7月27朝、長期間秘密会談を持つ。…
第一、ちょっとロシアの方を思ったアメリカ人たちは日本が勝利が Philippine 島々で進撃するかも知れないということを思って、Taft 長官は彼の意見で、日本の唯一の利益がフィリピン島々に対するのかも知れないと見做して、アメリカのような力強くて友好的な国家が支配しなければならないと思ったし、…桂太郞 伯爵は日本が Philippineでどんな港にも攻撃的な意図で停泊しないことを正確で強い意志で確認した。…

第二、桂太郞伯爵は極東地域での一般的な平和は日本の国際政策の根本的な原則で。そういう場合、…上の目的を唯一に成就する手段は日本政府とアメリカそして大英帝国の間の善良な理解に達成される。…

第三、韓国問題に関して、桂太郞伯爵は韓国をロシアとの戦争に直接的な原因で報告、“それは日本に重要な韓半島問題の安全な解決は戦争の論理的な結果に解決されなければならないし、もし韓国が戦争後に残された問題で、韓国は他の強大国たちとの条約に対策なしに帰るようになるはずであり、したがって国際紛争で戦争以前の状態に帰るようになるでしょう。将来の状況を考慮して日本は全面的に韓国がその以前の条件に帰ってまた他の外国との戦争状態に入って行く状況を予防するための確かな措置として…” Taft長官は全面的に伯爵の考えと言及に対する正当性を言及しながら認めて、個人的な意見で、日本軍が韓国に対する宗主国を成立させて日本の同意なしに韓国が外国との条約を成立させないことが現在戦争の結果的論理だというのに同意して、これが東洋の平和に永久に直接貢献するのがなるはずだという点を認める。彼の判断は大統領ルージュベルトがこれを定める権威はないが、彼の見解を同意して…”

大統領ルージュベルトは 1905年 7月 31日付け電文で Taftの意見に同意した。
“貴下の桂太郞伯爵との対談はすべての面で全面的に正しいのだ。私は貴下が桂太郞にあなたが言ったすべて地図のを私が確認すると伝達してほしい。…”

Taft-桂太郞 合意書と1882年5月22日署名されたアメリカ – 韓国平和条約
韓国(CHOSEN)とアメリカの間の平和、友好、通商と航海条約
Taft-桂太郞 合意書のようなアメリカの領土合意では植民地強大国たちに当時には有り勝ちなことだったが、どうして韓国人はルージュベルトの日本との取り引きに対して背信感を感じたのか?事実上アメリカが 1905年弱い朝鮮政府を保護して助けようとする義務は何だったのか?

アメリカ-韓国友好條約の内容を見る時、すべての韓国人とアメリカ人たちこのルージュベルト行政府が追い求めた義務に対して、他の解釈を持っているということは明確だ。

この条約論争分野は、すべての韓国人とアメリカ人たちがどんなに序文と第I条を解釈するのかによっている。序文と適切な内容は次のようだ:

“第1条 :
アメリカ大統領と朝鮮王は、両国政府に付く市民たちとその従属人の永久的な平和と友好の念をおす。もし他の強大国たちが両国政府を強圧的にまたは不当に扱う場合、他の一方は彼らの善良な管理業務を果たして、そんな通知を受けた場合、友好的な取り持ちをして、友好的な感情を見せるようにする。…”
私たちはこの第1条内容で 1882年友好條約は明確な相互防衛条約ではではなければが分かる。この合意書によるとアメリカは、今日まで韓国人たちが立て通すことのように韓国を侵略から防衛する義務ではではなければが分かる。しかし、アメリカ第1条の二つ重要な点でこの合意書の名誉を守ることができない。

日本が1905年強制的に日本-韓国議定書を發效させた時、朝鮮官吏たちがルージュベルト行政府に“善良な職務”(どんな外交関係で)助けを要請した時、これを断ったことは明確な第1条の違背だ。

1905年秋、韓国の高宗王はアメリカ人たちに支援を要請した。10月に高宗王はほとんど 20年の間韓国に居住した Homer J。Hulbert アメリカ宣教師を Washingtonに派遣して大統領ルージュベルトに助けを要請した。Hulbertが国務長官 Elihu Rootを日本~韓国の間の強制条約に署名した後一週間後に会った時、彼はアメリカのできる仕事が何もないという消息を聞いた。高宗王は Chefooに送った電文を通じて条約は強迫によることで效力がないのでソウルのアメリカ公使に国務省が效力がないことを通知するように要請した。

進んで、アメリカ人たちは “彼らの善良な職務をすること”ができなかったのみならず、高宗王が主張したように日本-韓国保護条約は “強圧によって署名された” のという朝鮮の主張に 1882年平和条約で言った友好的な職務を提供することができなかった。その代わりアメリカは Philippineに対するアメリカの利益のために “韓国問題”で手を放した。

Taft – 桂太郞 秘密議定で。結論
aft-桂太郞議定では最高の秘密文書だが、しかし重要な国際条約より大切さを持つ。それは “韓国滅亡の根拠”で言っているし 1905年日本~韓国保護条約の先駆者になったと言う。この条約を通じて日本は当時イギリスから“保護”の模様で韓国を植民地化する同意を得た。1905年11月17日保護条約を通じて島根県が 1905年独島編入に対して公式的に韓国外交部が反対することができる職務を瓦解させた。

漸進的な方式に合併されたことは私たちにとって独島編入が自発的で平和的なことで誤った結論を得るようにした。しかし文書で見せてくれたところのように、韓国は連合国が選択することができない方で捨てられたし、“条約”は日本の強圧によって不公正に強制的に締結されたのだ。