日本の渡辺洪基の松島に対する混同
1876年日本文書には日本である官吏の1876年度領土認識が現われている。
 獨島 竹島 dokdo takeshima 明治政府が独島-竹島を竝合する以前の政策を理解するためには、19世紀後半文書を研究する必要がある。日本が現わそうとしたことはいくつかの点で日本政府が信じるようにしようとすることとは反対の内容を見せている。次の1878年文書は外務省渡辺洪基が調査した“松島”所有権に関する内容だ。

“渡辺洪基はだれか..?”

右側の渡辺洪基は、1878年日本の外務省文書局長だった。次の文書は武藤平学が政府に提出した請願で独島関聯島に対して日本政府の詳細な進行内容を記している。彼は松島(朝鮮の鬱陵島)を開拓しようとした。ここにはまたこの人がその直後に日本戦艦天城(Amagi)丸の測量にどんな混同を持って来たのかを見せてくれる。 ( 明治日本の地図製作の混同に関するリンク )

渡辺洪基の原本記録と翻訳

明治日本のMatsushima(松島)混同記録1明治日本のMatsushima混同記録2明治日本のMatsushima混同記録3日本のMatsushima記録

ページ 1.
松島に関する考察。“松島に関する論議された記録がなかった早くから竹島(鬱陵島)に関する何種類簡単な文書が発見される。今日多い人々が松島について言葉をもっとたくさんしているのに、そして彼らの意見は分けられている。ある人々はこれら二つの島々が一つと言って二つの他の名前であるだけだと言ってまた他の人々は二つの他の島だと言ったりする…”

ページ2.
島(鬱陵島)は将来私たちの便宜を追い求めた幕府によって朝鮮に与えられたのだ。したがってもしいわゆる“松島”が竹島(鬱陵島)で明かされたらその島は朝鮮に属するはずでそして日本の所有ではない。誰も私たちにその明確な返事を与えることができない。松島の位置は重要なのにその理由は朝鮮そして日本の間にあるからだ。長崎-ウラジオストック、下関-元山港は松島の重要な位置のためイギリスそしてロシア戦艦たちは繰り返してこの隣近をよく出沒した。したがってこの島が日本の一部なら私たちは非常に注意深く見なければならない..”

ページ 3.
“…たとえそれが朝鮮に属しても私たちはそれを保護しなければならない。この状況で私たちは他の国人々から質問を受ける時混乱が生ずるようになる。主人なしに捨てられたこの島。何何記録では“Argonaut”は竹島(鬱陵島)の西の方に存在しない。“Dagelet”は松島と呼ぶのに、竹島または鬱陵島とも呼ぶ。したがって私たちが松島、(独島)と呼ぶ島は西洋のホルネッ岩(Hornet Rocks)だ。松島(鬱陵島)とする時実際に西洋人々は竹島と呼ぶようだ。外国地図にはこれが“ホルネッ岩(Hornet Rocks)だ。日本の判断では。多くの国々の間に二つの島々に対する統一された意見はない
…”

ページ 4.
“……論争で完全な根拠はない。したがって土地とそしてその隣近は測量されてどっちに属するのか明らかにしなければならないし、したがってその判断に従わなければならないでしょう。したがって私たちは島根県に調査を依頼して彼らの以前政策を定めてそしてこの地域に対する調査主導権を取らなければならない。もし朝鮮がもう始めたらどんなに進行されているのか分からなければならないしそして私たちのできる仕事が何なのか分からなければならない。できるだけ早くこの問題を扱うように迅速に承諾してください…”

渡辺洪基の文書内容要約

松島に関する渡辺洪基文書分析
文書で得ることができるいくつかの真実はこの時代に明治政府の独島に関する態度だ。
日本人“学者たち”は明治政府文書で竹島そして松島が朝鮮領土としたことは妥当ではないと言う。何故ならば明治政府はどの島がどの島なのか混同したからだと言う。渡辺洪基の上の言及は“Argonaut島”が存在しないということをはっきりと現わした文書がたくさんあることを見せてくれる。多くの日本人たちは鬱陵島だった松島は元々竹島だったしそして外国名称“ホルネッ岩(Hornet Rocks)”たちは日本人たちが松島–独島と言った島だ。
甚だしくは19世紀末頃にも日本人たちは独島領有権を主張しなかった。この公式書簡は独島が歴史的にそして元々日本領土と主張したことは妥当ではないということを見せてくれる。外務省が独島が日本の領土かないかを主張するために参照で提示した外国地図たちは日本の独島に対する主張が歴史的に19世紀末時点で合法的なないということを見せてくれる。

20年後日本が独島を竝合する動機はこの公式文書で捜すことができる。日本が独島を侵奪する20年前にこの文書は小さな岩で成り立ったこの島がどうして日本にズングヨヘッドンがを見せてくれる。渡辺洪基ただこの地域に海軍を駐屯させることを主張して日本が韓国海峡で活動を観察して統制しなければならないと言った。彼は特に外国戦艦たちに関して言及した。

この脈絡で混乱する内容は“たとえこの島が他国(朝鮮)に属しても私たちはそれを保護しなければならない…。”と言う内容だ。この言及は日本高位官吏たちが誰がこの島の所有権を持った間に隣接島々に対する統制をしなければならないと主張した点だ。渡辺洪基の態度は最終的に1904年この地域で海軍の衝突が発生してそして1905年日本が独島を竝合することで実証されるようになる。(日本軍隊独島合併に関する日本の竹島 X-fileシリーズを見る) )

17世紀後半日本政府は鬱陵島が朝鮮領土の一部と見做した。( ここに1695年鳥取蕃記録を見てください ) 渡辺洪基の文書前部で意見を見れば、日本高位官吏たちが鬱陵島が朝鮮の合法的地なのを見逃したということを後悔でを言っている。
““渡辺洪基の混同はどうして生じたのか…?”
 獨島 竹島右側1872年Wellerの描いた地図は渡辺洪基が上の文書で言及した可能性がある。私たちは彼がイギリス地図を一番多く引用したことが分かっているのに、彼は英語名称“ホルネッ岩(Hornet Rocks)”がこの地図で独島を東海(日本海)で三つの島という間違って分かっているという点を言及しているからだ

“竹島”と描かれたこの地図島で私たちが分からなければならないことは曖昧にダッシュで描かれた線たちだ。これは存在が疑わしいと考えられる島々を指摘する一般的な地図製作法だ。この絵はホルネッ岩(Hornet Rocks)(リアングクル岩礁(Liancourt Rocks)–独島)が日本の主張にもかかわらず、1904~1905 露日戦争以前25年の間日本がこの島々を竝合しなかったということを現わす。 ( ここに韓国地で日本の軍隊駐屯地そして独島シリーズを見てください )

このような過ちのため、日本戦艦天城はこの地域に対する測量を始める。ここで明らかにしたことは地域には島々が存在しないということで、そのため“松島”そしてリアングクル岩礁(Liancourt Rocks)問題は抜けるようになる。

今日どんな日本であるロビイストたちは渡辺洪基の見解は概して日本政府の代表的な見解だが実際では真実性がないと主張する。何故ならば渡辺洪基は日本外務省の責任者ではなく記録国の単純な管理に過ぎないからだと言う。彼は不正確な外国地図を根拠で推測をしたことだけだと言う。そして彼は東海(日本海)に 3 個の島があると過ち主張したというのだ。

鬱陵島と独島以外に島がある可能性に対する渡辺洪基の意見は当時日本政府役人たちの少数観点だった。例えば、当時外務省対外連絡官田邊第一(Tanabe Daiichi)はじめから松島は鬱陵島だったということが分かっていた。賛否両論の中に田邊はもし松島が于山島ならそんな発想は容認されないと言った。また他の官吏はもし松島が朝鮮に属すると言えばそれは侵略行為と違いないと言った。

この時渡辺洪基は島根県の官庁に彼らの過去独島政策を確定することを要求した。ここで彼は大蔵省の最近文書を見せてくれながら
( 1877年公文錄文書を見ます )鬱陵島と独島は朝鮮の所有でそして明治政府はそれとは何らの関聯がないと言った。

最終的に日本戦艦天城は鬱陵島地域を測量したが、彼らは竹島が鬱陵島の隣り島である竹島という誤った結論を下して、そして日本は続いて日本の領土で独島を除いた。日本である記録では持続的に独島が江原道の一部で朝鮮の隣近鬱陵島に附属した島で見做した。 ( 20世紀独島 )