日本の竹島 X-Files III 独島と日本帝国海軍
日本の独島主張裏の醜い真実–竹島

日本外務省は日本の1905年独島編入に対して皆さんに何を隠そうと思うか!
次の文書たちは日本外務省が一般人に公開しないで隠そうと思うファイルの収集内容だ。 明白な理由で真書、独島に対する日本の主張をロビーする人々は一世紀以上の間日本帝国海軍の1905年独島編入介入を一般に公開しないようにする。

この3個ページシリーズは原本歴史的記録は3代の日本驅逐する 新高、対馬島そしてHashidateが日本の独島主張後に隠された秘密を明らかにしてくれるでしょう。戦艦の記録は時代的に整理されてどんなに日本帝国海軍が制度的に測量して、地図を製作したしそして区域化して独島全体島は最終的に日本の露日戦爭1904~1905年計画でロシア海軍に対抗するために活用されたのかを見せてくれている。

ロシアバルティック艦隊の接近- チァルの最後の艦隊
1904年~1905年露日戦争間ロシア海軍艦隊は日本帝国の海軍と戦争の中だった。ロシアの艦隊は遼東半島の分かって港に停泊して争っていた。

太平洋艦隊を支援するためにロシア海軍は 18、000マイルを航海しなければならないバルティック艦隊を包囲された港に出撃させた。しかし、バルティック艦隊が分かって緘口に到着する前に日本艦隊によって撃沈された。日本歴史の海軍誌も原本によればロシアバルティック艦隊の航路は緑色に表示された。(著者)

1904年~1905年露日戦争間ロシア海軍艦隊は日本帝国の海軍と戦争の中だった。ロシアの艦隊は遼東半島の分かって港に停泊して争っていた。

太平洋艦隊を支援するためにロシア海軍は18000マイルを航海しなければならないバルティック艦隊を包囲された港に出撃させた。しかし、バルティック艦隊が分かって緘口に到着する前に日本艦隊によって撃沈された。日本歴史の海軍誌も原本によればロシアバルティック艦隊の航路は緑色に表示された。(著者)

上地図は西半球に対する日本海軍地図だ。ロシア海軍の通路は緑色に表示されている。
上地図は西半球に対する日本海軍地図だ。ロシア海軍の通路は緑色に表示されている。言及したところのように、上 2個の図表は 1904~1905年のロシアである戦争時の日本地図だ。地図をはっきり見れば、各位置の周りに普段使う日付を見られる。ロシアのバルティック艦隊は地球儀反タイヤを回るという緊迫な戦闘の世界的な報道がつながる中に航海した。1905年 1月にロシアバルティック艦隊はマダガスカルを回った。ロシアの旅順 (Dalian)にある太平洋 1 艦隊は沈むとか拿捕されたし日本海軍はバルト日艦隊撃破にそして今日本海軍は彼らの努力をマルティック艦隊撃破に集約させることができた。
1905初は陸上戦闘と海上戦闘で露日戦争の絶頂だった。中国牧丹(審陽)ではロシア軍500000が日本軍人と代置して、旅順港は包囲されたし、バルティック艦隊は早く近付いた。これはどうして日本が 1905年の 2月にどんな外国に対する通報もなしに早く独島を竝合したのかを説明する。
日本帝国海軍の戦闘計画
旅順(Dalian)が陷落される時、日本海軍はバルティック艦隊にはただ一つの選択権があるというのが分かるようになった。ロシア人たちは韓国の北ウラジオストック港でばかり安全なことがあった。計画が分かるようになった日本によって東海(日本海)にいる 3個の緊要な位置の1ヶ所、この地域に上の地図箱に赤色に表示された艦隊配置設計図が描かれた。日本帝国海軍は韓国をかこむ水域を決めて地域を区分し始めた; 各可能なシナリオは南側と東海岸だった。下の地図は韓国をかこむ水域が第一にどんなに地理的に地域に仕分けされてから説明する。そこに指定された地域に艦隊が割り当てされた。

当然独島はこの防衛計画に統合された。
ウラジオストックを到逹するためにロシアバルティック艦隊が付いて行くことができることは 3個の路線だった
1.彼らは対馬島西の方で朝鮮海峡をパスすることができる。
2.彼らは対馬島の東に対馬海峡を通じて航海することができる。
3.彼らは日本周りで移動することができる方法があった
全部; 本州とホックがイドと日本主要島の間水域をパスして東海岸及びその後に行く方法なのに、これはとても危ない海で石炭がもっと必要だろう。この路線は可能性がとても低い。それにもかかわらず、地図は日本が万であるこれが発生する場合に対する計画を作った。

東海(日本海)連帯地域の日本海軍地図
独島を竝合する直前日本海軍は独島水域と地域仕分け地図。

上地図はバルティックハムデが到着されることに備えて日本の攻撃と係わって独島地域がどんなに日本に併合されたのかを見せてくれる原本日本帝国海軍地図だ。それは参照のために英語でレッテル(赤と靑)を付けた。
上地図は東海の本来日本帝国海軍地図だ。明治38年(1905年)1月1日の日が撮れた新聞だ。この日付以降約一ヶ月ぶりに独島は日本に併合される。新聞は左側で右側にそして南側で北に題目が付けられている。地図に韓国の済州島そして南側海岸の位置はとても重要な地球で地図製作者によっての目的に歪曲されていた。

日本人がロシアの進擊のために戦争計画を準備したので、上記の地図は帝国海軍がどのようにロシアのウラジオストック港への途中である各々の地域に特定の海軍聯隊を図にして、ゾーンに分けて、それから割當したかについて示します。そのような複雑な戦争計画が一晩中立案されたことは、もっともらしくありません。このように、よく島根県社の前に、竹島は日本帝国海軍の戦争戦略に、すでに包含されました(独島 上記の青でマークされる)は、中心聯隊の地域であることを示される地域の境界の中で見つかります。

この地図で最も不穏な面は、日本の海軍支配中での区域に指定される地域のいくつかが日本の領域の一部でなかったということです。

韓国のあたりの他聯隊地帯の日本帝国海軍地図
下記の地図は、1904~1905の露日戦争からの再び日本の海軍地図です。これらのチャートは、日本がどのように韓国と日本の海岸線のいろいろな地域の地図を作って、各々の地帯を日本帝国海軍の特定の艦隊に割り当てたかについて示します。このテキストの下で最も大きな地図は、直接、日本人が彼らの海軍を配置しておいた鎭海の南韓国の港都市です。韓国の南海岸の近くのこれらの流れの中で、ロシアのバルト海のフリート監獄の位置の報告が彼を博識にしておいたので、トーゴ提督は待伏せに待ちました。5月27日に、おそらく、歴史で最も重要な海戦は、独島の近くで流れの中で起こりました。実際、ロシアのNebogatov少将は、降伏XGHを竹島(独島の正南側のために、国際信丸を出します。西側を進めてください、ロシアのレーベジェフキャプテンは鬱陵島島の近くで軍艦ディミトリドンスコイを廃棄します
鬱陵島と独島の海のあたりのロシア人の敗北は、最初に日本人の緊張感に地域で軍の建設を進めるようにしました。脅威でより少ないロシア海軍とともに、日本人は監視塔を建設している間、攻撃されることについて懸念を抱いているものではなくいました。対馬島のバトルは鬱陵島と独島の戦略的な価値を確かめました、そして、独島の上で軍事施設を建設するより詳細な計画は対馬島の戦鬪の後ですぐ立案されました。

上記の地図は、左側に韓国の南海岸の日本の聯隊の地図です。ここでは、全ての海岸がゾーンに分けられて、ロシアのバルト海艦隊に備えていろいろな聯隊に割り当てられたと述べられることができます。上記のセンターは、日本の海軍艦隊が配置された韓国の鎭海港の地図です。ロシアの艦隊が対馬島海峽を避けて、日本の本州のまわりで航海するほうを選んだ場合に備えて、上記の右に、日本の本州と北海道を切り離している対馬島海峽の聯隊の地帯地図はあります
日本の軍艦橋立(1905年6月)の行動日誌
対馬島の余波の闘争 – 独島併合後日本軍隊活動
IJN(橋立)は、帝国日本海軍の防護巡洋艦で、Emile Bertinによって設計して、日本の横須賀海軍工廠のそばで造りました。橋立(右)はマツシマクラスの第3と最後の舟で、日本で造られるただ一人の人でした。日露戦争の間に、絶望的に時代遅れの橋立と彼女の姉妹舟は、予備第3の艦隊の第5の戦隊に割り当てられました

独島の橋立の調査は、1905年5月28日に対馬島戦鬪の直後に起こりました。示されるように、日本はほぼ1年前に独島の戦略的な重要性にすでに注意しました。鬱陵島と竹島/独島のあたりの海が主な海戦場になったので、島の軍の価値は非常に評価されるようになりました。

日本の軍艦橋立の行動日誌の翻訳 – 1905年6月

上記は、対馬島戦鬪の直後に1905年6月からの日本のWarshipのLogbooksのイメージです。それは、小島の軍事施設の建設を記録します。露日戦争の間に、独島の上の軍の構造の日本の計画は、1904年の秋に始まりました
3 ページ
1905年6月
軍艦橋立の行動日誌

4 ページ
No. 34, 35
“..小さな 2等將校が上船した.
6月10日土曜日は、温度をすっきりさせます:高 75 F 低71F 病気の人員数:2 、午前8時00分に出発しました。攻撃のどんな徴候にでも気をつけました。我々は、通知#100を受しました。命令#47と#48。

6月11日日曜日は、温度をすっきりさせます:高い74F 低70 F 病気の人員の数:1

監視警戒任務をつとめた後に、我々は午後1時40分にOjakiに戻りました。午後5時25分に、我々は鎭海で下の通り邑島から電信命令を受け取りました.”

5 ページ
“..佐世保の本部は、建設部の一部の役員を送りました。そして、その人は橋立の上に竹島(独島)まで送られることになっています。急送の指令は、明日の朝にここから出発するケンカイ丸(舟名)によって、直接橋立に届けられることになっています。上記の建設人員の1人の海軍技術者と5人の他の労働者は、佐世保(海軍基地、長崎)で、Haechiko丸によって今日の午後、竹敷に到着することになっています。
午後7時35分に、我々はこのように、準備を積み込まれるために、竹敷に行きました。
アンカー、Su-ah、マツシマ、イズマとAkijushimaの舟。
受けた書類:聯隊の通知94(戦争の詳細の報告)

6月12日月曜日に曇った温度:高い78F 抵71F 病気の人員数:なし
佐世保の建設部からの1人の技術者と5人の他の労働者が午後4時15分に竹島(独島)に送られるためにおどり込んだ朝に、我々は竹敷から出発しませんでした。我々が一時的に釜山の西港に固定させた午後8時00分に…”

6 ページ
“…定着する間、我々はYa-ae山脈で第3艦隊司令官から竹島(独島)の上へ急送に指令を待って、それから、すぐに出発しました。タケトミからの命令の後で、第3艦隊司令官は、竹島(独島)。竹敷通知#143に出航しました(手紙が、日本とロシアの間で平和条約を助言して知られているようになったことをアメリカンプレジデントから指令します。それがその提案を受け入れて、全権大使を上記に任命すると言っている日本の政府意志答えが、海軍からの電報でした)

秘密の情報#47 竹島(独島)への急送に関する指令

6月13日火曜日 曇り後 雨 高73 F 低67 F

7 ページ
“…病気の人員:どれでない
午後2時00分、我々は竹島(独島)に到着しました、そして、技術者と労働者と進んでいる役員と同様に小型ボートを遅れを下に降ろさなくてそれから望桜施設ために適合性を調査するように派遣されました彼らが彼らの調査を終えた後に帰りました。彼らは午後3時40分にその時以来、5つの電次によれば、秘密の情報#47、佐世保の方へ出発しました…”

8 ページ
“..5つの電次秘密の情報#47の概要:
上記の(望桜施設の適合性を調査する)それらの特別な任務を達成した後に、場所に戻ってください、そして、どんな障害なしででも戦いナビゲーションに備えるためにすぐに修理することを完了してください。我々は、タケトミ(第3艦隊司令官)に報告しました。竹島調査の報告は、付録に関してあります

レポート役員による調査の上記は以下の通りであること。
1。竹島は、互いの隣に立っている2個の岩から成ります。西嶋(非常に岩が多くて不毛な)は高い(高度410フィート)ままです、しかし、まわりのすべては険しい崖です。そして、それは登ることを非常に難しくします。平らな地域が、その急な(垂直の)ピークのため、望桜を取り付けるために、この小島とつまらない所の上にありません….”

9 ページ
“…たとえそれが挑戦的でありえたとしても、東嶋は他のもの(高度325フィートであると見積もられる)より高くなくて登ることを可能にするように急でないままです。これの上に小島があること比較的平らな、皿は面積を形づくりました、そして、埋め立てをダンプすることによって構造を立てることは可能です。

1。土地の上へ建設資材を降ろして、彼らをトップへ運ぶことは、挑戦的です。着陸場所まで、いくらかの試圖の後、彼らは取付けられた地図で示されます。至る所、東側と西嶋は互いに接続している列のシングルを作られた礁です。そして、それは海上交通路の文書の2つ半のhyeonとして記録されるおよそ1つのryeon(600フィート)です、そして、2または3深海(およそ16~24フィート)にまわりでシムを入れます。小型ボートはずっと簡単にたどり着くことができます、そして、礁は防壁のように至る所配置されます。東小島の西側に、結び付けられるとがった岩はあります。そして、ミニチュア港のような何かを作ります。そして、それが西側から吹いている強風のため、長く続くことができないが、これは便宜を停泊する小型ボートに対して提供します。この小さい港は、東嶋と比較して、土地に、そして、海岸の若干の小さな平らな地域にたどり着く唯一の方法です. …”

10 ページ
“…彼らは現在、漁夫によって建設される2、3の小さい小屋です、そこで、およそ30人は一時的にいています。山(デリックが役に立つように機械)の頂上への輸送資材に、そして、急な崖の上にもう一つの機械を上がること(ブルドーザー?)オプション思うことができました。西側のトップから、小島は小さい流れを下降します、しかし、水は飲むためにあまりにたくさんの塩を含みます。試験結果は、水が飲むことにふさわしくないことを示します。
. ..”
1。島のトップが土と呼ばれているにはあまりに不毛であるので、望桜人員に食物を提供するために同様に野菜を植えることは可能でありません、そして、十分な降水がありません。
上記はここまで送られた役員による調査です、そして、この点検の間、まわりは1里(4km)の距離を遠ざけている島を航行して、少しの特定の礁も観察しませんでした

11 ページ
“..東側の北西部に、嶋は、しかし、一連の礁があります。そして、それは長く2つのryeon(1、200フィート)であると推定されます。
現在、狩り季節はこの島のあしかのためです、そして、沖島からのおよそ35~36漁夫はライフルとネットで多数のあしかを捕えています。調査の間、これらの漁夫との話を通して学ばれたことは、役に立つと考えられて、したがって下で記録されました。

島は豊富なあしかを持っています、そして、4月中旬から太陰暦による7月中旬まで、漁夫は狩りをしているアザラシに係わるためにここにいます。それらのあしかから得られることができることは彼らの皮膚と油です。そして、それは大阪に送られて、毎年収入の4000~5000円を生産します。現在、隱州からの中井養三郞という名の男性は、これらの漁夫を担当しています。冬の申込者が今年いるならば、彼はそれを言います…”

12 ページ
“…彼は、島で彼の冬を過ごす気があります。あしか以外の、少量のアワビも、捕えられます。天気に関して、夏に、正午の間に非常に暑くて朝と夕方に全く涼しくなります。最悪の暑さ続きは、太陰暦によって6月に来ます。島は、日本と比較して濃霧と雨量の非常に少ない量を得ます。近くの流れ(北東のもののような)は遅くありません、そして、上下の流れの違いはおよそ4フィートです。このレポートによると、それは4フィートをはるかに上回ると思われています、しかし、この人物は地元の漁夫によると疑っていると思われます。木と水が島にないので、彼らはオキノへ行って、食物、木と他のものを備えているために一回、または、月に2回戻って来ます。
このレポートは、

上記として記録されます…;1905年6月15日

13 ページ
“…Hukui Masayushi 橋立艦長からTaketomi Kunikanae 3艦隊司令官への…”
14 ページ
“..水テスト(竹島/独島)の結果は、以下の通りです:
匂い:無臭の淡と色:ライトブラウンの、微細な浮いている小片。
塩素:かなりの量。
石炭:少量。
Ammonia:かなりの量。
乳酸:わずかにかなりの量。
亜硝酸:何もない。
硝酸:何もない。
有機物質:大きな量。
結論:この水は、飲料水として適当でありません

15 ページ
“…6月14日水曜日は風化します:曇りで霧が出ている。病気の人員の温度高74 F低70F数:どれでない午後7時52分At我々が、佐世保。に到着しましたNo。6 Bouyに固定します。他の錨で固定された舟は、千代田、壱岐、オキノシマと三島を含みました。我々は、用意された弾薬を倉庫に保管しました。

6月15日木曜日、天気:曇りの。病気の人員の温度高77 F低72F数:2つの佐世保。
Samaejima、佐世保海軍基地の司令官は、点検をしました。

6月16日金曜日、天気:の明確な 高81 F 低72 F
病気の人員数:1つの佐世保
32cm(12cmの弾薬)積載です
…”

独島の日本の軍の併合 – なぜ、それは重要ですか?

“日本と韓国の現代の境界線は、植民地の時代軍の併合に基づいていることはありえません!”
このウェブサイトは、ちょうど島の併合より前の時間には最も特に、独島で日本軍の活動を文書化する際に、多くの時間と努力を捧げました。日本が地域の制御のために本当に島を押収するならば、それによってどんな差が生じますか?
竹島を日本に返しておくためにロビー活動をする人々が2つの心のようです。
意見がとても右翼で、気にかけないそれらまたは1905年に竹島に対する日本の唯一の文書化された所有権の史実を調査しなかったそれら
過去の日本軍の活動を指し示す目的は、日本人を中傷しないことになっていて、むしろ島根県ての併合に歴史の前後関係を与えることになっています。また、これらのページは、独島の上に主権を再確立する日本の度重なる試みについての韓国の非道行為と失望がブラインド国家主義に基づかないことを示すことを目的とします。

日本自身の主要な軍の地図と文書は、1905年独島の併合が韓国を支配するために踏み石にすぎなかったという確証と韓國を入植させる全体的な計画です。結局、日本は韓国と遼東半島を支配するために専有権についてされる戦争でロシアを破る目的で、独島を併合しました(ポートアーサー-大連)

1905より前の独島に対する歴史の要求がない日本で、日本人が要求しているものは、日本の植民地の拡張主義的な時代の真最中の間、得られる地面が日本に返されるということです。このように、韓国人が、朝鮮領域の再侵略として、竹島を返すという日本の要求を見ることは、思いもかけないこととして来てはいけません

の編入過程間の独島遠近、日本のMilitary関係は、法的質問を起こします。第2次大戦の降伏の日本の条件は、日本が暴力の貪欲に襲われるすべての領域から放出されなければならないと規定します。日露戦争(1904~1905)で最も大きな戦争の間に独島をつかんでいた日本は、日本の併合をする意図に関して、ほとんど疑いを残しません。

ICJ判事Max Huberがかつて支配したので、第二に領土の獲得は自然で平和的な過程の一部でなければなりません。日本が半島の全域ですべて韓国の領域を流用する間、独島の併合は行われました。最も特に要衝は 例えば朝鮮の遠くの島(巨門島、濟州道、鬱陵島、蔚島と沿岸の都市)の領域た。

このウェブサイトには、日本の軍の野心から独島の日本の併合の明白な不可分を示している日本の自身の歴史上のアーカイブから、少なくとも8ページのデータがあります。しかし、竹島の返還の請願活動をしている日本のウェブサイトは、まったくこれらの記録への言及をしません。日本政府が地方守備隊員に日本の主張をきれいにしようとしたことは、明らかです – 実際問題が1世紀前日本の拡張主義的な植民地の時代から生じる歴史の論争。右への韓国の新聞コミックは、日本の戦没者の苦しめられた幽霊が若干の戦争犯罪者。を守る靖国神社への小泉の訪問について深く悲しませる彼女の戦争。
日本の否定を批判します。

彼の1997の記事「独島問題」の梶村秀樹日本人教授のコメント – 竹島は、見事に独島問題の自然をまとめます。彼は、韓国の方へ日本の過去の拡張主義的な攻撃性を反對するために完全性を持つますます多くの日本人のうちの1人です。

本稿は、竹島/独島問題(領土の問題に関する概念でない)の特定のケースの研究の結果です。したがって、私が本論文でした議論は、他の個々の領土のケースに適用されてはいけません…”

基本的に、私は領土の問題が単に個々の形だけの中に存在すると思います。他のいかなる方法も、ものの現状で、そして、事実を確かめるトラブルを避けることなく論争を正すことによって、順々に問題を解決するために、ありません。その仕事が完了された時だけ、我々は国境の強迫観念から自由でありえます。抽象的な概念に頼ることによって領土の意識または国家意識を高めることは、役に立たないです。日本政府の判断に反して、私は韓国の側が竹島/独島問題の上にかなり理にかなった根據を持つと思います…”