日本の竹島 X-Files II – 独島と日本帝国海軍
日本の独島主張裏の醜い真実–竹島

日本外務省は日本の1905年独島編入に対して皆さんに何を隠そうと思うか!
次の文書たちは日本外務省が一般人に公開しないで隠そうと思うファイルの収集内容だ。 明白な理由で真書、独島に対する日本の主張をロビーする人々は一世紀以上の間日本帝国海軍の1905年独島編入介入を一般に公開しないようにする。

この3個ページシリーズは原本歴史的記録は3代の日本驅逐艦新高、対馬島そして橋立が日本の独島主張後に隠された秘密を明らかにしてくれるでしょう。戦艦の記録は時代的に整理されてどんなに日本帝国海軍が制度的に測量して、地図を製作したしそして区域化して独島全体島は最終的に日本の露日戰爭1904~1905年計画でロシア海軍に対抗するために活用されたのかを見せてくれている。

日本帝国海軍戦艦対馬島丸の行動日誌
対馬島丸は、日本帝国海軍の沿岸哨戒艦ことで、広島身近にある日本Kure海軍基地厰で設計されて建設されたのだ。この艦ことは対馬島級の地図することで艦まれた。

対馬島丸の姉妹艦新高は、日本帝国海軍の沿岸哨戒艦ことで、広島身近にある日本Kure海軍基地厰で設計されて建設されたのだ。この艦ことは対馬島級の指導することで艦まれた。対馬島丸の姉妹艦ニ新高(上)。これは完全に日本の設計で建造した二番目巡洋艦級だ。
(上)。

対馬島丸の記録は独島の日本の編入が単純な軍隊編入であるだけだと主張する韓国史家たちの主張で “決定的な証拠”と言える。1904年11月航海だろうかは独島編入日より先に進んでいるし,それもどんなに日本戦する対馬島丸の軍隊監視警戒所と通信所建設のための測量が韓国の鬱陵島そして島根県にある松江(Matsue)と係わるかどうかを明確に現わす。

日本帝国海軍驅逐艦対馬島丸そしてその姉妹艦新高は皆日本帝国海軍前し対馬島丸の1904年~1905年露日戦争航海途中独島を編入する一ヶ月前に監視警戒所そして通信所の適合性を測量するための独島の測量を遂行した。
対馬島丸の行動日誌

対馬島丸の行動日誌翻訳
1 ページ。
明治37年1904年11月戦艦対馬島丸航行動日誌

2 ページ。
“1:30 午後高千穗(Takechiho)は “ ” そして “ ” 句に向けて出発した。1:50 午後 難波(Naniwa)が尾崎(Ojaki)に帰って来た。3:45 西千早(Chihaya)が “-” 區から帰って来た。この日午後 2艦隊が “ ” 區に後にある八雲(Yagumo)を去った。そして残りは基地に停泊するために航海した。…”

土曜日、10月 22日(竹敷 )
午前 B NW 4 -2 30。25 30。14 59。52
午後 BC NN – W – 1

“今日他の艦たちは戦闘訓練(トランペットそして発砲)を指揮した。7:15 午前に 新高丸は大連で到着した。私たちは秘密指示 #259を受けた。手短な内容は次のようだ (下の)。

“戦艦対馬島丸10月23日、1904年指揮官に与えられる指示。あなたの便宜どおり明日まで発ちなさい。24日の朝に松島(鬱陵島)に到着しなさい..”

3 ページ。


“… … 望桜延長建築そして労動者の数字を受けるのに一緒に参加してほしい。竹邊そして蔚山に同じ望桜延長作業をして帰って来なさい…”

10月 23日日曜日 竹敷で鬱陵島に
午前 BC NE 2 30。32 29。22 62。50
午後 B.C.NE SW 1 -2

身体検査
“9:30 午前に鬱陵島に向けて 竹敷 を去った。

10月 24日月曜日鬱陵島の近くに。
午前 BC SW 3 – 4 30。14 65。61
B.C.午後 NW 4 – 1

“7:00 午前私たちは鬱陵島東望桜に近付いた。とどまっている間、#1 そして #2 いかだを作って労動者を差出し始めた。強風そして最高波で作業が難しかった….”

4 ページ。
“…10時30に長の努力あげく最終的にすべての労動者を船内にあげるのに成功した。鬱陵島の西の方望桜で向けた。11:25 労動者を積むためにいかだ #1 そして #2を待期させて航海した。正午に仕事はうまく行ったし私たちは竹邊港を向けて航海することを始めた。

鬱陵島に割り当てされた労動者の数字
東望桜: 23人
西の方望桜: 18人
全体 41人

5:00に午後私たちはそしての竹邊港に派遣されて助け船 #1、#2に労務者と技術者を連れて来るために到着した。6:00 午後私たちは彼らと一緒に Ojakiに去った…。”

10月 25日火曜日 竹敷のUrujaki (蔚山)で
午前 UC SE – NW 30。26 30。14 70。61 B。C。
午後 NW

5 ページ。
“8:30 午前私たちは Urujaki(蔚山)に到着して助け船 #1 #2を派遣した。
9:40に 竹敷に向けて去った 13人の労務者を連れて来るために到着した。4:15 午後に一時的に尾岐
(Ojaki)に停泊して連れて来た労動者たちを下ろした。6:00 午後には 竹敷 に到着した。繫留した戦艦たちのリストは次のようだ。

尾岐に: 出雲、淺間、八雲、高千穗、Anpyeongseon #1 そして #3、Ko – Oh – #67
竹敷 に: 難波、西千早 #2、#4、第 11 艦隊、17 艦隊

10月 26日水曜日、竹敷
午前 BC 0 – 1 30。23 30。15 66。58
午後 B 0 – 1

“7:00 午前 Chihayaすることが “ ” そして “ ”に向けて出発した。Kasuga Maruが “ ”に到着した。12:50 午後 Naniwa丸“ ”に向けて出発した。その頃に私たちすることは Ojakiから帰って来た。””

6 ページ。
明治 37年 11月
戦艦対馬島丸行動日誌

7 ページ。
“1:40 午後私たちは “ ” 區に向けて出発した。5:30 私たちは Kanjaki 南東の方 9 海里に位したイギリスお船 “Longships”に上船して調査した。イギリスすることは 9日正午に上海を発って神戶に向けた。疑わしい面がなくてお船を放してやった。(貨物は綿花そして雑貨だった。) 今日私たちはやっぱり訓練をした。Yagumoすることは第3艦隊に編入された。Tokiwaすることは第 2艦なりに復帰した。巡洋することが出発した。

11月13日曜日、私たちが対馬島海峡を見回るによって高水準の警告が発動された。

8 ページ。
午前 OCR SSW 2 30。23 30。03 67。63
午後 BC SSW 2

“3:20 午後 私たちは竹敷(海軍基地)に到着したし全体水兵が身体検査を受けたし各吹いては巡察を強化した。私たちは秘密命令 #275を受けた。内容は次のようだ”

“4部隊に言い付ける、明治37年11月13日。竹敷から帰って来る。
司令官秘密命令 #698によって、4隊の巡察任務をしばらく変更する。内容は内である 15日以後 3日間命令を遂行しなさい。また密航する艦隊 “Orajiyo”を観察しなさい。旗艦Aまたは B巡洋するそして 4艦を休むようにするとか点検するようにしなさい。

(a)巡洋艦たちは添付された。
(b)CFG 巡洋する命令に従って派遣された。””

9 ページ。

““秘密指令 #276を次のように受けた:

“ 先導艦対馬島丸の艦長に指示する。11月 13日明治 37年(1904年) 竹敷 、Kasagi艦 。

1。管理者たちは勤労者たちの出身ををもらうように措置する。そして彼らの到着による他の場所から出た資料を受けるようにしなさい。任務を遂行しなさい。帰還命令によって日程による割り当てにすべてだと適切な管理を毎日相談するようにして直接その決定を各各報告しなさい。

(a)試験技術者と一緒に Takasaki 山の電文の試験を知らせるように。
(b)独島に通信所の設置適合性に関する測量をしなさい(無線電文はない)
(c)勤労者を派遣して独島、鬱陵島、竹邊、そして蔚山岬の望桜資料を送りなさい。

2。勤労者そして上 (鬱陵島、竹邊、蔚山) 望桜資料は内である14日まで到着するようにしなさい…。”

10 ページ。
“皆 Sae ryu maruで到着した。私たちは Takasaki 住んだ無線専門解釈をした。内である 15日朝後に試験技術工は到着すると予定される。月曜日 11月 14日 (1904年) Takasaki 山

午前 BC W1 30。01 29。92 63。56
午後 B.C.WNW – W 2 – 5

石炭と水が供給された。1:00 午後私たちは Naniwaに向けて去った。6:50 Takachihoで到着した。“Haya Saung” 二等中尉がすることを去った。

火曜日 11 月 15 日 竹敷
午前 BC NW 2 – 3 個 30。10 30。04 51。49
午後 B.C.NW – W4 1:00に PM

Chihayaに向けて去った。2:05は Kasgamaruで到着した…”

11 ページ。
“艦砲演習を遂行した
水曜日、11月16 日竹敷
午前 BC NW 4 – 5 30。04 49 14
午後 B.C.NW 4 – 5 14

正午から強風は吹いて減らなかった。北西の方で吹く風たちは持続的に吹いた。14日当時正午にもっと高い 30。2路を上がったから 14 日 8:00 午前に最大風速は約 6.lo 西風圧力は 29。96。4:20 以後正午に警告を受けた: “予想された海嵐は、気を付けなさい。2、3、4、5、6、7、8 の海岸地域のそして 10 区域。南海岸で発生した低気圧。北東の方漸近中。中央は周りに台風…。”

12 ページ。
“5:45時水域たち深く 1。8 メートル。高い波は 3メートル。1:40 午後 Ninawa号そして ~Mujiが Miura 灣で到着した。

11月17日木曜日竹敷
A.M.BC NW 3 – 4 30。44 30。28 51 43
P.M.B B 0

10:00 午前私たちは Takachiho Chokoに去った。私たちは砲兵運動と信号を指揮した。9:00 午前メッセージを受けた。海岸地域、私たちの区域s 2、3、4、5、6、7、8、9に警告演習 Tokigoに向けて隱岐で去った…。”

13 ページ。
1月18日金曜日竹敷
午前 BC G – 0 – 1 30。45 30 36 56 43
午後 B.C.NW – W 3 – 2

“12:30午後Kasuga丸。2:00 私たちは Kasagi Chokoに向けて去った。悪い気象が一日中 佐世保(長崎 海軍基地)にはじめから長続き。したがって秘密命令 #276は遂行が延期されたし、しかしそのためここで今日 3:10に勤労者と材料を積んだ。そして私たちは 5:30に Ojakiを去った。私たちは竹邊港に行った…。”

11月19日土曜日Ojakiで鬱陵島で
午前 BC WNW 2 – 4 30。35 30。24 65 55
午後 BC SW 2

“8:40 午前私たちは竹邊港入口に到着。私たちは救命ボート #2を陸地に降りて望桜を作りのための材料を荷役した。9:20に鬱陵島に向けて去った、そしてかりに 4:20に鬱陵島道洞港구に停泊した…。”….” (引き続き。。

14 ページ。
… 望桜を作りのための材料を荷役。

艦の甲板で道洞角、 北傾斜は 55度東
Shiru Gak 北84度西の方
Shiru Gak 南48度西の方

水深みは約 11深 (1深 = 約 6 フィート) そしてその深み砂がある。
私たちは港の周りに深を測定したが、どんな危険もなかった。

11 月 20 日曜日鬱陵島から独島で
午前 B.C.0 – 1 30。33 30。24 61 55
午後 B.C.W 1

“7:20 私たちは独島に到着した。浮かんでいながら部長少佐(高級海軍将校) 山中少佐そして儀杖隊軍(また他の将校)を檢査のために送った。10:55に皆将校たちは帰って来た。そして私たちは隱岐島を向けて航海した…”

独島に関する日本戦艦対馬島丸の報告書
1904年11月20日独島を占領する2週前、日本の海軍は測量報告では独島に軍事施設建築可能性を確認する。
対馬島丸で作成された上の指示は明確に韓国領土独島からその野心で北東アジアにある日本軍隊と係わる日本の軍隊活動介入だ。

1904年11月20日朝 副指揮官に山中少佐と対馬巡視船は軍事観測と通信所建設を目的に 独島のジセア周り地理を精密調査した。この調査の詳細事項は日本防衛歴史的な記録保管所で記録された。原本及び翻訳は下にある。このすべての活動は 1905年 2月にある独島の日本併合以前にその時の大きい戦争途中に発生したことなのを強調されなければならない。

上イメージは日本海軍エウィした独島建設の調査報告書だ。独島を表示する赤いほくろは報告書の書道の調査でそして青い点は同道に表示された; 独島に郡望桜建築が可能だという結論が出た。 (click)
1月20日対馬島丸の独島測量見て翻訳
1月5日67番、Liancourtに関する明治(1905年)報告書、38 軍艦対馬島丸の日本帝国 ” Saedo Taketaeru”は日本海軍水路部長に送る。

Liancourt 岩は直面して小さな岩に取り囲まれた 2個の小さな島であるだけだ。この小さな岩は主頂上は表面がちょっと偏平だ。2個の主要小さな島の周りに多数の小さなグルイイッゴ、あしか集団が棲息している。島は木もなしに苔のように南側側に裸になった岩、及び多い野生解釈ある。いつも風が吹く。上には険しい絶壁及びか弱い表層のため周辺オデ-エソドンジで建築が不可能だ。地上に平たい所が 2個重要島の間において折った水路が流れる。2個の偏平な石地域があってと言うが波に安全ではない。同道に夏にはあしかをつかまえるための漁夫の小さな小屋が立っている。今それはすべてこわれて残ったことで見ていくらバラムワ波高がシェア損傷されたのか想像することができる…”

“…風と波で保護されることができる所は下2個所が可能だ。

(a)西の方小さな島の東は険しいからのためきちんと上って来ることができないが、しかし下部は中間まで充分に道を磨くことができるし、その事になる場合水平地域のおおよそ 3 坪位の家の跡地を磨くことができる。東部地域を除いたどの方向の風も阻むことができる。。

(b)ちょっと見て、 頂上は初めには東島に多数偏平な地域があることと見えて、この構造物の建築に適当に見える。しかし、この島の調査はどの位地域に近付くために大量建築になると通路が確保されることができる。小さな島は悪天候によって影響を受けることが不可避だとしても、南側におおよそ 3~4 坪の偏平な地域はあって、北西の方の 1ヶ所は孤立するあることのように見える…”

上に説明ハンバと一緒に、全体的な島は険しい絶壁で、小型ボートが 1個の小さな島で他の島に行くために必要だ。西の方島の 1個の南西の方にかきがあって、この山模様の岩にとても少量が流れる。しかし水は雨のように流れるから、それを集めることはとても難しい。頂上で山船にしたがって水が流れるいくつかの場所があるが量が多くなくてあしかの排泄物で汚染している。南東の方水の水質を検査して見たら、変なにおいがしてイエロー泥色があって汚染したことで見られる。この検査結果化学成分は次のように検出された。そして問った食べることができないのだった。

物理的性質:中程の茶色粘土、においがする敏感な山: 多量の乳酸: 多量の窒素山: 窒酸銀ない。石炭酸はちょっと跡があってアンモニアは少量があり遺棄物質はズングガンチで出る…”

これは海が平穏な場合にあしか狩人が料理のために島で時々水を使うが、食用数は他の所で得るということを言う。簡単に言って、主要島は強い海願うに現わした裸になった岩だ、しかし良い大きさのどんな地域も待避所ができる良い大きさの地域は捜すことができない。飲み物なし、料理のための燃料なし、食べ物なし。彼らに良い季節は6月と7月の間に多い人たちがあしかを毎年ごとに狩るためで来る期間だ。狩っている間、彼らはおおよそ 10 日間一時的に一度に滞在しながら毎年あしか狩りをしに来る期間が 6-7月の中が良いのだ。この季節を除けば狩るためにほとんど来ない。私の観測では、今も数千匹の多くのあしかが残っている。しかし狩人は大変な条件のためまだ 6月と 7月に風と波を避けて挑戦しにくい …”
独島測量附属地図
1904年11月20日山中少佐副司令官の報告書
左側の下イメージはㅊでグリーン独島の原本地図だ; 山中少佐副司令官は等しいかも下右側に色と伝説を地図によく表示するように日本漢字を追加した。山中少佐副司令官は海軍警戒所建設のための位置が表示したし、飲み物が出る所を表示したが、正しいのではなかった。山中少佐は 独島の併合推進するのに役に立った水路部長 Kimotsukiに正確な報告書を関連内容を送った。

韓国地域に対するさまざまな日本の測量地図
軍事的活用のために充当された地域はただ独島島だけではなかった。中国の旅順地域を含んで日本をドルロサン戦略的な地域は全部ロシアを撃破するために利用された。例えば左側下 に 、韓国、日本と中國で日露戰爭途中に設置べての手元電信体系の実体がある。右側に見れば、韓国の蔚山地域に郡望桜があって、韓国の竹邊港にも望桜があって通信網が設置されている。ドルボンチェ右側は韓国の鬱陵島の切符だ。そこには 2個の 望桜が見えるが、後でもう一つの一つを設置してくれと言った。電線は韓国と独島~松江、日本で繋がれた。もっぱら右側は望桜と電線を設置するために計画された隱岐島にTakasaki 山の日本軍地図だ。この考えは無産されて通信線は松江に直接設置した。

上の地図は 1904-1905年である戦争中の日本、韓国、中国の軍事戦略地図だ。(もっと大きい地図を見ようとすればクリックします)
日本の竹島 X-file II – 独島と日本帝国海軍 – 唯一の結論

日本の韓国に対する軍事統括は 1905年独島編入と無関係ではない。
対馬の航海だろうかは Saedo Taketaeru 軽減の報告書と係わる; そして山中丸によって追加された地図は日本の確かな証拠だ; 独島併合の動機は実際に軍事的動機だった。これはいくつかのの上の記録エントリーを検討して立証されることができる。2種日付は意味深い。
904年11月13日対馬丸は秘密指示 #276を受けた。この散る2 種点で日本軍侵略の明確な記録だ。第一、力強い証拠は余分の電信善意仮説のための独島測量の対馬号に対する徹底した命令だ。私たちが違う郡するに与えられる他の命令を注意深く見れば二次的に、明らかになる。秘密指示 #276は対馬号を韓国海岸地域に望桜建築に介入するのを要求した。対馬号は韓国蔚山、竹邊及び鬱陵島に3個の戦略的な位置に通信所を設置するために技術工、労動者及び物資を往復するための命令をした。

したがって、1904年11月13日付け秘密指示 #276は独島の非分離性を説明する; これは日本海軍の韓国領土併合及び全体韓半島に対する漸次的な併合を見せてくれる. .

1905年 1月 5日に対馬島丸の概要; Saedo Taketaeru 大尉の報告は完了して提出された。この報告書は全般的に海軍望桜及びコミュニケーションポスト建設の実行可能性のための Liancourt 岩の地税の調査だった。独島の調査はまた日本海軍が長期間にかけて軍事要員をそこ駐屯するように願う島の飲用水水質に関するとても包括的な調査を含んでいる。この報告書を提出した所は面白くも Saedo Taketaeru 大尉だったし彼は日本海軍水路部高位層にこの建設報告書を提出した。独島報告では海軍水路部長肝付兼行(Kimotsuki Kenko)に提出されたし彼はこの資料を独島をゾチァするための個人(中井養三郞)個人に流して彼は露日戰爭の中に島根県に独島を竝合してくれと、日本海だね水路部は戦略的な機関でドエゴ海軍作戦に核心的な情報を提供するようになった。
秘密指示 #276 及び独島の調査は日常的な事件ではなかった。これは 11月 18日特別将校がこの計画を行うために到着するまで待つようになる行動日誌報告のように遅くなった理由で立証される; 彼らが待ったとおり独島調査地図は詳細事項の作成におおよそ3時間がかかった立派な地図だった。山中少佐副指令官の独島地図は特別な水準の地図だ。

19歳の山中職業海軍は独島報告書を出してから一週間ぶりに指揮官に昇進する。海軍は1914年になると彼は日本帝国海軍の中将の階級を到逹する。するでしょう。最後に対馬島丸の調査は日本の 1905年 2月末独島併合のための軍事的動機がこの活動によって先行するから証拠が明白だ。日本の独島ロビイストはこの活動がその後にあった活動だから否定的な内容だと一般人たちに信じてくれと言ってするが、この文書は明白なそれを否定する明白な文書だ。

上文書及び地図を見せる前に、多くの日本ロビイストは独島併合後に日本郡関連の内容を言う韓国を非難を一蹴した。韓国人たちはその点で彼らの主張を広げるために文書とともに英語になった証拠を提出 できなかったことが問題だ。

希望的なことは上の記録たちがこの論争から明確に記録であげることができるというのだ。一般人たちは自らがその後に日本の独島に対する領土獲得主張が国際司法裁判所で要求する平和的で自然的な部分でディールことがあるかどうかを決めることができるでしょう。しかし、重要な位置の全面的に軍事的な併合が多数の意見に基礎したという主張が可能だったら、日本はどんな国際的な支持でもまたその多数を動員するでしょう。