日本軍の韓国領土占領と独島 1
1904年2月23日、日本帝国軍隊と海軍は韓国に戦略的要衝地を占領し始める。
次のページは日本が 1904-1905年日露戦争を前後して韓国領土を占領する詳しい内容を説明する。この情報の源泉は日本アジア歴史デジタル記録館だ(JACAR)。これら文書と地図を通じて読者たちは日本が “どうに”、“なぜ” 独島を編入させるようになるかどうかを分かることができるでしょう。また私たちは独島の編入は軍事的優位に占領した他のアジア地域の場合と違わないということを見られる。このページは文書がもっとたくさん発見されるから分量が多くなって規模が成長するでしょう。
日本軍ラジオ送信所が韓国に設置される。
“日本は韓国地にどんな施設を設置したのか
…?”
1904年2月23日強制的な韓日議定書の調印結果、日本は露日戰爭間韓国の全域に軍隊を駐屯させるようになる。韓国が港、島、そして海岸地域は日本軍戦艦の本拠になったし、一番重要な全羅道鎭海港は東鄕平八郞提督艦隊の足だまりになった。このシリーズで私たちは現在北朝鮮地である元山をどうして調査したのか分かりますね。

次のイメージは日本歴史記録センターの資料なのに、日露戦争間日本軍の韓国領土に駐屯した日本軍がいくら不法的にラジオ送信所を設置したのかを実際文書を見せてくれる。ここにはもう彼らが設置した施設たちとともに彼らが建設する適切な方法を説明する。

上には日本が韓国本土と独島に軍事施設をどこにどんなに測量して建設したのかを詳らかに見せてくれた日本国立記録文書保管所のファイルだ。
韓国に軍事施設を一位置を見せてくれる日本地図原本。
右側地図は1905年日報海軍地図として日本本土と韓国海の間の海底通信網の詳細な地図だ。ジグザグで引かれた海岸地帯連結網は日本長崎にある 佐世保港と連絡を取り交わす海底ケーブル線を現わす。

詳しい絵を見ようとすれば二度クリックします。赤い英文字は参照で追加したのだ。
何ページ空のイメージはファイルイメージの資料大きさを調節するために加工したのだ。このファイルたちは皆 1904~1905年明治 37-38年の間日本海軍の記録物から出たのだ。

私たちは独島が青色で塗られているし、日本の全体海軍陸軍の地域防御計画に編入されたことを分かる。計画は後で変更されて独島を経て行くケーブルは日本本土Matsueを過ぎ去る代りに隱岐島を通るようになる。(この地図を見ます)。

私たちが1904~05年日本海軍記録物保管所で分かるところのように、日本と韓国沿岸地域について、確かな方式を見られる。日本海軍巡洋艦たちは軍事戦略上重要な島に皆送った。

この島々と沿岸地域地形学的な測量は望桜、通信所、無線通信所のための最適の場所を尋ねるためのことだった。

これらは民間人たちが測量または施設をしたのではなく、ロシア太平洋とBaltic 艦隊を皆殺しさせた一戦艦がこの事を遂行した。地図たちは日本が軍事的な理由に占領した小さな島々を表示する。 もっと高い解像度を見ようとすればクリックします。
韓国鬱陵島の日本軍事地
左側は韓国東130km鬱陵島に対する日本海軍測量地図。韓国の鬱陵島は日本海軍にすごい戦略的資産だった。聖人峯山は空高く湧いていて、天気晴れる日、韓国本土で見える島で360度の姿を見せてくれる。また鬱陵島は対馬島と朝鮮海峡を向けるVladivostok船舶の重要な航路にある。

その結果、鬱陵島は日本で戦略的に重要な施設である望桜が設置されたし、船舶係留場も建設された。日本は日露戦争 1904年~1905年当時憲兵を鬱陵島に駐屯させたが、1900年の初め、もうそこには日本である不法住人を統制するための警察が駐屯していた。

鬱陵島の通信電線は元々日本戦艦たちが停泊している竹邊項に設置される予定だった。後でこの地図で見るところのように海軍通信線は独島~日本Matsueに延長される事になる。鬱陵島と独島の軍事的大切さはここで見るところのように日本が早く分かっていた。(リンク)

鬱陵島の東北の方石浦里にある日本望桜軍事地図
右側には鬱陵島がまた他の日本軍事地図に 松島に表示された。この絵で見ることは鬱陵島の東北の方石浦里望桜、そして南東の方沙洞と道洞の間にある望郷山(望郷峰)望桜位置だ。地図は独島と日本マツに連結する海底通信線経路だ。

下の右側地図には簡単な凡例説明記丸を見せてくれる。ジグザグ線は独島で繋がれた海底通信線たちを現わす。地図は鬱陵島の東浜辺で見られる多くの山山の尾根のアウトラインを見せてくれる。独島はずいぶん前から望郷山で見られる知られているし、最近そこで撮った独島写真がインターネットに上って来た。(もっと大きい姿を見ようとすればクリックします)。

下この内容は韓国の鬱陵島に設置された日本海軍望桜原本地図イメージたちだ。それは竹島 島近く観音峰を眺める石浦里山に位している。左側地図は望桜と地図たちを見せてくれる。上、ドンググンソンは独島の可視性範囲を現わしたのだ。中央の下見える地図は望桜、軍事的目的の無線送受信所だ。石浦里日本海軍望桜は独島の望桜とほとんど同じ時期に設置された。

上左側: この原本地図は鬱陵島の東北の方山なみ石浦里に位した日本軍の望桜を見せてくれる。上中央: 石浦里の接した望桜は日本の兵士らのための幕舍、送受信所だ。上右側: 石浦里で本位置は東海の素敵な光景を見せてくれる。(イメージを二度クリックします)
鬱陵島のさびしい丘の上に何何観光客または地方民たちが尋ねて来ているが、残った日本軍たちがまだ鬱陵島に見える。煙瓦で基礎を一幕舍と表示は鬱陵島の石浦里でまだ可視的な大切さが残っていることを説明する。

上左側: 日本望桜(地の左側)とラジオ送信所施設が跡たちは離職も鬱陵島石浦里に残っている。上右側: 遺跡の表示説明は周辺が歴史的状況を説明する。(イメージを二度クリックします)
竹邊を経って鬱陵島、独島と最終的に隱岐島を連結して日本は東海を横切る可視性の帯を完成するようになる。こんな監視水域たちは双眼鏡で非常に遠く見られた。例えば鬱陵島の望桜で独島は 90kmが離れたにもかかわらず独島の姿はとても易しく見られた。これは 1904年 9月の日本戦艦新高丸の行動日誌でも記録された。リンクをご覧ください。
韓国東海岸邊港港の日本軍事地図
韓国の東海竹邊港口は日本海軍に重要な港だった。何故ならば竹邊は 1904年夏日本からロシアウラジオストックに行く町角にあったからだ。その結果、蔚山、釜山、竹邊と元山は皆日本軍が占領したし、望桜と通信所を建設した。竹邊はそんな中心地だったし、元々鬱陵島望桜の通信線は 佐世保にある日本海軍基地で繋がれた。

右側地図は竹邊の日本軍事地図原本だ。これは読者たちの理解のためにいくつを英語で表示したのだ。地図の下の右側は望桜と係わる通信所の位置を現わしている。

これら地図たちとともにアウトラインは新たに編入した無線ラジオ装備の送受信に一番有利な地形図を現わしている。無線通信機関は日露戦争の中に必要不可欠したことだったし、特に対馬島戦闘では上の地図がそうするは何月後にその真価を発揮した。
韓国東海岸蔚山港を現わした日本の軍事地図
二つの下の地図たちこの内容は韓国の東海岸蔚山港だ。他の地図たちのようにこの地図たちは参照でウェッブマスターが英語で赤い色で表示した。日本地図は蔚山を皆鳥瞰図と海水面で描いた。
上地図は望桜とコードレス通信所の相応しい位置をアウトラインで描いた。下見えることは蔚山港の全景だ。蔚山の戦略大切さは 1904年 8月 14日蔚山戦闘で確かに現われる。これはロシア海軍艦ことが日本の輸送船を攻撃した後現われる。左側は釜山の望桜科通信所、そして北は竹邊の軍事基地だ。蔚山の望桜位置がこの地図に現われる。


韓国と独島の日本の軍の土地侵略は、次のページの上で続きました…