日本軍の韓国領土占領と独島 3
日本帝国陸軍と海軍は韓国と中国の戦略地域を奪取する。
第一二つのページで、この記事は全体的な日本と韓国地図参照を見ながら始めようとする。第一二つのページで、この記事は全体的な日本と韓国地図参照を見ながら始めようとする。右側地図に日本の軍事地図は電文、機構と日本が竝合した地域を現わすのに中国の遼東半島も含まれている。ここには赤い色英語で内容を参照で表示した。この絵の日字は明治38年(1905年)1月だ。この時期に日本は旅順港(現在旅順~大連)を陷落ちた。 日本は旅順港を陷落から一月後、海底電線を仮設するのにそれは明確な野心を現わしたのだ。

この地図は独島編入以前日であり、そして私たちはまだ日本が独島島を活用する計画を持っていたがまだ実現してはいないことを見せてくれる。しかし、日本戦艦対馬島丸の行動日誌記録はこの地図を描く2ヶ月前に独島を測量したことを見せてくれている。独島測量地図たちはこのページの下にある。下の韓国と日本地図は 1905年 1月 1日付け地図の全体的な内容概要だ。

中国遼東半島(旅順港)の日本の軍事地図。
この地図で見るところのように韓国は北東アジアで日本が軍事的目的に占領した維一国ではなかった。下の地図たちは 遼東半島と韓国西の方の日本海軍施設を見せてくれる。上地図は望桜と通信所建設のための準備のための遼東半島に対する詳細な測量地図だ。海岸線の点線輪廓は高い高度で描いたのだ。これら地域はもちろん通信所に相応しい場合で確かに望桜建設にも良い所だ。下の左側赤いボックスに表示された地域は隣り山に位した通信所の位置測量地図だ。

二番目地図は遼東の沿岸地域に沿って望桜の位置を見せてくれている。周辺の丸い望桜は緑に表示されていて各位置で可視距離を現わしている。

上の日本の軍事地図原本たちは日露戦争当時の地図たちだ。地図たちは望桜が日本がロシア軍を旅順港で追い出した以降不法的に建設したことなのを見せてくれている。
韓国と日本国内の望桜場所の日本の軍の地図
このページは日本の歴史記録物保管所から出たのだ。それらは日露戦争当時日本海軍の望桜を見せてくれている。赤い字内容はその地域地理的参照のために表示したのだ。望桜を描いた時、丸い圓は可視範囲を現わしたのだ。ここに見せてくれた地域は可視距離と可視距離の外を現わす。圓は緑に表示されている。

論、日本の独島編入は鬱陵島と隱岐島の間で東海を見張るためのことだ。日本海軍がこの目的に独島を自発的に測量を決めたことは1904年 11月以前に帰る。下の地図は韓国と日本の一部周辺に設置したすべての望桜の全体的な表示だ。

上地図は韓国領土に設置された日本の軍隊望桜位置を見せてくれる。それらはまた日本の沿岸地域の望桜位置を現わす。どんなに独島竹島(当時竹島)が直接この防御計画に含まれたのか分かる。
日本軍隊は韓国と東海(日本海)を統制するために独島を活用した。
下の内容(左側)はやっぱり日本アジア記録物保管所 1905年10月と11月から出たのだ。赤い内容は原本地図に地理的位置を見せてくれるために追加で表示したのだ。地図はやっぱりイメージfileをちょっと減らすこと以下で調節した。上右側地図はこれら通信線が延長された所を現わす。それは明確にこれら線たちが韓国国境沿岸地域と北西の方約200km Vladivostok港の海軍活動を見張るための目的なのだ。
ここで私たちはまた独島軍事化の証拠を見られる。海底通信線はMatsueで、日本~独島~鬱陵島と北に元山につながる。この線現在北朝鮮地域である北の日本軍隊とたちはよく繋がれている。(より詳細なイメージはクリックします)

上左側: この日本の軍事地図は韓半島を統制するために正確にどんなに日本の帝国海軍が通信線を仮設したのかを見せてくれる。通信線が独島にどんなに仮設されたのかを見てほしい。上右側地図は地理的参照を比べたのだ。
韓国と独島の日本の軍の土地占領の概要
前の二つのページは明治政府(1904年~1905年) 37年と 38年の日本軍隊の韓国地駐屯と独島地図たちで日本海軍記録物保管所から出たのだ。その地図の大部分の敵軍特にロシアとの戦闘のための通信所位置と建設を正確な過程を現わしている。

また、これら文書たちは当時民間であるまたは公共機関から描いたので、したがってそれはこれら領土測量は明確に軍事的目的に地図を描いたのが明らかだ。全般的な日本地図の通信所はこの時代の日本の軍隊の野心を地図で説明する。これら通信所は日本本土の主權を保護するためのこと以上だ。この施設構造たちは韓国を “保護”するためのことだけではなく、新たに獲得した中国の 遼東半島で延長されている。

見るところのように、独島編入ははっきりと韓国の植民地化と北東アジアに対する統制を主張するための日本の全体的な計画の一部だ。日本外務省の声明で島根県の1904年~1905年独島編入は歴史的状況で海産物取得のためではなさがはっきりと明かされた。これはまた日本海軍地図たちで彼らの望桜位置が韓国と日本の沿岸地域にあったことを証明する。