日本のMarcus(南鳥島)島編入と独島 – 竹島
独島 – 竹島とMarcus-Minamitori-shima(南鳥島) – 日本の19世紀島“編入”の比較
日本の“不法的な冒険”は、19世紀明治日本時代に膨脹主義の代理に活用された。
南鳥島に対する簡単な背景:

南鳥島またはMarcus島は北西太平洋海の孤立した島として北緯24。18´N、東經153。58´Eに位している。日本の名前で意味は、“南側鳥たちの島”だ。その島は面積が 1.2kmだ。その島は日本に属している一番東にある領土として日本東京で約1848km東南の方、または日本の一番南側島である小笠原諸島のIwoジマで東に1267km遠い距離にある島だ。東京と Wake島の間に海峡線上で一番近くの島で、1415km東南東だ。しかし一番近くの島はMariana諸島のFarallon de Pajarosとして、この島々は南鳥島の西南西の方 1021 km 遠い所だ。

島は1864年初命名されたし、アメリカ測量することが 1874年初測量したし、Kiozaemon Saitoが1879年初上陸した。日本は1898年7月24日公式的にこの島を編入するのに、アメリカの1889年からGuano島々に対する主張活動は公式的に認められなかった。

上左側イメージ: この地図は日本とその外部島々を見せてくれる。Marcus島は下の地図の右側横にある。上右側: 航空写真で見た、Marcus島は空港と通信所が見える。(クリック)
日本の1898年Marcus島編入と係わる独島~竹島紛争はどんなに係わるか?
韓国人たちは日本の1905年独島編入が深刻に誤ったのだと主張する。何故ならば日本は編入意図を“公開的で公式的方法で”発表しなかったからだ。事実上記録では、地方新聞小さな広告欄に、ただ島根県の独島(竹島)編入を知らせただけだ。他の一方で日本が小笠原諸島に対する領有権主張を決める時はイギリスとアメリカがその島に介入するには遠いが、皆に何回通知した。

日本外務省の声明は独島編入は Marcus島の編入とは違うからよって皆合法的だと言った。これはで日本は正しいようだ。純粋に合法的観点で日本のMarcus島編入は独島とは比較になる。しかし、この事実が独島 – 竹島問題の論争で日本の論争を支持するのに役に立つか?日本の国家記録物保管所で古い歴史的記録を研究して見れば、このページ指摘では日本のMarcus島主張とどんなに彼らは独島 – 竹島と係るかに関して少しのまやかしがある。

アメリカと日本の1902年Marcus島紛争の起源
アメリカと日本の1902年Marcus島紛争の起源。1889年 James Rosehillという艦長の乗った小さな商船が偶然にMarcus島を見つける。彼はその島でココナッツを取ろうと思ったが、後ですごく多いグアノ(鳥の分泌物)があることを見つけて、これをハワイで肥料で売る可能性があることを分かるようになった。艦長Rosehillは当時ココナッツ木にアメリカ国旗を掲げた。そこから艦長Rosehillは木に甁病をぶら下げて、アメリカの名前にこの島を所有すると書き留めた。Rosehillの舟員たちもその事件が分かっているという署名をした。

Rosehill船長はその島を編入させるように申込書を推し進めることができなかったし、その間に日本が1898年Marcus島を小笠原列島の一部と主張した。1902年Rosehillが最終的Marcus 島での活動を始めようと思う時、結果は外交的にアメリカと日本の間の問題になった。紛争は大部分二つの国々の間の軍事的解決を見せるようになった。このページ目的は誰が優勢な文書を持ったというのではなく、日本の地主張は合法的に施行されたのかすることを詳しく見ようとするのだ。

Marcus島と独島 – 日本の編入は公示されなかった
Marcus島と独島 – 日本の編入は公示されなかった。ここで見られる二つの日本ニュース記事は1898年日本がMarcus島を獲得した時、日本が公示したことで、その横には日本が1905年独島を編入した新聞記事だ。皆さんはそれがお互いに似ているというのを

次の “宣言”は領土主張に必須な “公開的で公式的な” ことで分類するに十分なのか?

左側二つのイメージたちは、日本のMarcus島(南鳥島)編入”公告”新聞記事であり、右側イメージは島根県のニュース記事として小さな名前ない岩を竹島(独島)と名付けて日本の一部にするという記事だ。(クリック)
日本がMarcus島に対する主張をおおよそ4年後、艦長Rosehillとアメリカ政府もやっぱりMarcu 島を編入しようと試みた。はっきりとアメリカ政府は、日本の何年前Marcus島編入事実が分からなかったし、これは日本の“公開的で公式的な発表”が不足なのだった。日本のMarcu島の主張に関する不向きした公示は軍事的紛争をもたらす国々の間の外交ラインをもたらした。

日本外務省の小村中太郞男爵(右側)はすべてのMarcus島紛争、そして竹島編入に関与した。これが分かりながら、どうして日本外務省役人たちは1905年また他の国際紛争を防止するために態度変化をしなかったのか?どうして日本は Marcus島のように竹島の “公式的発表”を密かにしたのか?

小村は“公開的で公式的”地方新聞広告をする場合、理解当事国たちの関心を催すに違いないと思った。このために日本は独島編入を意図的に広く知らせなかった。このページは竹島の編入の疑わしい合法性に対して研究を加えようとする。(リンクをご覧ください。
)

上の写真は日本のMarcus島編入に対するアメリカの詳細な反応を現わした新聞記事だ。紛争は日本が適切な公式的な編入公示するのに失敗したから起こった事だ。変にも、独島(竹島)もその後3年後に同じ方式に編入される。(クリック)
Marcus島と独島 – 竹島日本の領土争取のための不法的活動
中井養三郞にとMijutane、日本外務省は19世紀地主張で隠密な方式を取った。
1905年日本市民中井養三郞では独島(竹島)賃貸を申し込んで、日本はこれを根拠で独島の島根県編入をした。小村中太郞は、中井養三郞の申し込み過程で介入した3人政治だって中一人だ。中井養三郞ではだれか? 中井養三郞では、日本の漁夫として不法的に韓国の鬱陵島を侵入した人だ。彼の不法的朝鮮領土渡海で、中井養三郞は彼の不法鬱陵島基地で独島のあしか狩りを懇請した。(リンクをご覧ください。)
1898年、日本人MijutaneはMarcus 島を賃貸しようと申し込んだし、したがってそれを東經地方政府管轄で置いた。Mijutaneはだれか? 1800年代の末、日本の民間人たちは橫濱に基地を置いてすべての北太平洋の渡り鳥たちのホロコーストに関与した。これらはアメリカの Hawaii列島、Midway島、Laskiansky 島と太平洋の他の外部島々で海賊行為を敢行したことだった。数十万匹の海鳥たちが殺戮されたしその羽毛と死骸たちは腐られた。この不法狩猟は Kametoki & Mijutaneが橫濱で基地を置いて行った明白な不法行為だった。これら密獵者たちはもちろん前で言った密獵船員Mijutaneが1898年Marcus島に対する日本の主張を持って来るようになる。(下の原本記録を見ます)

変にも、中井養三郞の日記では彼がやっぱり日本で一番よく知られた小笠原島(上の地図)地域にも介入された。

日本の国家記録保管所南鳥島または、“南側鳥たちの島”(もう大きい絵を見ようとすればクリックします)という名前のMarcus 島編入記録文書)
1902年Marcus島の拂下過程で日本外務省役人たちは文書の証拠で海新しい狩人たちの活動を引用した。次は、小村中太郞が1902年Marcus島紛争で送った手紙内容だ。小村は言うのを、“…島(Marcus)はその島で新しい狩りと漁業に携わった、Mijutaneという人がその島を賃貸してくれと言う内容によって、賃貸してくれたことだ…” 小村もMarcus島に日本人たちが20人ほど居住していたと嘘をつく。

上左側二つのイメージたちは日本外務省官吏のMarcus島の上にある位置だ。彼らの主張でその島に日本国籍者たちが永久に定着しているということは非常に疑わしい。上右側はちょっと係わる新聞記事だ。(イメージクリック)
1903年中盤、太平洋でこれら日本密鮮者たちに関するショッキングな真実が明かされるのに、最終的に国家Audubon Societyとアメリカ政府に知られるようになる。結果的に、Mijutaneの会社によって深刻な環境破壊が成り立っていることが明かされたのだ。やっぱり明確なことは人々犯罪者たちによって作られた領土境目を不法だと決めたのだ。

アメリカ政府が日本の荒っぽい鳥密鮮者たちによる島環境の破壊問題で日本外務省と対立された時、日本小村中太郞の返事はちょっと驚くべきなのだった。小村はすべての日本艦長たちにアメリカ領土で鳥を捕ることができないように指令を下したと言った。しかし、彼は“この人々が概して不法冒険者たちで構成されたから” 禁止令を聞かないと言った。小村もこの殺戮は、横浜のMijutaneによってやらかされたことが分かっていた。(リンク 1)(リンク2)

上イメージたち: アメリカ外務省文書記録。アメリカの外部島々で大量的海の鳥狩りに対して怒るアメリカの自然主義者たち。小村は後でこれら狩人たちがMarcus島地文書に基礎を置いて活動をする治外法的行動だと言った。(クリック
時言えば、Marcus島(竹島~独島のように)に対する日本の文書で島の獲得は日本の民間人たちの隣国に対する不法的な海洋資原獲得に根拠を置いたのだ。この状況は文字のどおり数百人の日本の不法滞留者たちが鬱陵島を占拠して、これを治めるために日本警察が鬱陵島に駐屯する状況のディルレムマを反映する。
Marcus 島と独島(独島) – 日本の定着と占領の偽り主張
1905年1月28日、島根県の内閣は独島(竹島)の編入を発表する。発表で言うのを“私たちはこれはを調査したしその結果現われた事実として中井養三郞でが明治36年(1903) 以降その島で移住したし、そしてそこで漁業を行ったという明確な文書たちを根拠で、国際法によってその島を編入する。” 現実的に中井養三郞では竹島に定着しなかったし、不法的に彼の業務韓国の鬱陵島でそんな事をした。(リンクをご覧ください。)

このような方式で、日本がMarcus島を編入した時、その島は 20人の日本人たちが続いて永久的に居住したと主張した。(リンク) 日本人たちは実際にMarcus島に小村中太郞が言ったように実際にその島に定着したのか? 20世紀何種類記録は真実を現わす。

第一記録は艦長Rosehill自分が手で書いた記録だ。彼はMarcus島で日本人たちは住人ではないと言った。Rosehillが記録するのを“…彼らは増えた日本の貿易業者たちであり、鳥と魚を捕る事に携わったし、数字は女と子供達を含んで約45人位だった。私たち役人たちが分かったことは彼らを連れて行く船舶を待つ人々だったし、彼らが私たちの光を見た時、彼らはこのお舟が彼らの船舶だと思ったのだ。…” (リンク) この人々はもちろん Yokahamaの Mijutaneによって採用された同じ舟員たちでその他太平洋で鳥を狩りに来た民間人たちであり、Marcus 島の永久的な住人たちではなかった。

上のイメージたち。艦長 Rosehillは Marcus島航海に対して記録した。Rosehillか말하는데日本人たちは島の住人ではなく、鳥狩人と漁夫たちだ。上右側イメージは日本が認めたMarcus 島の住人は定着民ではなく流民だったという記録の新聞記事だ。
19世紀日本の不法Marcus 島と独島不法領土編入
私たちは、19世紀日本の地獲得を詳らかに見れば、明らかなパターンが現われる。元々日本の領土獲得は隣り国領土を無視する図図しい行動をする者等の冒険で侵略が始まる。そこからよく大量移住者たちができて原住民たちを圧倒するようになる。これは原住民たちを他の所で移住するようにするとか、韓国の鬱陵島の場合のようにその数字が徐徐に過ぎるようになる。

これらの犯罪は日本政府のウィン-ウィン状況で出るようになる。彼らは渡海者たちの活動を利用して編入領土編入の手段同時に日本政府は犯法者たちに対して日本政府が手段を使うことができないという口実で “彼らが手を洗うようになる” これは明確に二つ他の外交部記録で明かされる二重プレーの巧みな手段だ。個人地文書を使って“無法的な冒険者”は日本の地主張実現の合法性に対する内容を話す。

たぶん植民地時代の地の獲得に対する主張は合法的な姿を持つようだ。しかし日本の外務省は非常に誤った指針書を作った政治的状況を利用して、1905年に韓国/アジアで前提にするように、竹島に対する主張をまた帰ることをと思っている。