1870年-1905年日本の韓国介入と独島
明治初期1870年から1905年日本と韓国の政治的関係
日本外務省の政策で独島 -竹島紛争に対する彼らの主張は韓国で独島編入以前の過程を意図的に抜け落ちさせている。

この暗い時代に関する英語になった詳しい内容はその間の内容を本で見られる。日本の不法独島編入は単独的な事件ではなく全体韓半島の編入で繋がれる事件の掛けがねなのを明確に分かる。

このページの目的は北東アジアで日本の独島 “編入”が明確に日本の侵略で成り立っていることを見せてくれようとする。以来文章では日本の対外政策の根源を見られる。

また下は島根県が韓国の独島編入以前とその中間に日本が介入した歴史的な輪廓を見せてくれる。地図は日本殖民帝国がすべての方向で確張した地たちを見せてくれる。

右側に、東京マンガで韓国である夫婦が日本の太陽である Amaterasu ジェントルマンにお辞儀をしている。岩洞窟を開いている日本男は日本の初代韓国統監 Terauchi 将軍だ。

黑船のアジア到着
日本が韓国/独島でどうして何をしたのかを理解するために、私たちは第一日本が韓国に侵略する以前に日本で何の事が起こったのかを簡単に調べる必要がある。1850年アメリカとヨーロッパ戦艦たちは日本海岸線に上陸し始める。若い未来の明治リーダーたちはその戦艦たちが日本江戸の海岸に堂堂と上陸することを対策なしに眺めた。

西洋が日本に通商開始を要求する方法は德川幕府(1603-1868)を脅威して戦争をしようとするのだったし、それによって日本が通商條約を拒否するようにした。その条約はいわゆる “友好通商條約”で中国は1842、1858と1860年署名した。西洋はやっぱり1850年日本と署名だった韓国とは1880年条約を締結した。

本質的にこれら条約は強圧による不平等契約だったし、明示上でも暗黙的でもイギリスと違う西欧列強権利と特権が保障される非相好的な次元の脅迫的な内容だった。下に説明したところのように、日本は以降にこのような方式を全体韓半島の編入を果たすために強圧的な方式の軍事的脅威を加えるのに適用する。 一芸術家がCommodore Perryが横浜で日本帝国使節に会う場面を描いている

1875年江華島事件と韓国の開港
見るところのように、(リンクをご覧ください。) 江華島条約を通じる日本の韓国侵略計画が文書化になったことは1869年以前に帰る。1875年9月20日朝、日本海軍船舶雲揚號は韓国西海岸を測量するために江華島浜辺に上陸して“食べる水と物資”を要求した。韓国浜辺守備隊が雲洋號に発砲をすると、日本の反応は迅速で断固としていた。よく揃った武裝で日本軍隊はむちゃくちゃな旧式銃砲装備を持った韓国軍を迅速に潰滅させた。(35人が死亡した)。

日本の主張は韓国が以外に攻撃をしたということで、実際事件で私たちの見ることはウンヤングホの上陸は意図的に韓国を刺激して軍事的対置をしようとするのだった。言い換えれば、これは日本の韓国侵略のための “単純化” 作業だった。右側は日本戦艦ウンヤングホの姿だ。

これらは次の事実で明確なところのようにその攻撃は意図的に計算されたのだった。1。上陸は釜山での韓-日間の交渉が決裂されたことのように発生したのだ。2。これはウンヤングホの物資の落ちたからではなく、韓国の一番戦略位置で発生した非常に重大な事件だ。3。それは他の国々にもよく知られたところのように、韓国は不法的にこの地域に入って来たフランスとアメリカ船舶に対しても発砲をした。

3 ヶ月後日本の太政官が韓国で使節に来た。表面的な目的は江華島事件を解決するためのことだったが、しかし実際目標は韓国を “開港”するためのことだった。使節は黒田清隆が導いて彼は韓国“攻撃”に対する兔責を指令しようとするのだったが、しかし彼の主な任務は“国際法”に根拠した条約を締結しようとするのだった。..”

江華島条約と韓国に対する意味
江華島条約は何種類条項を考慮する必要があるのに、例えば日本の釜山での自由交易開港、ソウルと釜山間日本人の自由旅行券許容、日本艦艇の韓国測量権、日本が開港で交易を調節する権利などだ。手短に言えば、この合意書は西洋人々が数十年前に日本に賦課した不公正条約と似た。

この証拠は明治政府がもし黒田-Inoueの任務が達成されないとか侮辱にあうとか攻撃にあう場合、韓国に対して軍事力を使うという準備をしたのだ。黒田が韓国に出発する前行動計画は事件“交渉”が決裂される場合韓国に軍隊を派遣しようとする計画を持っていた。交渉期間の間 黒田は韓国が日本と条約を締結しない場合、侵略にあうはずだというのを明確に明らかにした。何事後800人の軍人たちを乘いた軍艦が到着すると、黒田清隆と韓国人たちに4千名が来たと知らせた。

1876年夏江華島条約は “再協商”になった。しかし補完された条約は西欧列強たちが数十年の前に日本と締結した条約よりもっと不公平なのだった。第一、日本は日本名目貨幤で商品を購買することができる権利が許容される。二番目韓国は日本の収入と輸出に対して税金を全面的に兔除する。三番目、日本は韓国との交易商品に対して関税を賦課しない。

19世紀の最後の数十年
1880年代と1890年代の重要な事件を通じて見た日本の韓国に対する対外政策の姿。1882年済物浦条約は韓国によって署名されたし、そしてこれは一年後重要な意味を見せてくれる。1894年春には東学乱が発生する。中国軍が韓国に進出すると、日本軍は 5個社団を動員して何何輸送港を占領下だった。

左に、日本の 1878年 丸丸 新聞マンガには人形祭り演出で世界国々を見せてくれている。日本の姿は上に位置をしているのに比べて、韓国と中国は下からお辞儀をしている。(イメージクリック)

6月 10日 大鳥圭介日本大臣が数百人の海軍とともにソウルで進撃する前に仁川に上陸した。韓国政府は強く抗議したが、しかし日本公使は彼らの抗議を黙殺して、問題が発生する場合日本民間人たちの権利を保護するためのことだと主張した。。言及したところのように旅順不公正条約は 1882年に署名されたし、条約 5条で日本の公使と日本居留民を保護するための措置が許容された。6月末には日本政府が 8000 人の軍隊を韓国に派遣した。

韓国に日本の尊属するうちに高宗王は日本の統制を脱するために外国、例えばロシア、アメリカとイギリスに鉄道、鉱山と伐採権了解を認めた。
1車中-日戦争 – 1894年 8月 1日 – 1895年 4月 17
日中戦争は公式的に 1894年 8月 1日包告されたし、日本帝国は 9月 16日平壌(Pyeongyang) 戦闘で不始末な武裝を一中国軍を敗北させて速かに満洲で進撃した。日本帝国海軍は中国 北洋 艦隊の 12隻戦艦の中で 8隻を 1894年 9月 17 鴨緑江(Yalu River)一口で撃沈させる。中国艦隊はその後に 威海衛 この頃に後退したが当時日本陸軍の側面攻撃に非常に驚いた。

左に、日本の 1878年 丸丸 新聞マンガには人形祭り演出で世界国々を見せてくれている。日本の姿は上に位置をしているのに比べて、韓国と中国は下からお辞儀をしている。(イメージクリック)

6月10日大鳥圭介日本大臣が数百人の海軍とともにソウルで進撃する前に仁川に上陸した。韓国政府は強く抗議したが、しかし日本公使は彼らの抗議を黙殺して、問題が発生する場合日本民間人たちの権利を保護するためのことだと主張した。言及したところのように旅順不公正条約は1882年に署名されたし、条約 5条で日本の公使と日本居留民を保護するための措置が許容された。6月末には日本政府が 8000 人の軍隊を韓国に派遣した。

韓国に日本軍が存續するうちに高宗王は日本の統制を脱するために外国、例えばロシア、アメリカとイギリスに鉄道、鉱山と伐採権了解を認めた。

1次中-日戦争–1894年8月1日–1895年4月17日
日中戦争は公式的に1894年8月1日布告されたし、日本帝国は9月16日平壌(Pyeongyang)戦闘で不始末な武裝を一中国軍を敗北させて速かに満洲で進撃した。日本帝国海軍は、中国北洋艦隊の12隻戦艦の中で8隻を1894年9月17鴨緑江(Yalu River)一口で撃沈させる。中国艦隊はその後に威海衛この頃に後退したが当時日本陸軍の側面攻撃に非常に驚いた。

1894年11月21日、日本は旅順港を占領する。日本軍隊はその都市の中国民間居住民を何らの理由のなく虐殺してその事件は旅順港虐殺の事件に命名される。その後威海衛は、1895年2月2日陷落されて、そして残酷な冬天気が和らぐと日本軍は南満洲と北部中国を圧迫した。1895年3月日本は 北京に近接した海に要塞を建設した。戦闘で敗れた中国は、1895年4月17下關で条約に署名こんにちはだった。

この条約は韓国の全面的な独立を合議して、南側Fengtianしもある遼東半島、満洲、台湾と澎湖列島 を日本に永久に割譲こんにちはだった。右側地図は日本がその時期に獲得した地をよく現わして見せてくれている。日本は1900年以前に台湾、北海島、千島列島は、澎湖列島、遼東半島、Marcus島、小笠原諸島とMiyako–Yaeyamaすべての地域を獲得する。

中-日戦争の3国干渉
3国干渉は日本には独島編入と韓国合併の方法に対する悪夢のようなのだった。中の戦争後、ロシア、フランスとドイツは一緒に連合して日本の満洲領土進出を阻んで彼ら自分自身のために領土を返還するように日本を圧迫した。

ロシアは直ちに全体遼東半島に進んで、特に旅順港をこの頃に作った。フランスとドイツはやっぱり有利な地点を占めと港と交易を了解受けた。山東靑島(Qingdao in Shandong)はドイツが占めて威海衛はイギリスが占めた。3国干渉で日本は苦みを見たし、1904年-1905年日露戦争のための種を振り撤いた。3国干渉の教訓はまた日本にとって韓国に過多な攻撃を加える場合強大国たちが干渉することができるという点で非常に控え目に扱うしかなかった。

1904年~1905年日露戦争
他の論議ではどうして韓国が日本の独島編入に対して1906年に強く反撥することができなかったのかする点を論議する。1905年の保護条約以前状況はどうだったのか下説明したところのように韓国の主權と抗議能力は1905年以前に譲歩された。

この右側文書は 1904年済物浦(仁川)に駐屯したロシア海軍に送った日本提督の手紙原本だ。それは日露戦争の原因になる。この海軍介入があった後すべてのロシア船舶銀紹介されたが、日本軍は仁川に泊まらないでソウルでずっと進撃したし、数週のうちに韓国を強制で脅かして日本-韓国議定書を署名するようにして、翌年 1905年日本-韓国保護条約を締結した。(内容を読んで見ようとすればイメージクリックします)

日露戦争が始まる:
1904年 2月 8日夜、日本艦隊東鄕平八郞提督の指揮の下旅順港にあるロシア艦艇主隻を急襲して深刻な被害を被らせながら日露戦争は始まった。同じ日日本居留民たちは日本海軍 1前隊武装した巡航することと 5隻の軽巡洋艦、そして 8隻の魚雷艦が韓国の入口である仁川八尾島にある二つの隻のロシア戦艦たちを砲撃することを見られた。

すべての関心にもかかわらず後の史家たちは旅順港攻撃は単純に開港をしようとするのではなく済物浦(仁川)で韓国侵略戦争の手始めのための実際作戦だったと評価する。この重要な作戦は後任提督 Uriu Sotokichiに与えられた。八尾島(ヨドルミ)でわずか、7マイルである落ちた所にロシア巡洋艦 Varyagと戦艦 Korietzは停泊していた。

Varyag丸は日本前隊のUriu提督から非常に不利な戦闘を迎えて(一隻の巡洋艦、ダソッチォックの護衛巡洋艦ことと8隻の魚雷艇)仁川で壮烈な命を迎えた。82人の海軍将兵が死んで、190人が負傷されたし(全体 570人)、優勢な火力で舟員たちは降伏しないことに決めたが舟は撃沈されたし舟員たちは救出された。

午後まで日本の前代の攻撃にあうことができなくなるとKorietz艦こととひどく損われた Varyag 丸はお済物浦港に帰って、そこにある中立舟に避難するようになった。午後 4時、Korietz 丸は慌てて逃げるようになる。

左側の上二つのイメージたちの内容はロシア艦 Varyagだ。上写真は 1900年に取ったのだ。下の写真は 1904年 2月 9日済物浦(仁川) 戦争後に取ったのだ。ひどく損われた姿を見せてくれる。Varyagは後で日本によって引揚されて修理されて日本帝国海軍軽巡洋艦Soyaすることで服務するようになる。

上右側イメージは廃物になった Korietzだ。重武装したにもかかわらずそのお舟は日本の敵手がされることができなかった。Korietzも舟員たちとともに逃げた。下の右側の上はすべてのロシア艦艇たちが捕獲されることを避けて逃げだすことを宣伝するポスターだ。

日本軍の韓国領土駐屯が始まる
仁川港が日本の統制の下に入った何時間ぶりに重要地点に日本軍が歩哨を立つようになって日本兵士たちが距離を行進するようになる。

何何日本軍がソウルに進撃すると韓国朝廷は驚いて心配をするようになった。結局それは二つの週の後に林權助が韓国リーダーたちを欺いて脅かして日本軍が韓国領土で作戦ができるようにする議定書に署名をするようにする。議定では 1904年 2月 23日署名されたし、韓国がもし第3国の侵略または国際的な干渉にあう時に韓国の領土を保全するために日本が戦略的な地域を占領することを許容するという内容を明らかにしていた。

すべての後患を無くすために、林權助公使は半分のリーダーたちを韓国で皆とり除く事にした。したがって、1904年2月 23日、日本が韓国を編入する約1年前に、日本軍隊は“合法的に”韓国駐屯を許容受けた。説明したところのように、韓国で公式的な保護関係を樹立する前に日本は実質的に韓国主権を侵略したのだ。

上左側: 日露戦争 1904年~1905年の間日本の警察は韓国の戦略地域に駐屯だった。上写真は鬱陵島に駐屯している日本警察。上右側: また他の東京マンガ: この絵は “日本人のわからないヨーロッパ階級での進入”、Uncle Samと John Bulは西欧列強たちとして満足な表情で弱兵を調査して見ている。日本が日露戦争で勝った後インスェドンこの絵は日本が西洋の植民地仲間として収容されることを象徴している。
韓国と日本 1870年 – 1905年歴史的記録に根拠した結論
19世紀後半と初期1900年代初、重要な歴史的事件を研究して見れば、どうして日本が独島を編入してその後韓国自体を強奪する戦略を採択したのか理解することができる。日本はっきりと西欧列強たちが德川幕府に対して行ったように韓国を開港させようとする戦艦外交戦略を駆使した 。

日本がどうして 1905年独島を外国に通知しないで自国領土で編入させたかは明確だ。1900年代初期日本の最大の心配は外国の干渉勢力が軍隊だけ万ではなく韓国に対する諮問官を撤収させるように要求して、将来韓国に対するすべての機会を剥奪しようとするのだった。西欧列強たちの 3国干渉によった苦苦しい経験を一日本政府は無謀な変化による外国干渉を避けようと思った。日本は韓国を日本の保護の中に残そうとする政策を愼重に進行させながら外国強大国たちの意志を確認しようと待った。(もっと詳しいことはここで見られる。)

1904年初歴史的事実として、独島を編入する以前、日本は韓国問題の複雑性の中で韓国に強い足場を作り始めた。日本は韓国中央政府で重要な位置を占めたし強大国たちをすべての内閣の財政決定から除外させた。もう日本は合法的でも不法的でも幾多の地を獲得した。彼らはもう韓国鉄道制で、電信、電話、そして郵便制度の統制権を得た。一番重要なことでは、1904年 8月初日本は外国外交諮問官 Durham White Stevensを任命したし、韓国外務省を無能にさせた。実際に当時日本の日露戦争が終わり以前に合法的なのではないが、韓国ですべての水準の保護に向けて進んでいた。

驚きべではないが、日本の竹島ウェブサイトは 1870年~1905年日本の韓国介入を記述しながら基本歴史的または政治的脈絡も説明していない。韓国で彼らの膨脹主義活動にもかかわらず島根県の独島編入に対して以前またはその中間に、何何日本人きっぱりと合法的に地を獲得したことだと主張する。これを否定する運動は過去を明らかにしなければならない他の問題に対しても日本の対外政策のような線上にある。