日本古代地図たちは独島–竹島を除いた 2
韓国、東海、日本を見せてくれた昔の日本地図たち日本の歴史的領土限界
“もし独島が固有した日本外務省の主張どおり日本國家の一部なら、どうして歴史的日本地図たちは一貫されるように独島を除いたのか..?”
次の地図たちは多くの源泉から一つ目的に一緒に集めたのだ。数時代にかけて日本である国家地図は独島-竹島(時にはリアングクル岩礁(独島)は外務省の現在断固たる主張のように固有した日本の一部と考慮しなかったことを証明する。参照で、隱歧島は箱に表示されたそして上の近代地図は見る人のために地理的参照を提供した。1905年日本が独島編入をする数世紀の間日本人は隱歧島を日本の北西境界で見做したという結論を下した。もっと高い拡大地図を見ようとすれば各地図をクリックします。

上左側: 東海地図に 隱歧島(隠岐)は黒い線を表示されている。上右側地図は韓国と日本一番近くの島々で独島と陸地までの距離を現わしている。

日本地図は 隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている

上左側:1872年Nisshindo Shinken Zufu 地図は隱歧 西の方に何もないことを見せてくれる。上右側:1853 彩色された地図は鬱陵島を現わしながらそして独島をその南側に朝鮮のような色で描いている。したがって独島は韓国領土だ。(イメージクリック)

日本地図は 隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている

上左側:1870年代の地図には隱歧島西の方にはどんな島もない。上右側:1800年頃地図 隱歧島は箱で描かれている(イメージクリック)

日本地図は 隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている

上左側:1870年の日本地図は鬱陵島と独島を一緒に除いたし、隱歧島は青色で箱になっている。上右側: たとえ毀損された所だが、この地図は明確に独島は日本の一部ではないということを十分に決めてくれる。(イメージクリック)
追加的な歴史的日本地図たち
“日本地図たちで 隱歧島(隠岐)が一貫されるように日本の北西境界と現わす。”
次の絵たちは日本歴史的地図たちを全体的に見たことだが、当時クローズアップされた 隱歧島地域はこの島々が数時代にかけて日本の領土限界なのを見せてくれている。もっと高い解像度を見ようとすればクリックします。
Honcho ZukKomoku, 1630年

日本地図は 隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている

上左側: この地図全体的な姿は日本の1630年姿だ。上右側: この隱歧島を日本領土北西境界で見せてくれる。日本外務省主張独島は17世紀以降から日本の一部と言う。(イメージクリック)
Shinh Nihonkoku Oezu, 1685年

日本地図は 隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている

上左側: Shinh Nihonkoku Oezuは1685年当時日本に規定された全体的な姿を見せてくれる。上右側: この地図も 隱歧島(隠岐)を日本領土北西境界で見せてくれる。日本外務省主張で独島は17世紀以降独島ら日本の一部と言う。(イメージクリック)
日本地図、作者未詳–1730年

日本地図は 隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている

上左側: 1730年作者未詳と見える日本地図の全体姿。上右側: この詳しいクローズアップされたのもやっぱり 隱歧島(隠岐)を日本領土北西境界で見せてくれる。日本外務省主張で独島は17世紀以降から日本の一部と言う。(イメージクリック)
Dai Nihon Yochi Benran, 1834年

日本地図は 隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている

上左側:1834年明治時代以前に作った全体地図は独島そして鬱陵島々を除外させた。日本は鬱陵島侵入事件があってから何年後公式的にすべての島々が韓国のだと宣言する。上右側: クローズアップされた 隱歧島の詳しい姿、日本の限界。
日本地図、1886年 – Suganum Akira

日本地図は 独島除いたし隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている.

上左側: Suganuma Akiro 全体的な地図。日本強制的に独島編入する約20年前独島が抜けている。上右側: 隱歧島(隠岐)諸島のクローズアップ姿はこれら島が日本の限界で説明する。(もっと高い解像度を見ようとすればクルリック)
日本地図、1877年 – Takeuchi Sozaburo

日本地図は 隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている

上左側:1877年全体的な地図。附属した地図たちは日本の一部遠い外部島々を見せてくれる。この地図も海路を含んでいるが、しかし独島まで現わしたことはない。上右側: 変更された日本地図の境界は隱歧島を含んでいるが、しかし当時腰砕けになった。隱歧島で腰砕けになった船の航路を現わすお見合いを注目して見なさい。イメージクリック。
日本地図、1892年 – Kataoka Kenzo

日本地図は 隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている

上左側: この絵は1892年Kataoka Kenzoが描写ので附属した地図に外部島々を一緒に描いたが独島を除いた。航路は隱歧島諸島で止んだ。
日本地図、1874年 – Ide Inosuke

日本地図は 隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている

1876年描かれた、この地図は島々をよく含ませているのに、例えば北海島、千島、サハリン、そして琉球を附属した地図たちに一緒に表示したが、独島の位置はこれらの地図には現われない。したがって独島は日本の一部ではないというのだ。
日本地図、1876年 – Matsuda Tadashi

日本地図は 隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている

上描かれた1876年地図たちは東海(日本海)隱歧島西の方にどんな島も含ませていない。
日本地図、1875年 – Urabe Seiichi

日本地図は 隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている

上地図たち: Matsuda Tadashiの1876年絵でそっくりだ。上地図は1875年東海(日本海)隱歧島西の方諸島外にはどんな島も描いていない。したがって、ここで独島日本の一部と決して見なされたことがない。
日本地図、1875年 – Makita Aikyo

日本地図は 隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている

上地図たち: この絵は日本の領土に附属した地図たち一緒に見せてくれる。独島位置は二つの地図で選り分けられている。一つは華太(Sakhalin)島そして他の一つは琉球列島だ。ここにはやっぱり非常に遠い日本である外部島々例えば小笠原が含まれているが、独島は見えない。したがって日本領土で分離している。(地図をクリックします)
日本地図、1888年 – Yamamoto Meino

日本地図は 隠岐が日本の西の方国境終りだったのを見せてくれている

次の絵たちとともに、Yamamoto Meinoの地図は附属した地図たちで日本の外部小さな島々を編入した。上地図は日本の遠い島々例えば琉球、北海島、千島そして小笠原を詳しく見せてくれる。しかし、独島の位置は日本山山の絵リストにつけている。したがって、それは独島はここで日本の一部ではないという十分な結論を下すことができる。(イメージクリック)
日本地図、1871年 – Kawakami Kan

1871年隱歧島は日本の境界だったし,独島-竹島は絵で完全に除かれた

状態が良くないが上の地図は日本の隱歧島西の方には誰島も描かれなかったということを明確に分かる。独島の位置は北海島そして千島々の附属した地図の下に描かれている。ここで私たちは日本ノ-キ島西の方水域を領土から除いたことを分かる
日本である古代地図たち独島-竹島を除いた–第2 部–ただ可能な結論
““日本外務省の主張は偽りだ.独島は決して日本の固有領土がなれない.…” .…”
日本外務省の主張は偽りだ。独島は決して日本の固有領土がなれない。…”過去領土認識を決めるために歴史的地図たちを研究する時、皆さんは先に疑問が生じる地域の国家が作った地図をできるだけたくさん集めなければならない。そこから、これら地図たちを調査して主な傾向を比べなければならない。これと共に、そこでは日本は歴史的に独島を除いたという結論外には他の結論がありえない。島は決して日本の一部ではなかった。
このページはシリーズの3編だ。。もし読者が続いてここで発見された数多い絵たちを読み上げれば次のような結論を下すことができるでしょう。日本は独島を彼らの領土から除いただけ万ではなくその島が韓国のなのをよく現わした。したがって日本外務省の歴史的文書主張は簡単に違ったのだ。独島は日本領土ではない上に固有した日本領土でもない。(次のページこのシリーズリンクをクリックします)