日本のアジア膨脹主義と独島 – 竹島
明治日本の帝国拡張方法とその過程で独島編入
日本東京アジア研究所長及び研究者正人濟藤(Shojin Saito)
1905年1月末頃、日本の内閣は独島 (日本の竹島)を日本領土に編入させることに決める。韓国政府がこれが分かったことは1906年3月だ。4 ヶ月前の1905年11月、日本は韓国を保護の下置いて、以前に行った反対の行動を遮断した。1945年8月韓国が日本が占領から解放された時、日本はアメリカ占領の下にあったし独島をあきらめた。しかし1951年9月、日本がアメリカそして連合軍とサンフランシスコ平和条約で主權を回復した時、日本はまた独島主張をするようになった。

日露戦争(1904年-1905年)中の独島編入は日本の膨脹主義政策の追求という側面で研究されなければならないし、韓国(南と北)、中国、ロシア、Philippines、そしてアメリカの領土仕分けという全体的な過程に分析されなければならない。

日本の前後独島領土主張は Ainu Moshiriの植民地化、沖繩そしてこの動きで繋がれてこれと共に北方島々の主張は日本の過去膨脹主義者たちの政策で帰る姿で見なされた。

A. 韓国の鬱陵島と独島領有権
三国史記(韓国の古代3個王朝歴史)と高麗史で鬱陵島は于山国という部族国家を形成したが、しかしこの国家は6世紀に新羅に併合されたし、新羅が亡びた後には高麗の統治の下置くようになったし、最後には11世紀初に 女真(Jurchen)に服属された。

15世紀韓国刊行物記録では独島の存在が現われて、韓国政府は 15世紀以降韓国領土に含ませた。歴史的でも地理的に、鬱陵島と独島は韓国と分離することができないし、もし鬱陵島が韓国領土の中に入って来るようになれば、独島も同じく韓国の領土に入って来ることだ: これはお互いに分離することができない。鬱陵島を韓国の所有で見做して独島の所有権を否定するということは済州島を韓国の領土で認めて馬羅島を部属島と認めないことのようだ。

北東アジアのこれら日本歴史地図はマンガのような絵に描写されている。(もっと大きい写真を見ようとすればクリックします)
B。鬱陵島と独島と日本の侵略
日本海賊の鬱陵島侵略 1
1379年高麗王朝間日本海賊たちが鬱陵島に侵入したし、1403年朝鮮王朝はその島を “空島” 政策を使って人々が鬱陵島に居住することを禁じた。この政策は朝鮮王朝後半まで持続したが、しかしこの政策は厳格に守られることができなかったし人々は時々島に出入りした。1407年、対馬島与える韓国政府に日本人の鬱陵島居住を許容してくれと言って要求したが拒否された。

1618年、德川幕府は島根県を通じて、米子の大谷甚吉と村川市兵衛家門に鬱陵島で通行することができるという許可書を発行する。その後78年の間これら二つの家門は鬱陵島に航海した。

1667年、出雲-県の家臣
齋藤豊仙は1667年彼の領主の命令でオンシュ(隱岐島)を調査してオンシュ Shicho Goki(オンシュ島に対する記録)を著わした。その本の1冊で独島は“独島(当時 松島)”で称したし、鬱陵島は “竹島”で称した。(リンクを見ます)

1693年、東莱の安竜福と違う漁夫たちは鬱陵島の日本人たちと衝突した。彼と朴於屯(バックオドン)は米子に人質につかまって行った。この事件をターニングポイントで真書、1696年幕府は鬱陵島を韓国の所有権と認めて日本人がその島に渡海することを禁止した。しかし日本人たちは続いて島に密かに渡ったし秘密裡その所の木を切った。

2。日本人の鬱陵島漁業と独島
1876年 2月、韓国と日本の間には不平等条約が調印された: それは友好條約として江華島条約と知られている。(リンク) これは日本の韓国と鬱陵島で漁業と伐採がわがまま成り立つようになった侵略の始まりに記録される。鬱陵島(鬱陵島)という名前そのまま-文字のどおり当時の島は豊かな木木で森を成した。

1877年3月29日、日本の太政官は鬱陵島と独島は日本の領土ではないという文書を発刊した。(リンクを見ます) この決定はその年 4月 9日島根県で伝達した。1880年、日本戦艦天城が鬱陵島を測量して、1882年12月、韓国政府は鬱陵島を開発する法令を発表する。

1883年3月、日本政府は鬱陵島(松島)が韓国所有なのを確認して日本人が島に居住することを禁止したし、その年10月、秘密裡に不法漁撈と漁業に携わる全体254人の日本人たちを撤収させた。

右側韓国新聞マンガには、古代韓国と日本漁夫たちの論争を言っている。“竹島は国際法上に日本に属する。。。”と日本の漁夫が言う。“貪欲な日本膨脹主義が領土を貪る。!” 怒った韓国人たちが言っている。

しかし日本人の鬱陵島侵略は続いた。1896年8月、外務大臣李完用と農商勉強大臣 趙秉稷は韓国政府を代表してロシア民間であるJules Brynerとソウルで鬱陵島伐採と植木に関する合意書を締結した。

その結果、韓国政府は日本人たちを島で放逐した。1898年、鬱陵島郡守裵季周は日本マツへ行って訴訟をして鬱陵島で日本人たちの不法伐採に関して日本貨幤で 300ウォンを補償受けたが日本人たちにお金を奪われた。

3。日本の独島編入
1880年代の日本人たちは鬱陵島に農耕地を作って漁場を作り始めた。(リンク 1 2 3個) そしてこの過程で日本は独島を占有するようになる。1904年、日本鬱陵島に管理事務所を開設して同じ年、島根県下馬らしくて鬱陵島の間の旅客舟運航を始める。

1905年5月28日、日本とロシア艦隊の間に振った海戦が発生した 2ヶ月後(リンク 1、2)日本海軍は独島に望桜を建てた。(リンク 1、2、3、) ひいては 1904年9月29日、中井養三郞は Liangcourt 岩(独島)を日本領土で編入させてくれという請願書を提出したし、外務大臣、内務大臣、そして農商勉強大臣独島賃貸を申し込んだ。

日本の内閣は 1905年 1月 28日独島を日本領土で編入させることに決めて、名前を “竹島”にして島根県隱岐島の管轄の下に残した。あの時まで、日本人たちは鬱陵島を “竹島” または “Isono 竹島”と呼んだし、独島を “松島”と呼んだし独島を “竹島”と呼んだことがない。日露戦争の中に、日本政府はたとえ日本語で正確な呼称ではないが、韓国の島を所有しようと試みた。

左に、一人の韓国である俳優が自分自身を独島で扮装して、他の俳優は1905年日本帝国である軍人で粉裝ている。韓国人たちは日本の 1905年独島編入を日本の膨脹主義植民地時代と分離することができないことで認識している。ところが、日本人たちは韓国領土に対する近代の再侵略で見る主張に反対している

1905年、日本が独島を占領するまで、日本外務省は独島を韓国領土である鬱陵島から分離したことがなかった。言い換えれば、それはすべての島々に対する韓国所有権を認めたのだ。また、19世紀末頃、日本海軍水路局は独島と鬱陵島を韓国領土で認めた。

1905年2月22日、島根県は公示No。40で竹島(独島)が登記所から自分の管区に入って来たと発表した。韓国がその事実が分かったことは 1906年 3月末だ。島根県官吏集団たちが独島を調査しに 沈興沢を訪問して、その島が日本領土に編入された事実を知らせた。沈興沢は直ちにこの事実を中央政府に知らせた。この事がある4ヶ月の前、韓国は日本の保護の下に入ったし、1906年3月伊藤博文は総督でソウルに赴任して韓国政府の大臣をして外交権を行使した。同年7月島根県は中井養三郞でが経営する竹島漁業狩猟会社に独島を賃貸した。

独島編入に関しては、日本政府は公式官報に載せなかったから日本人たちの間にはこのような事実が正確に分からなかった。1910年12月、大板でAdachi Ritsuenが発刊した朝鮮新地理誌(韓国の新官報)には、“竹島”は韓国の島で記録している。

1910年度言葉の鬱陵島人口統計は次のようだ: “日本である居住民は全体 224世帯で; 大部分隱岐島から来た人々であり、島に寄り掛かって暮している; 日本人と韓国人たちの割合は韓国に移住ある日本人が一番多かった。”

右側地図は日本海軍測量独島地図。それは戦艦対馬島丸の副艦長Yamakaが描いたことだ。島は独島が編入される何ヶ月の前に軍隊望桜建設のために測量された。(地図をクリックすれば拡大して見られる)

朝鮮総督府統計によると、1922年日本人は鬱陵島に 656人(186 世帯)が居住したし彼らの元々居住地は 廣島県、山口県、大分県、そして北海島だった; 1917年所帯数は 400 ; 漁業組合は 1914年 2月に結成されたし、1922年末加入者の中には 245人の韓国人たちと 130人の日本人がいた。

1939年4月24日、独島は隱岐島五村に編入された。それは海軍が使って舞鶴海軍基地の統制の下に残すためのことだった。日本政府は独島を財務部所管の国家財産で登録した。

4方向での日本拡張
1869年9月明治維新次年、日本はEzonoshimaまたは “Ezo(Ainu)島”と呼んだ北方島を竝合してそれを北海島と名付けた。日本は北境界を設定してロシアと一緒に南側、東、そして西の方に領土を確張した。

したがって北方島北海島は、Ainu(アイヌ)Moshiri(茂尻)の一部として日本に編入されて、日本は琉球王国、台湾、韓国、中国、Mongolia、Micronesia、あまり東南アジア国々を侵略して入って行った。この侵略家庭で、日本は国民国家を発達させて、この過程で植民地を確張してこの地域を占領下だった。日本皇国臣民たちはアジア地域と国々を侵略してアジアと太平洋に軍人、警察、タングズである、民間勤務者、農業であるそして移民漁業である、上であるそして攻撃的企業人で進出した。

Ainu Moshiri、北海島、華太と千島列島で、日本人たちは多数を占める居住民になった。これはMicronesiaでもやっぱり同じだった。これら地域で、日本人たちは罪のない市民たちを抹殺して彼らに日本語使用を強要した。日本政府はすべての地域を日本化しようと労力したし殖民指話こんにちはだった。

1946年まで、すべての日本人たちは天皇の皇国臣民になったし、政府はこの天皇制度をすべての植民地に強要した。日本人たちはまだこの天皇制(tennosei)を維持している。

A。戰前時代

1。日本の北方拡張

Ainu Moshiriが日本領土に編入されたところには何らの条約が存在しないが、しかし日本は 1869年以降北海島に主權をずっと行使した。1875年 5月 7日、日本政府はロシア政府と千島列島-華太を交換する協定を結んだ。この条約でロシアは日本が Habomaiで Simushiに至るすべての千島列島、Ainu Moshiri、北海島植民地化を認めて、その交換条件でロシアがまた他のAinu Moshoriであるすべての華太地域を植民地化するように認めた。両国政府はこれら地域の原住民たちを徹底的に無視したし、Ainu Moshiri 原住民たちを意図的に分離した。

日本の帝国主義者 Ainu 地を日本領土に変えて、彼らの交易圏を奪って、日本の中に服属させて、日本の言語を使うように強要したし、彼らを抹殺しようとすべての努力をつくした。Ainu Moshiriに侵透した日本人 “移民者”たちは Ainuの自然環境を破壊して彼らが住んで働く地を掠奪した。Ainuが暮す多い “Kotan”(村)が消えた。

日露戦争後に、日本は Ainu Moshiriが住む華太の南側半分を領土で占めて、日本人たちは新しい地に入って来た。1926年と1927年、南側華太原住民たちは強制的に “Otasu no mori” または Otasu 林だと呼ばれる狭い保護区域で移住にあった。

歴史的地図を通じて見た日本の膨脹主義
下の地図たちの内容は日本が西洋地図製作法によって描かれた歴史的地図たちだ。左側地図は 1840年日本の膨脹主義時代以前の日本領土を見せてくれる。右側地図はまた日本の 1922年地図だ。私たちはいくら遠く各方向に日本領土が拡張されたのか見られるし、現在の台湾、韓国、南側華太、北海島、遼東半島(Dalian)と南に小笠原諸島々が含まれている。下の地図たちは編入された台湾、小笠原諸島々と華太島の詳細なclose-upだ。より詳しく見ようとすればイメージをクリックします。

上: これら二つの地図たちは日本が1840年(左側)からその大帝国を建設した植民地時代(1922年) いくら日本帝国が主な島々から拡張されたのかを見せてくれている。
1874年 5月、日本政府は 3千数百人の海軍と陸軍兵士を台湾に派遣した。台湾原住民 Paiwanは自分たちの地に侵入した日本人たちと争うために起きた。この戦闘は 16世紀韓国を侵略した 豊申秀吉侵略時期韓国人たちが争った戦争と1789年Ainu Kunashiri-Menashiの抵抗と一緒に近代的解釈に記録される。

1876年3月、日本政府は小笠原諸島々を内務省傘下に残して日本領土で編入させた。1882年すべての島人々は日本の国籍を獲得した。

3年後1879年、日本政府軍隊と警察が琉球王国に派遣されてそれを日本帝国で編入させた。天皇制度が強要されて王は日本である友達になった。1891年 9月、Iojima(硫黃島)も日本の管理の中に服属された。

日-中戦争以降、中国(Ch’ing)は1895年4月に調印された平和条約によって台湾、澎湖列島、そして 遼東半島を日本に譲渡した。今度は日本が Miyako-Yaeyama地域(Miyako、ishigaki、Iriomote そして他の地域)を占領してその島々を沖繩県の監督の下置いた。

1895年8月、日本はSpainと協定を結んで、両国は台湾とPhilippines間の海峡中間を横切る經度境界を設定した。アメリカとの戦争で敗れて、SpainはPhilippinesをアメリカに20000000ドルに売ったし封鎖線は自動的に日本とアメリカの境界になった。

1914年、日本はドイツの信託領土だったMicronesiaを植民地にした。1923年と1926年、日本戦艦Manshuは沖ノ鳥島を測量して、日本政府は中国東北地方を侵略(9月18日事件)2ヶ月前に内務省告示を通じて、その島を小笠原諸島行政官の下に残した。

2次世界大戦後、日本はMicronesiaをアメリカに譲渡するように圧力を受けてアメリカはそこで水素爆弾実験をした。1987年、日本は沖ノ鳥島周辺をコンクリートで強化した。沖ノ鳥島は満潮時期にはただ70cm高さの岩島で日本の南側境界になった。

上左側で右側にイメージたち: 左側イメージは長く垂れた琉球島掛けがねを見せてくれるのに、これは台湾(Formosa)までつながる。中央は北海島と日本の北方地域華太島で当時ロシアと一緒に共有した。右側: 日本の南側外部島々であり、日本の東拡張された小笠原諸島 々だ
日本の東拡張
1871年 7月、ヨーロッパ人々が名付けた Marcus島(Weeks 島)の名称を変えて “南鳥島”と呼んだし、それを東京県公示を通じてまた他の日本領土で編入した。これは日本の東境界になった。
日本の西の方拡張
905年2月、日露戦争が進行される間、日本は独島を編入する。同年9月、日露戦争を勝って、日本は遼東半島南側“Kuantungshu”を植民地で作って、南満洲鉄道敷地を部属させる。韓国(大韓帝国)は編入された1910年8月に合併されて、中国-韓国境界は中国-日本境界になった。現在日本領土西の方末はYaeyama島にあるYonakunijimaだ。
1931年日本の膨脹主義は中国東北、Mongolia南東の方、南中国、Hong Kong、そしてHainanだった。
1931年9月18日事件後、日本は中国東北の方とMongolia 南東の方を植民地で作って、満洲国を設立した後、満洲帝国;北中国傀儡政府と名付けた。そして Hong Kongと Hainan島を占領して、日本帝国の領土を確張した。日本、台湾、韓国、そして中国東北の方、日本帝国主義者たちは “日本と台湾は一つだ、” “日本と韓国は一つだ、” “満洲国と韓国は一つだ、” そして “5 種族が調和を成す”と宣伝した。

右側に、この韓国政治マンガは日本の首相Koizumiがアジアを再侵入する戦艦の上で日本の過去真実を歪曲する日本の歴史本を作ることを描く。

6。大東亜共栄圏

日本は1940年7月国家政策で“大東亜の新しい秩序建設”を設定する。そして9月には帝国総司令部-政府連合委員会で“大東亜の新しい秩序建設”のための日本の生活圏を規定する。

ここには日本、満洲と中国、ドイツが以前に統治した島、インドシナとフランスが支配した太平洋島、Thailand、Malaya、イギリスが支配したBorneo、オランダ東印度、Burma、Australiaとニュージーランドが含まれた。

1941年2月、連合委員会は全世界を4個圏域で分類して大東亜、ヨーロッパ、アメリカとロシアで分けて、“日本は大東亜共栄圏の地図的役目を担当して秩序維持に責任を負う。”と宣言した。日本帝国は世界帝国主義国々とソビエトロシアと一緒に世界を分割して自主的な大東亜共栄圏を驅逐しようと試みた。

1943年 5月、“大東亜政治リーダーのための一般規則”では天皇 Hiroh伊藤、東條英機を含んだ軍部リーダーたちを含んだ日本政府リーダーたちと共同会議を持った。会談で決めたことは Malaya、Sumatra、Java、BorneoとCelebesを日本帝国領土で編入するというのだった。天皇とその他帝国主義者たちは “必須な資源資源のための供給先”でこれら地域を日本領土で編入させようと思った。

彼らは “一屋根の下一つの世界”というス低ガンの下太平洋多い大東亜共栄圏部分に日本軍隊を派遣して原住民たちを大虐殺した。

2次世界大戦後

1。日本の領土の縮小

アメリカは 1953年 12月 Amami(大島)々を占領して、1968年6月には 小笠原諸島、そして 1972年5月には Uchina-Yaeya-ma 地域を占領下だった。ロシア人たちが占領した南華太と千島列島は原住民たちに返還されなかった。千島列島、台湾、南華太、韓国、Micronesia、中国東北の方、南東の方 Mongoliaで日本人たちが撤収したが、しかしAinu Moshiriの一部である北海島は日本の植民地で残っている。

1899年、日本政府は原住民保護法を發效させた。この法によって領土日本本土で遠く離れた地ではその地方土民たちの保護地區に設定されて“付与”になった。Ainuを保護する言い訳で日本政府は彼らは安全に同化しようとする政策を追い求めた。この法は “以前の土着民”と呼ばれるAinuにはまだ效力が及ぶ。1996年4月、この法が頒布された約100年後非公式委員会 “Utari対策のための知識人たちの集まり”が政府の内務省傘下諮問委員会に組職されて報告書を発行した。その内容の一部は次のようだ:

歴史で、少なくとも中世期後半以降、日本群島、特に北海島には固有した日本領土の固有した部分で原住民たちが住んでいたということを否認することができない。

“知識人たち”の主張は北方原住民たちが日本領土の一部と主張した。日本は 1869年に来てからこそ Ainu Moshiriを北海島と呼んだことを憶える必要がある。この言葉は自主的に北海島は固有した日本領土ではないことを言って、日本の植民地なのを言っている。韓国が日本の占領から歴史で、少なくとも中世期後半以降、日本群島、特に北海島には固有した日本領土の固有した部分で原住民たちが住んでいたということを否認することができない。

報告書にも言及するのを: 明治維新以降、我が国は近代国家で出発したし、北海島の開発過程で… Ainuは社会的でも文化的に深刻な被害を被ったし… 多くの Ainuが差別を受けて貧乏に陷った。

Ainuの物理的な環境はあばらになって; Ainuの生活と生の場は疲弊されて; Kotan “村”は衰落して、日本人たちは彼らを同化させた。人種差別は続いたし、彼らは彼らの言語を剥奪された。日本人たちは Ainuの狩りとサーモン漁業権を剥奪した。Ainu Moshiriの所有権所有権だけでなく、日本は他の地域と違う国々で侵略を中断しなかった。

2。日本が再占領を試みたが
韓国戦を受ける間、日本、アメリカその外48個国々は1951年9月サンフランシスコ平和条約を締結した。日本の経済は韓国で必要なアメリカ軍隊の物資を大量生産することで復活した。韓国人たちが犠牲で日本の帝国主義は復活したし、日本は現在独島、北方島々、そして Chogyoto(釣魚台)で権利主張をしている。今日、独島は韓国警察によって防御されているが、1972年 5月 15日アメリカが日本で沖繩を返した以降日本は釣魚臺を占めている。その島は 1895年 1月 14日、日-中戦争期間中日本政府がその島を占めることに決めたのだ。

日本は4個北方島々を北方領土で言及しながらロシアに返還を要求している。ロシア政府はその島を日本に返すのではなく、彼らの原住民; 日本とロシアは元々の持ち主 Ainu Moshiri(華太、千島列島、北海島そしてシベリア沿岸国)らに返さなければならないのだ。

C。韓国の領土が踏み躪られる
1894年東学農民軍隊は革命の一揆を高く立てたが、日本の猛攻を歯が立たなかった。今世紀転機に日本の韓国植民地化過程で豆満江(Tulmmen River)は中国-韓国境界になったし、満洲にある間島(Chinese: Chientao)は中国(Ch’ing)の領土になった。

右側は1900年代初期日本の鬱陵島写真だ。韓人部落と日本人部落居留らがこの島に定着している。ここで日本である渡海者たちである定着民たちは “外国地にいる臨時日本である村”に住んだ。”

独島歴史は植民地歴史で韓国の国境線と日本人の優勢な支配過程に対して詳らかに研究しなくては詳細な内容をわからない。

韓国は東学農民一揆を基点にして、そして1919年3月1日独立運動を通じて近代国家の面貌を発達させたが、解放後分断国家になった。独島は韓国領土の東末になって警察がそれに駐屯することは日本がその島をまた占領することを阻むためのことだ。

D。国際法と領土問題
9月1954年、日本政府は韓国政府に独島問題を国際司法裁判所に申し立てる問題を提案したが、しかしこの提案は韓国によって拒否された。

“韓国の拒否は単純に…路考えられる。” 李漢基教授によれば、“..国際法は帝国主義国々のためのことで、今日国境線を定める明確な正義に寄り掛かるのが不可能だ。国際司法裁判所はまだ帝国主義国々影響の下置かれていると言える。…”

日本の膨脹主義政策と独島問題 – 結論
日本の独島占領は韓国侵略の初段階で、日本である漁夫たちは韓国水域たちと島々、例えば巨文島、鬱陵島、そして羅老島を侵略した; 時には彼らは日本人 “移住民” 居留地を建設して韓国漁業根拠を侵害した。(上地図を見ます)

1910年の初め、外務大臣小村中太郞は議会予算いわゆる元会で発言するように…満洲と韓国に移民を集中することはYamato(日本人) 人々に集中するのだ。日露戦争の前に、日本は島国だったが、しかし戦争によって日本は大陸国家になった。


日本がアジアと太平洋戦争で敗れなかったら、多くの日本である聞いた中国東北地方、韓国、台湾、Saipan、そしてPalauに永久に定着したはずで、“5個民族の調和” または “韓国と満洲は一つだ。”

というsloganの下天皇制度を降下して原住民たちに日本語を強要したはずだ。、

アジアと太平洋多い地域に侵略した日本人たちはその地方人々に日本語を使うように強要したはずで、ジェントルマンを建立して、日本である方式どおり名称を変えたはずだ。戦争が終わってこの神寺たちは破壊されたし台湾、韓国と中国東北部の場所名称は名前を回復した。

右側に、韓国女人(独島)を貪るある日本である隣り男に韓国男に “あなたは続いて私を苦しめますか?”と叫ぶと、日本男は“はい…!”と答える。

日本の侵略歴史は今日もまだ続く。日本政府が “北方領土”と規定する Kunashiri、Etorofu、Habomaiと Shikot(これらはAinu言語だ。)の Ainu Moshiriは Ainu、Uilta、Nivkh など他の北方人々の本拠だ。Ainu Moshiriを日本の植民地統制で自由にするためには日本の独島嶺占領を点検することが先決条件だ。

もう察して一緒に、華太と北海島はそこに初めて定着した原住民たちの地だ。日本人たちの独島再占領と北方島々に対する才場は今日経済水域を含む領土拡張で全体帝国主義的意図と繋がれている.

日本とロシア帝国主義戦争の中に、両国は皆韓国を植民地化しようと努力したし、日本は独島を所有して韓国全体を竝合した。日本がAinu Moshiri北海島を名付けてそれを日本領土で編入させたことは韓国の独島を編入させる 36年前の事だ。

歴史的に、独島は韓国の主權の下あったし、韓国が未来に統一された後にも韓国の領土で残っているでしょう。もし、近代と現代のアジア歴史を研究する学者たちが日本人たちの他の国侵略意図を隠そうと思ったら、彼らは独島と北方島々を再侵入しようとする日本人たちの動きに直面するでしょう。この研究活動は侵略を否定しようとする理論的な意味に符合する内容が含まれている。それは研究者の基本的歴史認識だ。

万である研究者日本の独島再占領試みを点検しようとしたら、彼は日本が日本の韓国侵略過程で独島占領の事実と歴史的意味を確かにしなければならないし、日本人の移民歴史そして、韓国と外国領土人々に対する植民地化を批判的に調査しなければならない。