日本の初期独島記録 1
日本側の17世紀初鬱陵島地域に対する記録
“17世紀初日本人たちの鬱陵島地域航海が独島領有権主張につながることができるか”
最近日本側の独島領有権に関する主張は主に17世紀にこの地域に対する航海記録に寄り掛かっている。日本の独島に関する記録は韓国と同じく鬱陵島と係る。すべての歴史記録は韓国でも日本でも同じく独島の大切さは鬱陵島とはなすことができない不可分性のためだ。日本の村川家門は1617年隣近海域の漂流事でも後、鬱陵島を認識し始めた。

その教授によれば、その地図は日本国際カルチャーセンター資料室の古代地図/文書倉庫で見つけたと言う。この地図は有名な仏教学者である石川流宣が1691年にグリーンのだ。地図の大きさは長さが 170.8cm、幅が 81.3cmだ。隱州島は島根県の北にあって隱州の右側はするんだ(韓唐)で表示した。ハンダングは 1592年壬辰の乱以降日本が韓国を称した名称だ。金文吉敎授は “壬辰の乱間日本の“唐である(唐人))たちによって韓国丈人たちが拉致された”と言う…”

日本の1691年国家地図は1693年と1696年安竜福事件がある前に鬱陵島と独島を日本の領土だと認識しなかったことを見せてくれる。日本人たちが鬱陵島独島を航海したことは領土だから航海したのではなく、隠密な性質の航海だったことだ。(隱州島をもっと大きいイメージで見ようとすればクリックします。)
言及したところのように石川流宣はその時代に私的な分野で核心的な役目を一人だ。当時に私的な地図は日本政府の公式的な地図に大きく影響を受けた。石川流宣は旅先も、世界地図などさまざまな地図をたくさん製作した。このページの 流宣の地図には広く認められているし、その頃世界に30枚が超えるように発刊されていた。この地図たちは日本の正確な領土認識を現わすことで理解することができる。
石川流宣が1708年描いた世界地図
1700年頃石川流宣は上の世界地図を描いた。私たちは再び、日本の領域が東海で隱州島西の方にはないということが分かる。これで彼の国家地図は韓唐を日本ではない別途の外国で見做して鬱陵島と独島を日本領土から除外させている。下の17世紀地図は韓唐地域の終りを見せてくれている。

1710年にHotanが描いた日本とアジア地図
右側地図は Hotanの全体地図として東北アジアは青色箱に表示された。下の左側は日本と韓国のもっと詳細な姿を見せてくれる。下の右側は日本の 隱州 島が箱で赤く表示されたことを見られる。上隱州島は隱州よるんだ西北の方で青色箱に字に表示された。

この地域は鬱陵島と独島を含んでいる。これは韓国に属しているし江原道地域に表示された字が上の左側一方すみに箱に表示されている。ここでもう一度、私たちは鬱陵島と独島の日本地ではないことを見られる。

進む、その島々は韓半島に附属したことで現われる。この地図たちはこの島々が韓国に属していて齋藤豊仙の初期地図で隱州島が日本領土の西北の方末だという内容をもう一度確認させてくれる。(次のページを見ます)

上の地図は隱州島の西北の方は韓唐に表示されて韓半島に附属することを現わしている。隱州島は赤色に表示された。韓唐は青色でそして江原道は桃色に表示された。したがって鬱陵島と独島は17世紀に日本の一部ではなかったことをもっとはっきりとしてくれる
17世紀日本県の地図
見るところのように 17世紀日本の国家地図は村川、大谷から家門で秘密裡に鬱陵島独島を航海したと言ってその地域が日本の領土という主張ができないことを見せてくれる。もし、幕府が本当に二つの島を “下賜’したということを公式的に指定した地図があったら、県や国家でその立場を反映しなければならなかったはずだ。何何日本学者たちは二つの島が17世紀にこれら家門に下賜されたと主張する。
したがってこれら地域に対する日本地図は日本の領土に対して何をもっと言ってくれるか?下には日本の西の方海岸県を現わした漢字で表記した参照地図がある。次に私たちは日本西の方を現わす17世紀中盤日本県の地図を皆見られる。もし日本が真実で鬱陵島独島地域を管轄したらこの地図には確かに含まれなければならない。しかしここにはそうなのがない。
ここで日本人たちがこの地域に航海したことは領土主権の中で航海したのではなく、朝鮮が空島政策を実施する間秘密裡に幕府の許可を得て鬱陵島地域の資源を採取しに許可を得て個人的に間活動なのを知らせてくれる。朝鮮の記録では1614年頃に日本人たちの境界侵犯を抗議した記録がある。
初めて日本の西方地図
下の二つの地図は地理的歴史的参照のためのことだ。右側に日本の古地図は日本西海岸を見せてくれる。(漢字表記) 漢字表記と一致する日本の 17世紀地方地図がある。右側は日本西の方が黒い色で表示した日本と韓国の地図だ。

日本の西海岸を現わす地方地図
1660年代のこれら地域地図は右側に日本隱州で西の方から東に行く旅行地図だ。右側で隱州の西の方に鬱陵島と独島は含まれなかった。これはこの地域に対する日本の国家地図と1667年齋藤豊仙の隱州に関する見てからは隱州が日本の西北の方末なのを知らせている

上には17世紀中盤、日本西海岸の地域地図なのに当時に鬱陵島と独島はこの地域に含まれなかった。もっと大きい地図を見ようとすればクリックします。
初期日本の鬱陵島と独島に関する記録 – 証拠で見た結論
日本人たちが主張する17世紀二つの家門の航海に根拠した “效果的な管理”を通じて 17世紀独島が日本地だと主張する人々はこの地図たちを通じて見る時、偽りなのが現われた。日本幕府が地域の県や国家的に見る時、彼らの領土ではない地を村川などの家門に封建領地で授与することは不可能だ。

もっと可能性のある説明は村川大谷家門は単純に航海兔許だけ受けただけだという秀樹梶村などの主張がもっと説得力がある。私たちは幕府の特別な虚がいなく厳格に外国への航海や接触を禁止した。こんな年例的な鬱陵島や独島に航海することは領有権の意味ではない。事実上、渡海兔許証は日本人たちが他の国に旅行する時使うことなので、これは日本人たちが二つの島を外国地または日本で別途の地で見たことを証明する。

日本の17世紀地図はこの理論を支持する。また日本の記録で鬱陵島と独島はいつも 隱州島の西北の方にあって “するんだ”で表示した。上のHoten地図は韓唐が日本とは別個で江原道に属していることを見せてくれる。したがって、私たちは鬱陵島と独島が日本領域の外にあって独島は1905年日本が編入する前まで、日本領土外だった。

日本島根県が独島を編入した方式は 1905年以前に日本のこの島に対する関係をよく言ってくれる証拠になる。もし日本が村川の航海以降独島を自分の地だと認識したら、独島を編入する時、彼らは “主人ない地” または “無主地”と宣言しなかったはずだ。早い話が、内緒で不法的な何何日本漁夫たちの行動は日本である自らの目で見る時も領有権を主張する行為で見られなかったのだ。