独島地域での初期韓国人に対する記録
鬱陵島の韓国人に関する韓国、ヨーロッパ、日本の記録
以下のページは、鮮かな絵を主として独島-竹島論争の無視された部分を明らかにするために作成された。18-19 世紀の間に鬱陵島で韓国人の状況を記述している韓国の明白な文書が存在する。日本の竹島ロビイストは、韓国人が基本的に出航する能力が欠けて、このように独島に87kmを航海することができなかった農耕人だったと主張する。これは状況を正確に描いたことだろう?

下には初期ヨーロッパの探険家たちと韓国である自分たちの何種類参照記録だ。そこで私たちは後期朝鮮時代韓国船舶の何種類イメージを見られる。韓国人は独島に航海することができただろうか?

そして、彼らは島を認識していただろうか?このページは、韓国、鬱陵島、独島と海色々島々地域の地図で始める。鬱陵島に対する韓国の歷史的要求は、512A.D.路さかのぼる。鬱陵島で87km離れている独島は平均 1ヶ月に3回、鬱陵島で見られる。独島は何何西洋人たちはリアングクル岩と呼んで日本人たちは竹島と呼ぶ。

上左側: 鬱陵島(独島地域)の全圖。韓国人は古代から独島の可視距離身近に暮した。上右側: 韓国の鬱陵島から独島の写真。フランスの探険家ラペルズの航海であるか1787年5月27日- ヨーロッパの鬱陵島(Dagelet) 記録

“鬱陵島で中国式船を作る韓国である船舶工…”

鬱陵島に関する最初のヨーロッパ記録はフランスの探険家ジャン‐フランソワデGalaup (伯爵デラペルズ(右側の下で現われる))によって使われた。ラペルズは、1785年に太平洋で探険台を導くように任命された。彼の滲むAstrolabeとBoussole(二つの船舶皆 500トン)だった。彼らは供給物資輸送船だった。そして、任務のために護衛することでまた命名された。ここで韓国人が鬱陵島に航海しているし、少なくとも 2個の他の場所で中国のスタイルの帆船をそこで乾燥していることを最初に記録された

“…5月27日私たちが東海に到着したと言う信号に与える。しばらく後に北北西に地図になかった島が観察された。この島は、朝鮮海岸から 20 リーグ(137 km) 離れているようだった。私は島に近付こうと思ったが、風のような方向ではなかったから難しかった。幸いに、夜の間に、風の方向が変わった。

(5月28日)夜明け、私たちは寸法のために島を発った。そして、私はこの島を最初に見つけた私たちの船員たちの間に天文学者Lapaute Dageletの名前後の Dageletという名付けることに決めた。島のまわりはわずか 3 リーグ(33 km)だ。そして、私たちが 1.9kmの距離周辺に泊まりながら振り返ったが深い水は見つけることができなかった。

したがって、私は小型ボートを降りることに決めて、Boutinを置いて心配をチェックするように統率して陸地に降りた。彼はこの場所の深みが 140メートルと言った。そして、位置は島からおおよそ 200メートルだった。島は北緯 37o25、そして、129o2´東京だった…” (引き続き)

上左側: ラペルズが描いた鬱陵島。東香木からの鬱陵島北西の方の息詰まる素敵な景色。上今日側: 1787年にラペルズが描寫描いた鬱陵島地図
“…島が高い崖になっているが、これから浜辺までは非常に美しい木で覆わせている。7個の小さな岩島たちが険しい崖に取り囲まれている。島後から私たちは中国式船舶が乾燥していることを見た。彼らは私たちの大砲の射程距離中にあったので、船舶件朝貢たちは驚いたようだった。彼らは作業場で 50歩み後林の中に逃げた。しかし、私たちの見たことは様式もない 2-3 軒の小屋家だけだった…”( (引き続き)
“…何何造船木工たちは夏の間本土から110km離れたダジュレイで夏の間船を作っているようだった。私はこの假定が正しいと確信する。私たちが島の西の方地点に帰って来た時、私たちはまた他の労動者がボートを作っていることを見た、しかし、1ヶ所の地が彼らの視野を遮断したので、彼らは私たちが近付くことを見られなかった。木の後に選り分けた人々を除いて彼らは私たちに会うことを恐ろしがることのように見えた。私は私たちが停泊する所を尋ねたように私たちが船人で、彼らの敵ではないと彼らを説得する必要があると思った”
“…残念に、強い潮流が私たちを島から押し出した。夜になった。私たちが島からまた滞って行くかも知れないと気づかって、Boutinの命令の下あったボートを回収することオブウルが心配して、私は Boutinの命令の下あったボートを回収することができないか心配して、私は M.Boutin(彼は上陸しようと思うこと)にして,彼に帰って来るように(ように) 信号を送って,西の方に遠くあったAstrolobeに言って、Boutinさんのグループに近くなるように(ように) した.運が自主(寝る)も Dageletの高い山は眺めることを阻んでくれて平和に夜を過ごした….”
“Acteonに乗ったウィリアムブレークニの記録からの朝鮮海峡と日本」(1859)
“韓国人は、売物の海産物を集めるために、ジャンクで鬱陵島に出航します..”
鬱陵島の上の韓国人のヨーロッパの記録はしかし異なる源からあります。そして、彼らは鬱陵島の上で韓国の関係を記述することの点で著しく同様です。『中国とジパング40 年前の海岸の上で』(1902年に発表される)彼の本から、ウィリアムブレークニも、Dagelet鬱陵島)の上で、韓国人を採集者と水夫と言います。それは、以下の通りに読みます:

“…
Actaeonは、それより上にDagelet島それは日本の海の床(深さ2.000フィート)から一の雄大さで出てきます)と4,000フィートへの浮上を離れて2、3時間の間そうしなければなりません。それは韓国の本土から100マイル遠く離れているままで、500フィートの垂直な崖の端から森で装って、円周の20マイルです。あらゆる側の上に、空気を悲しい音のする叫び声で満たして、おそらく我々が現れることの恐怖からの群は、ありました。我々は、濃い下生えを通して前進をすることができませんでした。
ラペルーズは1786年にこの島を発見しました、しかし、彼の着陸の記録がありません。2、3の半分を飢える韓国の漁師は、ナマコ、その他を集めていました。そして、中国の食通のためである、ほとんど永久の霧の中で荒れた海の全域で通路を建設する、倒れそうな古いジャンクだけを持った。怪しくて孤立した点は、Dagelet島です…”

イギリスの出版物「中国パイロット」、第4版、1864
““鬱陵島の韓国人は、ジャンク船を建造して、韓国の本土(130 km)を航海する。”
イギリスの出版物「中国パイロット」、第4 版、1864“鬱陵島の韓国人は、ジャンク船を建造して、韓国の本土(130 km)を航海する。
“イギリスの著書「中国 Pilot」は世界中の航路案内書で、さまざまな海路、何何島と詳細な部分を説明した。1864年版では、鬱陵島で韓国人が中国式である帆船(ジャンク)を作って、全鰒集めることを記録した。

“…松島(独島)または Dagelet島は険しい円錐模様丘で取り囲まれている。木がたくさん生えて、中央に印象的な山頂がある。北緯 37°30′N、 東京 130°53′E。この島はまわりが 18マイルで、形態は半円、東と北、そして西の方で南側での直径は 6。25マイルだ。各海岸終りで急に南方を向ける。そして、いくつの曲線で小さな岩が島の南側の終りに会って東西で徐徐にうねる…” (引き続き)

上左側: 穴岩または鼻どうし岩と呼ばれる岩は鬱陵島北岸の後から見られる。上右側: 鬱陵島北部の錐山。中国 Pilot 本で言ったところのように大部分の鬱陵島の立派な岩構造は、島の北と東にある。
“…北で東に約 400~500フィートの高さのいくつの岩が岸によってある。それらは、島のようににょっきと湧いていて。危険性を感じない。しかし、Boussole岩以外には絶壁から 4分の 1長芋である以上に離れなかったし、大きくはない。そして,それは島の東部の岸からの 7個の綱模様だ。高さは 800フィートで滑らかだが、非常に急な円錐状の砂糖固まり(確かにお影石だ)ようで大きい穴または自然のアチムンを通じることのように北岸の上のヒョルアムは注目するに値する。島の横は非常に険しい。心配の調査は Actaeon ボートで可能なのだ。崖の下は万方へお腹で 4マイルから 400 fathoms(2400フィート)、そして 2.25 マイルでは、366 fathoms(2996 フィート) でも底が発見されなかった。 晴れた日浜辺に多い小さな石たちが上陸が難しくできるが,島の大部分は完全に近付けるには難しい。

春と夏の間に、一部韓国人は島に居住して、彼らが本土で乗るジャンク(中国のスターである帆船)を作る。彼らも、大量の鰒を取って乾燥させる。2、3個の物心くぎ以外にはほとんど木で固定させる方法を選ぶ。彼らが完全に生木を使っていて乾燥した材木の価値を評価することができないようだ…”

1870年自然主義者Arthur AdamsのDagelet 記録
“鬱陵島のボートの上で働いている韓国人…”
1870年自然主義者Arthur AdamsのDagelet 記録“鬱陵島のボートの上で働いている韓国人…”アソアダムズは、アジアで航海したイギリスの医者で生物学者だった。アダムズは、1843から 1846に間マレー諸島の測量の間イギリス軍艦Samarang号の外科助手だった。彼は、H.M.S.の航海Samarang Zoology(1850)を編集した。次に、彼は韓国と鬱陵島(Dagelet)に旅に出る。そして、下は日本と満洲(1870)で自然主義者である彼が出版したこの旅行から抜粹した内容だ。下で彼はボートを修理している韓国人を解説する。しかし、彼らが専門大工具(大きいザグィ)を使っていたという事実でその漁夫は船を作っていたようだった…

“…私たちは次にいい天気などんな日 6月 28日に鬱陵島に行った。それはラペルズの発見中の一つで、天文学者の名をつけてAstrolobe 名付けた…”

“…私たちが小さな万に到着した時、私たちは作業をする 3人の可哀相な韓国人を見た。私たちは、正確にラペルズが 80年前に見たそれらを捜し出したし、彼らは大きい工具(斧のような木工のツール)働いていたし、古いお船を修理することだと言った。彼らは 1 ドルに 300の割合で売る中国の市場のために多くの鰒を乾燥させていた。彼らは、またあしか肉をたくさん積んでおいて乾かしていた。韓国漁夫は大量の海鹿を乾燥させて、岸にしたがって皮を積んだ…”

1882年5月朝鮮搜討使(検察使)李奎遠の鬱陵島視察
“鬱陵島の周りの多くの他の場所でボートを作っている朝鮮人…”
1882年高宗は鬱陵島に検察使を送って鬱陵島に日本人が渡って来るとか、不法的に伐採をすることを終決させるようにした。また。全体の島を調査して人口調査をした。下は李奎遠の日記で抜粹したのだ。そこで彼は島人たちが毎年550km以上航海して全鰒とわかめを取っていたことを記録している。李奎遠のおこることは日本ロビイストたちが韓国漁夫たちが無知で島の中でばかり活動した農民だと描いたこととは一致しない。この韓国人たちは特に全羅道から来た人々で、ボート乾燥が上手で釣りと航海が上手かった。
参照1
三十日酉時(午後 5~7時)量 抵泊于島之西邊 地名小黃土邱尾 浦邊 有結幕留住人 故詳細探問 則乃是全羅道興陽三島居 金載謹 率格卒二-三名 造船採藿云云 下陸止宿於船幕
李奎遠の検察記録1882年4月30日”…私は一晩中航海しました。4月30日5:00と7:00 間に私たちが鬱陵島小黄土邱尾(洞窟)の西の方に到着して、私はテントで男子を会いました。そして、彼が誰なのかを大海問って、彼は全羅南道三島(巨文島)興陽から来たし、名前は金載謹で 2-3人の労動者を導いてワッダで言う。彼らがお船を製造して海草を収穫していたと答えました。そのため、私は陸地に行って、テントに泊まりました…。”
参照 2
初三日 祭山神堂 踰嶺穿林 到黑斫支 種種有古人石葬 十里平原 可以生民之地也 下浦邊 乘小艇 搖櫓前進 有倡優岩 高可數千丈 形狀奇怪 腦有上下大小之穴 其傍又有燭台岩雙立 高爲數千丈 又有可居基址 卽三陟鄭姓人 壬辰避兵之處 八兄弟同榜進士之地云 而地名千年浦也 有一峰屹立中? 高爲數千丈 形如立錐 名之曰錐峰 其下有一大岩 中通大竅 形如城門 下有小川流下 大旱不渴 卽羅里洞伏流水瀉出云 經千年浦 到倭船艙 全羅道樂安居 船商李敬七 率格卒二十名 興海(興陽)草島居 金謹瑞 率格卒十九名 各結幕造船 次次前進 漸入深谷 踰五大嶺 嶺路太峻 上幾接顚 下則當腦 最下有一嶺 名曰紅門街 踰此而入則 卽此島中心羅里洞也
李奎遠検察日記記録5月3日…“…私たちは千年浦を経って天賦洞(鬱陵島北)に到着しました。そこには 20人の船頭を案内している全羅南道楽安出身李敬七だと言う名前の舟商人でした。そこで、興海出身の金謹瑞では19人の舟首を従えていました。両方集団は小屋を建設して、ボートを作っていました…”
参照 3
出做幕 下浦邊 全羅道興陽三島居 李敬化 率格卒十三名 結幕採藿 仍乘船南? 海嶽之奇形怪狀 無非絶勝 到長斫之浦 興海(興陽)草島居 金乃彦 率格卒十二名 結幕造船 日暮止宿
李奎遠の検察日記記録 5月 5日“… ..長斫之浦(鬱陵島南東の方岸)に到着したら、12人の労動者連れて船を作っている興海(興陽)て草島出身(全羅南道)からの金乃彦する男がいました。日が暮れたので私はそこに泊まりました…”
参照4
初六日 自長斫之浦 向桶邱尾 海邊石逕上 立標木 長六尺 廣一尺 書之曰 大日本國松島槻谷 明治二年二月十三日 岩崎忠照建之 果如倭人問答 踰一大嶺 老木參天 積葉沒膝 絶壁陰崖之間 通一線小路 或存或無 及到中峰 無形而中斷 莫知所向 彷徨於深谷之間 無人可問 無地可憩 攀壁魚貫而進 行三數里許 ?到桶邱尾浦 大海無邊 寄岩重疊 俯仰景物 不覺心驚而神爽矣 浦邊 興陽草島居 金乃允 率格卒二十二名 結幕造船 氣盡脚麻 不得前進 仍爲止宿
李奎遠の検察日記記録5月6日“…私たちが大変に到着した所は広い海と絶壁が横たわったトンググミ(桶邱尾)海岸(鬱陵島の南側)に到着した後、私の心を沈めて力を得ました。金乃允と言う人は興陽草島(全羅南道)から来たし、彼は 22人の男たちを導いていました。彼らは小屋を建てているし、ボートを作っていました。私は足が痛くて非常に集めるのにあまりくたびれてその日そこに泊まりました…”
1902年日本外務省は、韓国の鬱陵島を報道する。
“…鬱陵島には毎年全羅南道人々が約600kmを航海している…”
1902年日本「外務省、通商部、文書国: 交易文書(外務省通常国編纂トングサングフィチァン): 付属書に「韓国鬱陵島状況」の題目は詳細に鬱陵島の地理、気候、人口、生産品、商業、漁業、交通、船舶渓流と流行病に対して話す。この出版物の中で、巨文島(三島) 地域から全韓国の住人何人かを説明する短い引用がある。その内容は以下のようだ:

“… 鬱陵島と韓国の本土の間に交通がない。島の韓国である住人は島へ来るために日本のお船を借りるのに一年に 2、3回だけだ。しかし、全羅道の三道(巨文島)から約20尺(韓国の)のお船が冬に使うわかめを集めるために島へ来て満船をして本土に帰る
…”

李奎遠の1882年鬱陵島検察の内容と係わる参照内容から、韓国人が韓国の全羅道南側海岸(毎年おおよそ 600kmの距離)を航海していたと結論ネリルことがある。

上の2個の地図は韓半島だ。赤い線は、朝鮮のベマンドは木手と漁夫が南側全羅道島から独島の隣りの鬱陵島まで行ったかも知れない可能なルートを現わす。歷史の文書は 3個の地方、特に楽安、草島と三島を言及する。そして三道は現在巨文島という名前と呼ばれている。
朝鮮時代船の絵と図面
下絵は 19 世紀後半に西洋で見られる韓国の最初絵いくつだ。左側の絵は今まで撮れた最初の韓国の写真で 1871の連帯を現わす。上右側の絵は重要だ。1883 写真の人々は、春ごとに毎年鬱陵島によく出航した韓国人のようだ。この写真は、イギリスが島を占領した間,ヘミルトン港(巨文島)で名付けた。この時に、巨文島は韓国のロシアの前進を封鎖する海軍基地だった。私たちは、この人々がどの位貧しかったのか、そして、李奎遠のレポート以外にはどうして多い記録がどうして存在しないかを思うことができる。

上の絵は、1871年 Felice Beatoによって拿捕された韓国の西海岸の近くの韓国の帆船です。右側の上の写真は韓国の Port ヘミルトンでイギリスの新聞社のために 1883年に撮った写真だ。そして、現在巨文島と呼ばれている。上の地図を見ます(イメージをクリックします)
このテキストの下に、朝鮮時代の韓国船の古典的な姿がある。1880年に使った Opperts「禁止土への 航海」でラペルズは中国して辭典と下のイメージに記述されるところのように朝鮮船がいくら中国ジャンクを似ているかどうかを見てほしい。このお船には30~40人を運ぶと言ったが、必要ならば最高 60人が入ることができた。設計がしまりがないと言うが、彼らはどうしても海 500 kmを渡って秋に帰ることができた。

上左側: Philipp Franz Balthasar von Sieboldの歷史記録で描写された韓国の配位でぶらつく芸術家。竹は帆柱と屋根を選り分けるのに使われたし鐵くぎは韓国の釣船を作るのに使われなかった。上右側: コンピューターで、典型的朝鮮時代ボートのイメージをシミュレーションした。
1880年に E。オッペルトが書いた “出入り禁止地への航海”
Ernst Jakob Oppert(1832年12月5日 – 1903年9月19日)、ドイツのビジネスマン。1880年に彼は韓国に到着してEin verschlossenes Land Reisen nach Coreaという本を出版した。それは最初Leipzig Brockhausで出版されて、英語でも翻訳された。A Voyage to a Forbidden Landと呼ばれたこの本は韓国の漁船と漁夫に対する詳しい説明をした。関した情報は、以下のようだ:

“…韓国の釣船は中国船よりは日本ボートを似ていたが、見た目の悪く作られたし、外部厚板は木のくぎで固定したし航海をした。そのお船は深い甲板を持たなかったが、いくつの横切った祈ることがあって上版は開かれていて魚を投げこむことができた。このボートにはそれぞれは約 30~40人の男たちを運ぶようだ。しかし、私は船上に60人の船員が乘船を見た…”

初めて文では韓国のボートがあまり品質が良くない言った。しかし、彼らはどんな貨物または船員も非常に多く積むことができた。くぎを使わないで作ることは、韓国の船舶木手が熟練された木手であることが間違いないということを言ってくれる。
18~19世紀の間鬱陵島朝鮮人の生活
鬱陵島に住んでいる朝鮮人たちは誰だったのか?
鬱陵島に住んでいる朝鮮人たちは誰だったのか?韓国古文書には 6 世紀から鬱陵島に韓国人が住んでいたと言うことを記録した。上の歴史引用は、鬱陵島に頼りながら山大多数の韓国人ではないが、少なくともいくつの絵を見せてくれる。

李奎遠が調査して1882年に高宗に提出した見てからは、鬱陵島でボートを作っている韓国人を解説する。実際、この活動に関係する人はほとんど 1万名だった。李奎遠は韓国人が鬱陵島でアワビのためにボート乾燥、海草収集と釣りに関与しているということを整理した。

イギリス人は 1864年に鬱陵島を調査した。そして、韓国人は鬱陵島で「ジャンク」または中国式帆船を構築して、本土で航海していることを報告した。このレポートは一歩進んで、この人々は アワビを集めている韓国である漁夫に記録した。分かってアダムの日記は、韓国人が鬱陵島の上で採集することはアワビと海豹もいたと言う。

このような文書一つとしては何でもないが、さまざまを整理する時、私たちは鬱陵島の韓国人の姿を作ることができる。この人々のかなり多い数は毎年550km航海した一時的な島民だった。彼らは、全羅南道初度、巨文島と樂安から来た。彼らが定住者ではなかったから彼らの食糧を補うために鬱陵島海洋資源に頼ったと言うことが分かっている。彼らは自給自足する漁夫として、鬱陵島周り海を渡った。

18世紀後半毎年海洋資源を集めて出航して、ボート建築をする鬱陵島周りの韓国人たちは当たり前の結論として独島を認識していたことが間違いない。東海の風は、西の方から主に吹く。独島は、正確に鬱陵島で何時間さえ航海すれば見えて、おおよそ30km程度から見える。蟹に、私たちは鬱陵島てっぺんで独島が見えるのが分かっている。

竹島を島根県に返すためにロビー活動をする日本の「史家」たちは朝鮮時代韓国人を航海に不向きして、農業だけした陸地にガッヒン農民で描いたが、これは間違っている。朝鮮時代の韓国人は、毎年鬱陵島に航海することができた。朝鮮時代韓国は、概して航海を主する国ではなかったが、しかし、そこで絶え間なく公海に勇ましく直面して、日本人たちと一緒に鬱陵島周りで海洋資源を集めた人々として、彼らは主に半島の南端から全韓国である輩らだった。