独島 – 竹島と20世紀初日本の領土認識
竹島 – 独島と20世紀初日本の領土認識
1900年代初日本記録では独島が韓国の江原道一部に表示された。
次のイメージたちは韓国の鬱陵島と隣り島であるリアングクル(独島)と係わったさまざまな文書たちだ。この目的は日本人たちが鬱陵島に “居住”したし独島にも漁業をしたという日本人たちの領土認識を決めようとするのだ。1900年代初日本人たちはこれら島をどう思ったのか?彼らはその島々を日本地だと思ったのか?

政治的な観点で、私たちは国家的な次元で日本は独島が日本領土の一部と思わなかったし、これはここで見られる多くの歴史的な地図に現われる。地図1 地図2 地図3 地図4。私たちはまた日本の最高上の階が鬱陵島とその他島が島根県の一部ではないと結論付けた事実をこの文書を通じて分かっている。(リンク) このページは政治的な観点を扱うよりは、この地域に関して知識が多い日本の人々の観点を扱おうとする。この文書たちを通じて、私たちはこのような日本国的なたちの活動が日本の歴史的な独島に対する主張に対する根拠が有效なのかを調べようとする。

上左側 : 全体地域地図は韓国、東海、そして日本の西の方海岸の隱岐島を黒い色箱で表示して現わしている。上右側: 20世紀初め、日本の不法渡海者たちと漁夫たちが鬱陵島で活動する内容の地図
20世紀初はまだ蒸気舟と帆舟たちが通った時であったし、歴史的記録はこれら日本漁舟たちが一番現代化されたと言う。20世紀文書たちは独島に新鮮な飲み物が不足だから島に近付きにくくて、とどまる期間が限定される数外なかったと言う。このような要因たちはこの地域で航海した漁夫たちがこの地域を日本地の一部と思いにくくするとか、鬱陵島に附属した地だと決める役目をした。
1901年発刊された日本の黒竜漁業指針
1901年発刊された日本の黒竜漁業指針。1901年島根県に這うのを置いた漁業機構黒竜会は韓海通漁指針または朝鮮海洋漁業指針書を発刊した。黒竜会は超国家主義者たちの機構でその姿は日本の膨脹主義時代に極右主義者たちで考えられる人々が集まりだ。この刊行物は1901年3月に発刊された。

上の写真は黒竜漁業指針書の表紙だ。日付が明治34年(1901年)3月6日になった。
もっと大きい写真を見ようとすればクリックします。1901年と1903年発刊された黒竜会の指針では皆同じな方式でYankodo(独島) 内容を記している。ページ 90では韓国の江原道を説明しながら始まる。93ページ後から、同じ章には独島を記述する部分がある。読者たちに一番適切な政府をよく提供する内容は
“韓国人たちと日本の漁夫たちはこの島をYangkodoと呼ぶ…”

この漁業指針では、1901年3月当時漁業指針に備えて発刊されたのだ。したがって独島資料はその前年度(1900年)に収集されたのだ。この短い内容は、日本がいわゆる“主のない地”と言った独島を編入する前5年前から、韓国は独島を認識していたことを確認させてくれる。また、それは鬱陵島にいる韓国人たちが1900年10月当時公布された勅令41号が知っていたことを見せてくれる。(リンクをご覧ください。)

1901年版日本の黒竜会指針書リストは独島をはじめから韓国領土から江原道で含ませている。それも日本の独島編入 5年前に韓国人たちを独島を認知していたことを定める。
1903年版日本の黒竜会漁業指針

上イメージたちの上は黒竜会と呼ぶ日本極右派たちが集団で発刊した本のイメージだ。上の二番目ページで、独島は江原道(韓国)にリストになっていて、鬱陵島のように表示されている。ひいてはこの指針では文書黒竜会の朝鮮漁業指針書と題目を付けた。
1903年日本の黒竜会漁業指針で翻訳
二番目ページの上には、黒竜会朝鮮漁業指針書の索引だ(イメージクリック)。著者が赤い色で表示した方では韓国の江原道であり下には、“Yangkodo”または独島が見える。これはこの地域に出沒した日本漁夫たちが独島を皆韓国の一部(江原道)と思ったし、鬱陵島に附属した島だと思ったことを見せてくれる。確実に、もし当時日本の漁夫たちが独島を日本の一部だと思ったら、その島は朝鮮漁業指針で江原道リストに上がらなかったはずだで、韓国の鬱陵島に属したことで表示しなかったはずだ。彼にあたる適切な内容は次のようだ:
彼にあたる適切な内容は次のようだ:

“…約 30-里鬱陵島東南の方、そして日本の隱岐州で北西方へおおよそ同じな位置に人が住まない島だ。天気が晴れれば山峯(聖人峯)でその島を見られる。

韓国と日本漁夫たちはそれを “Yanko”と呼んで、長さは約 10-choだ。海岸は屈曲がひどくて複雑でお舟たちが停泊することができるし風と波を避けることができる。しかし、火木を求めるとか、地を何何 shaku (1.0 – 1.5メートル) 深く彼にあたる適切な内容は次のようだ:

“…約 30-里鬱陵島東南の方、そして日本の隱岐州で北西方へおおよそ同じな位置に人が住まない島だ。天気が晴れれば山峯(聖人峯)でその島を見られる。

韓国と日本漁夫たちはそれを “Yanko”と呼んで、長さは約 10-choだ。海岸は屈曲がひどくて複雑でお舟たちが停泊することができるし風と波を避けることができる。しかし、火木を求めるとか、地を何何shaku (1.0 – 1.5メートル)深みで掘削をしても水を見つけにくい

そこには多くのあ海鹿が暮しているし島周辺には多くのアワビがい、なまこ、寒天などが多い。何年前。潜り装備を取り揃えたお舟が 山口県で漁業を出たが、彼らは多くの海鹿たちが水で跳びこむから漁業をまともにすることができなかったし、食べる水が不足で港に戻らなければならなかった。それは5月または、6月が海鹿たちの繁殖期だったからだはずだという結論を下した。

大分県で何年前から5月または6月に鮫取りを出たが、鮫取り漁具を設置する良い所がそこにあった。私たちは去る春にそこで帰って来た漁夫たちに問議をしたが、彼らは言うことが充分に良い所だと言いにくいというのだった。何故ならば彼はそこにただ2-3回行ったが、毎年何匹を捕ると言った。彼が当時言ったことは彼の職業的な観点で言ったことで、鮫と魚がどうやって暮すかどうかを分かっているし、これでその地域は漁業の可能性があることで見て将来に漁業基地として可能性がある。この島は業務に参考する価値がある。…”

上の写真は韓国の鬱陵島で撮った独島写真だ。この写真は日本史家たちが独島は韓国領土で可視的な距離にないという主張を覆す証拠だ。数多い記録で韓国の鬱陵島で独島の可視性は知られているし、6世紀以降論争することもなしに韓国の地だ。(もっと大きい写真を見ようとすればクリックします)
韓国の独島であるかはやっぱり黒竜会の朝鮮漁業指針書で証明された。それは明確に韓国と日本漁夫たちがこの島をYangko(Liancourtの方言)と呼ぶと言った。この日本文書では、1905年日本の独島編入3年前に韓国がこの島を認識したことを見せてくれる。

独島の飲み物不足もここで言及された。これは日本本土で遠い所まで冒険をして漁業をすることが難しさを見せてくれたし、長い間独島に泊まることができないようにした。

1904年韓国で日本の業務指針で

上: 韓国に関するこの本のイメージたちはどんなに日本が韓国の江原道の一部として独島を記述しているかどうかを現わす。この本はまた独島が鬱陵島の附属した島で説明している。
1904年この指針では日本の漁夫たちが韓国で仕事を遂行するのに必要な情報を提供するために発刊した本だ。この本の内容には江原道で漁業をする業務部分がある。

この本は独島を日本の 黒竜会漁業指針書で鬱陵島と独島リストで扱っている。中央ページの上には鬱陵島とともに江原道を次の章で扱っている。その次ペイジエソブトグァ次の章では “-ヤンコ島(Yangkodo)” (独島)を簡単に扱っているし、次の章は韓国の本土江原道の竹邊を扱っている。言い換えればこの指針では独島を韓国領土としてまた列挙しているのだ。このページ自体で独島は “韓国業務指針書”に文書化されている。

下は係わる内容翻訳だ:

“…Yankodo(独島)は、日本隱岐島と鬱陵島の中間にあり、30里の町にある。もし、係留場が浜辺に設置されることができるが、火木を求めにくいし、飲み物も求めにくい。アワビ、なまこ、寒天などを収穫することができる。たとえ多い鮫たちが水域に住んでいるが、あしかたちがこの地域にたくさん住んでいるから鮫を捕りにくい…”

鬱陵島状況に関する1902年日本の報告書
1902年日本文書題目、“外務省、通商局、文書部: 交易文書たち” (外務省通商局編纂 通商彙纂)が発刊された。部属文書には、“韓国の鬱陵島状況”と題目が書かれていて、そして鬱陵島の地理、気候、人口、生産品、商業、漁業、運送、停泊、そして風土病に対して詳らかに記録している。

この記録は鬱陵島と独島に関するすべての情報を提供する。それは鬱陵島の状況に対する真実な内容を明らかにしてくれて、そして韓国の問題として日本渡海者たちの何種類問題もある。また、そこには鬱陵島地域で数百 kmを航海して来た全羅道人々に関する話がある。そこにはまた独島漁業部分に関する簡単な内容もある。

1902年日本の韓国の鬱陵島に関する報告書翻訳
2部 – 島に住む韓国居住者たちの状況
“…古代からこの島に暮して来た韓国人たちはいない。21年前、4人の人々が江原道から移住して来たが: 李季周、金大木、卞敬云、そして田士雲だった。彼らは山と土地間に開墾をして、農地を作った。翌年黄鐘海、崔島守、田士雲、金花椒、洪奉尭そして李孫八などが江原道地方江陵から来たし、張敬伊などの少しの人々が全羅道から来た。皆7人の人々が島へ来た。その後毎年多い人々が 4部屋で来たが、江原道、ソウル、咸境道、全羅道から来た。彼らの家は散らばって暮したし、そして彼らは農業にだけ専念して地を開墾した。漁業に携わる人も何人いた。南東の方部分島は黒くて朝鮮地より肥える。しかし、北西の方は不毛で油気がない地であり、そして農業が難しい…”
1902年のUlleungdoの上の日本人と韓国人の位置
上の1902年刊行物は、韓国人たちと日本人に非常に重要な情報を提供する。何故ならばそれは韓国人の居住地と鬱陵島を訪問した、日本人たちの位置を知らせてくれるからだ。下には各村に住む韓国人たちと日本人たちの数字を現わすからであり、日本の歴史的鬱陵島地図を現わしてくれるからだ。もっと大きい地図を見ようとすればクリックします。
(道洞) – 27人韓国人; 36人日本人
(伏洞) – 10人韓国人; 2人日本人
(中嶺) – 30人韓国人; 2人日本人
(通亀尾) – 20人韓国人; 5人日本人
(窟巌) – 7人韓国人
(山幕谷) – 26人韓国人
(香木洞) – 1人7 韓国人
(新村) – 35人韓国人; 1人日本人
(錐山) – 7人韓国人; 1人日本人
(千年浦) – 6人韓国人
(天府洞) – 16人韓国人
(亭石洞) – 20人韓国人
(乃守田) – 11人韓国人; 2人日本人
(砂工南) – 2人韓国人
(沙洞) – 40人韓国人; 2人日本人
(新里) – 7人韓国人
(間嶺) – 10人韓国人
(南陽洞) – 57人韓国人; 9人日本人
(水層) – 1人韓国人; 1人日本人
(台霞洞) – 34人韓国人; 6人日本人
(玄浦) – 50人韓国人
(光岩) – 10人韓国人
(羅里洞) – 30人韓国人
(昌洞) – 6人韓国人; 2人日本人
(竹岩) – 11人韓国人; 5人日本人
(臥逹里) – 2人韓国人
(苧洞) – 62人韓国人; 5人日本人
左側の地図は 20世紀初に鬱陵島の韓国人と日本人 “住人”の差を現わしている

この絵は鬱陵島に設置した日本海軍望桜たちが位置を見せてくれる。日本の望桜たちは “望桜”と表示されていて、そして私たちは 1905年地図が印刷した当時に 3個の日本軍隊望桜があることを分かる。

この地図の下には韓国と日本人たちの村位置を説明している。日本人たち村は “日本人部落居留”と記録しているし韓国である定着地は “韓人部落”と少なかった。翻訳は“..外国である地に居住した日本人と韓国の定着地
…”

これは明確に日本人たちの鬱陵島居住は通過者たちや、一時的な居住なのを分かる。日本の独島でこんな活動は大部分全面的に不法的な鬱陵島航海を通じて行われていたから、日本人たちは独島を日本の一部で見做さなかった。

1902年鬱陵島報告書の第7部 – 鬱陵島漁業状況
“..この島の漁業指針は普通3月から9月の間で海産物はアワビ、寒天、のり、そして何種類海草たちだ。大部分の漁夫たちは熊本(天草)、島根、隱岐と三重地方から来る。韓国である漁夫たちはこの島にないが多くの人々が韓国が全羅道三島から毎年来て浜辺に伸びる昆布を採取して行く。三島は今日巨文島だ。

また、島東約50海里には 3個小さな島々が “Ryanko-do” (独島)、と呼ぶのに日本の住人たちは独島(当時松島)と呼ぶ。ここにはアワビがいて、したがって何何漁夫たちがそこへ行く。しかし、食べる水は不足でそれは長い間漁業をするには不可能だ。彼らはこの島(鬱陵島)から4 ~5日とどまった後に戻って来た。…”

上に鬱陵島漁業に関する部分はどの位事実だ。日本の竹島ロビイストたちは鬱陵島に居住する韓国人たちは大部分農業人たちで海洋技術が発達することができなかったから独島へ行くことができなかったと主張する。しかし、上に言及したところのように、鬱陵島にいる多くの韓国人たちは毎年全羅道にある巨文島で鬱陵島で航海した。

この距離は信じられない位に遠い約 550km距離だ。李奎遠の1882年測量と鬱陵島おこることはやっぱり記録した。韓国人たちは巨文島、初度、そして全羅道落雁でお舟で鬱陵島で航海して来た。李奎遠の記録は他の記録の中でこれら韓国木手たちを記録して豊かな鬱陵島木材を活用して舟を作ったと記録した。

右側地図には韓国の南側全羅道が桃色に表示されている。明るい緑表示はどんなにこれら勇ましい人々が鬱陵島に到着するためで見るに相当な距離を航海したのか可能な航路を表示している。

他の7番部分では独島(リアングクル)での日本の活動に対して簡単に説明している。独島漁業は日本人たちが鬱陵島でした漁業とは違い好んだ地域ではなかった。独島は食べる水が不足でとどまるのに限界があった。この日本漁夫たちは日本から直接独島で直接漁業活動をしに来なかった。隱岐島で航海しようとすれば二倍の航海時間と材料の不足、そして食べる水が不足だった。言及したところのように日本本土で独島航海はできたと言っても非現実的だった。
1902年鬱陵島報告書ページ 9と10
指針の最後の二つのページ資料は上の地図で資料でよく現われている。9 ページと 10 ページ記録は鬱陵島に住む日本人たちの家だ。ここで、大部分の鬱陵島に住む人々不法滞留者たちは島根県から来た人々だ。たとえ日本である自らの目にも彼らは鬱陵島の真実な住人ではなかった。

1883年、日本の渡海者たちは強制的に日本政府によって退去されたし鬱陵島渡海禁止令が下ろされた。しかし、今世紀に立ち入って日本人たちは韓国人を圧倒するようになったし日本警察が永久的に駐屯するようになって鬱陵島を統制するようになる。また私たちは日本人の独島活動は鬱陵島に民間である侵犯を通じて行われていることを分かる。

1904年9月25日日本戦艦新高丸の行動日誌
1904年秋、韓国の鬱陵島に軍事施設を設置する過程で日本戦艦 新高丸の航海日誌は独島に関する簡単な記録を残す。簡単に話が、韓国のこの島に対する認識は確固なのだった。進んで、それは韓国人たちは日本がこの島を編入する 6ヶ月前から、独島という名称を使っていたことを見られる。

上: 9月 1904年日本戦艦新高丸の行動日誌の明確な証拠で韓国人たちは日本がこの島を占領する以前に独島を認識していることを見せてくれる。また “独島”という名稱はここでも韓国人たちが使った。
“…次は鬱陵島に実際にある観測者たちの独島に関する言及だ。独島を韓国人たちは独島と呼ぶのに、日本人たちは当時 Riangkoと短く言った。添付された資料に説明するところのように、それは二つの岩で成り立っている。西嶋は約 400 feet 高さで絶壁に上がりにくい….”

ページ 5
“しかし東嶋は、相対的に葦と共に低くて、その上は平たくて 2-3個の建物を建てるに値する。少量の塩分ある水が東嶋の東入口で出る。地表水は東嶋南側に “B”と表示した部分 5.4 メートルの下から出る。(添付されてからもページ 7 位を参照) それは非常に多い量で年中に乾かない。西嶋には明確に “C”と表示した部分に水が出る。(添付されてからもページ 7 位)。島周辺には散らばった岩があって、大きいものなどはその上に十枚近い畳みを広げることができるようだ。その岩たちはいつもそこに立っている。そこにはやっぱり多い数字のあしかがいる。お舟たちは二つの島を連結することができるし、そして小さなお舟は浜辺に引っぱることができる。そこにはいつも強い風が吹いて、あの時漁夫たちは鬱陵島に帰って来る。人々が言うのを彼らは鬱陵島から航海して来て、独島島に上がってあしか漁撈をする日本お舟たちとともに60~70個の石で穴蔵を作った。彼らはそれぞれの航海で 10日位とどまる…”

ページ 6
“そして彼らは多くの魚を捕った。そこにはよく40-50人の越える人々がいる時もある。彼が言うのは水が不足で何回島に渡ったと言う。…”

ここでまた独島は漁業とあしか狩りが成り立った基地だったと記録している。当時漁夫たちとあしか狩人たちは水が不足だったから島に長居をすることができなかった…”

独島と20世紀初日本の領土認識
歴史的記録は、私たちに日本が20世紀初独島を韓国領土で見做したことを言ってくれる。
上の文書たちは独島主張を広げるために韓国の資料を根拠にしたのではない。これら文書は常識的な問題で意図したし、日本軍隊が島を編入する直前に緊密に鬱陵島と独島に関与した人々の領土認識を明らかにするための常識的な試みだ。鬱陵島に居住する日本の住人(不法的)ら位日本の国家境界を寝る知り合いが誰だろう?

鬱陵島の日本である不法滞留者たちはたかが島の状況に対しては少ししか分からない。彼らは普通鬱陵島の水域で季節に付いて漁業をした人々で、秋なら故郷に帰った人々臨時住人たちだった。当時朝鮮~日本の漁業協約によって、日本の漁夫たちは彼らが採取した海産物に対して税金を出さなければならなかった。しかし彼らは税金を出さなかった。彼らはこれら日本人たちを責めなかったしこの地域で状況に明るい光を与えた。それは不法的に漁業と木材を伐採する日本の人々が鬱陵島に住みながら、返って意図的に独島を日本地だと主張するようになったのだ。このような矛盾は鬱陵島に合法的に一年中暮して漁業と農業に携わった人々とは対立されるのだった。

上にて見るところのように、独島で日本の漁業と航海活動は鬱陵島を経って成り立つことであって、日本を通じて行われるのではない。これは何種類要因たちのためだが、例えば、日本で遠い独島の位置、飲み物の不足、そして荒い東海の環境だ。

日本の近くの本土で往復に300km以上航海する距離は、器具を取り揃えた日本漁夫たちに不毛で油気がない岩は有害なのだった。独島は東海の真ん中にある。独島周辺水域たちはよく非常に年中 150日雨が降る荒い海だ。この地域 85%はいつも雲が立ち込めるとか悲歌来て、雪が降る。独島は本質的にこの険難な環境で居住地を提供することができない不毛で油気がない岩たちが集まっている所だ。

独島の飲み物不足は独島(竹島)に対する状況を説明する 大部分記録で詳しく言及されている。独島の飲み物に関する一番良い歴史記録は日本戦艦対馬島丸の1904年11月記録だ。“…そこには山頂で流れる何個があるが、量が多くなくて飲料水源も海鹿たちの排泄物で汚染している。化学成分検査結果は下のようで、その水は飲むことができないのだった。…簡単に言って主な島は不毛で油気がない岩として、荒い海願うに露出して、居住するほどの大きさを万たち場所が珍しい。食べ物を沸かす燃料、飲む水、そして食べ物もない。”

前で言ったのが事実だから、日本の漁業と独島周辺あしか狩人たちは一番近接した韓国の地鬱陵島を拠点で活動しなければならなかった。したがって、鬱陵島と独島の状況をよく分かる人々は独島を韓国の江原道に属した地として、日本に編入される何ヶ月前まで鬱陵島附属した島と言うのが分かっている。