1895年日本地図帳
日本の19世紀地図帳-日本領土の限界
1895年地図帳は一つ目的に日本の国家Digital Archives(JACAR)から見つけた。
数時代にかけて日本の国家地図は独島-竹島(時にはリアングクル岩礁(独島))が日本外務省が現在きっぱりと主張することのように日本の固有領土一部で見なされなかったということを証明する。参照で下二つの地図たち見れば 隱歧島は箱に表示された。そして上の近代地図は見る人のために地理的参照を提供した。1905年日本が独島編入をする私は数世紀の間日本人は隱歧島を日本の北西境界で見做したという結論を下した。もっと高い拡大地図を見ようとすれば各地図をクリックします。

上左側: 東海地図で 隱歧島は黒い線に表示されている。上右側地図は韓国と日本一番近くの島々そして陸地から独島まで距離を表示する。

.

20世紀初まで独島–竹島はすべての日本の現から除かれた。
次ページ、文書が現わすことのように1895年日本地図帳で読者は19世紀後半日本の明確な領土認識を見られる。この地図帳見えるすべての日本県たちそしてすべての日本の小さな島々はそのものまたは附属した他の地図に含まれた。各縣地図と国家地図写本で接した所と適切な地域は地理的参照のために桃色に表示されている。この地図で私たちは日本が1905年独島編入に先立ってで独島–竹島が実際日本の領土一部で見做したのか決めることができる。

上記 3枚の写真(左側で右側):左側は 1895年地図帳の前表紙,中央は索引であり,右側は 1890年に発刊されたことを現わす後表紙だ。
1895年全体的な地域は日本、韓国東、鬱陵島と独島を見せてくれる。
この地図帳は近代西洋地図製作技法でとても遠くてこの地図たちの縮尺で表現することができない小さな島々は附属した地図に表示する技法を使った。この刊行物と類似の地図帳ではこの時代の日本領土の限界を手広く見せてくれる。

明治時代初期から、日本領土の正義は急激に変化し始める。新しい地の“獲得”と一緒に、例えば琉球、小笠原、北海島などを得るようになると、日本地図たちはこれら外部地を現わすために部属地図たちを変更した。日本が 1895年日清戦争後台湾を “獲得”とナソから日本の国家境界規定はこのシリーズ次のページに見ることのように 20 世紀転機に変わった.

日本地図帳前部には全体的な日本周辺地域地図参照表がある。上右側にこの絵が見える。表示にならなかったが、日本の隱歧島西の方二つの島々は彼らの位置に見て鬱陵島と独島で確認することができる。

“1895年に独島は日本の一部だったのか…?”

図 1。北海島北 千島列島
島列島は日本の北海島北に位している。参照で上の地図に見える千島列島はピンク色漆になっている。通常航行そして開放条約は1855年に締結されたし、国境がIturupそしてUrup 間で決まった。この国境は日本領土が南側はIturupからそしてロシア領土北 Urupまで確定された。

華太は両国国民が皆住むことができる所で残された。1875年Saint Petersburg 条約で日本は華太に対するすべての権利をあきらめてその交換でロシアはすべての千島々を日本に譲渡した。

上左側:1895年地図帳の絵日本観する下の北海島北千島列島地図。上右側: 全体的な地図で係わる参照地域は濃い桃色に表示されている。
地図2。そして 3。.北北海島 と南北海島
北海道は文字のどおり “北海周辺”なのに,以前には Ezo,Yezo,Yeso,または Yessoと呼んだし日本の二番目最大の島と同時に北 47個県の監督の下にある島の中で一番大きい島だ。この島は明治時代が始まった直後 1869年に日本の一部になった。

上左側:1895年地図帳の絵日本観する下の北海島北千島列島地図。上右側: 全体的な地図で係わる参照地域は濃い靑色に表示されている(イメージクリック)
地図 4。北東北地域
東北は日本の“北東の方”と言う意味であり、そして東北地域は日本で一番大きい島本州の北東の方を占めている。独島はとても遠くてこの南西の方地域で見なされることができなかった。

上左側:1895年地図帳の北東北姿だ。上右側: 全体的な地図は係わる地域が淡い黃色に表示された。
地図 5。中部地域(新瀉,石川,南東北部分)
9個県を含む: 愛知、福井、岐阜、石川、長野、新潟、静岡、富山、山梨、そしてたまに三重。それは 關東地域と 關西地域の間にありながらそして 名古屋 市そして太平洋と東海 海岸線、高山リゾート、そして富士山を含む。下見るように、独島はこの地域に含まれなかった。

上左側: 1895年地図帳の 中部地域絵。上右側: 全体的な地図で係わる参照地域は濃い緑,灰色そしてかば色に表示された.
地図 6。.關東地域, Miyake そして小笠原(Bonin)島々
新潟県 は日本東海(日本海) 本州島海岸に位した現だ。中心地は新潟市だ。名前 Niigataは文字のどおり “新しい干潟”を意味する

上左側: 1895年地図帳の絵には 關東地域そして Miyakeとともに小笠原 (Bonin) 島々が部属地図に描かれている.上右側: 全体的な地図で係わる参照地域はエメラルド緑そして青色に表示されている。
關東地域地図はこの地図帳で重要な地図製作法を明確に説明する。すべての日本の小さな外部島々。 關東地域に追加された地図は Bonin (Ogasawara) 列島の部属地図だ
小笠原は東京南側約 1000kmにあって非常に小さい。小笠原諸島(小笠原諸島)は30個以上の亜熱帯または熱帯群島で成り立っている。この島々はイギリスから日本が 1875年に主張した島や東京現には 1880年に編入された。

小笠原制度は 1895年全体的な地図の前でボックス地図に含まれた。地図右側に明るい緑ボックスに表示された所だ。(地図をクリックします)。

地図 7。關西地域そして隱岐島
關西地方または近畿地方は日本の主な島本州南側-中央地域に 三重、奈良、和歌山、京都、大阪、兵庫、そして滋賀県 が含まれる

この地域は 19世紀後半日本で独島 – 竹島が日本の一部なのかを言う時一番重要な地域だ。独島に一番近接した地域隣接地域で,もし日本がこの島が日本の一部だと思ったら確かに地図に描いたはずだが,私たちはそうではないことを見られる。また私たちはこの地図たちが小さな島を詳らかに描かなかったと言うこともできないのだ。何故ならば小さな見島に南島根県海岸に描いておいたからだ。このシマの地図は皆県の歴史的地図たちと同じく独島が日本の一部というのを言ってくれていない。いつも日本の隱岐島たちは日本西の方の限界だった。(地図をクリックします)

上左側: 1895年地図帳の絵はカンサイ地域そして隱岐島だ。上右側: 全体的な地図で係わる参照地域は明るい緑一緒にOki島は明るいイエローで現われる。
地図8。中国(島根-鳥取- 四国地域
島根県は日本本土で独島に一番近い地域だ。この県はすべての日本の鬱陵島と独島不法的渡海が始まる所だ.ここで私たちはシマの県はで日本の西海岸小さなミノ-シマまで航路が点に表示されたことを見られる。次の県はは隱岐島越しには航路がないことを見られる。1895年,島根県そして隱岐島西の方には日本領土がなかったことを現わす。

上左側:1890年地図帳の島根と四国絵.上右側: 全体的な地図で係わる参照地域は明るい緑に表示された。
地図 9。 九州、対馬島 そして隣接島々
九州(9個の国)は日本で 3番目に最大の島であり 4個の主な島の中一番南西の方に位する。この島の古代名前は九国(九個の国)、Chinzei(鎮西の方地域)、そして筑紫島。歴史的地域的名前 西海道(西の方海周辺)は九州とその周辺島々を言う。

上左側:1890年地図帳の絵は九州と一緒に対馬島そして他の周辺島々だ。上右側: 全体的な日本近代参照地図で九州地域は赤いそして濃い青色で描いた。
地図 10。琉球諸島 小さな外部諸島
次地図は日本島列島琉球を見せてくれる。ここにはまた他の小さな外部諸島が含まれた。そして独島そして鬱陵島はこの地図帳で抜け落ちされている。琉球諸島は日本で南西諸島文字のどおり南西の方島々は東支那海東限界にある西太平洋海で並んだ島々だ。彼らは九州島南西の方から台湾までつながる。

1879年、明治政府は琉球編入を宣言する。中国、しかし、外交的に反対をしたそしてアメリカ前大統領 Ulysses S。Grantに仲裁を要請した。彼は日本のこの島に対する主張がもっと強くて日本の支配で賛成をした。土着琉球人たちの主張は無視された。編入過程で、日本の軍隊はここに反対する琉球政治家たちと市民たちを暗殺した。

上左側:1895年地図帳の絵は琉球諸島だ。上右側:1895年日本参照地図地図帳で琉球が箱に桃色に表示された。
日本の新たに“編入”台湾(Formosa)
地図帳に表示されたことは非常に最近の地図に理解されることができる。
中国清は一次中-日戦争(1894年-95年)から敗れたし、そして台湾と澎湖列島(地図に表示される)を下関条約で日本に永久に譲渡した。この地図帳は新たに獲得した領土を見せてくれる。しかし独島は日本地図どこにも含まれていない。

上左側:1895年地図帳の絵は台湾だ。上右側: 全体的な日本現代参照地図には台湾が濃い青色箱に表示された。
1895年日本地図帳–証拠に根拠した結論
上記発行物は真実な1895年当時日本の領土限界を現わす。これは非常に正確な地図帳で近代地図製作法(例えば、部属地図)を使ったのだ。日本のすべての地域が網羅されて進んで、日本の小さな外部島々例えば 小笠原諸島そして琉球が最後の地図にある。これら小さな諸島は大部分日本の主な島で 1、000kmも離れているが、日本19世紀後半国家地図に一貫されるように含まれた。
竹島(鬱陵島)そして松島)(独島)などが全体的な地図日本の周辺水域で見えるが、この島々は日本地域または現の一部で描かれなかった。唯一の結論は20世紀転機に日本が国家として竹島または松島を日本の一部で思わなかったというのだ。日本の国家または地域的地図で鬱陵島と独島を日本領土から除いた地図が4 ページ以上頻繁に現われている。ここで日本の境界を規定することができる。この地図たちは次リンクをご覧ください。
: 地図1 地図2 地図3 地図4で見られる。日本の1895年度地図帳日本である教授は1894年当時独島は韓国地という地図を公開した。