19世紀独島地図の間違い
19世紀地図たちを通じて見た日本の領土認識
Argonaut島混同に対する説明
数年の間韓国研究者たちは鬱陵島(竹島)と独島(松島)が朝鮮領土の一部というのを見せてくれる日本の文書たちと地図たちを持続的に明らかにした。( リンク1 ) ( リンク 2 )この記録の二つの事例たちは1870年朝鮮報告書( リンク3 ) そして1877年太政官の報告書なのにこれは鬱陵島そして他の島( ( リンク )その実体は韓国と日本学者の間に熱っぽい論争の種になった。このページは幾多の19世紀日本地図たちで混同を無くすために作ったのだ。しかし先に何種類地図を読者たちに見せてくれることで自ら鬱陵島独島地域に対して親しくして上げようとする。

上左側: 全体的な地図鬱陵島–独島地域地図は日本の位置そして韓国陸地との一番近くの位置を見せてくれる。上右側: 韓国の鬱陵島。
1840年以前歴史的な日本地図
日本地図の鬱陵島(竹島)そして独島(松島)
はじめに日本地図たちは竹島(鬱陵島)そして松島(独島)が竹島(鬱陵島)そして松島(独島)に表示された。島の位置は彼らの実際位置でちょっと東に表示されていたし正確ではなかった。二つの島々は遠く離れなかったし、いつもつがいにされた島または姉妹島に表示された。

1770年代最初の日本鬱陵島独島地図たちで知られた地図は日本の地図製作者長久保赤水(Nagakugo Sekisui)が描いたのだ。すべての島々の姿は、大部分の日本地図たちのように楕円形態で現われる。長久保赤水の絵は彼の死亡後何十年後にも多くの彩色複写本で作られる。彼の地図は東海(日本海)の日本地図で一番根本になることと知られている。これは18世紀末に日本は東海(日本海)に関して相当な知識を持っていたことを現わす。やっぱり、鬱陵島と独島の隣に漢字“見高麗如自雲州望隱州”字は韓国はこの地域で可視的だったのを説明する歴史的参照資料になる 。( リンクをご覧ください。 )

長久保赤水の1779年日本そして東海(日本海)絵

上左側: 全体的なイメージの長久保赤水の1779年地図で鬱陵島(過去日本が言った 竹島)そして独島(過去日本が言った 松島)。上右側: クローズアップされた鬱陵島と独島。鬱陵島の不正確な実模様姿そして独島の不正確な姿が卵円形で描かれている。
1793年長久保赤水の日本地図

上左側: 長久保赤水の複写版後の 1779年全体的な地図で鬱陵島(過去日本が言った竹島)そして独島(過去日本が言った 松島)が見える。この地図は日本の地図製作者、Inoue Jiheが刻んだのだ。
上右側: クローズアップされた鬱陵島と独島。

上左側: 長久保赤水の複写版後の 1779年全体的な地図で鬱陵島(過去日本が言った 竹島) そして独島(過去日本が言った 松島)が見える。この地図は日本の地図製作者、Inoue Jiheが刻んだのだ。上右側: クローズアップされた鬱陵島と独島。

60年後、鬱陵島の不正確な実姿は原本絵を倣ったのだ。独島の姿はやっぱり不正確だが、しかし長久保赤水の初期版の正確な複写本だ。

18世紀頃日本の地図製作法に関する考察
当時標準日本地図たちは18世紀後半そして19世紀初日本の地図製作法で領土認識を言ってくれる。
第一これら地図表式たちは鬱陵島と独島は日本と韓国でいくら遠く離れているかの一般的な考えを現わす。長久保赤水は当時二日半分を 隱歧島で旅行しなければならない島の位置がだいたい描いた 隱歧に関する齋藤豊仙の1667年報告書を(リンクをご覧ください。
)参照にした可能性が高い。事実上韓国は隱歧島よりは鬱陵島がずっと近い。しかし地図には現われない。

したがって日本地図たちは鬱陵島と独島がとても遠い東にあると見せてくれる。やっぱりどんなに鬱陵島と独島はこれら絵たちで経度線そして緯度線の外に描かれているかどうかを見ろ。これら島は一番近い日本の隱歧島は明るいイエローまたは桃色なのによく色が塗られなで残っている。これはすべての島々が日本の一部ではないということを見せてくれる。

“日本の地図製作法はたとえ不正確なしかし、島の模様と位置を現わしている…”
また他の重要な考察ではこの時代地図製作法に関する私たちにちょっと言ってくれる。長久保赤水は鬱陵島と独島を不正確に描いた。鬱陵島はカシュー実模様卵円形で描いたが現実的に島は大部分三角形だ。独島は実際に二つの島と幾多の周辺岩で成り立ったのに卵円形で描かれている。
(右側の上地図を見ます)島様そして位置で幾多の日本の地図製作法そして板刻家らが明白な過ちをするにもかかわらずこの絵たちは何らの変動なしに少なくとも 60年をそのまま伝わって下る。これはこの地図研究次数十年に作られたことで重要なことと考えられる。現実的にこの時代地図表式たちは原本地理学者たちが作ったのではなく芸術家、板刻家らがそして印刷業者たちが作ったのだ。
18世紀ヨーロピアンたち二重地図。
韓国の鬱陵島地図が間違った二つは他の時代と国々の探険したヨーロッパ人々が作ったからだ、これらは第一、二つ他の地理的位置と名前で鬱陵島の島絵を不正確に描いたヨーロピアンたちのため間違いが生じた。
Calaup de la Perouse ‘鬱陵島発見’
1787年、フランス航海士 Calaup de la Perouseは鬱陵島を ‘発見’とそれをDageletと名付けた。彼は島の位置を 37゜26´ 緯度そして130゜56´ 經度に正確に地図を描いた。Perouseは鬱陵島を非常に正確にそして鬱陵島の周辺岩たちを含ませた。Perouse も韓国で鬱陵島(Dagelet)を詳しく描いた。ここで彼の鬱陵島経験を見られる。(リンク
)

上左側: 1787年鬱陵島を見つけて地図を描いたフランス探険家 Calaup de la Perouse イメージ。上右側: Perouseの朝鮮鬱陵島地図(地図で周辺岩を見て)
イギリスJames Colnett も鬱陵島を見つけたが不正確に地図たち描く。
しかしこの島は不正確に地図が製作された。Colnettは島の位置を 37。32´ 緯度そして129。50´ 經度で表示した。

右側にはJames Colnettの彼の航海絵で東海地図(日本海)だ。鬱陵島はちょっと波線で描かれている。この航海でColnettの艦艇は朝鮮の鬱陵島ちょっと南側で方向を失った。

二つの他の位置と名前が鬱陵島に付けられたから、二つの島(皆鬱陵島)がヨーロピアンたち地図の東海(日本海)に描かれた。その後ちょっと間ヨーロピアンたち地図たちにア、Argonaut島が含まれた。Argonautは実際鬱陵島(竹島)を描いたことでそしてDageletは独島(松島)を現わしたのだ。(地図をクリックします)

ヨーロピアンたちの1840年前後地図
ArgonautそしてDagelet島々が見える。朝鮮鬱陵島のこの中地図の作われた後ヨーロピアンたちは続いて東海(日本海)から、 ArgonautそしてDageletという島を描く。日本地図二つの島々竹島(鬱陵島)そして松島)(独島)を見せてくれる。これは、Argonaut島は鬱陵島(竹島)でそしてDageletは独島(松島))とヨーロピアンたちが思ったという仮定できるのに、Phillipp Franz Sieboldは下記のように見せてくれる。

上左側: John Thomsonの1815年度韓国と日本地図の全体姿。絵はArgonaut(鬱陵島で過ち描いた)そしてDagelet(正しい鬱陵島)。この島々の模様が位置を見ろ。上右側: クローズアップされた ArgonautそしてDagelet島。

上左側: J. C. Walkerの1835年韓国と日本地図の全体姿。この絵はArgonaut(鬱陵島で過ち描かれた地図)そしてDagelet(正しい鬱陵島)。島の様と位置は上のヨーロッパ地図に似ているが下の他のヨーロッパ地図とは違う。上右側: クローズアップされたArgonautそしてDagelet島

上左側: Coultonの1856年度韓国と日本地図全体姿。この絵はArgonautが竹島(鬱陵島)そしてDageletは今松島(独島)で表示した。これは確かに Sieboldの過ちだ。島の様と位置はJ. C. Walkerの1835年地図のようだ。上右側: ローズアップされた ArgonautとDagelet地図。
Phillipp Franz SieboldはArgonautとDageletに1840年日本式名付ける
1840年Philipp Franz Balthasar von Siebold(1796年2月17日Würzburg生まれ–1866年10月18 Munichで死亡)はドイツ外科医者で1823年8月11日、日本に到着したし西洋医学を初めて日本に伝えた人だ。Sieboldは宮殿天文学者 高橋景保 からいくつかの詳細な日本と韓国地図を得る。(資料 Ino Tadataka)。
言及したところのように、日本とそして西洋地図たちを比べて見る時 Sieboldはすべての絵で東海(日本海)に二つの島々があることを分かった。そこで彼は自ずからア、Argonaut島は竹島(鬱陵島)でそしてDageletは松島)(独島)で表示した。結局、日本の地図製作法はこれら西洋地図たちを参考するようになってそして間違って認識した西の方島の不正確な複写本を持つようになった

したがって、竹島(鬱陵島)そして松島(独島)はもっと西の方の方に描かれるようになるのに、鬱陵島(竹島)は東經129度3分そしてそして独島(過去日本が言った 松島)は130度56分に描かれるようになる。しかし、それは日本が単純に東海の竹島そして松島)の二つの島を古い地図実務によって過ち描いたのが明らかで(私たちが下で見るようになるが)そして単純に Sieboldの位置をコピーしていたのだ。この地図製作過程はたとえ後で位置過ちが発見されたが数十年の間続いて作られる。

Phillipp Franz Sieboldの1840年日本地図そして東海(日本海)
Argonaut島は竹島(鬱陵島)そしてDageletは松島(独島)に表示された

上左側 Phillipp Franz Sieboldの1840年日本地図。上右側: クローズアップされたArgonaut島とDagelet 増えた Sielbold が表示したTakeshima(日本で鬱陵島)そして松島(日本で独島)と島の隣に書き入れた。日本地図製作者は後で自分の絵にその名前をそのまま真似して入れた。
日本はArgonautを竹島(鬱陵島)そしてDageletを松島(独島で)名付ける。
ヨーロピアンたち意志島と日本人たちの地図比較: B. Marzollo (1847) ~ Uchida Shinsei (1872)
日本人たちがどんなに西洋人たち意志島を模倣したのか見れば、下には19世紀標準ヨーロッパ地図があって日本地図がある。一番目地図はBendetto Marzolloが描いたArgonaut島を“Takeshima”に表示したしDagelet を“松島”で表示した。これはJ。C。Walkerの1835年度地図と( map image 1. ) Coultonの1856年度地図のように変ではないのだった。 ( map image 2. ).地図で模様と位置が不正確なことを見ろ。

この地図たちで日本地図制作家たちは漢字で“竹島”と鬱陵島を表記して独島を“松島”と表記した。Uchida Shinseiが製作した日本地図で私たちは“見高麗如自雲州望隱州”字を鬱陵島の隣で見られるのにこれは疑うところなしに Westerly islandが鬱陵島だったことを言ってくれる。私たちがこの地図で引っ張り出すことができる論理的な結論は日本地図制作家たちが鬱陵島と独島を論理的にArgonuautは鬱陵島で Dageletが独島と仮定した論理的な位置よりもっと西の方に鬱陵島と独島を描いて入れた。

左側は 1847年ヨーロッパである Marzollo Bendettaが製作した地図でArgonaut(鬱陵島)とDagelet(独島)が見える。右側には竹島(鬱陵島)をArgonautで表示してそして松島(独島)をDageletと表示した日本地図だ。

左側は1847年ヨーロッパである B. Marzolloが描いた地図で Argonaut島と Dageletが見える。右側には竹島(鬱陵島)をArgonautで表示してそして松島(Dokdo)をDageletと表示した日本地図だ。漢字字“見高麗如自雲州望隱州”(上の日本地図を見て)が竹島横に使われたことはその島が鬱陵島と言うのを日本地図製作者 Uchida Shinseiが確認したのだ。
Sieboldの過ちが発見されて絵は修正される。1850代初
1855年Lieuts W. L. MauryそしてSilas Bentが製作した米海軍地図で韓国と日本地図
1850年代の初め(1852-1854)、アメリカ海軍は提督 Matthew C. Perryの指揮の下日本を二度探査した。下の二つの地図はこの航海の結果に製作されたのだ。伝えて来る言葉で彼らは部分的に Phillipp Franz Sieboldの1840年日本と東海地図を根拠で製作したと言う。Argonaut(鬱陵島)はこの地図で抜けていてLiancourt Rocks(独島)はまだ追加されなかった。韓国東海岸は点線に表示されていて韓国海岸はまだ確定されなかったとか明らかではないことを現わしている。すぐ引き継いで、Argonaut島が短い線で引かれてこれはその島の位置存在がまだ疑わしさを現わしている。(下を見ます)

1855年日本と韓国に関するアメリカの海軍の地図。この絵は開港時期に Mathew C.Perryの海軍探険に基礎を置いたのだ。拡大したこの地図には Argonaut 島がなくて Liancourt 岩はまだ追加されなかったことを見せてくれる.

內容追加
東海岸の3個の島
西方国家たちは独島を1849年に“発見”した。- 東海岸の3個の島
1849年フランス捕鯨お艦Liancourtが一つの島を見つけたと報告して独島はヨーロッパ地図に現われ始めた。鬱陵島のこの中地図表示で3個の島が何何地図に現われた。独島は“Liancourt Rocks”と命名された。何年後イギリス戦艦Hornetが独島を見つけて“Hornet Rocks”と名付けた。
その後 3年後の1852年フランス戦艦Corvette Capricieuseが二島ColnetteのArgonaut位置を通り過ぎたがどんな島も見つけることができなかった。1859年6月イギリスH. M. S. ActoeonもやっぱりArgonaut 位置を通り過ぎたが、半径5キロ内で何も見つけることができなかった。同年、ロシア戦艦もやっぱりArgonautと考えられる位置を通り過ぎたが島がなかったと報告したこんな測量の結果ヨーロピアンたちの間ではArgonaut島は1850年代まで存在しないことに認識された。

1864年イギリス水路国ではヨーロピアンのArgonaut島航海に関する要約を言いながら“この島はフランソワラッシュ煬前することが探索したが、見つけることができなかった: 捕鯨舟もこの島の存在を無視する。したがってこの島はこの地図から除かれる。その島の発見は多分海流だからであるはずで見えない島なので Dagelet(鬱陵島)はまた名付けなければならない。”

1855年度アメリカの韓国と日本地図
地図の題目に現われるように下の地図は米海軍提督 Commodore M. C. Perryの指令で1855年に発刊されたのだ。その地図はアメリカが当時持った最新情報を収録したのだ。ここで私たちは“H. M. S. Hornet ”の名前が独島に付けられてこれはイギリス地図の影響を受けたことなのを見せてくれる。一番重要なことはArgonaut島が“存在しないこと”に表示されているというのだ。

This 1855 American map shows Argonaut Island as

上左側:1855年アメリカのアジア水域地図の全図。上右側: クローズアップされた東海にはArgonaut(鬱陵島)が存在しないことで出る。
1855年ヨーロッパである Heineが製作した韓国と日本地図
右側に見えることは韓国と日本の隣接水路を描いたヨーロピアンの地図だ。まだ 3個の島が東海に見える。赤色箱に描いたことはArgonaut島がダシボイヌンデこの地図には以前のArgonaut島は“存在しない島”に表示された。

日本地図製作者たちは多くのヨーロピアンたちの地図をコピーした。大部分の日本軍事(海軍)地図はイギリスとロシアの地図だった。したがって、鬱陵島独島についてヨーロピアンたちがどんな考えをがジョッドンジ日本人たちはその影響をそのまま受け入れた。また、日本は外国港表記をそのまま従って日本語で表記したから日本人たちは“Argonaut non-existent(はない)”と一貫されるように分かっていたのだ。

Mouchezの1852年地図に現われた1855年イギリス海軍地図で韓国と日本。
拡大したこの地図には Argonaut 島がなくてLiancourt 岩はまだ追加されなかったことを見せてくれる右側地図は1855年イギリス海軍本部で監督製作したことでまだヨーロピアンたちはArgonaut島が存在しないことで分かっている。

韓国の海岸線と係わって、Argonaut島の以前位置が短い線に表示されている。地図の伝わる言葉によれば、韓国の海岸の位置は“ウィムンスロブダ”と言うのだった。このように、Argonaut島は“P. D. ”(位置疑心)で現われる。

多い地図のように、1855年イギリス海軍の地図は地理情報出処で多くの詳細な来由を持って引き継ぐ。これは1852年から始まった韓国沿岸測量資料から現われる。ここで私たちはヨーロピアンたちが1850年代の初めからArgonaut島に対する正確な知識を持っていたことを見せてくれる。地図の来由を読んで見れば、ヨーロピアンたちがいくら速かに地理情報をお互いに交換したのか分かる。

內容追加

Argonaut 島は1855年イギリス海軍地図になしまたは位置不明に表示されている1855年イギリス海軍の来由は指導資料の出処を見せてくれる..

19世紀中盤イギリスと日本海軍の地図
“19世紀にヨーロピアンたちと日本人たちは公開的に地理情報を交換して翻訳した…”
下二つの地図は題目が言うように、日本とイギリスの海軍地図だ。初めてドゲウィグリムは前途を見せてくれて右側は地図の来由を明らかにしている。ここではまた、Argonaut または竹島の位置が“疑わしさ”に表示されたし当然短線に表示されている。したがって日本の地図で竹島(鬱陵島)は短い線に表示されている。また重要なことは日本が地図制作家は鬱陵島周辺の多様な岩たちをさまざまな模様で翻訳した。また私たちは日本人たちがいくら停学するように海の位置と深さを表示したのか分かる。ここで私たちは日本人たちが当時にヨーロピアンたちと同じの地図知識があったことを分かる。

左側:1863年イギリス海軍の地図の全図。上右側: 地図の来由に対する説明でArgonautという竹島は“疑わしさ”に表示されている。

An 1863 British Naval map showing Ulleungdo and Dokdo

上地図は日本人たちがユロブ地図コピーする時いくら字までもコピーしたのか分かる。竹島存在が疑わしいと表示する短い線で現われている。また日本地図製作者たちが大洋の深みと模様を色々方式で翻訳していることを見られる。
竹島ロビイストたちによる変な日本地図解釈”
“竹島は日本ロビイストたちが主張するように本当“幻想の島”であるか..?”
19世紀日本地図にはTakeshimaと 松島が韓國の領土で現われる。日本地図製作者たちがヨーロッパ地図をコピーしながらこの絵は以前の誤ったヨーロピアンが製作した絵をコピーした。竹島(Takeshima)はArgonautの位置にそして松島は元々鬱陵島位置に描いた。しかし、日本地図製作者たちの意図は何だったろうか?彼らはヨーロピアンが存在しない島(Argonaut)を描いて入れたと思っただろうか?

日本 Takeshima ロビイストたちは次のような理論を立てた。日本地図にSieboldの位置で日本地図製作者たちは意図的にArgonaut島を加工の島だと言ってTakeshimaと名付けながら鬱陵島を 松島で表記した。彼らは日本地図製作者たちの主張を追加で挿入しながら以前の松島(独島)を取り外してしまった。

右側地図は19世紀日本地図のジザックで間違いをいくら歪曲しているかどうかを見せてくれる事例だ。この地図はチヌダケシマウェブサイトで明らかにしたことで日本地図製作者が“架空の鬱陵島”を東に描いて入れて、実際鬱陵島は西の方に描きながら松島(独島)を取り外してしまった。これは正しいことか?

もし私たちが派手な效果を過ち誤導しても西の方島の隣に漢字で表記した文字を見られる。この字には竹島(Takeshima-鬱陵島)そして于山(Usando)と表示されている。これはこの島の実体が鬱陵島と言うのを明らかにしている。松島と名付けた東の島は昔の松島または独島だ。これはとても常識的なことで下の地図には何種類事例がある。

Argonautの位置に表示された島は多くの日本地図で鬱陵島だったし、松島は独島だった。
明治時代日本地図は独島(松島)が韓國領土だと出る。
日本地図製作者たちがSieboldの地図を参照にした時、彼らは Argonautと Dageletとヨーロッパ式で表記しないで鬱陵島(竹島)そして独島(松島)と表示した。下の地図は日本である森琴石が1877年に描いたここではこの当時の位置過ちがそのまま反映されている。私たちは鬱陵島(竹島)と独島(松島)が韓国に属していることを見られる。また地図の色は二つの島が韓国江原道のような色で塗られた。上の地図イメージはあらゆる地図を含んだことで箱の中に青色は朝鮮の部属地図だ。下の二つの地図は鬱陵島と独島の表示確かに違うように現われて150年前に日本がした方式どおり表記している。
森琴石が製作した1877年度日本と韓国地図

上イメージ: クローズアップされた絵は鬱陵島と独島なのに韓国の江原道のような色で塗られていて日本と韓国の国境に仕分けされている。
1894年度韓国に対する日本地図

上左側:1894年全体地図には鬱陵島(竹島)と独島(松島)を見せてくれる。上右側: 極大化した鬱陵島(竹島)よ独島(松島)地図。地図をクリックします。
1903年度日本のアジア地図で日本と韓国の国境を見せてくれている。

上左側:1903年日本全図で鬱陵島と独島はボックスで青色に処理されている.上右側: クローズアップされた鬱陵島(竹島)と独島(松島) 地域.日本境界が独島の東に描きながら島々は韓国領土で表示している