1857年ロシア海軍地図は独島を韓国領土で表示した
イギリス、ロシアそして日本海軍地図で独島–竹島研究
本そしてロシア海軍地図たちは独島を韓国の東海岸の一部で表示した。
次のページは詳細なロシア、日本そしてイギリス地図たちの韓国東海岸に対する詳しい分析で、これら国々の独島関係とともに彼らの領土認識を理解するためのことだ。ロシア地図では他の自分たちの名付けた。

19世紀後半植民地強大国たちは北東アジアそしてまた韓国で重要な利益を占めた。当時一番近接した膨脹主義ロシアそして日本は皆熱狂的にこの地域を詳しく測量し始めた。このページ地図は1854年ロシア海軍Putyati艦隊の測量に根拠したのだ。この地図は朝鮮の東海岸そして鬱陵島と独島を皆韓国の一部で含ませた。

上左側:1857年ロシア海軍韓国の東海岸地図全体的なイメージ。上右側: クローズアップされた地図の独島。位置そして方向参照表が描かれている。
この測量でロシア艦隊は独島を 3個位置でそして下の地図位置だ。上左側イメージは独島を 6。5kmから見たことでの下左側は9。3kmで、そして上の右側は独島姿を26km離れた所で描写のだ。すべてのイメージたちは裸眼で見たのだ。地図には鬱陵島名前が松島)になっている。独島の西嶋はOlivutsa そして東嶋はMenelaiと名付けた。
1876年ロシア海軍地図の日本語版
下地図は日本のロシア海軍の上地図写本の解釈だ。この絵は私たちに何種類を見せてくれる。私たちは加工の、Argonaut島が描かれた点線たち韓国の海岸に沿って見られる。

これはこの島存在はないとかまたは“位置が疑わしい”のだ。同じく鬱陵島の北東の方浜辺小さな岩も描かれた点線たちで“P。D。”で含まれた。これはロシア名前を Kataganaで表示した独島絵の写本とは区別される。

日本海軍は実質的にロシア地図を翻訳してコピーしたが、海洋深み、高くそして位置たちは違うように表示した。ひいては地図の韓国東海文書で皆鬱陵島と独島は韓国の一部で附属したことだが海軍地図で日本領土には含まれなかった。

上左側:1857年ロシア海軍韓国の東海岸地図全体的なイメージ。上右側: ロシア海軍地図に日本の解釈が含まれた。独島のクローズアップ姿が下指摘した可視的な位置と違うように現われる。
1857年ロシア日だね地もそして日本の相手–結論
ロシア海軍の地図は一番目で西洋地図の中で鬱陵島と独島を皆韓国の一部で領土で明確に表示した。独島のイメージこの地図はやっぱり1861年フランス海軍の地図にもやっぱり活用された。したがってそれは非常に明確な絵は他の国々によって参照された。ロシアの朝鮮の東海岸地図は何十年後、韓国港の詳しい絵が附属地島で変更されたがそのまま使われた。
地図のすごく良い正確性のため、日本海軍は彼らの1876年海軍地図ではそれを変動なしに翻訳した。
したがってそれは日本が、Argonaut島この存在しないということを認識した。また、地図の文書または内容を変えなさとして、日本は独島が朝鮮領土の一部というのを認識した。この結論は多くの他の歴史的記録そして地図たちによって当時に、例えば次のページ 森琴石の1877年地図でも証明される。(下のリンククリック)