林子平の1785年3国の調査地図を説明する。
歴史的な地図分析を通じて見た日本と韓国の領土境界
林子平の1785年地図は独島–竹島が韓国領土なのを強く裏付ける。
この本はフランス人Heinrich Klaprothが1832年翻訳してそして当時それは北東アジアに対する指針でヨーロッパに広く知られている。ここには一般的に 3個国々がいくら日本と近くて日本が彼らの潜在的な敵なのかを説明する。

ここに添付された5個の地図の中2個は鬱陵島そして小さな島の名前は確かにいるが、独島名前は明らかに現われていない。ある日本人たち鬱陵島接した島は小さな岩で竹島が鬱陵島に接したことだと言う。しかし、林子平が独島を独島を抜くで重要ではない岩を北東アジア地図に入れた可能性は少ない。何故ならばそれは蓄尺がなくて詳しくないからだ。

上左側: 林子平が1785年描いた全体的な地図には鬱陵島そして多分独島のようなのがイエロー色を塗った。隱歧西の方に他の島は見えない。上右側: クローズアップされた鬱陵島と独島。鬱陵島と独島日本地図横でよく現われる“見高麗如自雲州望隠州”漢字を見ろ。
林子平の詳しいかもそして日本の誤った解釈。
林子平の1785年地図は非常に粗っぽいが、しかし私たちはそこで何種類重要な事実が分かる。鬱陵島(竹島)で区分した島は明確に韓国の地でイエロー色で塗った。その東にはまた他の小さな島があるのにやっぱり韓国のようにイエロー色だ。
どうな日本人たちは歴史的に独島論争でこの島は鬱陵島の竹島だと言う。(下の絵) しかし、韓国の鬱陵島で2km離れた所にそんなに大きい地域にその縮尺で大きい岩を描いただろうか?歴史的証拠で見て日本政府は明治時代の日本戦艦天城が公式的に1880年に鬱陵島測量をする前には竹島の存在を認識することができなかった。

上: 上の写真は皆韓国の鬱陵島で2km離れた竹島を見せてくれる。左側イメージは遠い背景に竹島を見せてくれてそして右側イメージは竹島右側横接した観音島を見せてくれている。ある日本人たち記録で日本の政府が1880年まではこの竹島が分からなかったが、林子平の1785年地図は独島を抜くでそしてこのおかゆも岩を含ませたと主張する。
“..それではこの地図で鬱陵島東の小さな島は何か。?”

日本歴史地図たちは内容を縫合するしてそして時には間違うこともできる。しかし一般的に日本の地図製作法は何種類基本原則に付く。第一法則は “…日本の隱歧島は北西の方境界だ。” これはこのウェブサイトの日本歴史地図たちで数なしに証明される。また他の基本原則は“東海(日本海)にある二つの島々(鬱陵島と独島)は一貫されるように同じ色で塗られていてその事実は6世紀以降鬱陵島独島は論争するところなしに朝鮮地というのを言ってくれる。”

また他のヒントで鬱陵島東には日本の隱歧島そして鬱陵島その間に他の島がなくて義小さなイエロー島の実体があるというのだ。ひいてはまた他の大きいイエロー島が韓国の東海岸に描かれている。この一つ点だけ見ても、林子平は日本で独島を除いた。

この時代多い日本地図たちで、齋藤豊仙の1667年報告書からは隱歧に対して“見高麗如自雲州望隠州”文句が鬱陵島と小さな島がいつも鬱陵島と独島の間を現わしている。これは東の島が独島なのを現わしたのだ。

上左側そして中央: これら二つの日本歴史地図たちは齋藤豊仙の1667年地図で“見高麗如自雲州望隠州”韓国は鬱陵島-独島地域で可視的なのを見せてくれる。同じく、林子平の1785年地図は鬱陵島そして“独島”が近いということで簡単に解釈ができる。
この地図で隱歧島は北西の方日本の限界というのが明らかだ。林子平は鬱陵島下に隣合う島が“韓国の所有…”というのを明らかにした。

上資料で見て、一番可能性ある説明は、林子平が鬱陵島に接した小さな島独島を鬱陵島のような色を塗ってそれを韓国領土で表示した。したがって、林子平の上の絵は独島が韓国の所有というまた一つの日本証拠になる。