1903年日本戦争地図は独島–竹島が韓国なのを見せてくれている。
露日戦争期間前後の日本の独島政策
露日戰爭期間前後の日本の独島政策。2010年4月韓国の多くの言論媒体では独島–竹島が韓国領土というのを現わす日本陸海郡測量部の地図を見せてくれた。この絵は韓国大邱に所在した嶺南大学校独島研究所で公開したのだ。確かにリュソングチォルさんが日本で収集したこの地図は嶺南大学校独島研究所に寄贈されて詳細に検討された。下の写真は歴史的な脈絡で非常に重要なクローズアップイメージだ。
“どうして日本政府はこの地図を描いただろうか..?”
1904年2月8日、日本帝国軍隊は済物浦に上陸する(今日の仁川)。この地図は韓国のArthur(済物浦)港への侵略のための準備に製作されたことを見せてくれている。一番重要な模様は韓国と日本の領土表示になっているのに鬱陵島と独島境界の隣を経っているという点だ。

下の左側は全体地図だ。ここにはアジアとアフリカが赤い色で塗られている。また鬱陵島-独島地域は青い箱で表示ドアある。下の右側は韓国の東海岸の詳しい拡がった部分だ。東海(日本海)そして隱歧島を含んだ日本の西海岸。

地図の下の右側は絵で現わした凡例表示だ。凡例で韓国領域は“朝鮮界”そして点線と実線(_ 。_)に表示されている。凡例で、日本の領土限界は“日本界”描いて絵は二つの点と線で表示した。(_。。_)鬱陵島(過去日本が言った 竹島)そして独島(過去日本が言った 松島)は韓国の領土の中に含まれている。

“この地図は日本政府によって公式的に発刊された地図だった…”

この絵の左側角の上を見れば漢字“帝国陸海測量部編纂”があるのにこれは“日本帝国陸海軍測量部が編纂したこと”に解釈される。この地図で私たちはこの絵の日本政府領土的な認識が分かる。これは1903年に日本が鬱陵島と独島を韓国(朝鮮)の一部だと思ったことを意味する。

上左側:1903年日本地図の全体的なイメージに鬱陵島と独島は青い箱に表示されている。上右側: 鬱陵島(過去日本が言った 竹島)と独島(過去日本が言った 松島)地域の詳細も。日本界は韓国の領土である独島(朝鮮界)の東に表示することを分かる。
地図は鬱陵島と独島がSieboldの位置とともにあることを見せてくれる。(リンクをご覧ください。) また独島東海にはどんな日本領土島もない。朝鮮の境界は遠い東に描かれていて、したがってこの地図は鬱陵島と独島が韓国のなのを見せてくれている。

上左側: このイメージは地図の凡例の詳細内容を見せてくれている。韓国の境界は凡例で韓国領域は“朝鮮界”そして点線と実線(_ 。_)に表示されている。凡例で、日本の領土限界は“日本界”描いて絵は二つの点と線で表示した。(_。。_)上の中央、地図の左側便は1903年10月21日日を表示したし(明治36年)、これは日本が韓国を侵略する前約2ヶ月の前だ。上右側: 日本漢字はこの地図が題目で言うように“帝国陸海測量部編纂”日本帝国の陸海軍測量部編纂だ。(もっと大きい写真で見ようとすればクリックします)
日本軍隊は独島強奪を準備する。1905年1月1日日本水路地図。
1905年1月1日日本水路地図。露日戦争間日本は東海(日本海)でロシアのバルティック艦隊そして日本海軍間の不可欠な戦争を準備する。(リンクをご覧ください。) 日本の政策は日本軍が韓国本土を占領してから急進的に変わる。日本海軍は直ちに韓国の沿岸地域そして隣接島々の戦略的大切さが分かって地図を製作してその所に日本軍事施設を建設する。

下この地図は東海(日本海)元々日本帝国海軍地図だ。日字は日本明治38年1月1日(1905)になっている。この地図題目は南~北で左側~右側に表示した。赤い英語で参照をつけた。この絵は日本帝国海軍がどんなに地図をそして、地域を分けてそして日本がロシアのバルティック艦隊に近付くために海軍が各海をどんなに分けて表示したのか分かる。独島はこの地図が発刊されてから一周人ぶりに併合された。(もっと大きい地図を見ようとすればクリックします)

上日本海軍地図原本イメージは韓国の隣接水域たちそして島々が1904~1905年露日戦争準備期間の間日本に併合されたことを見せてくれる。ただ一ヶ月後、日本帝国海軍はロシアのバルティック艦隊を韓国の鬱陵島と独島隣近水域で皆殺しさせる。
1903年日本地図そして独島 – 結論
1903年日本地図そして独島上の二つの地図は日本の鬱陵島と独島政策が1905年前後で強制竝合することを見せてくれる。一番目地図は日本のこれら島々との歴史的関係を見せてくれる。たとえ日本である個人たちが鬱陵島と独島に渡ったが、日本政府はこれら島が朝鮮領土なのを何回了解した。

二番目地図は日本軍隊の独島合併以前数週間前にリアングクル岩礁(Liancourt Rocks)(独島)に対する備忘録を見せてくれる。(リンク)リンクをご覧ください。

)地図は日本である政策が独島だけでなく鬱陵島、そして韓国領土自体に対する野慾動きを見せてくれる。このウェブサイトで繰り返して見せてくれるが、日本軍隊の韓国侵略そして独島合併は歴史的に分離することができないというのだ。

“特別な感謝…”

Dokdo-takeshima.comは1903年日本地図イメージを提供してくれた嶺南大学校独島研究所皆さんに感謝する。またリュソングチォルさんにすごい価値を持った歴史的地図を捜したのに対して祝いを差し上げて、日本が独島に対する領有権主張が虚構なのを明らかにしたのに対して賛辞を送る。