日露戦争と竹島 1
日本帝国の1905年独島編入の実際動機

日本外務省が皆さんに日本の1905年独島編入に対して知らせたくないこと!
1905年2月22日、内閣決定で日本の島根県は独島(何何国々はリアングクル岩島だと呼んで、日本は竹島と呼ぶ。)を領土で“編入”した。それは、日本外務省が彼らのウェブサイトにあげた竹島/独島に関する政府の全部だ。しかし、1905年日本はどうしてこの島を編入させる緊急な事項があったのか?

島根県が独島を編入させる時、日本は東北アジアの支配権を置いて戦争中の国家だった。鬱陵島と独島周辺水域たちは熾烈な海軍戦闘場だった。次のページは日本が独島を編入させることに決める前後に、海軍が戦闘をした紛争をよく説明している。この記事はまた鬱陵島-独島と対馬島島々に対する地理的な脈絡を説明するでしょう。この戦闘を通じて日本が東海で優越権を持った海軍戦闘で東海(日本海)の独島の大切さが分かるようになるでしょう。

東海(日本海)の全体的な地図
下の左側は韓国と日本を皆見せてくれて、北中央には Vladivostok 海軍港があることを見ろ。ロシア海軍は 1904年-1905年ロシアである戦争の中にこの港で日本海軍を攻撃して海軍輸送舟を撃沈させた。日本の核心的な海軍基地 佐世保は長崎近く南側地域に位していた。

下の右側: この地図はクロズア ップされた韓国と日本の間の水域たちだ。艦の進路は青色に表示されて対馬島/朝鮮海峡がいくら重要なのかを説明する。鬱陵島と独島は北に Vladivostok 艦隊に対抗する海軍望桜が設置された。

上絵たちを見れば、この地域の戦略大切さはロシアの Vladivostok~長崎 の間にある 海路はこの 水域で大切さが 明確する。下関~釜山海路でもやっぱり重要だが、それはこの路線が釜山~ソウルの間の鉄道が繋がれて主な運送通路だからだ。一番重要なことで、日本海軍基地 佐世保は長崎近く対馬島島近くに位している。

鬱陵島は、韓国の東海岸で約130km距離があって、そしてその87km東には独島がある。日露戦争1904年~1905年の間、無線通信網の活用はこの戦闘で初期段階だったが、その結果大部分の情報優越性は海底通信網に寄り掛かった。この地域で日本海軍が船舶たちの活動をモニタリングすることは、1878年初期に明確だった。鬱陵島と独島の位置は皆この複雑な海路中間において、ロシアVladivostok艦隊の攻撃に対して、早期警報システムが建設される海底通信網で戦略的価値のある所だった。

日露戦争は1904年2月8日、日本が仁川を攻撃することで始まる
1904年 2月 8日夜、日本の艦隊提督東鄕平入郞は旅順港から魚雷艇にロシアすることを急襲しても隻のお舟を大きく破損させることで日露戦争を始める。同日、応援した日本である住人たちは日本海軍小艦隊の巡洋艦、五つ隻の頃巡洋艦、そして8隻の魚雷-爆雷する、2隻のロシア戦艦たちを仁川入口八尾島で見た。

イメージ左に、日本軍は1904年2月8日済物浦(仁川)に上陸した (Click image)

すべての関心にもかかわらず、史家たちから日露戦争で旅順港攻撃は単純な日本の戦争開始の実際目標として旅順で韓国侵略のための作戦を駆使することで見る。この重要な作なは Rear提督 Uriu Sotokichiに与えられる。八尾島で約7マイル遠く離れた海路にロシア巡洋する Varyagと戦艦 Korietzが停泊していた。

Varyagは日本のUriu提督の艦隊(一隻の武将巡洋艦、五隻の保護巡洋することと、8隻の駆逐艦)の不公平な戦闘に臨んで攻撃を迎え仁川で英雄的な突破口を尋ねた。82人の兵士が死んで、190人がけがをした(570人の中で)銃器を失った兵士らは降伏しないで戰艦を沈沒させた。しかし船員たちは救出された。遅い午後に日本から致命打を口はロシアKorietzとひどく傾いた Varyagは済物浦に帰って来たし、皆中立的戦艦たちで避難した.16:00時 Korietzはそそくさと逃げた。

結局それは林權助が二つの週の間、口車で韓国リーダーたちにとって日本の軍隊が韓国地で作戦ができるように許容する脅威を加える議定書に署名をするようにする。議定書は1904年2月23日署名されたし、韓国がもし第3国によって、または国際的な混乱に包まれる場合、領土を保存するために日本が戦略的地域を占領するということを許容する議定書だった。

左側写真は仁川で日本の攻撃を受けた後ロシアするVariagイメージだ。写真右側はロシアするVaryagとKorietzを軽蔑する宣伝ポスターだ。艦隊は故意的に拿捕を避けること以下でわざわざ撃沈されたが、Varyagすることは後で日本によって引揚されて日の丸をつけて航海した。
1904年6月15日、ロシアは仕返しする – Vladivostok艦隊は日本の輸送船を攻撃する
1904年6月12日、Bezobrasov提督はVladivostokを去って3隻の彼の巡洋艦と一緒に韓国南側で日本の通信線を遮断するように言い付ける。彼の指示は対馬島海峡東で進行されるはずで航路から2日間航海して、そして当時西方海峡を通じて2中に取り囲んだ。

6月15日、二つの重要な日本輸送船ことが下関で出航したがここには 6000 トンが超える貨物と 1000人の兵士が乗っていた。第 1 予備聯隊が日立丸に乗って第1巡察旅団が設立された中国基地Gushanで向けていた。佐渡丸は鉄道聯隊と電気技術者たちが乗って中国 大連で向けていた。二つの船舶皆多い貨物を積んでいた。第3の輸送舟日笠丸3200tonはやっぱり戦争で負傷された兵士らを積んで対馬島海峡を渡っていた。

朝09:00時ロシア艦隊は本土に帰る日笠丸を見つける。ロシア巡洋艦Gromoboiはそのお舟を追って火砲を発射して、30人が死んで負傷されたし、日本輸送舟は停止して降伏した。約100人が負傷されて負傷者は水に跳びこんで、降参を拒否した日本軍はお舟とともに沈んだ。

10:00時頃、佐渡丸と日立丸は自らVladivostok艦隊に現われた。すべての日本の輸送舟たちは停止しなさいという命令を拒否して、逃げ始めた。ロシア巡洋艦Rurikは早く佐渡丸に付いて行って、日本は武装した軍人たちが乗らなかったから日の丸を引き下した。40分間の余裕を置いて戦艦をあきらめるように命令を受けた。辞書作業は進行されたが、Rurikは Bezobrasov提督から再び命令を受けた。Rurikは魚雷を発射したが沈まないで、逃げだす前に他の魚雷をうったが、しかし佐渡丸はまだ浮かんでいたし結局港に牽引された。

日立丸は、一緒に弾捜索隊とともに降伏することができなかった。ロシア巡洋艦Gromoboiが近付くと、日本は砲弾が零れ落ちる中に、港に帰った。日本海軍将校たちは直ちに死亡したが、イギリス艦長John Campbellは最小限の決定を続いて結局負傷にあった。エンジンルームの皮は当時イギリス技術の本壬子を死亡するようにした。この時、日立丸の甲板は流血が散り乱れて乱雑だったし、日本は砲をうったが、逃げだすことができないことを分かるようになろう。部隊を導いたSuchi大領は壮熱するように旗をはなして、“笑う顔で”自殺をした。生存した人々は彼の最後の命令によって。服を脱いで海で跳びこんだし、すべての仲間たちと舟員たちの中に150人位は救出された。

日本の無線通信所は提督 Bezobrasov 提督に日本の上村提督巡洋艦隊の位置を警告すると、日本に一撃を与えたVladivostok艦隊は霧と雨の中に消えようと決めたし、対馬島海峡の西の方通路は攻撃することができなかった。

このページで言及したところのように、日露戦争の中に日本は東海のロシアの Vladistock 巡洋艦隊から攻撃を受けて何回輸送舟を失った。ロシア巡洋艦 Rossia、Gromoboi、そして Rurikはこの紛争の一番目舞台で日本の海貿易を切っておいた。

蔚山戦争は1904年8月14日勃発した。蔚山は韓国海岸の蔚山市を言う。艦隊たちは8500ヤード身近に行って、日本することが先にうった。何種類理由として日本上村提督は目標物を割り当てしながら、ロシア艦舟隊列の最後の艦と同時に一番弱い艦隊Rurik丸に集中した。二度の砲撃で力強い隣り艦が被撃された。Rurik丸は短時間に大部分の将校たちを失ったし、そしてたとえ大きく毀損されたが、水に浮かんでいたし、生存者が減る中に日本人は古典的なヒロイズムの褒め言葉を楽しく受ける中で、残り鉄砲たちはずっとうった。

駆逐艦Rurikは蔚山戦闘の災難だった。不満な設計を考慮しても、第一、要らない武裝、不適切な保護、そして誤った構造隔壁分割をした。戦艦は商業的な戦闘のために設計された。深刻な損傷を被った後、Rurikは慌てて逃げだした。上右側には上村彦之丞(Kamimura Hikonojo)提督だ。
東に行く日本戦艦ことはちょっと損傷を被ったが、彼らの加えた行動は何にも比べることができなかった。ロシア艦隊が消えた時、上村提督は彼の有利な点をもっと強調すると考えられた。しかし、理解することができないが、提督はそうしなかったし、ロシアの帰る行く上村は道を回ったし、日本戦艦ことが何人回った後、狭い道は事実上長くなって新しい航路が開かれた。

残りロシア巡洋艦たちが Rurikを求めようと思ったが、しかし損傷を大きく被って、Essen提督は 08:30に Rurikを捨てて、他のお舟を求めようと決めてVladivostokで向けた。日本の巡洋艦たちはどのぐらいそのロシア船たちを追撃したし艦砲をずっとうったし、ロシア巡洋艦に損傷を被らせたし、Iwate艦こととAzuma艦ことはちょっと損傷を被った。ロシアは日本よりもっと難しい条件にあった。しかし上村提督は当時再び説明することができない決定をする。: 彼は 3時間だけ追撃した後、海真ん中でロシア巡洋艦こととVladivostok間で、11:15時ずいぶん明るい日中に日本は追い討ちを止めて釜山港に帰って来る。

上村は残り二つのロシア巡洋艦破壊に失敗したが、彼は日本で英雄もてなしを受けたし、そしてVladivostok巡洋艦隊は二度と日本艦ことを苦しめることができなかった。蔚山戦闘は対馬島海峡を通じる重要な航路を確保したのだ。 しかし、私たちが見るところのようにそれは翌年、対馬島戦闘に比べると前哨戦に過ぎない。

日本の上村提督はGromoboi(左側)とRossia(右側)を沈沒させるのに失敗した。Gromoboiは蔚山でよほど被害を被ったし、Rossia艦の死傷者は多かった。しかしまだ蒸気をよく作ることができて逃げることができた。Rossia艦は1904年蔚山で日本の武装した巡洋艦によって大きく損われた。しかしその多い死傷者にもかかわらず拿捕されないで撃沈されないこともあった。右側写真は蔚山海戦後に生き残った日本軍艦たちだ。
日本海軍韓国に海底通信ケーブルを仮設する。1904年。9月 2日 -1次
鬱陵島 ~ 佐世保にある日本帝国の海軍基地。
日本政府はもう内閣会議で私はゼングを始める前に “韓国はどんな状況でも日本の影響の下に置かれなければならない”と決めて、それは日本軍の韓国地の駐屯を合法化させた。1904年2月23日議定書合意に強制される。(リンクをご覧ください。)

右側に、この絵韓国の東浜辺と日本西の方だ。重要な領土は赤い色で塗られている。緑線は鬱陵島で日本海軍基地佐世保まで設置された最初の海底戦線の道を表示している。これは第一段階は蔚山戦闘後の1904年9月2日竣工された。(拡大しようとすればイメージをクリックします)

この不公正 “条約”を署名した後、日本は直ちにすべての韓国沿岸地域と鬱陵島に望桜を建設しようと思う。韓国で、これら望桜の数字は 20個であったし竹邊だけ(蔚珍)、蔚山、巨文島と済州島に設置された。日本の望桜建設緯度は九州と中国(Chugoku)のようだった。

鬱陵島の二つの望桜中の一つは南東の方(東塔は 6人の兵士が駐屯する)と違う一つは北西さんの方(西の方塔に 6人が駐屯する)だ。その建設は 1904年 8月 3日始まったし、そしてその年 9月 2日運転が始まった。海底ケーブルは Vladivostok 艦隊のウィホブの中で始まったし、そしてその年 9月 25日完成された。このケーブルを通じて、鬱陵島望桜は韓国本土で 佐世保 日本海軍基地ですぐ連絡することができるようになった。

鬱陵島に日本軍隊が駐屯するという意味は日本がもう優越な位置を占めた中に、その島に対する主権をもっと侵害する結果になる。一連の建設工事と物資供給作業、そしてこの水域で巡洋活動で戦艦 新高丸は鬱陵島に設置された電線を通じて、独島-竹島に関する多くの情報を作って提供する。

写真左側では 1904年~1905年ロシアである戦争の前後で日本の憲兵役人たちが不法的に韓国の鬱陵島に駐屯するようになる。日本の軍隊はこの時戦略的に重要な韓半島の全域に駐屯するようになる。

日本の軍隊の韓国占領は 1904年 2月 23日署名した強制的日-韓議定書で “合法化”になる。この条約は目的は “韓国の領土を保障して韓国の独立を保護するための…(?)”だ。

次のページには日露戦争と独島 – 竹島につながる。
1904年11月13日、日本海軍将軍は戦艦対馬島丸に言い付けて独島を検査して、通信所(ラジオ基地ではなく)を建設して鬱陵島にある海底ケーブルで繋がれることができる適当な場所かどうかを見知るように言い付ける。対馬島丸は独島に 11月 20日到着して、日本政府による一番目竹島/独島測量が実施される。対馬島丸艦長は少しの地理的障碍がいるが、東嶋には通信所を建設することができると見做した。このリンクをご覧ください。

鬱陵島から佐世保まで通信線は東海(日本海)を統制するのにすごい資産だったが、この地域のひんぱんな険しい気象で、独島は日本人の可視性を確保する範囲で延ばす必要があった。日本が鬱陵島と独島測量下書き計画を作っている間、当時一番重要な海戦がこの島に通信所を建設する前に周辺海域で発生する。対馬島戦闘後に、ロシア海軍はほとんど破壊されたし、そして日本海軍は北東アジア水域で優越性を占有するようになった。次のページはこの雄大壮厳な戦闘と日本海軍の独島の軍事化を扱う。