獨島-竹島 Dokdo-Takeshima.com 紹介
このウェブサイトに関して,Steven J.Barber,
カナダであるウェッブマスターは日本と韓国の間独島(時々 “Liancourt 岩と呼ばれる) – 竹島論争勉強に,韓国で私の10年の大きい部分捧げた.このウェブサイトは歴史的なウェブサイトまたはデータベース及び独島と鬱陵島二つの島に幾多の旅行を通じて蓄積された資料に消費した時間は数百時間だ. 私はこの部分で意見がないと装わないだろう.少しのページを読んで見た後このウェブサイトは大韓民国の独島に対する正当な要求に好意的なことは確かだ.

右側に: Dokdo-Takeshima.com ウェッブマスター,背景にある穴岩を持った独島の東島に ROK 秘密警察将校とともに立っている Steven J.Barber.このごろ,韓国観光客の数千名は小さな独島訪問に対する厳格な法律が緩み出しされたから集団的に訪問する.

このウェブサイトがたとえ韓国を支援しても私に,独島論争は個人的なのでもなくて精神的問題でもない.私は日本またはその人々に悪い感情がない.しかし,私は日本の外務省とシマの縣の独島竹島問題の取り扱いを強く否認する. 本来戦争期間の記録は歴史的な背景専用のためのことであり,今日日本の人々を誹謗するための意味しない

Dokdo-Takeshima.comはチームだ
dokdo-takeshima.comの資料はアメリカ,カナダ,日本と韓国ネチズンから来る.多くのことが単純に英語にこの資料を伝える機能が不足なすごい研究員だ,それで私は個人的に彼らのサポート及び努力に感謝したい. こんな理由で私は dokdo-takeshima.comを “私のウェブサイト”と言うよりはむしろ韓国人のための公開討論で参照して,彼らのケースを学問的に,合理的な方法で表現するように願う.できたとおり,与えられた意見を支援するために 1 次的な歴史的な地図及び記録が含まれる.

右側は dokdo-takeshima.comを責任負っているウェッブマスター Steven J.Barber そして長期間鬱陵島に居住する真性,そして韓国独島警察朱浩,そして Ryan Saley カナダウェブデザイナーに感謝する.右側の上: 独島竹島ウェブサイトチームは独島の金成度さんと彼の妻金信列さんが独島の西島に立っている.
独島関連刊行物そしてこのウェブサイトの後援者
独島 Website Computer Programmer~Web デザイナーである Ryan Saley

今韓国,ソウルに住む Ryan Saleyはカナディアンで dokdo-takeshima.comで全面的に介入されている.コンピューターの分野に20年で以上経験を持ったウェブデザイナーである Ryanのテクニカルサポート及びプログラムがなしにこのウェブサイト創出は不可能だったろう. Saley さんはまた dokdo-takeshima.comに幾多の写真と及び映像独島または竹島論争の現地研究をしている媒体ページを捜し出した.

右側 Ryan Saleyは2009年5月に独島を訪問する間東小さな島軍隊望桜の下に立っている.(イメージをクリック) Ryanの独島と鬱陵島島の多くの写真はこのギャラリーリンクで見られる.(ギャラリーイメージ) 独島に対する韓国の要求に専念する後援者, Saley さんはこのウェブサイトの内容改善にもずっと関与してこれから運営に支援を約束する.

日本である教授~Hosaka Yuji

は日本,東京で生まれた.彼は 1979年に東京の大学を卒業して研究関係でソウルに来て 1988年に南韓と日本関係を研究した.Hosaka 教授は高麗大学校で政治学国際関係学科で M.A.及び Ph.dを取得した.15 年間南韓で居住後に,彼は 2003年に帰化された南韓人になった.彼は後で外交通商部及び 2005年に貿易褒賞を受けた.

Hosaka Yuji 教授は現在 Sejong 大学(日本学)に,教養科目の大学教授だ.Hosaka 教授は独島と係わった幾多の刊行物を書いた – “日本古代地図にも独島はない”(Jaeum & Moeum出版社)`のような竹島論駁著書を出版したし,論文 `平和線の合法性に対して’を発表した.

アメリカ教授 ~ Jon M.Van Dyke

法学教授,Carlsmith Ball 教授,学者,優秀教授者で大統領感状を受けた. Jon M.Van Dykeの教育背景は 1964年 cum laude,Yale大学学士,1967年Harvard大学法学博士を含む.Van Dyke 教授は殖民時代領土併合 (ie ハワイ) 海岸境界論駁国際法及び海洋法のような独島竹島論駁と関連ある専門分野にある広大な知識及び背景がある.

.いくつかのJon M Van Dykeの独島竹島関連情報(連結)が私たちの映像ページ(連結)で 1個分量で彼の記事を捜し出すことができる.

Yu Mi-rim(韓国海洋水産開發院)

の韓国海上学会に働いて領土問題を扱う.彼女は独島竹島論駁を長期間に研究していてそしてまだ有線生は熱誠的な研究員で残っている.最近に,歴史的記録が日本のOki(隠崎)島と関連あった状態で彼女は日本に疑う余地がない独島の歴史的な題目がつけることを立証した.この記録はまた日本の 1905年独島併合は日本の以前領土境界の拡張だったということを見せてくれた.(リンク)

有線生はまた 2次大戦と係わる歴史的な研究をしているし,将来独島島に対する私たちの時代に対する彼女の研究がこれから良い資料をプレゼントするでしょう.

アメリカ学校先生 Mark Lovmo

Mark Lovmo,MIniapolis小学校教師は今,また日本によって要求される独島に関して独自的なウェブサイトを運営している.彼のウェブサイトは “元々独島男”にたまに言及されて,Lovmoさんは独島-竹島問題の歴史的背景そして根源を勉強する一番目西洋人の一人だった.(連結).

Lovmoさんはまた`独島に関するアメリカの行動予定表’を使って前後独島に関する聯連合軍政策に対して著わした.多くの機密文書を見つけた彼の記事は 2次大戦後のアメリカ政府軍事政策と独島 – 竹島関係を制である先に研究した著者に残っている.

日本學者: Hideki Kajimura教授, Kazuo Hori教授, Sojin Sato教授
上に列挙した日本研究員たちは独島竹島島に対する日本政府の誤った要求に抗する主張をする人々だ.彼らの発刊した論文を通じて彼らが捜し出した各種資料は多い ‘韓国観察者たち’の論文で見られる.dokdo-takeshima.com 研究員は日本の国家記録保管所で文書化した根源で日本戦争時資料を捜すことができた.この地図及び記録は独島竹島併合に対する日本の現在要求を証明することができる有用な関連性を深く持っている.(連結)
特別な感謝に…
私たちはこのウェブサイトに翻訳または研究資料の模様で貢献した皆に感謝のことを申し上げたい.dokdo-takeshima.comは私どもに独島を長期間訪問することができる許可をしてくれた慶尚北道に感謝のことを申し上げる.また私たちは鬱陵島居住者全体,私たちの研究にある彼らのお手助けになった真性さんとギムナムフィさんに特に私たちの感謝を表現したくて.

最近私たちは研究資料のための寄与を一嶺南大学校にも私たちの感謝を表示して,資料の使用を期待するでしょう.