竹島韓国の主張 韓国の1900年独島関聯勅令41号
韓国は1900年10月25日勅令を通じて独島を鬱陵島に編入させた。
竹島韓国の主張: 1882に朝鮮政府が日本が鬱陵島に侵入して木(リンク)を切る事に対して日本外務省に強い抗議を提出して、即時,こんな不法行為を中止することを要求する.1883年3月に、政府は金玉均をこの地域の開発のための管理者に任命して,今までの空島政策をあきらめて鬱陵島地域を開発して、人の居住を始めた。

日本の侵略と伐採が1897年10月には深刻な問題になったので、韓国の政府は柳夢井を急先ぽうにする調査団を構成したし、そこで彼はおおよそ 70人の日本の侵入者を捜し出すことができた。しかし島の政府は法律を実施するために一人の軍隊なしに何もできなかった。
.

上左側: 独島が鬱島郡に併合された朝鮮の 勅令 41号のイメージ.上上がった方: すべての接した島と岩を現わしている鬱陵島の地図。
韓国政府は1900年10月25日、帝国勅令41号を公布して、状況に対処するために。鬱陵島の名前を鬱島郡に変えて、郡守を最高責任者で 格をあげる。条例の第11条は、台霞洞を郡事務所と称して、鬱陵邑、竹島と石島全体にかけてある鬱島だね治安裁判司の管轄権を決めた。竹島は鬱陵島からおおよそ2.2km離れた竹嶼島を言ってそして、石島は独島島を称する。
“どう、石島という名前は独島を現わすようになったのか..?”
1882年には、高宗王は、特別な調査者を島の開発に備えて李奎遠という人を鬱島郡守に任命した。彼の任務は、島の地図を作って、特産物を捜し出して、日本人に不法侵入して吹きそうな伐採を調査して、住民の詳細な国勢調査をすることが必要だった。
鬱陵島の実在的人口統計を調査した後、彼は住人の中で140人が韓国人だったのを分かった。彼らの中で 82% 115人は、湖南(全羅道)の多くの地方出身だった。14人の住人(10%)は江原道出身だった。彼らの中で10人(7%)は慶尚道から来たし、京畿道では1人が来た。日本人は 78人だった。
韓国語で、岩に対する言葉は、“石”だ。Dokの漢字発音は “石”だ。言及したところのように、部分の住人(82%)は全羅道出身人々だった。“石”は彼らの方言ではよく“Dok”でよく発音する。名前 “石島”と “独島”を鬱陵島人々は変えてよく言うと言う。下には、今までも全羅南道の何何地方で韓国人たちが “石”という字を“Dok”で実際発音している実際の事例を見せてくれる図表だ
「Dok」で実際発音している事例

①Dok-gol 石洞 : 宝城郡 文徳面、雲浦里
②Dok-go 村 石谷 : 宝城郡 文徳面、雲浦里
③Doldokgeori 村 巨石里: 宝城郡 労動面、巨石里
④Doksalmae 村 石山里: 新安郡 安佐面、香木里
⑤Doksan 村 石山洞 : 新安郡 支島面、先導里
⑥Dokmae 石山里 : 務安郡 三郷面、雄山里
⑦Doksalmae 石山 : 新安郡 安佐面、大宇里
⑧Dolgogae 石峴 : 莞島郡 古今面、可謡里丘
⑨Dokbaegi 石峙洞 : 康津郡 道岩面、縁化里
⑩Dokbaegi 石田平 : 宝城郡 華川面。郡風里、平野
⑪Dokteumi 石間洞 : 康津郡 郡東面、石橋里
⑫Dokdari 石橋里 : 海南面 門内面、石橋里 橋
⑬Dokdarigol 石橋里 : 珍島郡 臨海面、石橋里
石という字が “dok”でこれ以上使われなくなった直後、その音は韓国の標準的な漢字 “独”で表記する。この字の活用と独島の名前は日本が独島を編入する前の 1904年日本戦する新高丸の航海日誌と沈興澤の日本の独島編入を抗議する文書で記録される。

右側イメージは昔の韓国の南側地図で見る地図だ。ここで見られるところのように、同じ字が韓国海岸の岩島でも使われていることを見られる。

この地図は 1682年にグリーンのであり韓国の人々がどうに “Seok-do-石島” または “岩島”で記録しているかどうかを見られる。独島島はよく、“岩になった島” または “ドルソム-石島”で1900年代にいくつが記録されている。

独島島は石島(岩島)または “岩島”に記録された。
中井養三郞の日記
歷史的な文書を研究して見れば、鬱陵島に住む人々は独島を “岩島” 岩島と記録することを見られる。注意: 漢字字 岩はDok(石)のような意味で使われて “rock”を意味する。この記録たちは二つ皆日本側の中井養三郞の記録に出ることでラアングクル障害物を賃貸しようとする時現われて、また日本戦艦新高丸の行動日誌にも出る。
“..隠岐列島ノ西八十五浬、朝鮮鬱陵島ノ東南五十五浬ノ絶海二俗二リャンコ島ト称スル無人島有之候. 周囲各約十五町ヲ有スル甲乙二ヶノ岩島中央二対立シテ一ノ海峡ヲナシ、大小数十ノ岩礁点々散布シテ之ヲ囲繞セリ。 中央ノ二島ハ四面断岩絶壁ニシテ高く屹立セリ。. 其頂上ニハ僅二土壌ヲ冠リ雑草之二生ズルノミ。.

本島ハ如斯絶海二屹立スル最爾タル岩島二過ギザレバ, 従来人ノ顧ルモナク全ク放委シ有之候. 然ル処私儀鬱陵島往復ノ途次会本島二寄泊シ, 海驢ノ生息スルコト夥シキヲ見テ空シク放委シ置ノ如何ニモ遺憾二堪ヘザルヨリ爾来種々苦慮計画シ、 兪明治三十六年二至リ断然意ヲ決シテ資本ヲ投ジ漁舎ヲ構へ人夫ヲ移シ漁具ヲ備ヘテ先ヅ海驢猟二着手致候。

“..隱岐西の方に 85里遠ちた所,そして朝鮮の鬱陵島から55里遠ちた所に人が住まない “Ryanko-to”がある.これは二つの 岩島で、岩島AとB(甲乙)を示して,それぞれはまわりが 15組になる。二つの岩島はお互いに見合わせて、その間に通路があって40-50 reef 歩みになる.二つの中心岩島は険しい絶壁で 4面が取り囲まれて空高く湧いている。上には土地がほとんどなくて葦だけあって全体島には木がない…”

“…この島はただ岩島や海の中で空高く湧いていて、誰も関心を持たないし、人手が触れていない。しかし私は鬱陵島でその島へ行く度に上陸して多くのあしかが暮していることを見た。私は人が捨てておくのが正しくないと思って、さまざまな計画を持っている…”

日本戦艦新高丸の行動日誌
“..リアンクルド岩は韓人は独島と書き、我が国の漁夫はリャンコ島と呼んでいる。添付した略図で分かるように、ふたつの岩島で西島の高さは約400尺で傾斜がきつく登るのに難しそうだが、東島は比較的に低く雑草が生え、頂上には平坦な所があり、二、三つの小屋を建てられそうだ。.”
“…次は鬱陵島にあるうちに実際に観察した人のリアングクル(独島)に関する内容だ。リアングクル岩を独島と呼ぶのに,日本の人々はリャングコドと短く呼ぶ.部属書類に説明するところのようにこの島は二つの 岩島/になっている. 西の方岩は高さが約400feetであまり傾斜がひどくて上がることができない…”

上イメージ: 二つの独島に対する歷史的な記録は “岩島” または岩として韓国の1900年勅令41号に言及したこととようだ。
“石島”は鬱陵島近くの横の他の島日数があるか?
勿論、多くの日本人たちは勅令 41号で言及した石島が独島ではなくて鬱陵島の隣の岩島中の一つと主張する。しかしこの文書に含まれることができる大きい島はいくつに過ぎない。鬱陵島北観音島)が日本人は独島と主張する。しかしこれは次のような理由のため観音島が独島がなれない。
観音島は島だと言うよりは岩が湧き出たことに過ぎない。実際で、観音島は鬱陵島と 100メートルの外に落ちなかった。したがってこの岩は鬱陵島浜辺とあまりにも近くあり、大きさが小さすぎて鬱島管轄の領域に言及されるには適切ではない。他の気を付けるに値する島は鬱陵島周面の孔岩(ゴングアム)なのにこれは勅令 41号には言及されなかったが重要だ。何故ならば李奎遠の地図には観音島が違う隣り岩島位重要に言及されていないからだ。1880年日本戦艦多分記丸が鬱陵島を測量した地図を見れば、観音島は島ではなく、本島の延長で記録していることを分かる。

上: 李奎遠の鬱陵島測量地図にはおかゆも島が “竹島” と表記していて観音島は島項またはSeom-mok(島項)がと表記したが、石島と表記しなかった。

上左側: この観音島イメージは鬱陵島の延長として岩暗礁を現わしたことであって島で表記したのではない。上右側: 鬱陵島と観音島間の狭い海路では、どうして観音島が鬱陵島に附属した島と考えられるかどうかを見せてくれる。

上右側: 1883年から日本人たちの鬱陵島地図は竹島を “竹島”と表示して観音島を島項 または島目だと表示したし観音岬と表示した。観音島を“石島”と表記したことはない。
ただ、可能な説明が残っていたら、勅令41号の石島は独島だ。1900年代の歷史的な記録と地図は韓国人たちが今日の観音島を表示するためにも港という字で表記したことを分かる。
18世紀初の記録は観音島がBang-Pae-Do(防牌島)と呼ばれたことを見られる。(リンクをご覧ください。
) 20世紀初に日本人たちはこの地域を島項、観音もまたは観音岬だと呼んだ。したがって観音島を石島と呼んだ可能性はほとんどない。
私たちは独島を石島と同じ名称と呼んだはずだと分かっているのに、その理由は1904年日本新高丸の行動日誌にもそのように出るからだ (リンクをご覧ください。) 石島という名称は1906年日本が独島を編入した事実を抗議するために書いた内容にも出るからだ。(リンクをご覧ください。) したがって石島が全羅南道の方言で独島と呼んだし字で独島を表記したことから出る混乱で見る韓国側の説明が一番そんな説明だ。こんな立場は100年が去る今日にもよく維持されている。…”