竹島問題 歴史的経緯
韓国の竹島[独島]と係わるうちの記事集める.
竹島問題の歴史的経緯について. このページは独島 – 竹島の歴史と係わる情報の編纂資料です. 皆さんは独島論争に対する何種類政治的な言及も何ページ見られるでしょう. 下のクリックして見られる何何題目下のリンクは記事内容の手短な説明です. どうして独島島は韓国領土なのか見てください.
一番多く見る記事
我がサイトの何ページは去る数年間非常に人気がありました. そこには皆さんが他の所では見られない独島 [竹島] 島イメージと歴史的真実たちが収録されています.
韓国の鬱陵島のから竹島は見えるんですか?
イメージたちと歴史的文書を通じて独島島は韓国領土の一部というのが明らかになります. ここでみなさんは韓国人たちが過去数千年の間見て来たことと考えられる独島のイメージを見つけるようになるでしょう.
日本の竹島ロビー戦術がどんなに韓日関係を破壊するか
独島[竹島]論争において日本政府の非倫理的なロビー方法がどれなのかを詳らかに見てください. そして日本の隣国たちはどうして日本を信頼することができないかを分かるようになるでしょう. 皆さんは多分すごく驚くでしょう. 必ず見てください.
日本の竹島の日 2月 22日の真実
2005年, 日本の 1905年独島(竹島)編入100周年になる日, 日本は竹島の日を祝い始めた. 日本の独島編入に対する歴史的状況が説明された. 韓国人たちがどうして怒ったのか見てください.
1837年竹島事件
ほとんど知られないこれ歴史的記録は日本が独島竹島島が韓国領土と思ったことを証明する. 彩色地図は韓国の鬱陵島島に渡った事件に係わるのだ. このような情報は皆さんが親日本ウェブサイトでは見つけることができないのです.
日本の 1695 鳥取幕府記録
安竜福事件以後日本の将軍は 島根県に調査を要求した結果鬱陵島と独島は日本の一部ではないという結論を下した. この記録たちは日本の17世紀鬱陵島と独島活動は政府次元の活動ではなかったことを見せてくれる.
1877年 公文録 文書
日本の明治時代初, 鬱陵島と独島は日本の一部ではないという結論を下していた. ここにお見せすることは独島 [竹島]を日本領土で明確に除外させた日本島根県の地図だ.
日本の 1870年朝鮮(韓国)に関する報告書
当時韓国との関係を綿密に調査した日本人チームは鬱陵島と独島(竹島)が韓国の一部と結論を下した. 明治時代初地図と絵たちはこの研究を裏付ける.
日本政府竹島ブロシュオ研究
この日本の政府発刊物に対する批判は日本政府が流布することが間違うとか, 半分は信じられないということを見せてくれる. ここに見せてくれる地図と文書原本たちは日本外務省と島根県の嘘を見せてくれる.
日本外務省の竹島宣伝パンフレット
2008年発行した, 日本の ‘竹島に関する 10種問題’ ブロシュオをよく検討して見れば深刻な問題点があることを見せてくれる. 韓国と日本の歴史的記録は読者たちに真実をお見せするためのことだ. 日本に対して関心ある人々は必ず読まなければならないです.
島根県の竹島ブロシュオ
島根県は竹島問題を扱う時不正確な地図や誤った歴史を活用する. 日本外務省と同じく島根県は1905年竹島に対する日本の軍事的介入の真実を認めようと思わない. 現在日本人たちは結局独島論争で韓国便を賛成する内容を見るようになるでしょう.
‘どうして日本は竹島を持つことができないか’ シリーズ
日本の独島に対する軍事的編入以後一世紀が経ったし, 韓国の実效的に支配しているのか 60年になった. このページではどうして日本人たちが独島 – 竹島に対する主張を撤回しなければならないかその妥当な理由を説明した.
日本の竹島に対する不当な主張 – 第 I 部
ここに 第 I 部は日本の領土貪欲を見せてくれる. また国連海洋法が他に説明しているにもかかわらず日本はどんなに EEZを主張しているかどうかを見せてくれる. 日本と韓国本土に接した島独島に関する研究.
1905年竹島を取り囲んだ政治 – 第 2 部
次の内容は独島竹島地域の政治的そして人口地理的内容を説明する. ここには植民地時代から今日までこの地域の状況を説明する. ここで日本の独島所有意識は現代アジアの現実とふさわしくないということを見せてくれる.
韓国の古代竹島と鬱陵島隣近に対する名称 – 第 3 部
第 3 部では独島竹島地域に韓国人たちが少なくとも 1,500年の間どうに活動して来たのかを見せてくれる. 歴史的記録と考古学的人造物たちは日本人たちが 1618年独島に到着する前にもう韓国人たちがその周辺から活動して来たのかを検証してくれる.
韓国の竹島地域での経済的利益 – 第 4 部
鬱陵島の姉妹島である独島の長年の絵たちを通じて私たちは植民地時代から今日まで竹島地域に対する内容を比べて見られる. このページは竹島が韓国とは不可分の関係があったことを読者に見せてあげる.
日本人歴史的地図は竹島を除いた.
この内容長年の歳月を通じて収集した日本の地図だ. 日本歴史的地図をよく見れば皆さんは真実が分かる. 日本は一貫されるように独島を彼らの領土から除外させたし甚だしくは韓国領土とその島を表示していることを見せてくれる.
日本歴史的地図には竹島がない – 第 1 部
一番目内容では日本初期地図に鬱陵島と独島がないということを見せてくれる. 何種類地図は日本の隱岐島が歴史的に日本領土の限界だったことを見せてくれる.
独島-竹島がない日本の歴史地図 – 第 2 部
このページに後を引き継いで現わすことは明治時代初期地図いくつを見せてくれる. やっぱりここにも隱岐島は箱の中に表記したし日本の西の方限界はここでこれ以上進んでいないことを見せてくれる.
古代日本絵では独島(竹島)がない – 第 3 部
このシリーズの 3部は韓国の独島がない日本の 17世紀絵たちを見せてくれる. こんな地図は 17世紀に日本がこの島を日本の領土だと思わなかったことを見せてくれるのだ.
独島-竹島がない日本の島根県歴史的地図 – 第 4 部
日本国家地図は独島[竹島]を除外だったが日本のシマの県道も独島を除いていることを見られる. 島根県の詳細な地図にはこのページに詳らかに研究されている. この地図に添付されているここのいくつ絵たちは島を描いたが, 竹島 – 独島島は除いている.
日本の 1890年地図帳
1890年日本全国は地図に製作されてすべての接した島々も描くようになる. 添付したページは鬱陵島と独島を参照で表示しているがどんな県にも属していなかったししたがって日本領土から除かれた. 島々を描いた 1890年度日本の地図帳.
1895年日本の地図帳
5年後の日本地図帳はすべての県たちと島々を描いたが鬱陵島と独島 – 竹島は日本の領土に表示されていない. これは日本が独島を編入させるわずか 10年前だ. 1895年日本地図帳と島の描写
さまざまな独島 – 竹島の歴史的地図
数年の間私たちはさまざまな方法で韓国と独島の地図を収集して来た. この記事たちは絵を分類してこれらが論争で主張する韓国と日本の歴史的主張とどんなに連関されるかどうかを研究する.
1894年日本地図で韓国
初ページには日本人教授保坂祐二さんが捜し出した日本地図だ. この 1894年彩色地図は鬱陵島と竹島が確かに韓国に表示されている. このイメージたちは非常に詳細で信憑性がある.
林子平の 1785年三国地図
この日本地図には日本と韓国ロシア領土と島を表示している. 1785年に描かれたこの地図は 1832年 Henrich Klaprothが参考した. 鬱陵島と竹島は韓国部分や隱岐島は日本の限界だ.
1857年韓国の東海岸を描いたロシア地図
ロシア地図製作者が描いた海軍地図には韓国の鬱陵島と竹島が非常に詳しく出ている. □ その題目にもこの島々は韓国の一部となっている.
1877年森琴石の日本と韓国地図
この日本地図に韓国の左側の上に附属している. 韓国の領域の中には鬱陵島と独島 – 竹島が見える.
19世紀地図製作のエラーと竹島
1840年頃, 韓国と日本に関するヨーロッパの誤った地図が明治時代日本地図に影響を及ぼした. 日本政府はこの地図が韓国地なのを見せてくれないと主張する. この深い研究では日本の歴史的地図を綿密に検討することで混乱をよく明らかにすることができる.
1903年日本のアジア地図
日本が独島-竹島を編入させる約1年前, この日本絵は独島が韓国の領域の中にあることを見せてくれる.
日本の竹島 X-ファイルシリーズ
この日露戦争記録原本は日本政府が皆さんに見せてあげたくないことを見せてくれている. それらは疑うところなしに日本の独島編入が軍事的侵略だったのを見せてくれる. 帝国海軍地図と航海日誌原本をここに見せてくれる. 日本読者たちは驚くでしょう.
日本帝国海軍艦隊新高丸の航海日誌
1904年 9月, 日本の帝国海軍記録には韓国は日本が独島を編入する前に独島に対して分かっていたと言った. 竹島という名前と呼ばれると言った. また彼らはロシア軍艦が島周辺に現われることでその島を編入させるように圧力受けたことを記録している.
日本の帝国軍艦對馬丸の航海日誌
日露戦争の間, 1904年 11月, 日本帝国海軍軍艦對馬丸は竹島に警戒所と電信中継所を建てるために測量しなさいという命令を受けた. 1905年 1月軍部では独島を活用することに決めて一週間後その島は島根県に編入された.最後の地図には日本の海軍通信線が韓国の東北海岸から鬱陵島-独島まで完成されて最後には日本の松江へ繋がれる.
The Logbooks of Japan’s Imperial Warship Hashidate.
Immediately after defeating the Russian Navy in the Battle of Tsushima, Japan’s Navy began construction of military facilities on Dokdo Island.
Dokdo Takeshima and the Russo Japanese War I
Those who have studied the Dokdo problem know that the reason Japan annexed Dokdo was to install a military watchtower and telegraph base on the island. This page give details about the situation in the Ulleungdo and Dokdo region during this war.
Dokdo and the Russo Japanese War II
Original maps from war explain the strategic importance of Dokdo to Japan’s Imperial Navy. These are the records the Japanese government doesn’t want you to see!
Japanese Military Annexation of Korean Territory and Dokdo – Part One
This page details Japan’s military activities on Korean territory in 1904 during the Russo-Japanese War. The first page focuses mostly on Dokdo’s sister island Ulleungdo. Here original Japanese war maps show the location of Japanese Military bases all across Korea and Ulleungdo.
Japanese Military Activity in Korea and Dokdo – Takeshima Part Two
The following article details the Japanese military bases on Korea’s coastal regions and outlying islands. Japanese Naval maps of telegraph lines and watchtowers on Dokdo are also included.
Japanese Military Activity in Korea and Dokdo – Part Three
Page Three shows the location of Japanese military watchtowers all across Korea, China and Shimane Prefecture. The final map shows Japan’s Naval telegraph line completed from Korea’s Northeast coast to Ulleungdo, Dokdo, and finally Matsue Japan.
日本の膨脹主義と独島-竹島
このページは歴史的地図と記録で日本がどんなに明治時代に多くの方向に帝国を確張したのかを見せてくれる. 地図と記録原本は鬱陵島とも関連がある.
日本の不法的な独島-竹島編入
日本の 1905年膨脹主義政策に対して綿密に検討して見よう. 日本の政府が 1905年日露戦争間にどの位秘密裡に独島を編入したのかを読んで見よう. 日本市民たちはこのページを読まなければならない.
日本のアジア膨脹と独島=竹島
日本人研究者 Shojin Saitoの研究内容に根拠してこのページでは明治時代日本の韓国とアジアでの領土拡張注意を明らかにする.
日本の韓国の鬱陵島侵略 – 第 1 部
すべての日本人たちの介入は竹島の姉妹島である鬱陵島を通じて起きたということが分かる人々はほとんどいない. このページではこの歴史的に重要な島で日本が繰り返される不法活動をしたということを明らかにする.
鬱陵島侵略 – 第 2 部
1882年日本人定着民たちは韓国の鬱陵島に定着し始めた. この文書は日本人たちが独島-竹島を軍事的に受け付ける数十年前にどんなに韓国の領土に定着するようになったのかを明らかにしてくれる.
鬱陵島侵略 – 第 3 部
日本人たちは竹島の姉妹島鬱陵で不法伐木行為をしたしこれが 1883年日本人たちの退去措置につながった. しかし, 久しくなくて日本人たちはまた再び韓国の鬱陵島に侵入した.
島根県は独島 [竹島] 島を編入させるために “拡張”する.
独島-竹島を編入させた後隱岐島の地域新聞で発表するのを独島を含んだ領土の”拡張”が成り立ったと言った. この記事内容で見れば 1905年以前まではその島の仕事をした領土ではなかったことを言う. また日本の独島編入は所有権の確定ではなく “拡張”だった.
独島[竹島]と第2次世界大戦
この記事は連合軍が長年の決定過程を通じて 2次大戦後日本の領土に対して決める過程を見せてくれる. これはアメリカの軍事的秘密覚書きで反対的な解決を見るようになる.
第2次世界大戦後独島 [竹島] – 第 1 部
このページの文書と地図は第2次世界大戦後独島-竹島に対する連合軍の政策と係わるのだ.
サンフランシスコ平和協定と竹島
たとえ日本政府日本平和協定で独島=竹島は日本領土と認めたと言うが, 前後交渉の完璧な研究をして見ればこのような神話は消える. 原本記録と地図は 2次大戦後米軍と連合軍の決定過程を見せてくれる.
アメリカの作戦時間割りと独島[竹島].
独島-竹島に対するアメリカの政策に対して綿密に検討して見よう. アメリカの学校教師マークロブモ(Mark Lovmo)によれば, 連合軍司令部が第2次世界大戦後に竹島を日本地と認めた内容はないというのだ. 皆さんが日本学者たちのために必ず聞いて見なければならない.
竹島と係わったさまざまな多い歴史的記事
このページたちは読者たちが独島-竹島の真実を理解するように歴史的文書, 地図とイメージたちの収集した内容を記しています. この資料の大部分は私たちが独島と鬱陵島に旅行した研究で収集されたのです.
韓国の 1694年鬱陵島史蹟
韓国の搜討使張漢上は鬱陵島で探訪して独島-竹島を見たことを記録した. この記録は韓国人たちが独島-竹島を日本人の領土外で見たし韓国の影響の下あることで記録した.
韓国の 1714年海岸防御報告書
日本人たちが韓国を侵略した可能性に対する報告書で韓国の東海岸人々は独島が分かっていたことを証明する. ここでは独島/竹島が日本の国境と近いということを言うが, 日本の領土外だと記録している.
歴史を通じて見た韓国人と鬱陵島 – 独島/竹島地域
ヨーロピアン, 日本人そして韓国人たちの歴史的記録と写真は韓国人たちが独島 – 竹島そして鬱陵島を取り囲んだ数百キロメートルの距離をどんなに航海することができたのか記録している.
韓昌国の鬱陵島の調査
韓国政府公務員は鬱陵島に対する調査を実施した. ここで鬱陵島の隣り島は竹島や于山島ではないと言った.
1900年から大韓帝国勅令41号と独島-竹島
1900年, 韓国は勅令 41号で独島を鬱島郡の統治の下に置くと発表した. 鬱陵島の写真は読者たちにその地域に対する親しみを加えてくれるでしょう.
初期日本人の竹島記録 – 第 1 部
日本人たちは 17世紀日本漁夫たちの航海路独島(竹島)に対する所有権を主張する. この研究ではそれが偽りなのを明らかにする.
初期日本人の竹島記録 – 第 2 部 [隱岐島に対する報告書]
1667年, 日本公務員Saito Hosenは隱岐島は日本の東北限界と記録した. 日本人たちはこの文書をどんなに捏造しているかどうかを見てください.
1837年日本人鬱陵島航海に関する記録
この記事はどんなに日本商人津屋八右衛門が韓国の鬱陵島に渡航したから逮捕したのかを説明している. この事件は独島-竹島が韓国領土なのを確かにした.
韓国の 1906年日本の竹島編入に対する抗議
日本人たちが韓国の独島/竹島を編入してから直後韓国政府がどんなに抗議したのかを分かる人々はほとんどいない. これは歴史的記録によって検証を受けることができるし, このページの記事で見られる. 皆さんはこのサイトを訪問する日本の人々のためにこの内容を見なければならないです!
竹島と20世紀 – 日本の領土認識
もし独島が日本の固有領土の一部だったらどうして彼らは一貫的に韓国の江原道の一部島だと言ったのか. もう独島–竹島を訪問した日本の人々がその島がどんなに韓国の一部だったと考えたのかを見てください.
日本の Marcus Islandと独島–竹島の編入
どんなに日本政府が領土を合併するために不法的に漁撈活動を活用したのかを深度ありげによく見よう. どんなにまったく同じな政治家たちが独島–竹島と Marcus 島の編入に関係したのか見てください.
1870から 1905年まで韓日関係
独島[竹島]の編入に関係した政治的過程と不可分の関係にある. アメリカのアジア駐屯と日本の韓国に対する軍事的統制.
1904~1905年韓国の政治的状況と独島–竹島
日本が独島/竹島を占領した時抗議したがここに対して日本はどうして返事をしていなかったのか? この内容は 1905年後半にどんなに日本が韓国を無条件的に統制したのかを見せてくれる.
韓国とTaft Katsura合意
1905年米政府と日本の間の秘密合意はどんなに西側が韓国を統制することに日本戦術を同意したのか見せてくれる.
竹島 – 独島島と係わる記事
この出版物の収集は PDF 形式になっている. これはアメリカ韓国そして日本の歴史的領土問題に対する専門家たちが著わしたのだ.
独島/竹島論争と係わる歴史的様相
このページは独島論争に影響を及ぼした何人に対する歴史的情報だ. その資料は韓国と日本の資料から出たのだ.
独島 竹島と安竜福 – 第 1 部
鬱陵島で日本漁夫たちが鬱陵島に渡って来たことに対して抗議するために日本で二回も航海した韓国漁夫たち. このページは大部分韓国歴史的記録で参考したのだ.
独島–[竹島]そして安竜福 – 第 2 部
日本村川家門の文書は韓国の漁夫たちが日本に抗議したし確かに独島と鬱陵島は韓国領土と明らかにした.
中井養三郞と日本の竹島 – 独島編入
日本の限界を脱して航海して韓国地に不法的に居住した日本人は 1905年日本の独島編入に介入した. 日本が膨脹主義政府の独島介入にあった実際裏話を読んで見てほしい.