竹島独島問題の発端 日本の1905年僞法的竹島編入
日本明治政府の膨脹主義政治の通察

日本外務省は皆さんに1905年日本の独島編入を隠そうと思っている!
竹島独島問題の発端,次のページは1905年春、日本がLiancourt Rocks(独島)を“編入”させた方法を詳細に説明する。進んで、この記事はこの編入過程に関与した人々を紹介してその編入を人物化しようと試みる。
“誰が、なぜ、Liancourt Rocks(独島)を編入させたし、関与した人物たちはだれか..?”
中井養三郞のLiancourt Rocks(独島)賃貸請願書
1904~1905年は日本とロシアが戦争をするところだったし、東海(日本海)で緊張は最高潮に達した。1905年6月、ロシア海軍は日本輸送舟を対馬島近海で撃沈させて、8月には日本帝国海軍がロシアのVladivostok艦隊を韓国蔚山近海で成功的に撃沈させた。(リンク)

日本帝国戦艦ニタカホの海軍技術者たちが鬱陵島と韓国本土に望桜と通信所を建設するようになると、独島軍事構造物を建設するのに相応しいという報告をするようになる。(リンク) 同時に日本漁夫 中井養三郞は鬱陵島を経って独島を航海しながら独島を賃貸しようと申し込むようになる。中井養三郞はこの地域に係わった他の人々と同じく独島は鬱陵島に附属した島だと認識したし(リンクをご覧ください。)、したがって彼は韓国政府に要請をしようと思った。内務代わりはその請願を断った。しかし、他の日本政府官吏と意見を分けた後、彼はその島が主人がないということを確信するようになった。彼らは日本外務省にその申込書を出すようになる。

中井養三郞の申込書と翻訳
下には中井養三郞の独島賃貸に関する申込書だ。読者たちは中井養三郞が誰にその申込書を提出したのか気を付けて見てほしいし、中井養三郞の提案を後から誘導した人は誰なのかその背景をよく見てほしい。

“…隱岐島で85里の遠い距離にある朝鮮の鬱陵島は“量してからも。”と呼ぶ無人島だ。これは二つ(甲乙)の岩に形成されているのに、それぞれまわりが15条だ。二つの島はお互いに見合わせて、その間に通路があって40-50 reefで取り囲まれている。二つの中心島は険しい絶壁で四方が取り囲まれて空高く湧いている。上には土がほとんどなくて、葦だけ生い茂っている。全体島には木もない。

ううねる海岸線には浜辺みたいな砂利石があるが、甲島に家を建てることができる所は1ヶ所だけだ。甲島には茶色水の私は泉がある。乙島には絶壁から離れる塩味がする水がちょっとある。船は通路に停泊させれば安全で、風を避けようと左右に移動させることができる。この島は日本隱岐島で朝鮮の咸境道鬱陵島に行く途中にある。

この島は遠い海から空で湧いた岩にだけ成り立って、したがって誰も関心を持たないし、手が触れていない。しかし、私が鬱陵島を行き来しながら見たら、多くの海鹿が暮していることを見た。私はこの島を捨てておくのが悲しくて惜しいと思ったし、さまざまな計画をして見た。

明治36年(1903)、私はその島に漁業場を建てるために投資することに心を立てた、労動者たちを連れて行って、漁具を持って海鹿を捕り始めた。当時に人々は要らない事だと私をあざ笑った。勿論、人が住まない島でどんな人が新しい事業を始めれば、失敗の危険を甘受しなければならないし、装備を失うとか、他の大変な点があるはずで、海鹿を捕る方法が分からなくて市場でどんなに賣買が分からない。私はお金をたくさんむだ使いしたが、結局、努力したあげく狩り方法を開発するようになったし生産する技術をつけるようになって、さまざまな発明もするようになったから今年からは品物を売ることができるようになった。

海鹿皮は塩に漬けた後、牛皮代わりで使うことができて、多くの用途で使うことができる。海鹿の飼うことは品質と価格で鯨の油うことと似ている。油を絞ってから残物はグルーで使うことができるし、肉はパウダーで作って骨とともに交ぜて肥料で使用ことがある。これで海鹿の狩りは良い事業だ。しかし、この島には海鹿狩り外には事業がなることがない。

私は研究して見なかったからその地域で漁業を確信することはできないが、日本海の中間にあるから、その島周りにはいろいろ肉があると思う。もし海鹿狩りが続いて、私が研究ができたら、将来新しい事業をすることもできると思う。簡単に言わば、どんな人が十分な資本と装備を持って海鹿狩りを始めたら、この島の経営は非常に見込みが明るい。しかしこの島の所有権が決まっていない。

この前に私は問題がある外国船舶に会ったことがある。そういう予想できない事が起こることもできるが、この島に対する断固たる防御と多くの資本の投資者なしには非常に危ないだろう。この島に海鹿はいつも暮すのではない。繁殖期に4月と5月に海鹿たちが来て子を生んで6月と8月まで暮す。したがって狩りはその時期にしなければならない。したがってもし、狩りが制限されないで、子の方だけが保護されなければその島で海鹿は消えてしまうでしょう。しかし、競争が起きるようになれば、狩りの制限と分娩の保護は難しいだろう。
蟻が甘ったるいことに集まるように、人々は利益になる所に集まるようになる。海鹿狩りが利益になるということが分かれば、私をあざ笑った人々を含んで、人々は猫も杓子も競争的に狩ろうと思うでしょう。彼らは過度な狩りをして海鹿を絶滅させるでしょう。結局すべての狩人たちが亡びるようになることは明らかだ。私が言ったように、私はさまざまな事を試みて見たし、もうこの島で海鹿を狩る見込みが見える。私は資本を集めて、さまざまな生産機械を購入して、漁業をする準備をしようとする。私は規模と大きいのを思って海鹿を保護する考えをして、特にアムノムと子を保護して、その島のどの所に保護しようとする。私は鯨と鮫を追い出して、私がもう言ったところのようにしようと願うが、私にだけでなく、国家にも危険がよる。

したがって、この島で事業を安全にさせて、島の経営のため、速くこの島を日本地で編入させてくださって、10年間この島を私に賃貸するように願います。

私は設計図面を一緒に同封します。

明治37年(1904年)9月29日
島根県 周吉郡、西郷町、西町

中井養三郞

内務省Akimasa Yoshikawa、貴下:
外務省男爵小村中太郞、貴下
農業商務省男爵奎吾清浦、 貴下
…”

竹島 日本の主張竹島~独島問題

竹島 日本の主張:上左側: このイメージは中井養三郞でが独島を賃貸するために申し込んだリアングクル障害物(独島)の地図だ。上右側: 他の役人たちとともに取った中井養三郞の写真。(もっと大きい写真を見ようとすればクリックします)
日本の政治家たちは独島-竹島の編入に関与した。
日本の独島-竹島編入の動機はこの記事(リンク)の中井養三郞の日記で引用することができる。中井養三郞でが独島-竹島を賃貸申し込む時彼は外務省の政治局長 山座円次郎とこの問題に対して論議した。山座円次郎が言うのを “編入は特に現在状況で緊急な状況であり、必ず必要で望桜を建設して、コードレス通信所または海底通信網を設置して敵軍戦艦たちを見張るのに必要だ…”
山座円次郎、政治局長
山座円次郎はだれか?

福岡で出生した、彼は 足軽(低いさむらい庶民出身)黒田家門で生まれた。1892年、彼は帝国大学法学科を卒業した。彼は当時外務省に就職をして釜山、上海、仁川、ロンドン、そして韓国から居留民団役員で勤めた。1901年、彼が政治局長になった。外務大臣 中太郞小村の下で、彼はイギリス-日本の同盟を推進するのに関与したし、ロシアと交渉を担当したし、そしてロシアとの戦争で外交的に関与した。彼はまたポーツマス平和会談の役員の一人で勤めたし、したがって 小村 外交の中心役目を担当した。

山座円次郎局長は軍国主義者の影響の下にあったことと知られているし、玄洋社の極右団体に所属していた。 玄洋社はテロ集団で、さむらい出身で構成されて、それやはり外国人と自由主義者に対する暴力的なテロと暗殺に関与して支援する犯罪集団に関与していた。さむらい家の子孫として山座円次郎が極右団体である玄洋社と似合うことは変ではなかった。

山座は外務省の小村中太郞とともに対外強硬策を支援したし、また日本のアジア大陸進出政策に圧力をかけた。局長になる前に、彼は領事で発令を受けて韓国公使館で勤めながら日本のためのさまざまな利益を計画して獲得するのに忙しく作用した。上で言及したところのように山座はイギリス-日本同盟に関与したし、ロシアと一緒にポーツマス条約に関与した。このすべての条約たちはロシアまたはイギリスが日本の韓国問題 “介入(侵略)”を保障する条項を持っていた。当時山座円次郎は小村中太郞の外務省官吏として勤めた。 (下)
農商務省大臣清浦奎吾伯爵
山形の偽りは何か?
中井養三郞のリアングクル(独島)賃貸請願書を見れば、要請は農商務省大臣清浦奎吾伯爵に送ったのだ。(左に見れば) 下は彼の政治的同盟の手短な要約だ。

政府官吏と同時に国会議員である。清浦奎吾は熊本生まれで、僧侶の息子だった。彼が東京に行って埼玉県で仕事を始めた。1876年、彼は警察庁に就職した。1884年、当時内務大臣は有朋 山形だったし、彼は内務省の警察庁保安課に勤めたし、平和保存法の作成のために主に勤めた。

山形の力強い官吏として、清浦奎吾伯爵は政治社会に影響力を行使した。1891年、彼は皇帝の推薦で同質集団の会員に推薦された。清浦は、1924年2次帝国命令書を受諾したし、23次日本官房長官の一員になった。しかし、彼の内閣は当時非參與党を形成したし、貴族内閣は好感を受けることができなかった。

言及したところのように、清浦奎吾は日本政府山形なが葱の力強い一員だった。この政治集団の性質は何や?山形有朋は初期近代日本の軍事的政治的基礎を成した人中の一つであった。山形有朋は日本ミリタリズムのお父さんだった。

山形は1877年彼の以前薩摩の革命同志西鄕隆盛が導いた薩摩謀反に対抗して新たに現代化された帝国軍隊を導いた。戦争末期に西鄕の斬首された頭が 山形に与えられた時、彼はその頭を洗いなさいと言い付けて彼の頭を腕に抱いて落ちた英雄を黙念黙念した。

1900年から1909年まで、山形は民主党リーダー伊藤博文みたいな穏健主義者に反対して、彼の部下桂太郞を通じて影響力を行使した。山形は韓国周辺そしてアジア本土に対する日本の防衛力を強化するのに根拠して、力強い対外政策を標榜した。清浦奎吾は山形有朋の軍事膨脹主義政策の充実な支持者だったから、明白な韓国の領土限界を無視してリアングクル岩島(独島)を編入させようと力を行使した。

外務大臣小村中太郞はだれか?
中井養三郞の請願書。右に出て見るところのように中井養三郞の独島賃貸請願では日本の外務省小村中太郞に伝達して承認を待つようになった。(左側)この簡単な内容は私たちに日本リアングクル岩島(独島)を編入するようになる理由を知らせてくれる。

山座円次郎のように 小村はさむらい家門だ。彼はNichinan、Hyugaお吸物(今日宮岐県)のObi 家門で出生した。彼はDaigaku Nanko (東京帝国大学の前身)を卒業した。1875年、彼は日本政府教育省奨学金で初めて外国に留学するようになった学生で選発されて、そして以降良い英語実力でHarvard 大学の法学大学を1878年卒業するようになる。1880年彼は法務省に就職して後で最高裁判所判事に働くようになって、1884年には外務省翻訳国で働くようになる。

小村は竹島編入を夏期ずっと前に、韓国とアジア本土で日本の利益追求に深く関与するようになる。1895年彼は中-日戦争で中国を敗退させた、下關条約下書きを手伝ってくれる。この条約は日本にとって韓国で“自由な行動”ができるようにしたし、中国にとって澎湖列島、Formosa(台湾)そして、遼東半島(Dalian、瀋陽)を譲渡するようにした。

その後、ヨーロピアンたちはここに抗議して日本が遼東半島で撤収するように要求したし日本はここに屈服した。3国介入だと呼ぶそれはリアングクル岩島(独島)に関する韓国問題を扱う日本の対外政策にすごく大きい影響を与えるようになる。韓国で外国の介入は日本の利益に惚れることだと小村はいつも主張した。そして私たちは見るように、リアングクル岩島(独島)を編入する方式に強い影響を及ぼすようになる。

1902年小村はイギリス-日本条約の交渉を担当するようになる。この合意書は中国そして韓国で日本の自由な行動を許容して、第3者が日本の利益に惚れる行動をする場合イギリスは日本を支援することに確認する。1904年~1905年ロシアである戦争後、小村中太郞は韓国で政治的でも軍事的にロシアが日本の利益に干渉しないということを言及するポーツマス条約に参加するようになる。

1904年8月韓国で、親日アメリカであるDurham Stevens外交諮問官は1904年8月、1次韓日議定書に参加するようになる。日本外務大臣が指令した秘密外交文書を見れば、小村中太郞がStevensを日本がお勧めして韓国政府が採用する外交諮問官で明確に表現する。Stevensは韓国に対する日本の戦略的脈絡ですべての重要な外交活動を管掌するようになる。そして必要な場合、ソウルに駐在している日本領事と協議するようにした。

小村のメモは Stevensにa) すべての重要な詳細な内容に対して日本政府と相談すること、b)韓国に対する日本の政策は随時に秘密裡に彼に知らせてくれるはずで彼はこの政策を変更してはいけない。C)すべての重要な件は速かにそして正直に日本代表に報告する。この分署を返り見れば、もし日本の 1905年編入手段が分かるようになっても、大韓帝国によるどんな抵抗も事実上遮られるようになっているということを私たちは推論することができる。

5年後、日本の独島占領で 小室中太郞は桂太郞政府の下で韓国を植民地化する中心役目をするようになる。韓国を強点しようとする適切な瞬間にこれら 桂太郞と小室は行政的に韓国編入をするすべての過程で極度の秘密裡に二人は自ら深く関与するようになる。

日本の露日戦争(1904年~1905年) 記録物保管所(上の右側)はどんなに小村中太郞がロシアのBaltic艦隊接近に対する位置報告を毎日専門で詳細に受けているかどうかを見せてくれる。独島を編入する2週間前に、小村中太郞はロシアの海軍が Vladivostok (詳細な内容を見る風)で行く途中に独島隣接水域をパスするはずだという専門を受ける。その戦闘を迎えて小村中太郞は肝付海軍提督(下の)と協力して独島を測量して、そこに望桜を立てる。

独島の編入で対外政策は小村中太郎が主導した.彼の外務省勤務経験と国際法経験はどんなに日本が合法的にその問題を扱うはずか、例えばどんなに公開的に島根県が独島を編入させるはずなのかを決めるのにお手助けになったし、そして他の国々には通知するはずなのかを決めた。日本のいわゆる “公式宣言”は日本の独島編入がどの位 “合法的”ではあるが、しかしまだ秘密方式で扱わざるを得ない控え目な面を反映している。

Kimotsuki Kaneyuki(肝付兼行)
“肝付兼行はだれか…?”
肝付兼行 “肝付兼行はだれか…?” 肝付兼行は水路局長で大板市場でKagoshima(鹿島)で1853年に出生した。彼は小松帯刀清廉の甥だった。彼は海軍中尉として、1876年に東京Azabu海軍海洋気象観測所でTalcott Method方式によって、日本の位置が北緯35度39分17秒492と初めて明かした人だ。

1904年~1905年日露戦争の間水路局は戦略目的に活用された。1904年9月日本戦艦新高丸丸はロシア戦艦たちが独島近海に現われたという報告をする (リンクをご覧ください。
) The 日本海軍は当時 11月に独島測量を言い付けたし、1905年1月5日海軍望桜建設の可能性に対する専門を 肝付兼行に送る。 ( リンクをご覧ください。
) 独島が編入された直後、その目的は実現することができた。この指令たちは日本軍隊の独島日程表を見せてくれて、したがって独島編入は平和的または自然ではなかった。

肝付兼行は独島竹島地域地図を検討して、リアングクル岩島(独島)は韓国よりは日本本土にもっと近いということを決める。この単純な基地線位置の比較で日本は単独的にその島を編入することに決める。勿論、独島の一番近接した島、朝鮮の鬱陵島は考慮されなかった。ここで私たちは日本の地理的根拠が今日の人が住む大きい島々まで EEZ延長を許容する近代海洋法の線の外にあることを分かる。

日本の1905年リアングクル岩島(独島)編入の法的問題
日本の独島編入は “公開的で公式的なことか
..?”
下この文句は島根県の内閣がリアングクル岩島(独島)の編入を決めたイメージたちだ。下の写真は日本政府がその島の奪取を根拠にする偽りされた英文翻訳、そして歴史的参照説明だ。

竹島=独島問題竹島=独島問題

竹島紛争 日本の主張: 上イメージたちは島根県が1904年1月28日リアングクル岩島(独島)“編入”を知らせる内容だ。島根県の新聞“公告”下にはリアングクル岩島(独島)の名称が見えない。
島根県の公告翻訳
1905年(明治38年)1月28日

“私たちは内務省秘書の申し込んだ人が住まない島の乾果また他の文書を検討した結果、隱岐島西北の方 85海里の人が住まない緯度 37゜9´30″、東經 131゜55´の島が他の国によって占有されていないことを分かるようになった。

日本市民中井養三郞にという人が2年前(明治 36年)、海鹿狩りを要請したことがあって、その後彼が漁撈活動のための小屋を建てて労動者を移住させて適切な漁業器具を取り揃えた。彼が島の編入を要請したし、そしてそれを賃貸してくれるのを要請したところ、役人たちがその島がどの県に属するのかそして島の名称を確かにする必要があった。したがって彼らはそれをTakeshima(竹島)と名付けて、今から島根県隱岐島地方政府管轄にすることを要請した。

したがって、私たちはこれはを調査して、その島には明治36年(1903)から中井養三郞でがこの島が移住して漁業をしているという事実と係わった明確な文書を持って、国際法によって占有していることを分かるようになった。したがって私たちは5月にそれを日本に属したことと思って、それを島根県隱岐島の地方法院管轄で置く。したがって内閣会議では請願を許可する決定をする…”

1905年リアングクル岩島(独島)に対する実際状況
上文書で見るところのように、島根県は意図的に偽り情報を使って彼らの編入根拠にしたし、また中井養三郞では政府役人たちに嘘をついてその島を賃貸しようとした。中井養三郞のリアングクル岩島(独島) 請願当時に実際状況は何だったのか?中井養三郞は公告文のように実際にリアングクル岩島(独島)に居住して占有していたのか?

リアングクル岩島(独島)に関する実際状況はここで(驚きべきではないが) 日本戦艦 新高丸 そして対馬島丸が記録をした。9月25日航海日誌記録はリアングクル岩島(独島)で狩りをするためには鬱陵島を活用したと記録したし(リンク)、ただ6月または 7月いい天気ならばLiancourtに約10日間たまにとどまると記録した。

ここでこれら漁夫たちが皆韓国人なのかまたは日本人なのかまたは単純に日本人たちだけいるかは明確ではない。中井養三郞も鬱陵島に行く途中にリアングクル岩島(独島)を見られる請願書に記録した。

どうして日本市民 中井養三郞は倦まず弛まなく韓国の鬱陵島で航海したのか?真実は中井養三郞でがその世紀末に不法的に鬱陵島で漁業をした多くの日本滞留者中の一人だったというのだ。彼らは戦争の中に海鹿の価格が上がるようになると、彼らのリアングクル岩島(独島)で作業を海鹿狩りに変えるようになったのだ。したがって韓国の鬱陵島侵入そして無端占領リアングクル岩島(独島)で日本の活動のための基礎になったのだ。これは独島に対する日本の代わりをする主權表示で見にくい。

中井養三郞でが請願書で言及した“家”は一時的な小屋に過ぎない。事実上、日本戦艦の11月20日(リンク) 測量で航海だろうかはこれ “家”に対して言及するのを “…東嶋に小さな小屋があってこれは漁夫たちが夏に海鹿を捕るためのことだ。現在ただこわれた後跡だけ残っている。これと判断して見る時、皆さんはいくら強い風がこの小屋に損傷を与えたのか想像することができる。…”

当時請願書で明らかにすることができることは、中井養三郞がLiancourt(独島)に“居住”しなかったし、またリアングクル岩島(独島)にどんな構造物も作らなかったというのだ。したがって、そこに実際ではどんな效力がなくて持続的な中井養三郞のリアングクル岩島(独島)“占有”がなかったというのだ。

島根県の発表は彼らが韓国がリアングクル岩島(独島)を占領した跡を見つけることができなかったというのだ。しかし、歴史的データではどんなに彼らがこの結論に到逹したのか資料がない。韓国は、リアングクル岩島(独島)の一番近接した可視的な距離にあり中央政府水準でどんな接触もしなかったし、声明も発表しなかった。

島根県の新聞 “発表”はどんなに公開的発表になることができるか?
下の写真は1905年2月24日から島根県の山陰新聞で独島が日本隱岐州の一部に編入されるという事実を知らせる”公告”お問い合わせ原本イメージだ。下はその翻訳だ

竹島紛争 日本の主張竹島問題 歴史

竹島紛争 日本の主張: 1905年2月24日、日本の独島編入公告は地方紙である山陰新聞初ページと二番目ページで小さく発表された。新聞(著者は赤い色でボックスで処理した。)には独島の当時国際的に知られた名前であるリアングクル岩島(独島)が言及されていない。(イメージクリック)
日本の “公告” 翻訳
“…隱岐島北西の方85海里、北緯37度9 分30秒、そして東經131度55分、島は竹島と呼ぶ。県の知事はこの島を隱岐州の裁判所管轄で置くと発表した。島は二つの岩島であり、周辺まわりは約15だ。ここには周辺に何石があって、そしてその島の間にはお舟を停泊することができる通路がある。彼らはそこにたとえ草は伸びるが、木はない…”
国際法はどんな国家が新しい領土を得れば、それは “公開的で公論化されなければならない。”はっきりとこれら法は同じ領土に対して領土編入を主張する二つの国々の間の紛争を避けるためのことだ。問題は、どの位水準の公開が必要であり、十分なのか?そして日本は 1905年 2月にこの要件たちを取り揃えたのか?

私たちはこの上の記事で島根の “公告”にはリアングクル岩島(独島)の言及がないことが明らかだということを見られる。ヨーロピアンたちそして日本のこの時代独島 / 竹島文書たちと地図たちは皆が大部分 “リアングクル岩島(独島)”に対して言及している。新聞 2ページの公告は題目もなく、人物欄で広告で分類されたことよりちょっと大きく半分位に表示した。これではどれだけ多い人々が 1905年山陰新聞を読んだのか事実上疑わしい。上の広告は多くの日本人たちが読んだ可能性が少なくて、そして外国民間人たちも読みにくかったはずだ。

これはどうして韓国人たちが鬱道州の道主沈興澤が1906년年抗議するまで日本の独島編入を認識することができなかったのかを説明してくれる。それはやっぱりどうして日本と、後で島を編入した島根県の多くの自体地図の中に竹島を含ませることができなかったの理由を説明してくれる。多くの日本たちは自ら独島の編入が分からなかったようだ。これはどんなに日本が朝鮮の鬱陵島の可視的な近接性があるの中で、国際境界160km確張するようになる公告をどのようにしたのかを見せてくれる。

1905年地図には独島の名前が国際的に認識される
左側の下は独島をリアングクル岩島だと現わして、鬱陵島を松島-松島と1870年に日付を表示した独逸地図製作者Adolf Steilerが描いた地図だ。右側に下は日本地図製作者吉名がカシハラの鬱陵島地図(松島)と東のリアングクル岩島(独島)だ。ここで私たちは、リアングクル岩島(独島-リユンコ-ルトロタク)と記録されたことが分かる。右に出て見るところのように、日本のいわゆる独島編入の公開的発表編入はリアングクル岩島(独島)を言及しなかった。これはリアングクル岩島(独島)の名前が、1905年編入する前30年前から、少なくとも国際社会にはリアングクル岩島が使われたにもかかわらず無視した事実だ

右側は日本の地図製作者カーシしなさい吉名家の1877年鬱陵島地図と独島。リアングクル岩島は独島という名前で使われた。
韓国の東海岸を現わす1896年日本政府地図
下は 20世紀転機に日本と国際社会のリアングクル岩島(独島)の認識を見せてくれる古典的な事例だ、下の右側の下角に海軍絵はアメリカ地図に根拠した日本政府の明治25年(1896)測量地図だ。私たちの分かることは日本と国際社会が使った “リアングクル岩島(独島)”が日本語片仮名で現われている。もし私たちが地図の下を詳らかに見ればこの絵は日本海軍水路国の肝付兼行局長の “指揮”下に描かれたことなのを分かる。

上左側: 日本の1896年韓国の東海岸地図は独島をリアングクル岩島(独島)と書いたことを見られる。下の左側便で肝付兼行艦長がグリーン地図だ。上右側: 地図凡例の絵は根拠したすべてのヨーロピアンたちそして日本の測量に根拠した地域の名前だ。
戦争の中に日本水路国は軍事作戦を指揮するのに必要な戦略情報を提供する。露日戦争当時、肝付兼行は海軍水路局長として韓国海岸と満洲で軍事作戦に寄与した。肝付兼行は、リアングクル岩島(独島)1905年編入に深く関与した。日本戦艦対馬島の艦長は軍隊望桜のためにリアングクル岩島(独島)を測量して、その内容を1905年1月に肝付兼行水路局長に送った。(リンクをご覧ください。)

上左側: もし私たちがこの鬱陵島 松島-鬱陵島そして独島(リアングクル岩島) 部分を詳らかに見れば、この地図はイギリス海軍地図たちを根拠にしたことなのを分かる。上右側: 私たちが日本地図と 1876年イギリス地図を比べて見れば、彼らは深みとそして島構成が違うということが分かる。
これら地図たちは上の地図と同じく、明確にリアングクル岩島は国際的に 20世紀初に独島の名前に収容されたことを分かる。ここで次の問題につながる。どうして日本は公開的な方法で独島編入を公開することができなかったし、したがって国際社会増えたそれを認識することができなかったのか?どうしてそこにはリアングクル岩島(独島の言及がないか?
日本の隠密な独島編入
どうして日本は隠密に、静かに独島を編入したのか?
ここに対する質問は 1904年~1905年露日戦争当時韓国ですべての日本の政治的そして軍事的活動を言ってくれる。政治的観点で、5月に日本はもしヨーロッパ国家たちが韓国問題に干渉するかを恐ろしがったのだ。中井養三郞のリアングクル岩島(独島)請願書処理過程を手伝ってくれた 小村中太郞は 1895年に自分が下書きした 下關 条約条件でドイツ、ロシア、そしてフランスの 3国干渉を憶えたのだ。この当時韓国で日本の利益はイギリス-日本連盟によってだけ支持されていた。

日本はその後、Taft~桂太郞 秘密合意書が成立される前までアメリカの支持を得ることができなかった。ドイツは当時にまだロシアの利益を支持していたし、旅順港にあるロシアBaltic艦隊の石炭を支援していた。したがって日本は朝鮮に対する対外政策で控え目だった。
ここに対する問題は1904年~1905年露日戦争当時韓国ですべての日本の政治的そして軍事的活動を言ってくれる。

軍事的または戦略的観点で、当時海軍基地に居住していた人々にリアングクル岩島(独島) 編入を公開的に知らせるということは非常に愚かな方式だったろう。私たちはロシアとの戦争で(リンク) 日本に東海(日本海)は重要な戦地だったことを憶えなければならない。日本は公開的な独島編入でロシアに対する隠密な監視の有利な点を喪失することもできた。リアングクル岩島(独島)に駐屯する軍隊はウラジオストック艦隊で北に攻撃しやすい席になることができた。日本はまだ独島に適当な望桜と通信施設が必要な時期だった。島の険難な地理が静かな夏気候期間にだけ建設ができるようにした。

日本の独島不法編入 -事実に根拠した結論
日本の独島不法編入 -事実に根拠した結論日本政府は公式官報に内閣の決定を公告しなかったし、また中央政府次元で公式に発表もしなかった。したがって、日本の一般人たちが 1905年まで独島編入が分からなかったから、韓国政府は方法がなかったし(他の利益国々も同じだった。)、そんな方式になった独島編入が分からなかった。

小笠原諸島(Ogasawara)の1876年編入の場合、当時明治政府官吏は東京にある外国領事館、例えば、アメリカ、フランスそしてドイツに通知をした。その後、明治政府は島を編入して適切な地方政府機関にそうするように指令した。同じく、明治政府がよった標準過程は他の主権に属する領土編入を最終内閣で決める前に検証するのだった。しかし、独島の場合には独島が韓国の領土なのを強く疑いながらも、このような通知と検証過程が意図的に漏れた。

占領の要件で、corpus occupandi (“実際行事”)、そういう権威の表示”)は、主權の表示は公開的に、特定地域地に対する領土的な利益を行くの国家の関心を明らかに現わすことができる公式的な行為がなければならない、そしてしたがって国家の合法的な新しい領土の獲得はこのような認知と獲得の十分な状態がなければならないのだ。ここに反対する潜在的な全体国家の明示上な外部的な公開なく、密かに単独的に取得することは国際法の認定をボディーできない。

鬱陵島と独島の地理的な近接性そして日本の韓国鬱陵島主権に対する確認表示は他の国際的な以前の事例とは区別されるのだ。何より、日本の認識が独島が韓国に属するという支配的な認識(リンク)があったし、または少なくとも独島(リンク) 所有権に関する疑心される部分があることが分かるようになった以上、日本政府は公式的に韓国側の意見を求めなければならなかった。言い換えれば、韓国側は反対主張をする機会を持たなければならないのだ。