竹島の日 竹島紛争
竹島の日 韓国が非難の声明.
竹島の日 次のページ敍述のように日本政府は韓国の独島主権に関する最近の試みに対して非難をした。日本そして韓国の間にある岩たちは時々リアングクル岩礁(Liancourt岩)または竹島と呼ばれたのだ。2005年3月16日、西日本島根県松江議会は2月22日を ‘竹島の日’で決める法案を投票に回付する発議をした。これは島根県の立法計画を沮止しようとする日本中央政府の努力を無視したのだ。

京都新聞の布告文句は次のようだ:

“…竹島の日は島根県民たちの運動を促進させるために成立された。県の市と都市そして村たちは一つの目的に団結して竹島問題に関する全国的な意見を明らかにして初期に竹島(独島)に対する領土権利を確立しようとすることが目的だ。県はすべての政策と手段を動員して竹島の日の目的と目標を果たすために努力を競走するでしょう
…”

竹島の日竹島の日

上左側:2005年3月16日、島根の内閣は2月22日を“竹島の日”で宣布した。これは日本のリアングクル岩礁 編入100周年に臨んだのだ。(独島)右側の上: 韓国新聞マンガは島根の内閣を植民地時代の日本兵士で描く。1904~1905年露日戦争間日本が竹島(独島)“編入”するうちに日本は韓国を植民地化していた。
どうして韓国人たちは“竹島の日”に対して怒るか?
竹島 領土問題“韓国人たちその宣言に対して直ちに激憤の反応を見せて激しい反対デモが起きた。どうして韓国人たちがそのようになったのか?”

日露戦争と独島 – 竹島 1

日露戦争と独島 – 竹島 2

そして島根県の竹島編入100周年祝いに対して怒っているか?どうして韓国人たちは続いて日本の植民主義と竹島の日に対して平行線を引くか?次のページは1905年2月22日前後歴史的道しるべとして、島根の竹島の日を祝う過程を見せてくれている。竹島の日、1905年2月22日は祝わなければならない日か….?

写真右側に、韓国人たちは過去ミリタリズムを消してしまって韓国領土を侵害しようと思った日本政府に対して怒りを表示している。日本の1905年独島“編入”を取り囲んだ韓国の怒りそして日本を向けた恨みの状況をよく説明してくれる与件を見せてくれている。

1905年1月2日旅順(Arthur港)は日本2軍団によって占領された。
日本の内閣か竹島を“編入”することに決めた 3週前、日本2軍団は旅順(Arthur港)を占領してロシア太平洋艦隊そして軍隊を放逐した。1904年8月1日–1905年1月2日深い水の港と同時に満洲遼東半島のロシア海軍先端基地旅順(日本語: Ryojun Koisen)奪取は一番長くて熾烈な露日戦争の陸地前が結果だった。
露日戦争初年度に、日本軍は韓国と満洲に上陸してロシア軍を旅順港基地で追い出した。遼東半島に位した旅順は太平洋で唯一のロシアの不凍港だった。

戦争には近代戦闘を見せてくれる多くの武器が紹介されている。例えば機関銃、刺鉄網、速射曲射砲、小銃、そして地雷が紹介された。日本軍はざんごう(塹壕)を掘りだしてロシア戦線でトンネルをほった。都市を砲撃するために 50パウンドをうつことができる大きい 11-インチ Krupp 曲射砲が導入した。徐徐に進軍した日本軍は9月19日Waterworks Redoubtを奪って、そしてRedoubt 寺院と203メートル高地に向けて攻撃を開始した。

203高地か新しい戦争の焦点になると、9日間戦闘が続いたし日本が最終的にロシア軍を退けた。この高地の占領はNogiが彼の11-inch Krupps 曲射砲を頂上までイ移動させたということが重要だ。この位置で、彼らは港にあったロシア戦艦たちを撃沈させることができた。1905年1月2日夜、旅順は陷落された。

203高地か新しい戦争の焦点になると、9日間戦闘が続いたし日本が最終的にロシア軍を退けた。この高地の占領はNogiが彼の11-inch Krupps 曲射砲を頂上までイ移動させたということが重要だ。この位置で、彼らは港にあったロシア戦艦たちを撃沈させることができた。1905年1月2日夜、旅順は陷落された。

竹島紛争

上左側: 旅順が陷落された後、1月2日、一兵士が山の上で弾皮丘の上に座っている。上右側: ロシア兵士が死んだの死骸を厳晨に眺めている。(大きいイメージを見ようとすればクリックします)
Seppings Wright’sの著書“Togoとともに”という本は旅順陷落をよく描いている。

“…旅順入口でロシア軍は木を切ってバリケードを打って最後の一刻まで針金を結んで最後まで日本軍に抵抗した。そしてこれらは死んだ兵士と一緒に伏せて手に刀を取っていた。…”203高地で死骸を燃やす黒い煤煙が出ている。”

“…すべての地たちが突き出されたし岩はパウダーになった。横の塹壕は燃える死骸でいっぱいになって地の高さ位上って来て高さを調べることができなかった。私はそんな血なまぐさい光景を見たことがなかった。どこでも黒く引いた顔たちが血なまぐさい死骸で恐ろしい切れたちの間で私たちを眺めた…”

竹島紛争日本の木彫刻家はこのページ写真で右側に翻訳文にこの時代の“現代”塹壕戦闘の血なまぐさい実体を隠している。

第一、日本印刷には旅順陷落を祝っている(上)下の絵はNanshan 戦闘を描いている。日本中尉シバカとマタサブでは日が昇る日の丸をあげてロシア兵士を刀で切っている。(もっと大きい写真を見ようとすればクリックします)

1905年1月1日– 日本海の帝国海軍地域
旅順陷落は独島–竹島とどんなに係わっているか?
露日戦争で日本軍隊記録は旅順陷落を見せてくれるのに、計画はロシアバルティック艦隊が旅順陷落を助けようと増派されてから旅順陷落が分かってウラジオストックに行くためには對馬海峡をパスしなければならないということが分かるようになる。その結果、日本は日本海地域を明確に把握して各日本帝国海軍に地域を割り当てした。

竹島紛争

地図の上は日本帝国海軍東海(日本海)地図原本で明治38年1月1日(1905年)に表示されている。地図は南~北を左側~右側に表示している。これは参照で英語を表示した。この絵はどんなに日本帝国海軍地図をそして、海域を分割してロシアのバルティック艦隊が日本海に進入する時に海軍の担当区域を決めたのか見せてくれる。(もっと大きい地図を見ようとすればクリックします)
1905年1月5日– 日本の帝国海軍の独島軍事施設建設計画
日本の帝国海軍の独島計画は独島“編入”が侵略なのを見せてくれて
日本の計画も竹島(独島)に監視警戒所を建設して不法的に韓国地にもう建設した電信施設と連結させている。1905年1月5日戦艦対馬島丸の艦長山中시바기치ヴァは竹島に軍事施設を建設する可能性に対して測量した結果を提出した。彼はそれが難しいが、竹島の東島には建設することができることで報告した。これはSaedo Taketaeru’の報告書そして副艦長山中の下の地図でも見られる。

上左側そして中央: このページたちは日本である帝国戰艦対馬島丸の艦長サデオダケタウルの竹島(独島)島の電信通信所と軍事監視警戒所建設のための報告書。上右側: 副艦長山中シバギキの地図。この資料は1904年11月20日戦艦対馬島の測量で収集されたのだ。これら活動は日本の独島編入以前に成り立った。したがって日本の独島編入動機は暴力的なのを見せてくれる。(もっと大きい写真を見ようとすればクリックします)
1905年2月20日牧丹(審陽)手始
竹島編入二日の前牧丹戦闘(日本語: Hoten Kaisen)は露日戦争の最後の陸戰の重要戦闘が始まる。この戦闘は1905年2月20日から 3月10日間にした戦闘で日本とロシアが満洲牧丹近くでした戦闘だ。この都時は現在審陽で中国遼寧省首都だ。ロシア軍は275000人の歩兵、16000人機甲部隊、そして1、219人砲兵はAlexei Nikolajevich Kuropatkin 将軍の指揮の下にあった。和帝国軍は200000人の歩兵、7350人の機甲部隊、そして992人の砲兵が野戦司令官大山 Iwaoの指揮の下にあった。(戦闘地図を見て)

上左側: ロシア兵士が日本兵士の死骸で一杯な塹壕の隣でポーズを取っている。上右側: 日本歩兵が遙寧(牧丹南側)戦闘で死んだ死骸を火葬するための施設を準備してポーズを取っている。(もっと大きい写真を見ようとすればクリックします)

竹島問題の歴史

上左側: 1905年3月11日、日本兵士が北山に逃げだすロシア軍を追って成文を通り過ぎている。上右側: この絵は日本である兵士がロシア軍と内通した中国人たちを打ち首にする場面を描く。審陽1905年4月23日Le Petit Journal、Paris。これら事件は従軍記者たちによって明かされた。(絵クリック)
ロシア将軍 Kuropatkinはこの戦闘で軍事の三分の一を失った。20000人以上が死ぬとか行方不明されたし、20000人は日本である手に逮捕した。

負傷された人は49000人が越える。死傷者は作戦の惨酷上を言ってくれる。日本である野戦司令官大山は15、892人の兵士が死んだし、59612人が負傷して、軍の1/4以上が戦闘で損われた。

1905年2月22日– 日本は独島– 島を編入した。
500000人の兵士でロシア軍と日本軍が牧丹塹壕戦闘で血をこぼす間小さな無人島岩は島根県によって“編入”になった。島根県の公告で見れば竹島(独島)の実際名前(リアングクル岩礁)は言及されていない(リンクをご覧ください。
)日本政府は公式官報に内閣の決定を公告しなかったし中央政府次元で公式公告をしなかった。文書は“内部回覧”で道場が撮れていてそして一般人たちに配布されなかった。その結果、甚だしくは日本人たち自らも1905年後長い間独島編入事実が分からなかった。

日本海の険しい条件のため、帝国海軍は春になるように彼らが計画した監視警戒所を竹島に建設することができなかった。これは日本海軍がバルティック艦隊を皆殺しさせたいわゆる“対馬島虐殺”と呼ぶ戦闘以降に変化された。(リンクをご覧ください。
)””

竹島問題の歴史

上左側: このイメージは日本の独島合併を“公告”する文書。それは内部文書だった公開された宣言ではなかった。上中央そして右側: 日本の公式公告はただ日本地方紙の二番目ページに小さく積まれている。島の当時実際名前である、独島、リアングクル岩礁または松島)は言及されていなかった。
1905年5月27日有名な ‘対馬島戦闘’と独島。
竹島問題 歴史日本が独島を編入してから 3ヶ月後日本帝国海軍は鬱陵島と独島水域たち周辺でロシアのバルティック艦隊を撃破した。対馬島戦闘やっぱり“対馬島虐殺”で知られているし、それは1904-1905年露日戦争で一番決定的な戦闘だった。

1905年5月27-28、対馬島海峡で戦闘は成り立った。この戦闘で日本艦隊提督東鄕平八郞はロシア艦隊提督 Zinovy Rozhestvenskyの艦隊2/3を撃破した。

歴史家Edmund Morrisは言って “…トラファルガー海戦以来一番偉い海戦 と言った。 と言った。それは今日までもやっぱり最大の海軍作戦だった。

対馬島戦闘は歴史的な海戦として鋼鉄船が艦隊作戦に決定的な役目を一唯一の戦闘だった。

進んで、ロシア海軍の信任する提督 Rozhestvenskyの戦闘艦隊は18、000海里を航海した後(33、000km)極東地域に至るようになる。‘閉まった航海’とニックネームが付いたこの戦闘は(地図の上右側)ロシアバルティック艦隊の18、000海里航海を見せてくれている。彼らは元々旅順で支援を行く予定だった。ロシアがゆっくり熱帯水域をパスする間、日本提督トゴは占領した中国の旅順時と韓国で戦闘を準備した。

提督 Rozhestvenskysは作戦で破片に頭負傷を負った。ロシア艦隊は5月27日に戦艦 Knyaz Suvorov、Oslyabya、Imperator Aleksander IIIそしてBorodino丸を失った。日本戦艦ただ軽い損傷を被っただけで Mikasa戦艦が被害を被っただけだ。夕方に後任提督 Nebogatovがロシア側を指揮する。日本軍は火器面ですごい技術的な優位を持っていた。ロシアは徹甲弾を使ったのに比べて日本は内部爆発弾を使っていた。(地図を見て)

竹島問題の歴史

上左側: 対馬島戦闘初期にロシア提督Rozhestvenskyの旗艦Knyaz Suvorovが日本から直撃弾を当たっている。提督Rozhestvenskyは弾皮に頭負傷を負って攻撃することで移送されたが生け捕りされた。Rozhestvenskyは日本海軍によって虜になった。上右側: ロシア兵士は対馬島戦闘で死ぬ力をつくして沈むお艦にぶら下げられている。

竹島 日本の主張

上左側: ロシア艦 Olegわき腹に穴が出ている。その艦は対馬島殺戮で逃げてアメリカ艦が訓練しているマニラにやっと帰った。上右側: Nakai 1丸を指揮した提督 Nebogatovは竹島近くで日本海軍に降伏する。
夜間戦闘で提督トゴは彼の主力艦隊武裝船を休むようにする。。 朝 9。30分、残りロシア艦隊は北に逃げだす。10時34分、状況が希望がないことを中提督 Nebogatovは自分の旗下の6艦に降伏することを言い付ける。竹島南側で国際降参信丸 XGEが上がった。その時間が10時 53分だったし日本は降参に同意する。
1905年6月12日– 日本の帝国海軍は独 –竹島に建設を始める。
対馬島戦闘は鬱陵島と独島戦略価値を確認させてくれたし次の對馬も戦闘以降直ちに詳細な独島軍事施設計画が詳しく成り立つ。約2週間後4380人のロシア漁夫たちが日本海で追い出されて、帝国海軍は竹島に通信基地と監視警戒所を建設するために戦艦橋立を派遣した。

竹島 日本の主張竹島領土問題の歴史

上左側二つのイメージたち: 日本帝国海軍の通信施設と監視警戒所建設測量報告で。上右側: これらは竹島の測量地図だ。上資料は対馬島戦闘直後戦艦橋立で直接収集された。(クリックイメージ)
鬱陵島と独島近海のロシア軍撃沈。第一日本が軍隊を派遣して島に施設を建設する必要性を緊急事項で拍車をかけるようになった。一緒にロシア海軍の脅威をより少なめに受けるようになると日本は監視警戒所建設するうちに攻撃される危険が減った。したがって、6月12日、日本帝国海軍特別建設チーム技術者たちが竹島に派遣されて測量した。

報告書そして測量地図は上の絵だ。(全体報告書をここで見られる。)

日本の竹島の日宣言 韓国の怒りは正当化される。
“歴史的に言って、日本軍侵略を何で規定することができるか?”
上の質問に対してアメリカ人たちに聞いて見れば、彼らは日本の1941年12月7日Pearl Harbor 攻撃が日本人たちの敵対行為の手始めだと言うでしょう。東アジア人たちに聞いて見れば他の返事をするでしょう。中国そして台湾人たちは日本である侵略が1894年中-日戦争勃発を始まりに見るでしょう。もし韓国人たちに聞いて見れば彼らは1904年2月8日日本軍が韓国軍を主導したことから始めるとするでしょう。(リンク)
竹島領土問題の歴史この心で西方国家たちの反応を想像して見ればもし日本がどんな日を祝う時例えば、日本のWake島占領または2次世界大戦で膨脹主義日本が地を獲得した日を記念すると言う。こんな論理に似ているようにこの私たちは韓国の怒りを理解することができる。日本が韓国植民地化のための領土編入の名誉を記念するという日本の決定は韓国の頬を殴るのだ。

韓国人たちに、日本の独島-竹島所有権紛争の努力は日本植民主義と帝国主義の遺産だ。新たに発見された日本軍事記録はこれら感情がよく現われている。

右側に、韓国である俳優たちがソウル光化門で日本の独島強奪を劇化してデモしている。韓国伝統服を着た俳優が日本帝国君兵士によって殺害される姿を描いている。

独島–竹島紛争を向けた日本の政策はどうして失敗するか。
植民地進出に介入した他の国々とは違い日本は植民地遺産を安全に払い落とすことができない。この日本人の歴史的負けることはまだ日本に重要な岩礁で残っている。日本は彼らが自ら平和主義者なのを証明しなければならないし国際的問題を扱う指導的な役目を勇ましくしなければならないでしょう。
日本の独島/竹島問題の根本対外政策は世界舞台で日本の外交圧力を増加させるのだ。しかし、竹島の日の宣布と係わって、それは非生産的なことでこの小さな韓国島に対して根拠ない領土主張をする論争は日本のために損傷を被らせる事だ。ただ帝国主義的な姿勢を洗い出してその帝国主義時代に得たすべての領土たちをあきらめることで日本は北東平和と安定に寄与するでしょう。